スポンサーサイト -- このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日本人の米国大留学がペイしない理由 -- このエントリーを含むはてなブックマーク


グローバル化が進み米国の大学に大量の外国人が押し寄せる中、近年日本人の米国留学が減っている事が話題に上る事が多い。下のグラフを見れば、留学する年齢層の人口減少以上に米国への留学生が減少していることが見て取れる。

この現象について日本のマスコミは「若者の内向き志向」などと繰り返し若者を批判してきたが、むしろ原因を国内的な要因に無理矢理帰結させることの方が「内向き」な姿勢と言えるだろう。

続きはnoteにて公開中!
https://note.mu/willyoes/n/n4e1d9910cef3



スポンサーサイト

【note 始めました】 海外就職に必要な英語力とは〜その1 -- このエントリーを含むはてなブックマーク


このブログの読者の中には「アメリカの大学で働くWilly氏は英語が得意だろう」と想像している方もいるかもしれないが、おそらく私の英語力を知ったらひどくがっかりするだろうと思う。それではなぜ、たいして英語の出来ない自分がずっとアメリカで働けているのかと言えば、

noteをはじめてみました。続きが気になる方はこちらから↓(登録不要、全て無料)
https://note.mu/willyoes/n/n55034a48fa66


大学入試対策の労力はペイするのか?ー米国のデータから試算 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

「一流大学を卒業しても必ずしも豊かな人生を送れるとは限らない」
との意見を頂いたので、米国の大学受験対策の費用対効果を推定してみよう。

米国は教育投資収益のデータ収集が日本に比べてとても進んでいる。
リンクは、Pay Scaleがまとめた大学進学の教育投資に対する卒業後20年間の
高卒に対する超過収益である。

地域によって物価や賃金水準が違うのでマサチューセッツ州を例に取って、
授業料や寮費を差し引いた純収益を比べてみると次のようになる。

マサチューセッツ大アマースト校(州立トップ校):33万4千ドル
ハーバード大:41万9千ドル
マサチューセッツ工科大:57万4千ドル

ハーバード大を卒業しても、アマースト校を出るよりも
20年で8万5千ドルしか多く稼ぐ事ができない。
この差は人々が想像するよりもはるかに小さいのではないだろうか。
しかもこの差は、ハーバード大に入る子が元々優秀であったり、
家族が強いコネを持っていたり、という点を考慮すれば、
むしろ若干過大評価されていると考える方が自然であろう。

この差を受験準備にかかる時間で割ってみよう。
仮にハーバード大に入るために高校の最初の3年間で
毎日3時間多く勉強や課外活動に使う必要があるとするなら、
合計で約3300時間を投資していることになる。
一時間当たりに直すと26ドルほどだ。
マクドナルドで小遣い稼ぎをするよりはマシかも知れないが、
個人的には、前途有為な少年少女が貴重な青春期に
いわば「残業」して稼ぐ額としては案外少ないのではないかとも思う。
前提を少し変えて、毎日2時間の投資で済んだとしても
一時間当たり39ドルにしかならない。

一方、マサチューセッツ工科大に行くと、
ハーバード対比で超過収益は15万5千ドルとなる。
人気やブランド力、入学難易度ではハーバード大の方がやや上なので、
これは主に専攻分野の差で説明される。
科学工学分野の卒業生の年収は、社会科学や人文科学、
美術などの専攻の卒業生に比べて高いからだ。
ハーバードでは科学・工学を専攻する学部生は約4割だが
MITではほとんどの学生が科学・工学を専攻する。
この60%の差が15万5千ドルの所得差に繋がるというわけだ。
科学工学分野を学ぶ高校生が、
仮に1日の勉強時間の過半、5時間程度を数学、物理、化学などに
振り向ける必要があるとしてみよう。
これは3年間で5500時間になるので、
15万5千ドルを60%で割り、更に5500で割ると1時間当たり47ドルとなる。
この金額は「残業代」ではなく、
文学や歴史の代わりに数学や物理を1時間勉強する時の報酬だと考えればいい。
この報酬が多いか少ないかは個人の好みによるだろうが、
これらの分野に少しでも興味がある学生なら
かなり魅力的に映るかも知れない。

ラフにまとめると、いくつかの前提の下、米国の高校生は
国語や社会、外国語を勉強すれば追加1時間あたり26ドル、
数学や物理、化学を勉強すれば追加1時間あたり26ドル+47ドルで73ドル
の報酬が得られるのと同じという試算が可能ということになる。

勉強の付加価値はそれなりに高いが、驚くほどの金額ではない。
誰もが一流大学を目指す必要はなく、
あくまで個人の価値観に沿って判断する方が人生の満足度を高めるのではないだろうか。


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

一流大を目指すアメリカの高校生の生活 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

公立学校の学年末も近づき娘の小学校も半日授業だったので、
大学に連れて行って私がオフィスで打ち合わせをしている間、隣りで本を読ませていた。

打ち合わせをした相手は、
エンジニアリングスクールの助教授でアジア系アメリカ人の女性だ。
地元出身のようで、ミシガン大で学士、修士、博士を取って
スタンフォードでポスドクをした後、
うちの大学のテニュアトラックにのって現在に至る。

1時間ほど打ち合わせをした後、
ミシガン大に行きたいと言う娘が興味を持つかと思い、
「何か娘にアドバイスはある?」と聞いてみた。

「まだ小学生だからあまり気にすることはないけれど」
と前置きしたあと、彼女が始めに言ったのは予想通り
「高校の成績と標準テスト(SATかACT)はきちんと高いスコアを出しておいた方がいい」
ということだった。
州立大学は入学選考に一流私立ほどのリソースを割けないし公平性も重視される。
だから成績とテストスコアが重要であるというのはよく言われていることである。

しかしその後に彼女が話していた事はちょっと私の想像を超えていた。
結論から書けば、
「あとは課外活動とかいろいろあるけど時間もかかるから一生懸命になりすぎないで」
ということだ。
しかしそれは、彼女自身が高校生の時には必死に色々やり過ぎた、
という思いからのアドバイスだそうだ。
楽器やスポーツをいくつも掛け持ちし、ボランティアをして、
ナショナル・オーナーズ・ソサエティ
(勉強も社会奉仕もしてリーダーシップのある模範的高校生を認定する機関)
にも入って・・・、と必死で大学入学のために準備をしたらしい。
大体、午後10時まで学校で様々な課外活動をし、家に帰ってから午前2時まで勉強。
午前5時には起きて、朝練に行くという生活だったらしい。
さすがに大学入学後に一時燃え尽きてしまっていたという。
極端な友人の中には、自分の履歴書をよく見せようと運動部を3つ掛け持ち
している人もいたという。

米国の大学入学選考は holistic approach と呼ばれ
学力だけでなく総合的に人物を評価する。
一部ではそれが素晴らしい事のように言われるが、
一流大に行くことを切望する高校生の生活スケジュールは上のように殺人的なものになる。
一方で学力だけに力を入れる訳ではないので、
そこまでやっても学力では東大生の足下にも及ばない学生がたくさんいるのである。
こうした選考方法が望ましいのかどうかは、賛否両論があるだろう。
少なくとも、日本の大学入試を改革する際には
日本の将来を担う高校生たちにどんな生活を送って欲しいかという視点で
考えることが大切であるように思う。

彼女はアカデミアに進む選択をした今では、
「高校生のうちからそんなに殺人的なスケジュールで生活を送る必要はない」
という結論に達している。
なんでもこなした彼女の人間的な魅力は、
数学をやる以外は家でゴロゴロしてドラマとか見ていた私よりも上なのかも知れないが、
別にそれはキャリアに必須なことではない。

話が一段落して、
「ミシガン大には実家から通ったの?」
とたずねると
「最初の2年は実家からその後はアパートを借りた」
と答えたので、
「親は近くにいると安心だろうね」
と同意すると、ぽつりと
「私はボストンに行きたかったんだけどね」
と言った。
きっと、どうしてもハーバードかMITに入りたかったが、
あれだけやっても入れなかったか奨学金が下りなかったということなのだろう。
確かにそれだけの難関校を目指していたのであれば、その高校生活もうなづける。

現在、米国の大学人気トップ5は
ハーバード、イェール、プリンストン、スタンフォード、MITの5校と言われ、
「HYPSM」などと略される。
入学定員の合計は約7200名で約400万人いる米国の18歳人口の0.18%程度だ。
日本の18歳人口(約120万人)に換算するとわずか2160名となる。
日本では東大と国立医学部の定員の合計はちょうど8千人くらいなので、
HYPSMは、その約4分の1の狭き門だ。
そこを目指す高校生は、きっと上に書いたような超多忙な高校生活を送っているのだろう。

日本人も米国人も一流大学のブランドは大好きだが
そこを目指す高校生も子供を入学させたい保護者も、
大学入試にそこまでのエネルギーを使う価値があるのかどうか
よく考えてから挑戦した方が良いのではないかと思う。


テーマ : 大学
ジャンル : 学校・教育

【A級保存版】 在外小学生のための日本語雑誌 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

アメリカ生まれの娘も、4月から日本の小学校5年生相当になった。家では日本語だが、学校では英語しか使わないので2年前くらいから英語の方が強くなってきた。土曜日には日本語補習校に通い、日曜日には補習校の宿題を4時間くらいやっているが、高学年になると、学校の教材だけでは実践的な語彙や読解力の点で学年相当を維持することが難しくなってくる。そこで、いくつか海外在住の小中学生に良いと思った媒体を紹介したい。

1.朝日小学生新聞 (日刊8ページ、月1720円)

小学生専用に作られていて記事がバラエティーに富んでいるのはこれだろう。ただし、日刊なので読むのはやや大変だ。日本では紙媒体だが、海外向けには電子版もある(紙媒体しか読んだことがないので使い勝手は不明。ご存知の方はご教示下さい)。月々1720円と割とリーズナブルな値段だ。

2.毎日小学生新聞 (日刊8ページ+、月1580円)

1に類似する新聞。こちらは毎日新聞電子版を月3780円で購読すると無料で読めるようだ。(同じく使い勝手は不明。ご存知の方はご教示を。)

3.NEWSがわかる (毎日新聞社、月刊、約70ページ、380円)

「10歳からのニュース百科」の副題からも分かるように、主に小学校4〜6年生を対象に作られている。全ページカラーで、マンガや図、写真などが多く、子供には読みやすいかも知れない。読者の投稿ページもある。欠点は値段が安過ぎるためにアマゾンジャパンでの取り扱いがないところだ。定期購読して実家から送ってもらうなどの手順を踏まないと入手できない。


4.ジュニアエラ  (朝日新聞社、月刊、約50ページ、500円)

3と同じく全ページカラーの雑誌だが、上の二つより少し文章が多く内容も少し高度だ。小学校高学年から中学生向けという感じである。こちらはアマゾンジャパンで取り扱いがあり、海外発送も可能。ちなみにアマゾンの北米への送料は1冊だと1050円で、1冊追加する毎に350円追加される。ただし、消費税は免税になる。




5.子供の科学  (誠文堂新光社、月刊、約110ページ、700円)

科学および工作の話題を扱った子供向け雑誌。かなりの分量でおまけ付きで700円というお値打ち価格である。対象は科学が好きな小学4〜6年生を中心に中学2年くらいまでという感じだろうか。カラー50ページ+二色・単色刷り60ページ。アマゾン取り扱いあり。




6.キラピチ (学研、月刊、約120ページ、730円)

「小学生の女の子のためのキャラ&おしゃれマガジン」とのこと。すみっコぐらしなどのキャラクターグッズが3分の1、ファッション3分の1、マンガ3分の1という雑誌。息抜きや、何でも良いから日本語に興味を持たせたいという女の子のために。小学生向けファション誌ながら、あまりぶっ飛んだところはなく親も比較的安心できそう。JSモデル満載で、大きなお友達も楽しめる。アマゾン取り扱いあり。




7.ニコ☆プチ  (新潮社、月刊、590円)

「おしゃれな女子小学生ナンバー1ファッション誌」らしい。娘を都会風にオシャレでスレた子に育てたい方に。男子の落とし方を特集したりと、6と比べて格段にぶっ飛んだ内容。むしろ、大人が読んでネタとして楽しむ雑誌なのではないかとの疑惑もあり。類似の雑誌に 「JSガール」(三栄書房) がある。アマゾン取り扱いあり。

 


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

留学や海外就労で人生リセットはできません -- このエントリーを含むはてなブックマーク

日本での留学・海外就労についての相談やアドバイスを見ると、「今の生活に行き詰まりを感じてるので留学したい!」、「人生リセットしたいなら留学がベスト!」などという意見を目にするのだが、十数年アメリカに住んだ経験からすると、この手の考え方は的外れどころか全く逆だ。むしろ、留学や海外就労を目指す場合、これまでの自分の経験に縛られることが増える。

1.語学のハンディと自分の強み

海外で語学のハンディを乗り越えるには自分の強みを活かすしかない。私が米国で就職するに当たり、18歳以上になってから経験した事で無駄になったことはほとんどない。数学科で6年間を過ごした事は数学科で働く上でもちろんプラスになっているし、教えるのが好きで予備校で講師を経験した事は、大学で授業する上で最も役に立っている。日本でモデリングや統計の仕事をしたことは、自分のリサーチのみならず、学生にトピックを与えて指導する上でも非常に役になっている。米国での就職では学位も重要になってくるし、持っている学位や分野、日本での就労経験によって取れるビザも違ってくる。更に私は、米国で就職活動する際に、日本で知り合いの大学教授から推薦状をもらった。海外では、自分が確かな人間であることを示すために、これまでのスキルや人の繋がりがとても重要になってくる。

日本でもスキルや人の繋がりはもちろん重要だが、語学や文化的なハンディがない分、過去の自分を断ち切って仕事を探す事はずっと容易だ。私は、日本の大学院では落ちこぼれだったので修士課程の後に就職活動をしたが、基本的にはどの会社も学部2年くらいまでの専門知識以外はほぼポテンシャルだけで内定を出してくれた。中央省庁の中には、公務員試験の名簿を使ったのか「大学院を中退してうちに来ませんか」と言ってくれたところもあった。米国に来てから、これはとても贅沢なことだったのだと感じている。

私が日本で就活した当時は、新卒カードという強力な武器があったのは事実だ。しかし、それを差し引いても、日本人が日本で新たな仕事にチャレンジするのは、米国で新たな仕事にチャレンジするよりもずっと容易だ。私も少し歳を取ってしまったが、今から全く違う新しい仕事、例えばマクドナルドのバイトから店長を目指したり、カーディーラーに入って車のセールスマンを目指すにしても、米国よりどの国より、日本で挑戦するのが一番成功する可能性が高いと思う。

もし人生をやり直したい日本人がいたら、日本でやり直す方がずっと簡単だし、これまでのしがらみを断ち切るのも易しい。


2.海外の日本社会はとっても日本的

もし、特筆すべきスキルはないがどうしても海外で働きたい、ということになれば、必然的に自分の日本人としてのスキル、すなわち、日本語がしゃべれるとか日本文化が分かるという強みを活かす事になる。そうしたポジションの大半は日系企業の現地採用だ。

日系企業は米国にも日本文化をそのまま持ち込んでいるので非常に日本的だ。米国に多い伝統的な製造業大企業はたいてい日本的だし、現地化した日系サービス業などは昔の日本的価値観を強く引きずっていてブラックだったりする。「日本に帰りたくない」という日本人は人気のある大都市では常に一定数いる(*1)ので、単純業務を行う末端労働者の労働環境は劣悪な事が多いのだ。

日本で新しくて進歩的な企業で働く方が、よっぽど人間関係も仕事もやりやすいだろう。

(*1)その点、日本人に人気のないデトロイト、シカゴ、トロント、その他日本企業が進出する中西部、南部の大都市は相対的にお勧めではある。



ネガティブなことばかり書いてきたが、それでも留学がプラスになる人もいるだろう。どういう人が海外就労や留学に向いているのだろうか。

(1) 若い
若ければ語学の吸収や文化への適応も早いし、現地就職の際のハンディも小さくなる。日本に帰ってきても25歳前後までなら新卒カードが切れるのでユニークな経験を活かして、有利になる可能性がある。

(2)年齢だけがネック
逆に専門能力は十分高いのに、年齢が高くなってしまったために日本の雇用慣行に阻まれて希望の職種につけないというケース(例えば35歳以上で非管理職など)では、海外に出た方が活路が見いだせるケースが考えられる。もっとも海外では成功しても、今度は日本に帰ってくるのが困難というケースもある。

(3)海外で需要の高い技術を持っている
理工系の技術者、研究者などは、海外では需要が高いので日本よりうまく行く可能性がある。特にIT分野では日米の賃金格差がかなり広がっているので、経済的には米国の方が得だろう。理数系の高校教員などもなり手が少ないので、今後需要が増加する可能性がある。学術的分野以外なら、おなじみの寿司職人は海外では需要が高いし、今ならうまいラーメンを作れる人なら米国で成功する可能性が極めて高い。飲食以外でも、日本人向けビジネスが見込める地域も多々ある。

(4)海外でしか学べない技術を学ぶ
例えば学問分野なら経済学。日本国内で海外での実績が評価されやすい上に、日本と英語圏諸国の実績の差がまだまだ大きい。職人分野なら、ヨーロッパで料理修行して日本に帰るなんてパターンもある。


もちろん、私の話は主に米国についてのものなので、新興国で新事業を立ち上げるとか、他にもチャンスは色々あるだろう。国際化した日本人が必要な国際機関に勤めるという手もある。ただ一言で乱暴にまとめるなら、海外で上手くいくのは「海外で人生リセット!」と明るく考える人より、色々と考えた末に「仕方ないから海外に行くか…」と考える人なのかも知れない。


テーマ : 就職・転職・起業
ジャンル : 就職・お仕事

データに基づく統計手法を軽視する自動車の監督官庁 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

三菱自動車が、軽自動車などの燃費を水増し偽装していたと報じられた。昨年にはフォルクスワーゲンが排ガス規制逃れの不正をしていたことが報じられており、自動車業界は2年続けて大型スキャンダルとなった。いずれの不正も断じて許されるものではない。自動車メーカーの責任ある者が「良い車を作るため」ではなく「社内で上手く立ち回るため」に働いていたことは大変残念である。

しかしながら、日米欧各国の監督官庁の検査手法にも問題があると言わざるを得ない。三菱自、フォルクスワーゲンのスキャンダルはいずれも、実際のデータに基づいて試験を行っていないことが問題を誘発しているからである。

一般的に言って、「測定条件の多様性」と「正確な測定」はトレードオフの関係にある。燃費にしろ、排ガスにしろ、実際に道路を何度も走らせてあらゆる条件で測定をすればもっとも包括的な試験になるが、一方で走行した状態(走行速度、道路の形状や起伏、天候、ドライバーのクセなど)のばらつきによって測定誤差は大きくなる。例えば、ある車種の燃費を混雑した繁華街で土日にエアコンをかけながら試験し、別の車種を涼しい日に空いた高速道路で試験すれば、もちろん公平ではない。

これまで良く言えば監督官庁は、正確な測定を重視して、条件を決められた状態に固定して数値を測ってきた。しかし、こうした哲学をもとにした測定はもはや時代遅れだ。こうした手法が人為的な不正を誘発するだけでなく、コンピュータによる制御が進んだ現在の自動車では、特定の状態でのみ良い数値を出すような細工はますます簡単になってきているからだ。こうした測定方法によって、実際の燃費が決してカタログ値に近い値にならないという状態になっているが、これは消費者にとって全くナンセンスである。あくまで、実際の走行データに基づいて測定を行うのが科学的なアプローチというものだ。

実際の走行データに基づいて数値を測定すると条件のばらつきにより誤差が大きくなると書いたが、こうしたデメリットを低減できるのが統計学だ。以下の図はそれを概念的に示したものである。

燃費

平均走行速度は燃費に影響を与えられると考えられる。図では、実燃費は5km/lから20km/lとかなりの幅があるが、平均速度と燃費の関係を考慮した上で、35km/hで走行した時の平均燃費を公式な燃費とすれば、値が13km/l前後であることが見てとれる。平均速度以外にも多くの条件を統計モデルに取り込めば、誤差ゼロとまではいかないまでも、かなり実体に即した値を推定することができる。数十年前にはより複雑なモデルでこうした推定を行うことは計算上大変であった。しかし、現在のコンピューターの計算能力やそれに応じた統計手法の進歩を踏まえれば、こうした推定の精度はかなり上がっている。また、データの収集面においても、実際のユーザーの車に測定機器を取り付けてデータを送信するような芸当も昔に比べればハードルが下がっているはずだ。

国土交通省はすでに燃費試験の見直しを表明しているが、従来の手法の延長に拘泥することなく、統計学などの今日的な知見をもとに、より良い基準づくりを目指して欲しい

不正を行う人間の弱さを直すことはできないかも知れないが、テクノロジーで不正を困難にすることは可能なのだから。


「君はどこにでも行ける」とはどういうことか、図にしてみた -- このエントリーを含むはてなブックマーク

ホリエモンの「君はどこにでも行ける」を読み終えた。とても面白い本だったのだけど、ホリエモンの言う「国境は君の中にある」というメッセージが、私には少しぼんやりとしているように感じられた。そこで「グローバル化とは何か」そして「なぜ外国の人とのコミュニケーションが重要になってきているのか」ということについて、私なりの言葉で説明してみたい。

まず、グローバル化の本質は、世界中を旅行したり、他の国で働いたりすることではない。

実際、日本人が世界を旅するのなら20年前の方がずっと安い値段で色々なところに行けた。各国間の貧富の格差が今より大きく、日本はその最上位に位置していたからだ。当時、大学の夏休み明けに海外旅行帰りの友人と話すと、海外の物価がいかに安いかを語ってくれるのが常だった。昔の方が国の風景の違いも大きく旅の楽しみも大きかっただろう。20年前まで日本にスタバはなかったし、25年前まで北京にはマクドナルドはなかったが、今はどこにでもある。世界各地の美しい風景も、いまはインターネットで簡単に検索できる。

働くという事に関しても、グローバル化は必ずしも世界に出て行くことを意味しない。昔であれば、米国でゴールドマン・サックスのような投資銀行に勤めて一旗あげることも考えられたが、今日、グローバル化した大企業はわざわざ純日本人を米国で採用したりすることは少ない。東京支社なり支店なりで採用すれば済むからだ。

勉強にしても、オンラインの授業が充実してくれば、必ずしも発展途上国から先進国に留学する必要は無くなるだろう。英語にしても、英語圏から各国に情報や人材が流入したことで英語圏にいなくても格段に習得しやすくなっており、意欲的な留学生は既に話せるようになってから米国に来るようになってきている。

「グローバル時代だから英語を習得しないと」というのも、必ずしも正しくない。もしかしたら、早晩機械翻訳が飛躍的に進歩して外国語を話す必要はなくなってしまうかも知れない。

それではグローバル化とは何なのか?

それは一言で言えば「世界中が同じようになること」だ。世界中の富裕層がBMWに乗り、世界中の中間層がiPhoneを使い、アジア各地の大衆が韓流ドラマやAKBグループのライブを楽しむ。世界中の学生がスタバでネット接続してKahn Academyのビデオをみて勉強し、世界中の貧困層がウォルマートで雑貨や食料品を買うようになるまでにも、大して時間はかからないだろう。

図にすると下のようになる。
Globalization.png


グローバル化する前の世界では、住む国によって生活の水準が決まった。例えばアジアについて言えば、日本人の生活は豊かで、韓国や台湾はそれより貧しく、マレーシアやタイはもっと貧しく、中国、インド、ベトナムなどは信じられないくらい貧しい、といった具合だ。だから例えば、富裕層や中間層向けの製品である大型テレビを作るにしても、アジアに限って言えば日本人の好みに合わせて作れば良かった。同じ日本の中でも管理職の給料は工場労働者のそれより高かったが、日本人の誰もが他の国より豊かであることに誇りを持てたし、国民はみな同じ番組や新聞を見て、一体感を持って生活できた。

グローバル化した世界では、財やサービスが国を超えて流通するため各国間の差はどんどん縮まり、それぞれの国に明確な富裕層、中間層、貧困層が生まれる。図は経済的な格差について描いたが、知識や情報のレベルという点でも同じことが言える。世界中の高学歴層や知識階層が、海外の競合他社や研究者の情報を得て知識を深めあう。世界中の多数のホワイトカラーが同じハードウェアやソフトウェアを使って仕事をする。世界中で、同じビジネスモデルに従って同じ製品やサービスが提供される。

国の間の距離が縮まる一方で、仕事の内容や生活の仕方によって、経済、知識、情報に関するばらつきが大きくなり、国民の一体感は損なわれていく。

そんな世界では、これまでと同じように生きているつもりでも、付き合う世界は非常に狭くなっていく。たとえば、グローバル化する以前に「日本の中間層」として生活することは「アジアの中間層」として生活することとほぼ同義(図の左側)だったが、今後は「アジアの旧先進国」かつ「中間層」という非常に小さい交わり(図の右側)で生活することを意味するようになる。

したがって、ビジネスをする上でもそれ以外の仲間を作る上でも、右の図の横方向の繋がりを強めていくことが、豊かな生活を送るための鍵になっていく。世界がどんどん同質化して、わざわざ外国に行く機会は減っても、世界を串刺しにする横のつながりはますます重要になっていく。

国境が心の中で無意識な壁となると、これからの世界を生きる上ではとても狭い世界に自分を追いやることになる。昭和の時代に図の左側のごとく同じ国の中を横に自由に歩き回ったように、これからは図の右側のごとく世界を横に自由に歩き回ればよいということだろう。



テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

飛び級かあるいはその逆か?〜米国の親達の計算 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

米国で子供を育てる多くの日本人が驚くことの一つは、近年、教育熱心な親の多くが子供を飛び級させるのではなく、逆に子供の学年を遅らせていることだ。米国では義務教育は5歳の年長(Kindergarten)の学年から始まるが、6歳になるまで待つケースがかなり頻繁に見られる。ウォールストリートジャーナルによると、全米で6%の保護者が子供にそうした選択をさせており、その割合は貧困地域で2%であるのに対して、富裕層の多いでは27%にも上る。富裕層の割合が高いのは、米国の高い保育料を1年間余計に出せるのは富裕層だけという側面もあるが、教育熱心な家庭が学年を遅らせているという側面も強い。

あいにくきちんとした統計を持ち合わせていないが、近年そうした傾向は強まっているように感じられる。40〜50歳前後の米国人に聞くと、優秀だったので飛び級したという例を多く聞くように感じられるからだ。

飛び級が grade acceleration とか grade-skipping と呼ばれるのに対し、学年を遅らせるのは米国では (academic) redshirting
と呼ばれる。Redshirtは、スポーツ選手が着るシャツのことで、大学スポーツなどにおいて大会出場のチャンスを増やすために学年を遅らせる戦略をとる人がいることに端を発しているようだ。

なぜ教育熱心な親は、子供の学年を遅らせるのだろうか?彼らの多くが主張することは、子供にリーダーシップとか他の子より秀でているという自信を身につけさせたいということである。リーダーシップをとった経験のような非認知能力が、子供の人生に長期間にわたって影響することは広く知られており、こうした主張にはある程度の説得力がある。

しかし、本格的な調査研究の結果は必ずしも redshirting に肯定的なものではない。入学を遅らせた子供達は、小学校段階においては(1年分早く成長してるので当然ながら)クラスメイト達よりも優れた成績を取る。また、リーダーシップのような能力に関しては、高校においてもそうした効果は認められるようだ。しかし、最終的な学力に対する影響は概ねゼロか逆にマイナスになるというものである。スポーツにおいても、出場機会が成長に繋がるような限られたケースでのみ効果が認められるということのようだ。

それでも、米国人の親達は redshirtingを諦め切れないようだ。「比較的最近のスタンフォード大学の研究者による研究によれば、確かに学力の点ではメリットは小さいかも知れないが、精神的な安定に対しては redshirting は大きく寄与している」と昨年のシアトルタイムズは伝えている。

そんな研究まで持ち出して、なぜ米国の親達は子供の学年を遅らせたいのか。恐らくそこには、有名大学入学を目指す親達の計算があるのだろう。米国では日本と異なり、大学に入るために浪人することは一般的ではなく、入学選考においては9年生〜11年生(日本の中3〜高2に相当)の成績や、高3時点でのテストスコア、それに加えて課外活動や部活動でのリーダーシップの経験などが重視される。「テストスコアを上げるために1年浪人しました」などという言い訳はアイビーリーグには通用しない。だから、逆に予め学年を遅らせておけば自分の子供が周りの子供達より年上なので有利になる、という計算なのだろう。

もしかすると、そうした作戦は個人レベルでは意味があるのかもしれない。実際、有名大学卒の肩書きは米国でもそれなりのブランド価値があるからだ。一方で、社会にとっては、才能に恵まれた子が緩い環境で1年間を無駄にすることは好ましくないように思える。また、能力があるのに勝手に学年を遅らせることは、教育現場に負荷をかけることにもなる。

米国の教育には問題が山積しているが、子供に選択肢を与えるという点で一見好ましく見えるこの制度も問題を孕んでいるようだ。


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

この春、中学を卒業する君へ -- このエントリーを含むはてなブックマーク

卒業おめでとう。
義務教育を終えて君は自由になった。
義務教育なんて形式的なものだと君や多くの大人は思うかもしれないが、僕はそうは思わない。ごくごく標準的な日本の公立高校の入試問題を久々に見るとそのレベルの高さに驚く。

例えば、国語の読解の問題。あれだけ論理的な文章を読んで答えが導き出せるようになっていれば大人になって困ることはない。あとは色々な文章を読んで経験を積むだけだ。例えこれから海外から優秀な移民が入ってきても、果たしてそのうちの何人が君と同じレベルの日本語能力を身につけられるだろうか。日本が日本語圏である以上、君は気付かないうちに大きなアドバンテージを身につけた。

数学もそうだ。僕は米国の大学生に数学を教えている。数学は若い頃にやった方が良いなどとよく言われるが、結局はやる気次第だ。基礎さえできていれば、必要になったときにいつでも学べる。日本の中学までの数学がきちんとできていれば、後から幾らでも学び直せると断言できる。米国の大学で数学に苦労しているのは、中学までの数学がきちんとできていない子ばかりである。

英語もしかり。先日、米国に住む日本人同士で話していて「日本人はなかなか英語を話せるようにならない」という話になった。すると、日米両方で会社を経営されている人が「そもそも、英語なんて中学で習うことで十分なんですよ」と言った。中学までの英語がきちんとできていれば、あとは自習するなり場数を踏むなりすることで、いくらでも上達できる。

ほんの10年前、君は社会で必要なことをほとんど何もできなかったはずだ。一人で学校にも行けず、字も書けず、お金の計算もできなかった。自分で予定を考えることも、学校に持って行くものを揃えることもできなかった。だから、君は、両親や保護者、先生に何度も怒られながら育ってきた。

しかし中学を卒業するいま、君は生きるために必要なことはもう全て学んだ。もう両親や保護者、先生に反抗する必要すらない。自分の責任で好きなように生きれば良いのだから。

そんな中、中学を卒業して25年の僕から3つだけアドバイスがある。


1.自分の好きなことだけをやること

自分の好きなことだけをやって欲しい。だって生きるために必要なことはもう全て学んだのだから。ものを書くのが好きならそれでもいいし、音楽でもスポーツでも、工作でも、数学でもいい。つい先日入学の決まった高校を卒業することさえ、長い人生の中では重要ではない。

実は僕がある大学の付属高校に入ってすぐに考えたのは、高校を辞めることだった。理由は単純で、受験を終えて好きなことだけやろうと思っていたのに、興味のないことをいろいろ勉強しなければならなかったからだ。授業の予習をするだけで一日2時間はかかった。結局、辞めずに高校を卒業したのは、私の夢は数学者になることでそのために大学の数学科に行かなければならないと思ったからだ。数学科に進むためには、その高校を卒業して数学科に推薦してもらうのが最小の無駄で済むのだと理解したのだ。当時は若かったから、僕はその最小の無駄さえ恨んだ。

晴れて数学科に入学して知り合った友人と話すと彼は「高校を一週間で辞めた」という。「だって、くだらなかったから」と。彼は大検を経て数学科に入学してきた。僕は、日本人なら誰でも知っている都内の2つ大学の数学科を出たが、彼と同じような人は知っているだけで3人いる。

なお、敢えて高校に通うメリットを挙げるとすれば、それは刺激を受けられる友人と知り合えることだ。一生懸命勉強して良い高校に入るのは無駄な事ではない。「凄い奴ら」と知り合うことができるからだ。逆に、もし君が高校入試の結果、不本意な高校に通うことになったとしたら、やるべきことはその高校の外にも「凄い奴ら」を見つけて友達になることだ。もし不本意に入学した学校で「大したことない奴しかいない」などと思っていては、君の人生自体が不本意なものになるだろう。

君が優秀であればあるほど保護者の方や先生がうるさく言うのが大学入試だが、これも基本は同じだ。「凄い奴ら」を四六時中間近で見るために、どれだけ受験勉強するかという選択だと思えばいい。

話を戻そう。人間は大人になるにしたがって絶対やらなければならない事は減っていき、好きな事だけをやれば良くなっていく。それなのに、年齢を重ねるのにしたがって、嫌いなことを仕方なくやっている人が増えていくように見えるのはなぜなのだろう。それに対する僕の答えは「大人は楽をすることを覚えるから」というものだ。「一生懸命生きなくても、良い大学にさえ入れば…」「人生に悩まなくても大きな会社に入って文句を言わずに働きさえすれば…」「結婚して夫に尽くしてさえいえば…」といった具合だ。そういう人生を選ぶことは自由だが、「楽」をしているはずなのに「楽しそう」には見えないのが不思議なところだ。僕もしばしば「楽」を選び「楽しくない」時間を過ごして後悔することが多い。


2.一生懸命やること

好きな事だけやる代わりに、本気でやってほしい。世界一、あるいは、せめて日本一を目指すくらいでなければ嘘だ。例えば、音楽なら世界一の作曲家や演奏家を、スポーツ選手だったら世界一のプレーヤーを、工作だったら世界で一番精緻なロボットを作れるエンジニアを目指して欲しい。もし、君の目標が「高校の野球部で4番になる」という程度のものだったら、いますぐ辞めて別の夢を考えた方がいい。そんなのは「くたびれたおじさんやおばさんが考えた高校生の夢」だ。そんなものを夢にしても、くたびれたおじさんやおばさんにしかなれない。

夢が実現するかどうかはまた別の話だ。僕だって高校生のときは世界で一番凄い発見をしてフィールズ賞をとろうと思って数学を勉強していた。残念ながら、というべきか、よく考えたらやっぱりというべきか、夢は叶わなかったが、最初から「微妙なレベルの大学の先生になればいいや」などと考えていたら、何もできなかっただろう。

真剣に日本一になろうと思ったら、考えも多少変わるかも知れない。君は相撲が大好きだとしよう。日本一の力士になれなくても、日本一の行司になることだってできるし、日本一の実況アナウンサー、力士の診断では日本一の外科医になることだってできる。経営に興味があれば相撲協会に日本一の助言ができる経営コンサルになってもいいし、英語が得意なら世界で一番知られた相撲解説者になることだってできる。

日本一になる方法が分からなければ、日本一の人にどうすれば良いか聞きに行ってはどうだろう。大人というのは、多くの高校生が考えるよりずっと頑張ってる若い人には好意的なものだ。僕の大学時代には、毎年グループで一流の数学者にインタビューしにいくという企画があったが、多くの方が時間を割いて快諾してくださった。日本一のロボットを作りたければ、日本一のロボットを作っている会社にとりあえず電話してみてはどうだろうか。

君の夢が野球選手なら、世界一の野球選手にインタビューする事は難しいかも知れない。そんな時にはまず、君を差し置いて世界一になりそうな同年代の人と知り合いになれないか考えてみるのもいい。あるいは、君の夢が何かを発明したり発見したりすることなら、協力して世界一を目指せる友達を探すのもよい方法だ。

「一生懸命やること」は「後悔しないこと」でもある。僕は結構引っ込み思案な方なので、「好きなことをやろう」と思った時に「本当に良いのだろうか」と悩む事が多い。しかし実際には、好きな事を選んで後から後悔する事はほとんどなく、後悔するのはいつも「さぼって一生懸命やらなかったこと」なのだ。一生懸命できなかったら、本当にそれがやりたい事なのかどうか、考え直した方が良いのかもしれない。


3.世の中の役に立つことをすること

好きな事を本当に一生懸命やっているのに結果が出ない、将来の展望が開けない、ということもよくある。この時に大事なのは、自分が一生懸命やっていることが本当に世の中の役に立っているのかを考えることだと思う。

「大人は好きなことだけやれば良い」と書いたが、それが世の中の役に立たなければ食べていけないというのが子供との唯一の違いだ。

例えば、君がある売れないアイドルに入れ込んで、彼女のために献身的にファンクラブを立ち上げる。君は、その娘とファンクラブの運営に四六時中夢中になる。その甲斐あって、誰も見向きもしなかったアイドルに全国から17人のファンクラブ会員が集まった。毎月1人くらい上積みできるかもしれない。しかし会費は月300円で、君自身が食べていくどころか、ウェブサイトの運営費すら捻出できない。

しかし現実に起こることは、こんなに単純ではない。例えば、世界でもっとも美しいと騒がれる数学の理論を君は5年かけて学ぶ。君は世界で30人しか完全には理解していないという、その理論の第一人者が13年前に書いた有名な論文の補題3.2を一部拡張して学会誌に投稿する。証明は完全に正しく美しいが、論文は「枝葉末節」として却下される。君は誰にも認めてもらえず、来年切れるアルバイトの講師の契約に怯える。

誰かが一生懸命やっていることが、本当に世の中の役に立つのかを判断することは非常に難しい。しかし現代社会全体としてみると、お金はあり余っており、情報の伝達速度はもの凄い勢いで上がっているので、世の中に役に立つことがあれば誰かが目をつけてくれる可能性は非常に高くなっている。もし、自分があまりにも浮かばれないと思った時には、自分のやっていることが最善なのかを立ち止まって考えてみることを勧めたい。もしかしたら、その世界でもっとも美しい理論を他の人に分かるように説明し直したら社会に凄いインパクトがあるのかもしれないし、逆に美しいだけで未来永劫意味のない理論をやっているのかも知れない。


ふと、なぜ僕はこんなに当たり前のことを偉そうに書いているのだろう、と恥ずかしくなった。しかし、どうも今の世の中は複雑になりすぎて、当たり前の原則に従って生きることさえ難しくなっているように感じられる。中学卒業という節目で——あるいはそれが高校卒業や大学卒業、転職であっても——、そうした当たり前の原則を振り返ってみても良いのではないかと思った。


テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
9位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。