英訳がしっくり来ない時は似た内容の英語のページをコピペしよう -- このエントリーを含むはてなブックマーク

Lilacさんが「英語で通じないと思ったときは「説明的に」考えるのがコツ」
と題して、普段英語を話すときに気をつけてることを紹介している。
興味がある方は元記事を読んでいただくとして、
この記事を私なりに解釈すると、
「内容を日本語ではなく一旦メタレベルに引き上げて解釈してから
その意味に近い英語の文章を作る」
ということになる。
この考え方はとても実践的だ。
そもそも、各言語において特定の単語はかなりいろいろな意味に使われるし、
二言語の単語は1対1に対応していないことから、無理に直訳しようとすると、
本来伝えたいこととの乖離が大きくなるリスクが大きい。
その点、意味ベースに一旦引き上げておけば、ある程度の誤差が生じても、
乖離は許容範囲内に収まることが多い。

しかしこうした考え方は、ある意味、
辞書などにアクセスできない状況下での
サバイバルの方法として有効なものであって、
英作文のようにある程度の下調べが可能な場合には
自然な英語の定型表現を探す事も大事だろう。


例えば、以下はN村證券の日本語求人情報ページの文言である。

「待遇:専門性・能力を考慮し、当社規定により決定」…(1)


このページには対応する英語版があり、

"Your compensation will be determined upon your years
of experience, your role and the Firm's policy." …(2)



となっている。
この英文は100%正しいと思うし、意味も明快だ。
むしろ日本語より具体的になっている。

しかし、英語の求人情報をたくさん見たことがあれば
求人情報内での決まり文句として(1)に対応する自然な文言は、

"Salary: Commensurate with experience."


なのではないかと感じるのではなかろうか。

こうした表現を思いつくためには、
意味ベースで考えるのではなく、
実際に英語で書かれた用例を持ってくることが大事だ。
自然な英語表現にはインプットの量が重要なのだ。


例えばあなたが日本の中学の数学教員で、
英語は高校で習って以来使っていないとする。
ある日突然、アメリカ人の中学生が転入してきて
三平方の定理を英語で説明しなければならなくなったとしよう。

まず、あなたはグーグルで「三平方の定理」を日本語で検索する。
出てくるのは、日本語版ウィキペディアだが、そこには
「三平方の定理」が「Pythagorean theorem」であると書かれている。
そこで「Pythagorean theorem」を再度検索すると、
英語版Wikipediaの該当ページに辿り着く。
三平方の定理を説明するのに必要な英語表現は
全てそのページに書かれている。
そこには、辞書を使って入念に説明文を考えるよりも
何倍も正確で自然な表現が詰まっているのだ。


スポンサーサイト

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

アメリカで博士号が重要な理由 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

自分の名刺には入れ忘れてしまったのだが、
アメリカ人はよく `John Smith, PhD' などと
自分の学位を名刺に入れることが多い。
理由は簡単、端的に言ってアメリカ人が知らない人と
会った時の態度は以下のようになっているからだ。

Q1) その人は金持ちか?
 YES → 成功した人。→ 尊敬の眼差し。
 No → Q2 へ

Q2) その人はドクター持ちか?
 YES → 取りあえず頭はいい人。→ 一目置いておこう。
 No → 何もできない人。→ なんだ、ルーザーか。

個人的にはそういう表面的な価値観は好きではないが、
実際にそうなってしまっているのだから仕方がない。
日本だって、名刺の一行目が「三菱商事(株)」と「(有)山田商会」
では受けが全然違うだろう。

もちろん、博士持ちもお金があった方がいいのは言うまでもない。


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

日本のサービス≠アメリカの日本人向けサービス -- このエントリーを含むはてなブックマーク

久々に日本に帰ってきていろいろなところに行ったが、
やはり日本のサービスのレベルの高さはすごいと思う。

チノパンを買えば一時間で裾を直してくれるし、
複数の売り場で買い物をしたら、
店員が気を利かせて次の店舗まで商品を持ってきてくれる。
電器屋に行って「ポイントカードをなくした」と伝えたら
ものの3分で昔の住所から紐付けて再発行してくれた。

日本のサービスレベルの高さに絶対的な信頼を置いている
日本人は結構多いだろう。
そもそもサービスに文句を言っている日本人さえ、
心の底では「客を神扱い」する日本のサービスが安心で
ある事をよく知っているはずだ。

そんなわけで、日本人は海外に行っても結構、
日本人向けサービスを利用しようとするし、
私もそういうことがあるが、これはあまり賢明ではない事が多い。

基本的にサービスの質は需給や供給側の競争の激しさで決まるからだ。
海外の日本人向けサービスは
競争の激しくないものが結構多く、寡占・独占に近いものもある。
どうしても日本語サービスでないと困る、という顧客も多いので
むしろ供給側が傲慢になることが多い。

例えば、ある旅行代理店に電話をかけたら日本人担当者が要領を得ない。
ようやく確認メールが届いたと思ったら、内容が間違っている。
仕方がないのでもう一度電話をしてみたら、
たまたま不在のためアメリカ人の担当者が出たが、
対応は格段にきちんとしていて迅速だった。
狭い世界なので、あまり詳細な具体例をたくさん書く事は
差し控えるがこうした経験は結構たくさんある。

もちろんサービスの質は、個人の資質による部分の方が大きいが、
アメリカでの日本人向けサービスの質が
日本のサービスのように質が高く、現地の一般的サービスよりも良い
と考えるのは大きな勘違いである。


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

日本人研究者の海外進出が進まない理由 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

先週末に、大学生の頃の友達数人と会った。
アカデミアに残っている友人もいるが、
日本の研究者取り巻く環境はかなり厳しいようだ。
各種報道や調査から分かるように若手はかなり優秀な研究者でも
先の見えない任期付きポジションで食いつなぐ事を強いられている。

それでも日本人研究者がそれほど海外に出て行かないのにはいくつかあるが
ことに理系に関して言えば、どうやら一番大きな障害は言葉の壁ではないようだ。
主な問題だと感じたのは以下の3点である。

(1)男女関係などを含む人間関係の問題
(2)米国の大学とのコネクションの問題
(3)日本の大学への再就職問題


(1)と(2)は基本的には個人的な問題でありながら
日本人のアメリカ社会でのプレゼンスが低いことのデメリット
を感じずにはいられない。
確かに、日本企業の米国進出に伴って日本人の数自体は増えているが、
それは主にアメリカに「日本企業村」を作ったということであって
アメリカ社会でのプレゼンスが高いわけではないのだ。
これはアカデミアでも企業部門でも言えることだろう。

もちろん、既存の人間関係を維持するという観点からは
日本から出る自体がそれなりのマイナスだが、
少なくとも日本人がアメリカにもっと増えれば、
有意義な人間のつながりも増えるだろうし、
新たな日本人と知り合う可能性は上がっていく。
アメリカはコネ社会なので、小さな民族グループに
所属していることは基本的に不利だ。

このブログを書いている動機の一つは
アメリカに来る日本人を増やしたいということだが、
何故増えて欲しいかといえば、アメリカで日本人の
プレゼンスが高くなった方がいろいろな点で都合が良いからだ。

(3)に関しては、やはり文部科学省の無策・無責任ぶり
非難せずにはいられない。

現状、博士修了後の若手研究者が何とか食べていくことができているのは、
国がそれなりの数の任期付きポジションを提供しているからだ。
しかし、十年後、二十年後ににこれがどのような状況になるのかは全く分からない。
子供の数が減り、国の財政が逼迫する中では、
教育・研究予算は削減されるだろう。
今の文科省は将来の予算にコミットしたくないから、
取り合えず任期つきのポジションだけを増やして
その場しのぎの政策でまわしている。
しかし、文科省が場当たり的に対応する限り、
各研究者は数少ないポストを目指して延々と競争せざるを得ない。

別に博士を取った人全員を教授にしろ、と言いたいのではない。
そもそも、そんなことは不可能だろう。
しかし、もし政府が各研究者にコミットする形で
何らかの長期的なビジョンを示すことさえできれば、
国内で見込みがないと悟った研究者は、
若くて柔軟性の高いうちに早めに海外に流出するなり、
他の分野に進むといった進路を選択することができる。

このまま場当たり的に若手研究者を使い倒して、
10~20年後に40代、50代になった研究者に
「もうポストはありません」では、
自殺者が多発する状況になりかねないだろう。

こうした高学歴層はマイノリティーであり政治的には非常に弱い。
政府は、短期的に痛みを伴っても責任ある計画を立てて遂行すべきだ。


テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

米国政府は州政府の債務保証をすべき -- このエントリーを含むはてなブックマーク

先日から日本に滞在していてあまりニュースを見ていなかったが、
久々に新聞を見たらヨーロッパ経済が一層混乱しているようだ。

目下、問題になっているのはハンガリーの財政問題だが、
ギリシャの財政・通貨の問題が引き金になっていることに
異論はないだろう。

流れを整理してみると、
はじめにギリシャで財政不安が起こった。
これは基本的には通貨の問題である。

すなわち、独仏などユーロ参加主要国が
近年、年率1%半ばのインフレ率で推移しているのに対し、
ギリシャのインフレ率は3%台半ばと高い。
ユーロ圏内では通貨価値による為替レートの調整が出来ないため
これがギリシャの国際競争力を低下させ、
国内の景気に対する下押し圧力となった。
ユーロ加盟国は金融政策による単独での景気刺激が不可能であることから、
ギリシャは税収が低下すると共に拡張的な財政政策を取らざるを得なくなり、
財政不安に陥った。

次に、ギリシャの財政不安により、
ギリシャに多額の投資をしていた欧州の民間金融機関、
特にフランスなどの金融機関の経営状態が悪化し、
リスク資産を圧縮する動きが出た。

その結果、相対的に脆弱でユーロ圏との結びつきが強い
ハンガリーの通貨と国債が売られた
ハンガリーは為替と金融政策という二つの面でギリシャと全く異なるのだが、
クレジットを通じて局地的な危機が
全てのものに伝播するのは近年の特徴
であり、
これは、90年代末のアジア危機やブラジルの
通貨危機とも非常に似ている。

今回の問題の興味深いところは、
最初のきっかけが通貨の制度上の問題でありながら、
結果として幅広い信用収縮の問題となりつつある点だろう。

これは、米国の財政の仕組みにも示唆を与える。
米国では各州が独立した地方財政を持っており、
債務の返済も各州の財政運営に任される。
その結果、いずれかの州でギリシャのように大きな債務危機
が発生する可能性もある。それが金融機関の巨額な損失となれば、
信用収縮を招く恐れが強い。

確かに、その場合でも州政府に大量に出資している米銀は
米ドルを基準にリスクを計量しているから
米ドル建ての安全資産である米国債を売却したりはしないだろう。
むしろ、南米諸国の債権とか国内の信用力の
低い企業向けの貸出を圧縮する。
その結果、かつての中南米危機や
国内の急速な信用収縮に悩まされる可能性が高い。

こうして考えていくと、
ヨーロッパの債務危機を教訓として
米国政府は何らかの形で地方債務に債務保証を
つけるスキームを作ったほうが良いと思われる。

また、早晩、市場がそうした制度を催促する可能性も高い。

もちろん、州の財政規律を確保することは大事だが、
金融危機は小さなきっかけで起こって大きな破壊的な結果を産む。
エコノミストはファンダメンタルズに注目するあまり、
重大な変化がどのようなきっかけで起こりうるのかを見逃しがちだ。

確かにその経路を正確に予測するのは非常に難しいが、
重大にならないうちに危機の芽を摘んでおく事は重要であろう。


テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

アメリカの中古不動産の売買形式 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

アメリカでは中古住宅市場のプレゼンスは日本よりもずっと大きい。
アメリカの新築住宅販売戸数が住宅バブル崩壊後の今では年間わずか
40万件ほどのペースであるのに対し、
中古住宅は年間500万件を超えるペースで売れている。
つまり家を買う人の9割以上は中古住宅を買っていることになる。

日本には中古住宅販売戸数に関する代表的な統計がないので、
残念ながらうまい比較はできないが、
日本の人口が減少しており人口規模もアメリカの4割しかないにもかかわらず、
日本の新設住宅着工戸数が約80万件もあることからも
アメリカでは新築住宅のプレゼンスが低いことが分かる。

アメリカで市場に出ている中古住宅のうち通常個人が購入するものには3種類ある。

1. Private-Owned

最もオーソドックスな、現在のオーナー兼居住者が買い手に売却する形式。
通常、売り手側および買い手側のエージェントを介して価格を交渉して売買する。
売り手が手数料を節約するためにエージェントを介さずに売却する場合もある。
これを、FSBO (For Sale By Owner) という。

2. Bank-Owned/Real Estate Owned (Foreclosure)

住宅の前オーナーがローンを払えなくなったため銀行が差し押さえた物件。
銀行が買い手に売却する。売り手が違うだけで、基本的にはPrivate-Ownedに似ている。
ただし差し押さえられた前オーナーが、不動産の一部である配管や家電製品を
売ってしまったり、腹いせに壁を壊したりして状態が悪いことも多い。
(ただしこれは違法である)。

3. Short Sale

住宅の所有者がローンを抱えており、ローンの残額以下で売却する形式。
通常、売却額でローンを返しきれない部分は返済が免除されるため、
住宅ローンの貸し手の承認が必要となる。

この3つの形式の他に
銀行が差し押さえをする前にpublic auction というステップがあるため、
そこで購入することもできるが、この方法では
物件の状態を見ることが出来ないこと、cashで支払う必要があることなどから、
投資家以外の購入者にとってはあまり一般的な方法となっていないようだ。

Private-Owned と Foreclosure の方式の売買は、比較的スムーズで
1ヶ月程度で引渡しが完了するとのことだが、Short Sale の形式は
債権者(銀行)の処理に時間がかかり、平均で4~6ヶ月、最長で
2年くらいかかることもあるという。


私は家を探しているところなのだが、
今度オファーを出そうと思っている物件は運悪く、
short sale になっている。

現在の売却希望価格(listing price)は10万ドル(*1)だが、
現在のオーナーは2004年に15万8千ドルでこの物件を購入しており、
ローンがまだ14万2千ドル残っている。
第一抵当権(senior lien)はA銀行が持っており
ローン残高は12万8千ドル、
第二抵当権(junior lien)はB銀行が持っており
ローン残高は1万4千ドルだという。

この場合、売却価格が10万ドルではB銀行は一銭も受け取れないので
short sale に合意するインセンティブがほとんどない。
B銀行が全額損金処理することを決心するか、
A銀行がB銀行に売却代金の一部を渡して納得させるか、
のどちらかでなければ決まらない。
つまり、売買が成立する可能性は非常に低いということだ。

なかなかうまくいかないなあ、とぼやきつつ、
6年で1万6千ドルしか返していない借り手ってなんなんだろう、
と思ってしまう今日この頃である。

(*1) 匿名性維持のため、物件価格を10万ドルに規準化して
他の数字を算出した。


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

AKB48と「賢いにもほどがある」ベッキー・クルーエル -- このエントリーを含むはてなブックマーク

Rionさんのブログで知ったのだが、
慶応の金子勝教授がAKB48についてブログ記事を書いている。
この記事自体の妥当性の判断は各読者にゆだねるとして、
確かにAKB48は、非常に日本人的な行動パターンに依存して
成り立っている「システム」だと思う。

アイドルや、歌手、タレント、女優になりたい女の子は
どこの国にもたくさんいるものだし、競争も激しいだろう。
しかし、あらゆるキャリアにおいて、競争が激しい時に取るべき戦略は、
闇雲に競争相手と戦うことではなくニッチを埋め差別化することだ。

だが、日本人はどうも、ブランドとか知名度に拘って
競争に自ら頭を突っ込んでいくのが好きだ。

AKB48にしても、トップ5人とか10人に入れる人は構わないだろう。
とりあえず名前を売って、なんとか将来的にペイする出口戦略を考えられそうだ。
しかし、CDにも入れてもらえないような人が望み薄なのを承知で
頑張ったりするのは単なるリソースの無駄遣いだと思う。

去年、ベッキー・クルーエルがYoutube を通して大ヒットしたのは
「可愛いにもほどがある」からではなくて、
自分の頭で考えてうまいニッチ市場を掴んだからだ

ダンスがそんなに上手いとは思えないし、歌ってさえいない。
もしかしたら、マン島で美少女コンテストをやったら
10番にも入らないかもしれない。
キモオタと毎週何時間も握手会をやって
地道にファンを集める必要もなかったし、
大してコストがかかったわけでもないだろう。
つまり実際のところは、「可愛いにもほどがある」というより
「賢いにもほどがある」という方が適切なのだ。

自分の頭で考えられるかどうかの差は、インタビューにも如実に現れる。

まず、以下はベッキー・クルーエルのインタビューである。

質問:ベッキーさん自身は将来的に(10年後)どうなりたいですか?

「はっきりとはわからないですが、10年後は今のようなアイドル的な活動はやっていないと思います。ポップカルチャーは流れも、移り気も早い上に、自分もすぐにこういう活動に飽てしまいそうですし…。ずっと有名でポピュラーだったらそれはすごく素晴らしいことですが、実際はそんなことはありえないと思っています。こうやって盛り上がってもらえるのも2~3年だと思っています。どちらかというと自分は学校の先生か、アート関係の仕事につきたいと考えています。言葉というか言語がすごく好きなんです。フランス語やスペイン語をGCSCでとっているので、そのへんをもっと磨いて学校の先生になれたらなあと思います。」
(ベッキー・クルーエル、14歳)



一方こちらは、AKB48の名古屋支部、SKE48のインタビューである。

質問:将来の夢は?

「いろいろなTV番組に出たり、女優さんとして演技をやってみたり、
雑誌のモデルなど様々なことに挑戦したいです。」
(木下有希子、16歳)

「演じることが好きなので、女優さんやアニメの声優にチャレンジしてみたいです。
ポケモンが大好きなので、声優として出演してみたいです。」
(高柳明音、18歳)

「個人ではどんな役でもこなせる幅広い役者さんになりたいです」
(松井玲奈、18歳)

「私は女優さんとして、いろんな役をやってみたいです。」
(小木曽汐莉、17歳)



夢を持つのは素晴らしいことだが、世の中に女優はそんなにたくさん必要ない。
10年後、彼女達が「SKE69」なんて名前の店で
人気を博していないことを祈るばかりである。


テーマ : AKB48(秋葉原48)
ジャンル : アイドル・芸能

4歳からのハローワーク -- このエントリーを含むはてなブックマーク

私「ねえ、○○○(娘の名前)は大きくなったら何になりたい?」
娘「靴屋さん」
私「靴を作る人?それとも売る人?」
娘「うーん、売る人かな。でも英語ができないと靴を売れないね。」

家では家族全員が日本語しか使わないことにしているが、
生きていくために英語が必要だということはやっぱり分かるんだなと思った。


テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

謎の生き物「駐在妻」 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

発言小町を観察していると、いわゆる駐在妻の投稿が多く見られる。
例えば、以下のトピは駐在妻を釣るための投稿だろう。
(ちなみに、これは私の投稿ではない。)

「海外駐在後の夫婦関係」(ぬれいぬ)
海外に駐在してからというもの、妻は家でお喜楽生活。私は毎日ストレス溜めまくり。家に帰れば人付き合いの戯言や小言で更にストレスが溜まります。家事はまともにしないし、習い事もしない。少しは他の奥さん達を見習って欲いです。この様な感じで今の妻とは一生上手くやって行く自信が有りません。幸いにも子供も居ないので帰国後の身の振り方を考えたいと思います。まだまだ駐在期間が有るのでガマンすべきですよね。



内容がやや抽象的だし、最後の一文が唐突だが、コンパクトに釣っておりなかなかの出来だ。
まあ上の文にも突っ込みどころはいろいろあるが、典型的なレスを二つほど取り上げよう。

一つ覚えておいてほしいのは、奥様は自分の理由で海外に来たんじゃないということ。(kero)


一番腑に落ちないのがこの手の意見だ。
夫が海外勤務になったので、自らそれに同伴して海外に来る
という意思決定をしたのではないのだろうか?
別に奴隷船に乗せられてアメリカに来た訳でもあるまい。

別に日本に残って働くこともできるし、
関係者がみな同意すれば日本で一日テレビを見ていても良い。
一方、現地に来て働くことも大学に通うこともできる。
現地で働くには就労ビザ、大学に通うには学生ビザが必要なことがあるが、
それは全世界の外国人に共通のルールだ。

そんな奥さまを選んだのはあなた。(駐在妻)


確かにそうだろうが、トピ主はそれを選びなおすと言っているのだろう。
開き直って、ホールドアップやサンクコストの問題を
堂々と取り上げてもらっても困る。

発言小町に出没する自称駐在妻が標準的な駐在妻だとは思わないが、
海外勤務の可能性がある人はそんな思考回路の人たちに気をつけよう。




テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程にてPhD取得。現在、米国の某州立大准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
3位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ