節電:株式市場の取引開始を午後4時にする案 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

震災による被害の影響で、東北と関東では
この夏は節電に大変な苦労を伴うことになりそうだ。
消費電力量はそれ自体、経済状態を計測する重要な統計指標にもなっているくらいなので、
経済活動水準を落とさずに電力消費を抑えるということは極めて難しい。

例えば米国は夏時間(*1)を導入しているが、
インディアナ州での調査によれば夏時間を導入することによって
むしろ消費電力は増えるという。
オフィスで残業する人がいる反面、家に帰ってエアコンを
つける人が増えるのが理由だそうだ。

(*1) 日本語ではサマータイムだが、米国では
daylight-saving time と言わないと通じない。

ピーク時の消費電力を大幅に減らしたいなら何かもっと大胆な施策が必要だ。
例えば、株式市場の取引開始を7時間ずらして午後4時にしてはどうだろうか。

前場を午後4時から6時まで。
夕食休憩を挟んで後場を午後7時半から午後10時までにする。
証券会社の店舗も営業時間を午後4時から10時半くらいにする。
日本人は夜型人間が多いのだから十分可能なように思える。
そもそもIT企業や出版関係なんかでは昼頃から働いている人が多い。

そうすればサラリーマンが仕事帰りに証券会社に寄ることもできるし、
家に帰ってからリアルタイムで取引することもできる。
テレビでニュースでも見ながら、株を売買などというのも一興だろう。
どうしても、昼に取引したい人はネット証券会社が時間外取引を
提供すればいい。ネット証券も取引が増えればむしろ歓迎だろう。

社員が帰るのは午後11時半くらいになるかも知れないが
都会では特に問題がないし、田舎でもマイクロバスなりで
若干の政策対応をすればいい。
飲み会はやめて、やりたい人はランチ会にすれば
飲食業の時間別稼働率も安定してプラスだろう。
一部の忙しい部署だけは昼間もオフィスを開ければいい。

よく考えると、時間をずらした方が良いのは証券会社に限らない。
消費者金融は平日の昼間に店舗を開けても
来るのは定期的な収入のない人達ばかりだ。
営業時間を午後4時から深夜までにした方が
よっぽどビジネスとして良さそうだ。

銀行窓口の営業時間も、
平日の午前9時から午後3時までなどというのは笑えないジョークだ。
9時-5時で働いている人が全く使えないサービスとは何を考えているのだろう。
とりあえず店舗の半分は即座に閉鎖し、
残りの店舗は午後4時から10時まで開ければOKだろう。

金融業以外にも営業時間が適切でないサービス業はたくさんある。

例えば、私の実家の最寄り駅の外にある立ち食いそば屋は
営業時間が午前9時から午後9時だった。
サラリーマンの残業帰り客の多い深夜や、
ファーストフードの空いていない早朝が一番の書き入れ時なのだから
むしろ、営業時間は午後9時から午前9時までにした方が良い。

夜型人間の私でも太陽の光を浴びるのは好きだが、
28度以上のオフィスで働かなくてはならないよりは
夜に働く方がマシなのではないか。




スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

娘の語学能力の発達 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

将来、日本に住むのか米国に住むのか決まっていない娘には
日本語と英語を両方完全に使えるようになって欲しいと思ってる。
変化を観察しているといろいろと面白いので、
このあたりでまとめておく。

1.語学環境

家では生まれてから今まで完全に日本語を使用。
テレビもたまに英語の番組を見る他は、
日本のテレビ番組を録画したものを見せている。
また日本語の本の読み聞かせをし、ひらがなやカタカナの練習をさせている。
娘が英語で話しかけて来た時のみ英語で答えるが、
すぐに日本語に戻す。

当然ではあるが、プリスクール(幼稚園)では完全に英語を使用。
ほかに日本人は全くいない状態。
2歳半~3歳半:プリスクールに 2.5(時間/日)×3(日/週)
3歳半~4歳半:プリスクールに 3(時間/日)×4(日/週)
4歳半~5歳半:プリスクールに 7(時間/日)×5(日/週)
3歳半以降は放課後に少し友達と遊ぶように。

2.英語力

2歳半~3歳半:
― フレーズなど単純なものだけ少し理解。
― 大文字が分かる。

3歳半~4歳半:
― 先生の言うことはおおよそ理解し、友達の言うことも一部分かる。
― 5~6単語程度の短い文章は自分で作ることができるようになる。
― 自分からは必要な時以外はあまり話さない模様。
― 大文字がおおよそ書ける。

4歳半~5歳半:
― 先生、友達とほぼ問題なくコミュニケーションが取れるようになる。
― 起こったことを複数の文章で説明したりできるようになる。
― 英語で独り言を言うようになる。
― 簡単な単語のスペルを覚えて書くことができるようになる。
― ボキャブラリー、時制、冠詞の選び方などはネイティブに劣る。
― 大人が言う複雑な文章までは理解できない。

3.日本語力への副作用

3歳頃まで:比較的言語の習得が早い傾向。
4歳:語学力はほぼ同じだが、日本の子供に比べ話すのがややゆっくりである
5歳:日本語の習得ベースがややゆっくりに。
   難しい質問への答えをごまかすようになる。やや集中力が落ちる。

4.気づいたこと


― 家が日本語環境の場合、学校での滞在時間は英語の習得スピードにかなり効く
 (これは、幼児期のバイリンガル研究の結果とはやや異なる気がする。)

― 話せるようになっても、実際にたくさんしゃべるようになるには時間がかかる
 (サイレント・ピリオドと呼ばれる。ただし、これは性格の問題が大きいと思われる。)

― 4歳半頃から「○○ちゃん(自分の名前)、英語得意じゃないからなぁ」と言い始める
  その頃から上達ペースが上がったような気がする。
  苦手意識は、必要性の認識の裏返しなのだと思う。


5.当面の課題

― 娘を含め家族全員の第一言語は日本語なので、
家では引き続き日本語をどんどん覚えさせる。

― 友達と遊ぶ機会が少なくなりがちなので
  プレイデートなどをなるべく積極的にやるようにする。
  (米国人は英語力に問題がなく、インド人など多数派の移民は
  人種毎に固まって頻繁に子供同士で遊ぶ。)

集中力をつけさせる
 (英語環境に長い時間いることで、分からないことや難しい
  事柄になると受け流してしまう傾向があるため)

4月からは土曜日は日本語の補習校にも行っているし、
小学生くらいになれば人並みに、スポーツ、音楽、
チェスなどの思考訓練もやらせる必要があるわけで
やはり二ヶ国語をやりながら生活しなければいけない
子供は大変だと思う。


その分、当面お受験がないということで納得することにしよう。


テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

米国のクレジットカード市場がバブってる件 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

リーマンショック以降、米国の消費者向け金融市場は元気がない。
2006年頃は、毎日何通も無茶苦茶な住宅ローンを宣伝するジャンクメールが届いたが、
今ではそんなものは全く見かけなくなった。

そんな中、昨年後半あたりから、どうやら
クレジットカード市場で顧客の奪い合いがバブルの様相を呈している。
クレジットカードは一度顧客を獲得してしまえば
その後ずっと使ってくれる可能性が高いため、
アメリカでは元々、入会特典などを使ったキャンペーンが多い。
典型的には、新たにカードを作って使い始めると50ドルもらえる
というような感じだ。

その特典が昨年後半頃から、どんどんエスカレートしている。

昨年夏にChase Bankで「もう一枚作れば100ドルあげます」
と言われて作ったのがその前兆だった。
確かにキャッシュで100ドル貰ったが、
そのカードではまだ9ドルしか買い物をしていない。
使わないので近々解約しようと思う。

次に目に付いたのが、
航空会社のマイレージを貯めるクレジットカードの特典だ。
従来は、年会費80ドル程度のカードを作って数千ドル使うと、
25,000マイルもらえるというものが多かった。
それでも、1マイル=1セントと換算すれば250ドルになるから結構すごいが、
それが30,000マイル、40,000マイルとどんどん上がっていき、
昨年後半には100,000マイルもらえるというキャンペーンが打たれた。
ただし、10,000ドル前後の利用が必要だったと思う。
これは結局、作らなかった。

そうこうしているうちに、昨年のホリデーシーズンには
毎日2~3通のクレカの勧誘のダイレクトメールが届くようになった。

目に付いたのは、最初の1年間、全てのショッピング利用額の
6.25%分をキャッシュバック
します、というものだ。
私の家でクレジットカードで払わないものと言えば、
住宅の管理費、たまにある飲み会での割り勘、家の修理業者への支払い、
くらいなので、少なくとも年に3万ドルくらいはカード決済をする。
使えば使うほどカード会社が赤字になるのではないかと心配してしまう。
このカードは愛用しているが、1年経ったら使わないだろう。

引越しをしてからDMの数は減ったが、
最近また増えてきて、毎日、平均一通程度届く。

先月は、「カードを作って500ドル使うと、
シェラトン系列のホテルに約400ドル分泊まれます
という案内が来たのでつい作ってしまった。
そのうち車でシカゴあたりにでも行こうと思う。
これは2年目から年会費がかかるので1年以内にやめたい。

昨日は、アメックス・ゴールドのDMが来た。
作って3ヶ月以内に500ドル使うと、500ドル分のギフトカードがもらえるらしい。
2年目から年会費が175ドルかかるらしいので
1年以内にやめなければならず、作るかどうか非常に悩む。
と思っていたら、今日もアメックス・ゴールドのDMが来て、
同じ条件で今度は750ドル分のギフトカードがもらえるらしい。

特典が増えるからといって
カードをどんどん作ったり、解約したりすると、
クレジットスコアが下がるので、
クレジットカードの専門サイトでは
「モデレートなアプローチ」を推奨している。
なるべくいい条件のカードを年に2枚くらい作って家計の足しにする
というのが無難なアプローチなのだろう。

カードをたくさん作ると管理が大変、という人がいるが、
そういう事を言うのはあまりカードを持っていない人だろう。
たくさん持っている人でもほとんどのカードは使わないし、
同じ金融機関が発行するカードは、
一つのオンラインアカウントで確認できるので
ある程度増えると手間は大して変わらない。

「何となくカードを作ってたら36枚にもなってしまって、
3分の1に減らしたけど限度額の合計がまだ25万ドルある」
などという極端な話もある。

それにしても、こんなバブルがずっと続くとも思えない。
かといって、住宅ローンバブルのような巨大な問題にもならなそうだ。
なんだか、不思議な感覚である。

(※もちろん、クレカに金利を払ったことは一度もない。)


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

国債格付けはママゴト~因果関係を勘違いした人達 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

4月18日にS&P社が、米国債の長期格付け見通しをネガティブに引き下げた。
4月18日のマーケットは、株価は下落、米国債は逆に上昇という結果になった。
いずれにしても、初めてのイベントにしてはインパクトは大してなかったと言ってよい。

私はこういうニュースを聞くと、
格付け会社は相変わらずくだらない作業をしているのだな
と思ってしまう。

流動性の高い金融市場では、
世界中のあらゆる情報がリアルタイムで価格に反映される。

米国債の信用リスクは、米国債価格、外国為替レート、CDS価格
といったものに、人間が知りうる限り100%反映されていると考える他ない。
少なくとも民間の一企業である格付け会社の社員が鉛筆なめながら
書いたレポートの内容は全て価格に反映済みで
発表するまでもないことなのだ。

格付け会社による格付けが有用なのは、
適性な価格が付かないほど流動性が低かったり、
その金融商品自体が現存していない場合に限られる。

最近はどうしようもないことに、格付け会社によるレーティングが
正式にリスク管理指標として使われてしまっているため、
一定のテクニカルなインパクトが生じてしまうが、
そうした金融システムの制度的な欠陥を除けば
格付けの存在は一片の塵(ちり)未満の価値しかない。
塵の動きは予測できないなので金融市場に影響を与えないとも言えないが、
格付け会社の発表は既存の情報を書き直したものにすぎないからだ。

格付け会社を含め、金融市場を取り巻くいくばくかの人たちは、
どうも因果関係の必然性を勘違いしている。

流動性の高い金融商品の価格は全ての情報を反映しており、
その時点で利用可能な他の変数で将来を予測する事は原理的に不可能だ。
例えば、株価が将来のGDP、物価、失業率といったものを
予測できる可能性はあっても、その逆はありえない。
稀に予測できるという結果がでるのは、
事後的に説明変数を選べることによるバイアスか、
事前にそのモデルを知り得なかったからである。

国債の格付けをしている格付け会社、
為替予測や株価予測を行うエコノミストやアナリスト、
財政破綻を騒ぎ立てるブロガー、
ギリシャは絶対にデフォルトしないと言い張る政治家などが、
自分の言ってることを本当に信じているとしたら、それは
Dカップのブラジャーをプレゼントすれば女性はみんな巨乳になる
と思っているのと同程度の誇大妄想狂と言ってよいだろう。


テーマ : 経済
ジャンル : 政治・経済

東京電力、就職人気ランキングで1位に [ニュース401] -- このエントリーを含むはてなブックマーク

週刊Dヤモンド社の調査によると、
2012年3月卒業予定の大学生、修士2年生の間の
就職人気ランキングで東京電力の人気が総合一位となった。
原発被害や電力供給など課題が山積する中、
報道を知った東電人事部では、
喜びよりも先に戸惑いと意外感が広がっている。

D社編集長のコメント:
「一般的に、不況下ではインフラ系など安定した企業が人気だが、
これだけ大規模な事故に見舞われた中でのトップは解せない。
不正投票などは見当たらず、学生層による人気の偏りも少ない。
今後詳しく理由を調査したい。」

東京電力人事部のコメント:
「戸惑いと意外感がないと言えば嘘になるが、有難いこと。
まずは事故の件を無事に収束させ、
学生の希望に答えられる企業であり続けたい。」


東京電力を志望する学生への街頭インタビュー:

工学部修士2年生(男)
「原発の後処理や、電力供給の確保などやりがいのある仕事が
たくさんある。当面の上司になる中堅以下の職員は真面目で安心できそう。
そうした場で経験を積めば、転職の際も有利だと思う。」

経営学部4年生(男)
「大事故の中でも2兆円も借りられる信用力は他の企業にはなく、
度肝を抜かれた。やはり、親方日の丸の東電しかないと思いました。」

文学部4年生(女)
「超氷河期で良い就職先が見つかりそうにない。今回、人気が落ちる
と思うので逆張りで行きたい。株価とかは下がるかも知れないが、
電力を供給する仕事がなくなるわけではないので気にしていない。」

経済学部4年生(女)
「休みが取りやすそうな職場なのが最大のセールスポイント。
震災後テレビで職員を見たが女性がまだまだ少ないイメージがあるので、
思い切って社長を目指したい。」


注:ニュース401は、全てフィクションであり
登場人物、団体、事件などは実存するものとは一切関係ありません。


テーマ : 就活
ジャンル : 就職・お仕事

数学を勉強することは無益 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

「数学を勉強しても社会に出て役に立たない。実際、
大人になってから四則演算以上の数学ができなくて困った事はない。」

という人は自称知識人の間にもいる。
そうした意見に心地よさを感じる人は結構いるだろう。
そういうのを聞いても別に反論する気にはならないが
「かわいそうだな」と思うし、
できればそのままでいて欲しいと思う。

もう少し分かり易い例を出そう。

例えば、
ブサメンの男性が
「イケメンでも社会に出て役に立たない。実際、
大人になってからブサメンで困った事はない。」とか
不細工な女性が
「美人でも社会に出て役に立たない。実際、
大人になってから不細工で困った事はない。」とか
言っていたらどう思うだろうか。
あなたがイケメンや美人でも、
別に反論しようとは思わないだろうが、
その代わりに「かわいそうだな」と思うだろう。
そういう人たちがいなければ
あなたはメリットを享受できない。

確かに、数学ができる女の子と美人な女の子を比べると
明らかに後者の方がメリットは分かり易い。
それは男でも同様だ(経験者は語る)。
そこで金融業界を例として、
数学力と可能な仕事の関係を考えてみよう。

足し算ができると、歩合制社員として顧客営業ができます。
掛け算ができると、スタッフとして資産の運用を手伝えます。
指数ができると、資産運用の長期計画を立てたることができます。
対数ができると、足し算しかできない人に掛け算をやらせるシステムを作れます。
微分ができると、効用関数を微分して保険商品を開発できます。
線形代数ができると、複数の商品のリスクを統合して管理できます。
確率微分方程式ができると、リスク資産を証券化して資産運用効率を上げられます。

資金を集めてくる営業要員が一番たくさん必要なので、
みなさん、数学を勉強しないで下さい。


テーマ : 算数・数学の学習
ジャンル : 学校・教育

人気ブロガーI氏、日本国債CDSと米ドルを大量購入[ニュース401] -- このエントリーを含むはてなブックマーク

人気ブロガーのI田N夫氏は、先週開かれた講演会の中で
近々、全金融資産1億2000万円の半額を
日本ソブリンCDS(ドル建て5年物)に、
残りの全額を米ドル信用取引のロングポジションに
投資することを明らかにした。
日本国債が5年以内にデフォルトする確率が大幅に上がるか
対米ドルで大幅に円安が進めば氏は莫大な利益を得るが、
そうしたことが起こらなければ全資産を失う恐れもある。

氏はこれまでも、
日本の政府債務の増加は維持不可能で、早急な対策を講じなければ
デフォルトやハイパー・インフレを招く可能性が高い、
とたびたび言及してきたが、こうした予測を元に
資産運用を実行に移した形だ。

本誌に対するI氏のコメント:
「度々、警告してきたとおり、
日本政府の財政赤字の削減は急務だが、
民主党政権にはそれを実行する能力はない。
最終的に、デフォルトのような形になるのか、
ハイパー・インフレになるかは意見が分かれるところだが、
どちらかが起こるのは間違いない。
そんな事が起こるはずがないという自称経済学者もいるが、
これは議論すべきことではなく、
学部向けの経済学の練習問題だ。

どちらが起きても助かるように
ポートフォリオを組んだので全く心配はしていない。
今の国債の金利は低すぎだし、国債デフォルトの保証料も低すぎる。」


注:ニュース401は、全てフィクションであり
登場人物・団体、事件などは実存するものとは一切関係ありません。


テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

アメリカ人がお金を使いまくる理由 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

アメリカでは、見知らぬ人の人間性は主に
どのくらいお金持ち(に見える)かで評価される。

アメリカには人種差別の歴史があるため、差別よりお金で人を
評価した方が公平だろう、という考え方が根底にあるのだろう。
だからアメリカ人は自分がお金持ちに見えるようにお金を使いまくる。
お金さえあれば、キャデラックのSUVを買い、
あるいは、もっとスマートに見せたければBMWを買う。
それが難しければプリウスを買って
「私は、お金より環境を大事にしているんです。」
とアピールするのが正しい戦略だ。

また、家が大きいので物が少ないと寂しい感じになるという事もある。
アンケート調査によればガラクタをたくさん買うのが趣味、
というアメリカ人は全人口の63%もいるそうだ(*1)。

そんなわけで、アメリカ人にお金を使わせるのは比較的簡単に見えるが、
それでも企業は季節ごとにあの手、この手で物を買わせようとする。

3月、春の雪解けとともに、
アメリカ人は家のリフォームを始める。
売るときの価格に大きく響いてくるので皆、一生懸命だ。
アメリカ人は貯蓄好きではないので、
家を買ってすぐにはリフォームをするお金がない場合が多い。
結果、取りあえずすぐ住める状態にリフォームされた家は売りやすい。

夏前の5月にもなれば、ガーデニングをしたり
パティオの家具を買ったりして夏への準備に余念がない。

夏になってしまえば、バケーションだ。
海に行って日焼けすればちょっと裕福に見えるし、
山岳部の国立公園や、北部の高原で避暑というのもいい。
家族で行くからお金がかかる。

夏の後半は引越しシーズンだ。
余裕があれば大きい家に引っ越せば
ワンランク上の生活を手に入れ、
ガラクタも1.5倍置けるようになる。
新学期前なので、学生の引越しも多いだろう。

8月、9月は、新車販売のピークだ。
新しい生活のために新車を買う人も多い。

10月終わりのハロウィンからクリスマスまでは
ホリデーシーズンで、ショッピング街が一番賑わう時期だ。
特に、11月のサンクスギビング後の金曜日は
ブラックフライデーと呼ばれ、年で一番の書き入れ時だ。
翌週月曜はサイバーマンデーと呼ばれ、
インターネット通販が一年でもっとも賑わう。
ブラックマンデー後の売れ残りの処分に使われるのだろう。

クリスマス頃に冬休みの予定は?
と聞くと、大抵は地味な返事が返ってくる。
1年間でお金を使い果たし、
このときばかりはアメリカ人も日本人より節約家になるようだ。


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

アメリカの古い住宅の故障と修理 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

部屋にいたら奴が「おーい、Willy! 大変だよーう!」
と叫んでいるので行って見ると、
コンクリートの上に安い絨毯敷きの
近い地下室がびしょびしょになっている。
既に絨毯が水で浮いているので、
100リットルくらいの水が溜まっていそうだ。

アメリカの住宅は、地下室の床は建物の土台を兼ねているので、
場所や建物の状態によって浸水することはよくあるが、
自分の住んでいる建物が浸水するという話は聞いていなかったので
大変な欠点のある住宅を買ってしまったと暗い気分になった。
地下室は、床は絨毯で壁は木目調パネルで覆われているので
原因は見ただけでは分からない。

コンドミニアムの管理人に問い合わせたところ
わりとすぐに見に来てくれ、
建物で共用のsump pump(湧いた地下水を下水に流す装置)が
壊れているということが判明。
水は、絨毯の下に隠れている排水溝から
逆流したもののようであった。
隣りのユニットはもっと浸水したそうだ。
取りあえず、トラブルの原因が構造的なものではなく
滅多にない機械の故障によるものだと分かって良かった。
既に排水しているようだが、全部乾くまでには数日かかりそうだ。

それにしても、どうもアメリカの古い家はトラブルが多い。

昨年12月には、
furnace(暖房用の過熱炉)の点火プラグが壊れて暖房が止まった。
本来点火プラグは寿命2年程度の消耗品だというが、
いつ壊れるかは分からないため、
ほとんどの人は壊れるまで放置するという。
寒い時期だったので緊急サービスを頼んだら
怪しい修理工が来て、ちょっとした格闘の末、無事に直ったが、
「俺、市内の日本食スーパーの寿司のファンだよ!」
と日本人に媚を売り、リビングの家具の質を見定めつつ、
165ドル請求して帰っていった。
まあ、休日の緊急サービスは高いから
元々そんなものなのかも知れない。

1月初めには2階のバスタブ排水管の下のわずかな亀裂から
1階のキッチンに水漏れした。
これは前オーナーによる不具合隠蔽の可能性が高いが、証明は難しいし、
配管と天井の修理費用は400ドル程度で
訴訟にするのはメリットがなさそうなので諦めた。
アメリカの家は、壁や天井の内側がDry Wallという石膏でできていて、
壁に穴を開けて修理しても職人はほぼ完全に元通りに直すことができる。
修理箇所にペンキを塗って周りと同じにすることは易しくないが、
奴は、家中のペンキを塗ってからペンキ塗りが特技と化しており、
難なく完全に元通りに復元した。

それにしても、そろそろトラブルが落ち着くと良いと思う。


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

フジテレビ、サザエさんの放映を1年間自粛[ニュース401] -- このエントリーを含むはてなブックマーク


茨城県沖でとれた海産物から、一ラムダ(注1)あたり
約0.004ベクレルの放射線ヨウ素が検出されたことを受け、
フジテレビ系列のテレビ各局は4月10日の放送を最後に
来年3月31日までの約一年間、
海産物を連想させるサザエさんの放映を東日本地域で自粛すると発表した。
視聴者から、
「漁業関係者の事を思うと、番組を楽しめない。不謹慎だ。」
「サザエさんとワカメちゃんの顔色が震災前より悪いような気がする。
きちんと検査をして結果を公表して。」
「テレビを通してキャラクターからの被爆が心配。」
と言ったクレームが相次いだことを受けた措置。

番組の広報担当責任者S・S氏の話:
「海産物被害が報道される中での報道は軽率だった。まずは関係者にお詫びしたい。
サザエさんとワカメちゃんの血液を採って放射線量を調べたところ、
各々、一ラムダ当たり0.01ベクレル、0.008ベクレルと暫定基準値の4~5倍程度であり、
週一回30分程度の視聴であれば健康に影響はない。
他の海産物名のキャラクターからは基準値以上の放射線は検出されなかった。」


42年以降も続いてきた人気番組だけに、来年4月以降は
(1) 津波を連想させる波平は名前を変更する、
(2) 海産物名のキャラクターは当面登場させない、
などの措置をとった上で番組を復活させる方針だ。


(注1) 一立方ミリメートルを表す単位。

注:ニュース401は、全てフィクションであり
登場人物・団体、事件などは実存するものとは一切関係ありません。


テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

アメリカでも若者はいじめられてます -- このエントリーを含むはてなブックマーク

先日、ミシガンの公立学校の財政状況が大変厳しいと書いたが、
その原因のひとつは、年功序列の日本企業と同じ賃金構造の問題がある。

T市の教員の年俸は5万5千ドル程度からスタートするが、
年功序列色が非常に強く、修士卒の教員は25年間勤めれば
約10万ドルもの年俸をもらうことができる(解説記事)。
アイビーレベルのPhDが大半の50代の大学教授(full professor)でも
教育メインの学科(数学科など)ではそのくらいの年俸なので
高校教員の給料がいかに高いかが分かるだろう。

一方で、財政難に伴って、新たに教員になった人の昇給は、
規定によって2倍の時間がかかることになっているようだ。
これは、昔は景気の良かった日本企業の賃金構造に酷似している。
しかも、仮にレイオフがある時は就労期間が長い人が優先して残れるし、
レイオフを行わなかったある学区では給与は一律5%カットに
なったという。

しかしさらに大きな問題は、正社員でない人の待遇かも知れない。
公立高校で全米トップ10に入るというミシガンのIA高は、
昨年、数学科学部卒レベルの補助教員(パートタイム)を
なんと時給10ドルで募集した。
アメリカの学部のレベルが低いとはいえ、
これは専門能力に対する冒涜とも言える待遇である。
実際、人が集まらなかったようで
半年後にも同じ求人が回ってきた。

州知事は、公務員が能力と働きに応じた賃金を
受け取れる制度を目指さなければならない。
既得権益が絡んで困難を極めるだろうが、
それは殺されそうになってでもやる価値があることだ。


テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 政治・経済

都内のN大が来年度に学部新設 -- このエントリーを含むはてなブックマーク


都内大手私大のN大学に勤務する友人から聞いた話なのだが、
N大では2012年度から新たに
「ホワイト・カラー学部」を新設する予定だそうだ。
近年、企業が新卒採用で求める条件が曖昧化しており、
同大就職課と教員がニーズを再検討したところ、
これからのホワイト・カラーに求められるのは、
工学や理学、社会科学など個別の専門能力ではなく、
コミュ力、行動力、熱意、といったソフト面であるという結論に至ったという。

そこで大学界の守旧勢力の反対を押し切って、
思い切ってそうした能力の育成に特化する
ホワイト・カラー学部を新設し、
・コミュ力学科 (Dept. of Communication Physics)
・行動力学科 (Dept. of Behavioral Physics)
・熱意学科 (Dept. of Passion)
の3つの学科を設置して各100名程度(詳細未定)
募集することがほぼ決まったそうだ。

コミュ力学科は、力学、ミクロ経済学、ファジー理論など
分野横断的に教官を集めて、コミュニケーション力という
一見曖昧な能力を体系的に身につけるカリキュラムを目指すという。
理論だけでは机上の空論なので、
ホステスなど会話のプロも招いて
格安の「ノミニケーション講習」などを
検討している教官もいると聞いた。

行動力学科は、街頭での発声練習に始まり、
募金活動やヒッチハイクなど、
フィールド・ワークを豊富に取り入れる予定だそうだ。
演劇家などからパフォーマンスの指導も
取り入れることも検討しているようだ。

熱意学科は、職人やプロスポーツ選手など一芸に秀でた
人材に対する取材やケーススタディーを中心に行う。
忍耐強い人材を育てるため、例として、
円周率の5万桁暗記、毎日10回の般若心経の写経、
といった特別課題に与える単位も導入予定だ。

思い切った学部名に合わせて、
具体的に、外資金融、コンサル、商社など人気業界の
内定人数に目標を設置する予定とのことである。



こうした学部・学科は国際的にも非常にユニークだが、
「大学で本当に学ぶべきことは何か?」
を問う意欲的な取り組みとして評価したい。
分野横断的な学部を新設できるのは大規模なN大の強みだろうが、
需要が大きければ他大も同様の学部の新設を迫られるだろう。


テーマ : 就活
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
5位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ