少年よ、サラリーマンになれ -- このエントリーを含むはてなブックマーク

My Life After MIT Sloan の Lilac さんが久々に
「大人になっても夢を持ってよいということ」
をエントリーして大きな反響があったようだ。
そこで応援と宣伝を兼ねて私も前から思っていることを書きたいと思う。
それがタイトルの通りだ。

私は、日本で学生をしていた頃、
中高生向けの進学塾で数学を教えていた。
その塾は優秀な生徒が多く集まるところで、
毎年、東大や医学部に多数の合格者を出していた。

そんな中、合格祝賀会や合格体験記特集で語られる卒業生の将来の夢は
大抵、医師になる、弁護士になる、大学の研究者になる、のいずれかだった。
もちろんそうした職業は、知的好奇心を多いにそそり、
社会の役にも立つので、それが立派な夢であることは間違いない。
しかし、自分が年齢を重ねるにつれて不安になってきたのは、
彼らのような学業優秀な高校生も
極めて限られた職業のことしを知らないのではないか
ということだ。

先進国の雇用のほとんどは企業から生まれ、
我々が享受している、ハイブリットカー、顔を認識してくれるカメラ、
スマートフォン、SSNサイト、検索エンジン、といったほとんどの
イノベーションもまた、一般企業から生まれているものだ。
むろん、創業者や経営者の強力なビジョンとリーダーシップは
そういうイノベーションに必要不可欠だろうが、
それを組織的に支える人たちが最終的には実現している。
工学やマネジメントのような分野では企業は主要な役割を果たしているし、
数学のように最もアカデミックな分野ですら
民間企業からも国際会議の全体講演者が出る。
そうした状況を踏まえれば、
世の中の面白い仕事の大半は企業の中にあるはずだし、
もっと多くの子供が「あの企業に入りたい、こんな企業を作りたい」
と言った夢を語る世の中になった方が将来は明るい。

夢というと、野球選手になりたい、歌手になりたいと言うような、
良く言えば「大きな夢」、実際には「単なる思いつき」であることが多い。
「保育士」「教師」「医者」「弁護士」「科学者」なども、
子供の目に留まりやすいという点で「思いつき」であったり
親による刷り込みであったりすることも多いだろう。

大人は、中高生が「こんなサラリーマンになりたい」という夢を持てるくらい
子供たちに企業における仕事のことを詳しく説明するべきだし、
会社員として働く大人は
純粋な心の中高生が「こんな会社に入りたい」
と思えるくらい魅力的な会社にするように努力すべきだ。

私が中学生のとき、一人だけ、
将来はこの会社に入ると決めていた同級生がおり、
彼は専門学校を出て計画通りそこに入社した。
その会社が近年多額の利益を計上しているのも
おそらく偶然ではないだろう。


スポンサーサイト

テーマ : 夢へ向かって
ジャンル : 就職・お仕事

英語は聞き取るより話す方がずっと簡単 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

今年から数学科の中で、ティーチング・アシスタントと非常勤講師の評価と
指導をする係に加えられた。メンバーは、まとめ役の女性の教授、
常勤講師が男女3人ずつ、それに、常勤の教授、准教授、助教(自分)が一人ずつだ。
今日は2回目の会議だった。

この会議は女性の常勤講師3人が、
評価される人がその場にいないのをいい事に
厳しい事を言いまくってストレスを解消し、
それを男性の常勤講師3人がなだめ、
教授、准教授、助教の3人はドン引きしているという構図だ。
ちなみに、まとめ役の教授は誰についているのか良くわからないところが
まとめ役らしいところだ。

なんだかんだ言って中心的な議題は外国人TAの英語の問題なのだが、
そこで再認識したことは、
「英語は聞き取るより話す方がずっと簡単。」
と言う事だ。誰かがそのことに触れたところ、全員が同意した。
その理由は簡単で、
「話すのは自分で全てコントロールできるが、
聞く方は相手に合わせなければならないから。」
ということである。

純粋な日本人の場合、聞き取る方が話すより得意という人も多いので
これは少し興味深いことではないだろうか。

理由はいくつか考えられる。

1. 日本の英語教育のせい

日本の英語教育では、クラスの規模が大きすぎたり、
教師の語学力が十分でないために、
アウトプットの練習をする機会が限られている。
また本来的にインプット重視の授業が行われている。

2. 数学で使う英語が簡単だから

数学で使う単語は、動詞も名詞も限られている。
また、体系が整備されていることもあり、定型表現が多い。
結果として、話すのが簡単である。

しかし、この論理に従えば聞き取る方も簡単になるはずである。
もっとも、学部初級向けの授業などでは
数学をやっているのに数学的でない質問の仕方をする
学生がいるのも原因の一つだろう。

3. 数学科の院生は変だから

実は前から気になっていたのだが、日本人などの外国人に関しては、
数学系の学生はアウトプットが得意でインプットが苦手であり、
人文・社会科学系の学生はインプットが得意でアウトプットが苦手な傾向がある。

人文系・社会科学系にはそもそも英語力が高い人が多く、
そういう人たちは両方が得意なのだが、彼らを除いて考えると、
語学力のインプット/アウトプット能力のバランスは、
扱っている分野による文章の難易度の違いだけでは
説明できないほど大きいように思う。

もしかすると、
数学系の学生は限られた知識を組み合わせて何かを構成する能力が高く、
人文・社会系の学生は膨大な知識を仕入れて理解する能力が高い、
という本来的な適性の違いがあるのかも知れない。


ドクター・ヴァンスの 英語で考えるスピーキング


英語スピーキング スキルアップ BOOK


テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

芦田愛菜、衝撃の人生プラン[ニュース401] -- このエントリーを含むはてなブックマーク

テレビドラマ「マルモのおきて」で史上最年少主演にして大ブレイクした
芦田愛菜(7)が8歳の誕生日をもって引退する意向であることが分かった。
芦田は現在、小学1年生。来年は小学2年生になるが、ハワイで
セカンドライフを楽しみながら、現地の小学校に通うという。
今年のNHK紅白歌合戦に史上最年少で出場が取りざたされており、
子役タレントとして一時代を築き上げたが、
今後は子役のアドバイザーを務めるほかは、一線から退く。

本日開かれた記者会見の様子は以下の通り。

記者「引退を決意されたきっかけは?」
芦田「現在の契約内容を考えると、8歳までには十分な蓄えが
   できるので、それ以後は自分の時間を大切にしようと考えました。」

記者「過密スケジュールによる心身の消耗が原因では?」
芦田「スケジュールが過密で、一部のテレビ局さんに十分出演
   できなかったのは申し訳なく思っています。そうしたなかで
   契約が取れなかった局が、"愛菜ちゃんは疲れている"
   などと風説を流して私のイメージ作りを妨害する行為が
   見られるのは残念ですが、大人の事情もあるので
   ある程度仕方ないと割り切っています。」

記者「8歳までの蓄えで本当に引退生活を送れるのですか?」
芦田「具体的な事は言えませんが、十分と判断しました。
   この前、配当でパパにウィスキーをプレゼントしたんですよ。」

記者「株を持っているのですか?」
芦田「セブンアンドアイ、キャノン、日清食品、ブルボンの株を
   持っています。」

記者「スポンサーの宣伝じゃないですか(笑)」
芦田「たまたまですよ(笑)。イトーヨーカドーでランドセル買ったし、
   デジカメで写真取るのも好きなんです。」

記者「ちなみに何株ほど?」
芦田「まだ20までの足し算しかならっていないので分かりません。」

記者「最後になりますが、引退を惜しむ声が大きいですがファンの方にメッセージを。」
芦田「今までご声援ありがとうございます。
   8歳で引退する人もいれば70歳まで働く人もいる世の中になります。
   まだ習ってないから分からないけど、
   それが資本主義っていうものなのかなと思います。
   8歳になるまで精一杯頑張りますのでこれからもよろしくお願いします!」

記者「最後の最後に、引退後の夢は?」
芦田「すぐには浮かばないですね。ハワイでじっくり考えたいです。
   あ、でも夏休みは家族でディズニーワールドに行って遊んでみたい!」

やっぱり、愛菜ちゃんは無邪気な7歳の女の子のようだ。

1. 少女


2.熟女


3.高齢者


4.後期高齢者


元記事はこちら

注:ニュース401は、全てフィクションであり
登場人物、団体、事件などは実存するものとは一切関係ありません。


テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

アメリカの健康診断と健康保険 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

今日は、大学で健康診断があった。
健康診断と言っても、身長、体重、ウエスト、血圧、それに
血液検査しかないので気休め程度のものだ。
大学のウェブサイトで都合の良い曜日・時間の予約を取って
生活習慣に関するオンラインのアンケートに答えて
当日、実施している会議室に行く。
誓約書を書かされたりするところが米国らしいが、
診断自体は別に日本の団体健康診断とあまり変わらない。

違う点の一つは、参加が自由であるということだ。
日本の職場にいた時は、任意ながらも半ば強制参加のような行事で
毎年拒否している人が話題になったりするレベルだったが、
うちの大学では登録も自主的にやるだけだ。

もう一つ違う点は、参加すると保険会社経由で
インセンティブ(報奨金)が支給されたりする事だ。
2年前は100ドル支給されたためか、予想を大幅に超える参加率だったそうだ。
昨年は、何も無かったようなのでゲンキンな私は受診しなかった。
今年は50ドル。まあやった方が良い事には変わりないし受ける事にした。
保険会社としては、
簡単な健康診断でも、高血圧や心臓病、
肥満などの予防に繋げることができるし、
被保険者の健康に対する意識も高まるので、
十分ペイするということなのだろう。
アメリカの健康保険はこの他にも
ジムにたくさん通った人にインセンティブを出したりと
いろいろな工夫をしている。

それでも医療費が異常に高騰しているのは
雇用主や政府が保険料の大半を負担するという仕組みが、
契約者のモラルハザードと医療業界の野放図な拡大を招いている
ということだろう。

もちろん米国の医療制度の高コスト体質にはいくつかの構造的な問題もあるし、
医療訴訟のように国民感情に委せて社会コストを上げている点も問題である。
しかし究極的には、
医療システムを社会主義的に運営するか、
完全に資本主義に任せて「貧乏人は自力で生きろ」という世の中にするか、
どちらかしかないのかも知れない。

来年の私の家族用健康保険料は年間で1万4千ドルを超える。
これでも HMO (health maintenance organization)
という仕組みを使った比較的割安なほうで、
自由に好きな病院に行けるプランでは2万8千ドルを超えるものもある。
全額、給与から自分の判断で払うならもっと安い保険を選ぶだろうが、
雇用主負担が8割の現状では、「まあ高いけど払っとくか」となってしまう。
(一応、高い保険は自己負担を高くするなどの工夫は施されている。)

8割も政府や雇用主が出してくれるなら何でも買いたくなるだろう。
かつて日本では雇用保険が、習い事をすると授業料が8割還付される制度を実施して、
一時的に英会話教室などの業界が潤った。
そのおかげで、日本人は十中八九、英語がネイティブ並みになった。
そんなことを何十年も続けているのが米国の医療制度なのだから、
このまま行けば100年後に米国の平均寿命は120歳を超えるに違いない。

日本の健康保険制度はそれなりに上手くいっているように見えるが
それはあくまでも公的な負担と完全な価格統制という社会主義的な仕組み
をセットにした結果であって、
民間の保険制度が機能しているというわけではない。

そのあたりの事は、アメリカ人も日本人も認識しておいて損はないだろう。

「医療崩壊」(小松秀樹)臨床医による本。
日本の現状を知るためにお勧め。


テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

通貨という錯覚 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

近年、通貨のバランスは大きく変わってしまった。
米ドルと英ポンドはほぼ全ての通貨に対して下落し、
その後、ユーロも欧州通貨危機によって下落する一方、
資源国の通貨は高値安定、円とスイスフランは急騰した。

そんな中、メディアで報道されるニュースは
「通貨の名前」にあまりにも依存しすぎており、
そのまま鵜呑みにすると重要な点を見逃す。
2つの例を取り上げてみよう。


1.ギリシャ国債で取引されているのは債券ではなく通貨

ギリシャの国債の利回りの急騰は、
英語のニュースでは日常的に取り上げられている。
このあたりにあるように、
先週末時点で2年物利回りが107.16%、10年物利回りが26.63%となっている。
高水準の利回りはもちろんリスクプレミアムであるが、
非常に大きな逆イールド(短期金利が長期金利より低い状態)を考えると
これをユーロ建て国債の信用リスクと解釈するのには無理があるだろう。
例えば単純な単利計算で、
10年物国債の当初2年間の利回りを107.16%と仮定すると、
残り8年間の利回りは2.07%しかないことになる。
これは、ドイツ国債の同期間の先渡し金利2.15%をも下回る。
つまり、ギリシャ国債は当初2年間さえ乗り切れば
ドイツ国債よりも安全な投資先という結論になってしまう。
この見方は正しくない。

一方、この利回りを額面100ユーロあたりの割引債の価格と考えると、
単純な単利計算で2年物は27.3ユーロ、10年物は31.8ユーロとなる。
最近のギリシャ国債価格の特徴は、
この額面あたりの価格が年限を問わず同じ水準に落ち着く事だ。
すなわち、投資家はもはやギリシャ国債の支払い通貨がユーロで
あるとはみなしておらず、ユーロ脱退を見越してドラクマ
(ギリシャの旧通貨)の取引を「ギリシャ国債を通じて」
行っているに過ぎない。これは現時点でドラクマを取引する最も
簡単で便利な方法の一つだということだろう。

統一通貨ユーロとは、欧州各国が固定相場制におしゃれな名前を付けたに過ぎない。
そして、通貨の闇レートが、国債利回りと呼ばれているにすぎないのだ。


2. 買われているのは円ではなく人民元

円ドル相場は、2007年6月の直近安値124円台から
先月末の75円台まで一気に値を上げた。
対ユーロでもほぼ同率の上昇を見せており、
対ポンドに至っては安値からの上昇率は100%を超えた。
これは、日本と欧米の金利差の縮小、更に言えば、
欧米の経済が悪化した事で日本が相対的に浮上したと解釈されること多いが、
果たして日本経済はそこまで強いのだろうか。

2011年の日本の貿易収支は31年ぶりの赤字が見込まれる一方で、
お隣中国は昨年とほぼ同水準の1700億ドルもの貿易黒字を計上する見込みだと言う。
中国は、為替レートの自由化を頑に拒んでおり人為的に安い人民元を維持しており、
今後人民元は上昇が約束されていると言って良い。

固定相場による将来の通貨下落リスク(ここでは人民元以外の通貨の下落リスク)
は最終的に誰かが負担しなければならない。
通貨取引が制限されていれば中国以外の投資家がそれを負担するし、
介入によりレートを維持していれば外貨を買った中国政府がそのリスクを負担する。
いずれにせよそれを負担する人は何らかの方法でリスクをヘッジしようとするだろう。
人民元が今後上昇するリスクをヘッジするに投資家は何をするだろうか?

日米中の3カ国を取って考えてみよう。2010年の貿易統計を参考にすると大雑把に言って
中国は、米国に年間3600億ドル輸出し、米国から900億ドル輸入している。
中国は、日本に年間1300億ドル輸出し、日本から1300億ドル輸入している。
なお日本から米国への輸出は1200億ドル、米国からの輸入は600億ドルだ。
また日本と中国の経済規模はほぼ同じで、米国は日本の約3倍の規模がある。

人民元が大幅に上昇した場合、日本は貿易面で大きなメリットを受けるが、
米国の交易条件の改善は経済規模に比して大きくない。
結果、円は人民元に合わせて上昇することが見込まれる。
仮にその上昇幅が人民元の対ドル上昇幅の3分の1と見込まれるとしよう。

米国の投資家にとって、この人民元の上昇リスクを回避する簡単な方法は、
ヘッジしたい人民元の3倍の円を予め買っておく事
だ。
他国の投資家にとっても同様で、
やはり3倍の円を買建ててドルを売り建てることになる。

円は、日本経済の安定感というよりは、
虎(人民元)の威を借る狐といった面が強い
ことも考慮しておくべきだろう。


テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
5位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ