教員に求められる資質とは -- このエントリーを含むはてなブックマーク

文部科学省が、現在の教員免許制度を変更し、
正規教員となるためには修士レベルを必須とする新制度を検討しているという。
これに関して、いくつかの視点から考えてみたい。

1.文部科学省の思惑

大学教育に関して文科省と大学に共通の至上命題は、
少子化の中でいかに学生数を確保し規模と収益を確保するか
ということに尽きる。

少子化による学部学生数の減少は避けようがないので、
大学院を拡充する戦略は消去法的に正しい。
司法試験改革と法科大学院制度に見られるように
人気があり生涯賃金の高い職種に大学院終了を義務づけて
大学は学生数や収益を確保するのは一つの方法だ。

小中高の教員は安定していて待遇の比較的良い職業であり、
就職市場における人気も高い。
また、業界自体も文科省の監督下にあるため、
修士卒を必須とするには非常に都合が良い。
正規の教員数は、全国で小学校で約39万人、中学23万人、
高校22万人(平成20年、学校基本調査)と規模が大きいので、
修士を義務付けることができればかなりの「教員養成需要」が発生する。

2.院卒教員に期待できるもの

学部教育と大学院教育は似て非なるものだ。
学部は真面目にお勉強をしていれば卒業できるのが基本だが、
大学院は大人として自主的かつ能動的に勉強や研究をしなければならない。
成果を論文という形できちんと表現する必要もある。
そうした学問に触れた経験は、教育者にとって有用だ。
ただし、それを必須とすべきかに関しては意見の分かれる所だろう。

どの科目でもそうだが、高校教員の中には科目に関して
十分な知識を持たない者もいるのが現状だ。
比較的少ない知識で教えられる数学でさえ、
「教科書の後ろの方はまだ予習してないから質問しないでくれ」
という高校教員がいるのを知っている。
外国語など圧倒的な知識量が必要な科目では目も当てられない状況だろう。
学位よりもきちんとした基礎知識の有無を検査する方が重要である。

また文科省は、院卒の中でも教職大学院や教育学研究科など
特定の大学院を念頭に置いているようだ。
確かにそういう場では一般化された教育の方法論を学ぶ機会は増えるだろうが、
わざわざ2年間を費やして全員に学ばせる価値があるかどうかは疑問だ。

3.本当に必要なのは職務経験

中学・高校教員に最も必要なのは、
学歴ではなく一般企業などにおける職務経験だ。
社会が変化するに従い、生きていくために有用な知識や技能は変化し、
教育もそれに合わせて変化する必要がある。

資本主義社会では社会構造はお金を仲介して自動的に変化するが
初等・中等教育にはそのような仕組みがない。
大学や大学院を出たばかりの教員が、
習ってきた事をそのまま子供に教えるのでは
同じ知識だけが再生産されカリキュラムはどんどん老朽化する。

保険会社で料率計算をしていた人が高校で数学を教え、
元銀行員が現代社会を教える。
製造業企業の開発現場にいた人が理科を教え、
細工場の製造現場にいた人が技術を教える。
そうした方法でのみ、教育はダイナミックに変化することができる。

本当にダイナミックな国を目指すなら、
中学・高校の教員になる要件に大学卒業後2年間の
実務経験を加えれば良い。
新たに大学を作る必要もないし、
教員になるための個人の経済的負担も重くならない。
子供は進路相談をできる大人が増え、
今より明確に将来を思い描くことができるようになるだろう。


スポンサーサイト

テーマ : 教育問題について考える
ジャンル : 学校・教育

アメリカ大学教員のお休み -- このエントリーを含むはてなブックマーク

今週木曜日は、サンクスギビングでアメリカは休日となる。
アメリカ人は祭日を大切にするが、サンクスギビングはその中でも
日本の正月にあたるものと思ってよい。
多くの大学で水曜日から金曜日の授業は休校となる。
世間は北朝鮮の話題よりも
「帰省で飛行機に載る際に、空港で新たに導入された
全身丸裸にされるボディースキャンを拒否すべきかどうか?」
で盛り上がっている。

私にとって過去1ヶ月は非常に忙しい月で、
グラントの申請が2件あり、中間試験が3回、
またやや問題のある学生の対応に手を焼いたりして
(それに加えて私的な事情もあり)
研究をしている時間がほとんどなかった。
なんだかやけに忙しいなと思ったりしたが、
やはり年間通して考えれば大学教員のメリットは休暇が長いことだ。
日本の大学と比べても入試事務がない分、休みはかなり多い。

WS大の今年度の休暇スケジュールは以下の通りである。
(祭日を除く。)

12月22日~1月9日(2.5週間):冬休み
3月12日~3月20日(1週間):春休み
5月5日~8月31日(17週間):夏休み

というわけで1年=52週のうち、20.5週は休みだ。
研究とか、授業の準備とか、いろいろとあるが
やはり自由にコントロールできる時間が多いのは大きい。
給料は9ヶ月分しか出ないが、時間はお金より大切だ。

うーん、テニュア取れるように頑張るか。


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

奴のオセロが強すぎる件 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

教育パパを根拠もなく自称している私の当面の目標は、
「娘がオセロで奴に勝つこと」である。

オセロや将棋、囲碁のようなテーブルゲームは、
ルールを守ること、考える力を養うこと、定石を覚えること、
といった学問に通ずる要素をたくさん兼ね備えている

と思うからだ。
アメリカではお受験がない分、こうしたテーブルゲーム
の教育効果への関心は日本より高いように思う。
チェスは娯楽としては完全に廃れているが
子供向けの講座は今でも多い。

私は子供の頃、考えることが好きだったので将棋が好きだったが、
あまり強くならなかったのは、定石を覚えたり本を読んだりする
といったことが嫌いだったからだろう。

こうした傾向は私が数学をやる姿勢にも表れていてしまっていて、
自分で問題に取り組むのは好きなのだが
こつこつと基礎知識をつけたり、
網羅的に既存研究を調べたりするのは少々苦手だ。

娘には子供のときからなるべく経験を積ませて
物事へのアプローチとか自分の得意・不得意を認識してもらいたい。

ルールをほぼ理解してから、娘も割とオセロが好きになって
先は読まないものの、たくさん挟める所に置いたり、
私が置いた石に文句をつけたりするようになってきた。
四隅をはじめから与えるハンディ戦では、
私の分が悪くなってきた。

そんなわけで、長い道のりを少しずつ進んでいるのだが、
もう一つの問題は奴が強すぎることである。
今日、久々に私が奴とオセロをやったら58対6で負けてしまった。
うーん、おかしいな。前は接戦で勝ったのに。
奴はコンピューターソフトのようなタイプで
序盤は結構適当なのだが中盤以降ミスをしない。

というわけで、取りあえず自分が定石の研究をしないと…。


テーマ : 女の子育児
ジャンル : 育児

専業主婦希望の方は海外アカポス男性をどうぞ -- このエントリーを含むはてなブックマーク

海外で暮らすことを考えると、結婚や恋愛は大きな問題になりうる。
米国でポスドクをやっている毒の助さんは
特に `two-body problem フェチ' のようで
最近もそれに関する記事をアップしている。
そこで、今日は私なりの切り口で
米国のアカポス(アカデミックの職についている)男性の
結婚環境について考えてみよう。

two-body problem とは簡単に言えば、
カップルがそれぞれに仕事を求めた場合に
一緒に暮らせる可能性(同居できる確率)が
極めて低くなってしまうという現象である。
フルタイムの仕事で収入が1であると仮定すると、
この現象は下のように収入-同居確率-平面に図示できる。

結婚曲線

two-body problem を抱える男性の条件を描くと
「米・アカポス(男)」の線のように
グラフの勾配がかなり急になってしまうことが分かる。
即ち、カップルのうち一人しか働かなければ常に同居が可能だが、
二人ともフルタイムで働こうとすると同居できる確率がゼロに
限りなく近づいてしまうのだ。

結婚市場に男性が供給され女性がそれを需要すると考えると、
これは海外アカポス男性の供給曲線といえる。
(ただし、簡単のためここでは直線で描いている。)

参考のため、東京で普通に会社員として働く人の供給曲線を
破線で示した。東京は大都市であり配偶者の仕事も
比較的容易に見つけることができるので線は右上方にある。

一方、肝心の女性側の需要曲線は
どうなっているのだろうか?
共働き希望の女性と専業主婦希望の女性に
分けて考えてみよう。

共働き希望の女性は、完全に同居が出来ても
専業主婦になることを希望しないと考えられるので
この需要曲線は(1,1) よりも右から始まるが、
キャリア志向が高いため、同居確率が
かなり低くなっても二人共フルタイムで働くことを
希望すると考えられる。
そのため、需要曲線は急勾配の右下がりの曲線となる。

ここで悲劇的な事実が判明する。
米・アカポス男性と共働き希望の女性の間には
どんなに強い愛があっても、交わる点がないのである。
聡明で美しく社内のたくさんの男の視線を集めるキャリア女性と、
小学生の時には天才の名を欲しいままにしたであろう海外アカポス男性が
どんなに燃える恋に落ちたとしても、結婚することはできないのだ。

おお神よ、あなたはアカポスを見捨てたのだろうか?

否、神はアカポスを決して見捨てたりはしていないのだ。

専業主婦希望の女性の需要曲線を考えてみよう。
彼女達は、自分達が給料を得ることができなくても
一緒に住めれば結婚を希望する。
単身赴任となった夫を遠くから支えることもある。
つまり、彼女達の平均的な需要曲線は(1,1)の下から始まる。
仮に収入が高くなる可能性があっても、わざわざ同居を
諦めてまで働くことは稀であるので、需要曲線は
比較的勾配の緩やかなカーブとなる。

ここには素晴らしいことに、
米・アカポス(男)の供給曲線との間に
愛の交点が芽生えている!

「でも、東京在住(男)の方が条件が上じゃない!」
とタカビーな婚活中女性なら言うかも知れない。
しかし、差は非常に僅かなので後は中身の勝負だ。
冴えないヤクザ風プロゴルファー似の東京在住男性と、
在米の石川遼似のナイスガイならどちらが良いのか?

と聞かれればもう答えは自明だろう。

というわけで婚活中の女性は、
冬休みに一時帰国したアカポス男性を
ゲットしちゃって下さい。

そんじゃーね。


テーマ : 結婚相手を探す
ジャンル : 結婚・家庭生活

グラントの申請 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

毎年11月7日は、NSF (National Science Foundation)の統計分野における
グラントの締切日で今週の月曜日まで、その作業に追われていた。
アメリカ人は easygoing な国民性だが事務手続きが煩雑なのは
日本のとさして変わらない。

グラントというと、高い実験設備を買ったり、動物実験をしたり、
というイメージがあるかも知れないが、数学の場合には設備は
ほとんど要らないので、グラントとは要するに人件費である。
実際には、応用分野でも最も高いのは人件費だろう。
これは、アカデミック以外の人も知っておくべきことだ。
スーパー・コンピューターは世界2位でも良いかも知れないが、
科学技術予算を削るのは将来の人材への投資をやめるということだ。
別にやめても良いが、それが重大な意思決定であるということは
認識しておくべきだろう。
(もちろん、闇雲に不要な分野の人材を養成する必要はないが。)

NSFのグラント申請はオンラインで行われる。
Fastlane.org と grant.gov という二つの Website があり、
NSFに関しては、Fastlane.org が使われることが多いようだ。
grant.gov の方が包括的で入力事項も多く複雑だ。
実際に応募するには、予め所属機関経由で発行する
パスワードを取る必要がある。
また、提出前に学科長や学部長など何人かのサインが必要になるなど
実際には締切日の大分前に仕上がっていないといけない。

グラントの提出書類はこんな感じだ:

Summary: プロジェクトの分野における意義、社会的な意義。1ページ以内。
Description: プロジェクトの概要。15ページ以内。
Reference: Description で使われた参考文献リスト。
Budget: 予算の一覧。
Budget Justification: 予算の算出根拠。
Biographial Sketch: 研究者の略歴。2ページ以内。簡素な履歴書(CV)。
Facilities, Equipment: 研究する場所や設備などの概要。
Current & Pending Support: 現在、受けているグラントの一覧。

そのほかに、プロジェクトの基本情報など、
online にアクセスして入力した基本情報からいくつかの
ファイルが作られる。

グラント申請の性質上、予算は特に重要な項目だ。

アメリカで理論分野の学科の大学教員の多くは
9月から5月までの年間で9ヶ月の雇用契約になっており
残りの3ヶ月のうち、2ヶ月をNSFなどの政府系のグラントから
もらっても良いことになっている。
つまり、grantを持つ教員の給料は持たない教員に比べ
22%ほど高いということだ。
(ちなみに統計分野では一流大学の教員がグラントを取っても
普通に民間企業に就職した場合の給料に及ばない。)
その他、ポスドクや院生、アルバイトなどの人件費を申請する
こともできる。また、申請は複数人で行うこともあるので
その場合は PI(Principal Investigator)が複数になり、
予算の規模も大きくなる。

設備などが不要の場合、基本的にはこれら給料の額を元に
その他の必要経費を所属機関のルールに基づき加えていく。
例えば、一人のプロジェクトで人件費(salary)が1万ドルとしよう。
すると、総額とその内訳は例えば以下のようになる。
なお、NSFのグラントがつくプロジェクトは通常1~3年程度なので
3年間であれば予算額は約3倍になる。

Salary: $10,000
Fringe Benefit: $1,000
Indirect Cost: $5,000
-------------------------
Total: $16,000

Fringe Benefit とは、雇用主負担の社会保険料などであり、
Indirect Cost とは所属する大学や学科が受け取る事務経費である。
別に、教員がグラントをとっても実際にかかる大学側の経費は
変わらないが、いわば優秀な研究者を輩出した報奨金として
大学が経済的なメリットを受けることができるというわけだ。

したがって、大学が人を雇う際にも、グラントを取れる研究者か
どうかというのは重要な項目となる。

審査は、NSFの専任の学者(著名な研究者が大学から出向/転職する)が
外部の審査員に依頼して、おおよそ6ヶ月以内に行われる。
この審査のまとめ役は、統計学の場合は現在3人いる。
審査結果は、基本的にはプロジェクトの出来次第だが、
審査員やその選び方にも大きく依存してくるので
彼ら専任職員のパワーは絶大である。

数学の場合、プロジェクトの計画だけで予算配分が決まる
というのは疑問も多いが、こうした予算配分によって、
志向するリサーチの方向性を国が主導することができるし、
研究者も外部にアピールすることで自分の目的意識を明確にできる。

ジャーナルに論文を投稿するのはどの国の研究者も同じだが
こうした予算配分のシステムは国によってかなり異なる。
これは、各国の大学の特徴づけている最も重要な事項の一つだろう。


テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
5位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ