東大は秋入学に移行すべきか? -- このエントリーを含むはてなブックマーク

東京大学の懇談会が秋入学へ移行を求める中間報告をまとめたようだ。
背景には、英語圏の大学の勢いへの危機感がある。

全ての分野における研究・教育水準をまとめて客観的に比べるのは難しいが、
例えば米国の一般雑誌のUS News 社がまとめた論文一本あたりの
引用回数スコアでは、東大は既に香港大に抜かれている。
東大がアジア・ナンバーワンの座を確保しているとは言えなくなった。

しかも、教育機関としての大学の国際ランキングでは、
近年、外国人教員や外国人学生の比率が重視されており、
日本のように研究・教育水準は高くても大半が国内の教員と学生
という大学は、不利な扱いを受けるようになった。

もちろん、苦戦しているのは日本の大学だけではない。
昨年の震災後、被災した地域の研究者に対し、
海外の大学からの引き合いがきたことが話題になったが、
一番多かったのはドイツの大学からのオファーであった。
実績のある先進国の大学であっても、非英語圏の大学が人材獲得に
苦労していることは想像に難くない。

そんな中、せめて入学時期を英語圏の大学に合わせようと
検討されているのが、東大の秋入学であると言える。

私は、この案に、単なる時期の変更ならば反対、
相乗効果が期待できる他の施策とセットなら賛成である。

反対の理由は以下の通りだ。

1.高校卒業から大学入学までに5ヶ月のギャップを作るメリットが不明

仮に高校までの学校を現状のまま4月始まりとした場合、
東京大学に入学する学生には5ヶ月間の空白が生じることになる。
しかし、学生がこの期間を有効に活用できるかどうかは疑問だ。

例えば、将来的に英語圏の大学院への留学を目指すケースを考えよう。
現行制度の下では、日本の学部を3月に卒業して、
米国の大学院に9月に入学することになる。
卒業後、5ヶ月間の空白が生じるが、学生は既に専門分野の勉強・研究を
始めているので、卒業後も研究生や日本での修士課程の学生として
勉強を続けることもできるし、留学に備えて語学学校に通ったりする
こともできる。
この5ヶ月の代わりに高校を卒業してすぐに5ヶ月の空白を作っても、
学生がこの期間をそこまで有効活用できるとは思えない。
つまり、留学を視野に入れた場合ですら、デメリットの方が大きい。

東京大学はこの点に関し、新入学生に対して
十分に効果的なプランを提示する必要がある。


2.入試時期に問題が生じる

現行のスケジュールをそのまま5ヶ月間ずらした場合、
入試は7月下旬~8月中旬となるが、
そのような制度の下では他大学に入学して仮面浪人する学生が続出するだろう。
競合する大学が現行通りのスケジュールで年度を始めた場合、
授業が成り立たなくなる恐れがある。
一つの大学だけが年度を変更する事は極めて特殊であり
制度として成り立たない可能性が高い。

一方で、入試を従来と同じ2月下旬~3月上旬とした場合、
学生は、5ヶ月間、全ての義務から解放される事になる。
これもデメリットが大きい。
アドミッション・プロセスが非効率で時間のかかる米国の大学では、
事実上、高校2年生までの成績と試験スコアでアドミッションが決まるが、
高校3年生(Grade 12)の学生が勉強しなくなるという
デメリットが見られている。

3.海外からの学生は結局増えない

海外からの留学生が増えないのは、入学試験と授業が日本語で
行われているのが主因と考えるのが自然だ。
東大が4月入学だから留学生が増えない、という主張には根拠がない。
4月から始まるから日本の大学に就職したくない、
という話も聞いた事が無い。

結局のところ、年度の初めを変えても外国人留学生は集まらず、
香港などの大学に対抗する事はできないだろう。


もちろん、天下の東京大学の懇談会がこんな基本的なことを
分かっていないはずがない。
東大が秋入学に移行するということは以下の2つの施策と
セットで行われるということが前提だろう。

1.入学試験、授業を英語で行う

入学試験を英語または、英語・日本語の両方で行う。
また、全ての授業を英語で履修できるようにする。
この結果、年度に一度しか開講されない科目は全て英語の講義となる。
ギャップに関わる非効率は解消されないが、多くの留学生や教員の
受け入れにつながるためメリット面は大きくなる。

日本は世界に誇る科学技術立国であるので、
全ての研究大学で英語の授業しか受けられなくなることには私は反対だが、
いくつもの研究大学がある中、そんな大学が一つくらいはあった方が
多様性の観点から望ましいだろう。

2.全ての学校の年度を変更する

大学のみならず、全ての学校の年度を9月開始にする。
必要に応じて、学年の区切りや小学校入学年齢を調整する。
これにより、ギャップに関わる非効率は解消される。

あるいは、全ての学校の年度を変更することが難しければ、
大量に飛び級を認めるという案もある。
入学時期を5ヶ月遅らせるのであれば、
少なくとも半分程度の学生を高校3年途中からの飛び級として受け入れる。
これによって全ての問題が解決するわけではないが、
ギャップが生じる事に対する非効率や仮面浪人といった問題は
部分的に解決される。


どちらも大掛かりなものではあるが、
こうした施策と合わせて秋入学が実施されれば、
一定の効果を見込む事ができるだろう。


この報告が提起していることは、単に
入学式に満開の桜が見られなくなる、
といった小さな問題ではないことは確かだ。


スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

マイノリティーは見た目が9割 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

1月16日の米国は、
Martin Luther King, Jr. Dayの誕生日のため祝日となる(*1)。
キング牧師は、1955年から68年にかけて
米国の非暴力を信念とした黒人公民権運動を主導した活動家である。
その功績から64年にノーベル平和賞を受賞したが、
68年にはテネシー州のホテルのベランダにて暗殺された。

63年8月にワシントンDCで披露された"I have a dream"
スピーチは有名だ(スピーチとスクリプト)。
私が高校に入学して英語の授業で一番最初に読まされたのが、
このスピーチと黒人公民権運動の歴史だった。

以下は、このスピーチの中の一節である。

I have a dream that my four little children will
one day live in a nation where they will not be
judged by the color of their skin but by the
content of their character.

アメリカは、64年の公民権法を通してこの夢を実現させた。

この歴史的な転換は黒人の公民権を回復しただけでなく、
グローバル化時代の米国においても重大な役割を果たしている。

私の母校があるW州M市は、今では全米の中でも有数のリベラルな町だが、
1950年代に研究留学してきた日本人は
環境の良いアパートに入居の申し込みをすると断られ、
汚いアパートに入居することしかできなかったという。
しかし、公民権運動の結果として生まれた1968年の
Fair Housing Act 以降、こうした差別的な扱いは禁止された。

米国が公民権運動以前のような状態であったら、
現在のように多くの国から優秀な人材を流入させることは不可能だっただろう。
黒人公民権運動の実績は、数十年を経た今、
重要性を増す事はあっても決して色褪せることはないのである。

様々な権利が法律によって保証されること、
そして人々があからさまな差別をしなくなることは、
例え、それが形式的なものだと感じられる場面があったとしても、
それ単独で極めて重要な社会的な秩序である。

しかしそれでは、米国では差別は完全になくなったのか、
と言われれば事はそう簡単ではない。
仮に、意識的な差別を全く行わない人の中にも
潜在意識下にいわば先天的な差別が根強く残っていると私は思う。

その原因の一つは、肌の色を超えて、米国社会で
白人が「よく見える人たち」であるからだと私は感じている。
いくつかの例を出そう。

大学で教えていると、
何らかの事情で試験を受けられなかったり、
仕事と授業のスケジュールが合わなくなってしまう学生が出てくる。
そんなとき、学生は個別に私に相談してきたりするわけだが、
学生の言い分を全部聞き入れていると公平性を失って収拾がつかなくなるので
いったん突き放して、まずは何らかの根拠を出すように伝えることが多い。
そんな際、――もちろん傾向としてであるが――
なんとかして私を説得しようとする白人の学生が多いのに対して、
黙ってコースの履修や試験のスコアを諦めてしまう黒人の学生が多い。

引越しや、大きな物を運搬する際に人手を借りることがある。
大抵、来るのはガタイの良い白人か黒人の若者だ。
これもあくまで傾向に過ぎないが、
饒舌にいろいろ説明してくれるのは白人のグループの時だが、
黙々と素早く働いてくれるのは大体黒人のグループの時である。

一般的な傾向として、特に男性の場合、黒人は白人に比べ寡黙で
自分を主張することが少ない傾向にあるように感じられる。
私にはその姿が、大切な場面で自分の立場をきちんと
説明できない日本人と重なって見えることもある。

こうした社会的に生じた性格の違いに加えて、
マイノリティーの行動様式がマジョリティーに受け入れられにくい
という構造的な問題もあるように思える。

例えば、夏場にデトロイト市内を車で走っていると、
ぶらぶらと歩道や中央分離帯を歩いている黒人がたくさんいる。
はじめて通る人は、危ない場所に来てしまったと気が気でないだろう。
しかし、歩いている人を見慣れるにつれ、
外をぶらぶら歩く習慣やその歩き方が、
どうやら黒人や黒人文化に独特なものなのだということに気づいた。
アメリカ人だってどこかの南国に行けば、
ぶらぶら歩いている若者が多くても
それは文化の違いとして受け入れられるだろうが、
アメリカにいるとつい自分たちの物差しでその光景を見てしまうのだ。

再度、キング牧師のスピーチから言葉を借りるならば米国は確かに、
"color of their skin" ではなく、"content of their character"
で人を判断できる世の中にはひとまずなったと言える。
しかし、character を測る物差しは、
相変わらずマジョリティーによるものだ。

マイノリティーは、
服装、礼儀作法、行動様式、コミュニケーションの取り方といった面で
マジョリティーの中で引けを取らない努力が必要である。
結局、マイノリティーは見た目が9割なのだ。

(*1) 誕生日は1929年1月15日だが、祝日は例年1月の第3月曜日。


<後書きに代えて>

人は、肌の色ではなく各々の人間性で評価されるべきだ。
そうした観点からは、本エントリーの後半部を書く事自体が物議を醸す。
実際、僕が本エントリーで書いたことを英語で口にしたことは一度もないし今後もないだろう。
しかしこうした特別な日に、人種問題を体感する機会が少ない日本人にあてて
日本語で書く事には意味があると考えてこの記事を書いた。



テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

リゾート会員権の購入には注意が必要 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

アメリカで人気のタイムシェア・コンドミニアムでいろいろと問題が起きているようだ。

タイムシェアとは日本で言うところのリゾート会員権のようなもので、
主に、100平米前後のコンドミニアム(マンションのような造りのホテル)を
1週間単位で分譲して、利用者が区分所有するものだ。
利用者でもあるオーナーは、毎年管理費を払うかわりに、
毎年一週間、そこに追加費用無しで宿泊することができる。
ARDA International Foundation によれば、
2006年時点で米国には、1,604 のタイムシェア・リゾートがあり154,439の部屋があるという。
各部屋を50人で区分所有するのであるから、オーナーは相当な数に上る。
米国人の世帯の6%弱がなんらかのタイムシェアを所有しているという。
しかも、その数は増加傾向にあるということだ。
それほど人気があるのは、区分所有だと高い価格での分譲が可能である
というデベロッパーにとってのうまみに加え、
オーナーにとっては「所有する」という満足感があるためだ。

下の写真は昨年私が泊まった、ハワイ州カウアイ島のリゾート地にある
Point at Poipu というコンドミニアムだ。
波打ち際を模したプールや、それに隣接するバー、段々になった池、
バーベキュー用グリルなどが庭にあり、なかなか良いコンドミニアムだ。
各ユニットは、主に2ベッドルームで150平米くらいある。

PointAtPoipu.jpg

私は1週間借りただけなのだが、
仮にこのコンドミニアムの1週間を区分所有する権利を
中古会員権市場で買うと、いくらくらいだと思われるだろうか?
日本の感覚で言えば、数百万円程度ということになるのではないだろうか。

しかし驚く事なかれ、現在の価格はゼロである。
掲示板には「会員権を無料で差し上げます」という書き込みが多く見られるほか、
Ebayには、数ドル程度の値段で売り手が会員権を売りにだしている。

価格を決める際にまず参考になるのは、
年間の管理費と、同等の部屋の宿泊費用との差だ。
まず、このコンドミニアムの管理費は一部屋一週間あたりで年間1350ドルにも上る。
実際に利用する・しないにかかわらず、この費用は毎年払わなければならない。
一方、このコンドミニアムは一般客が予約する事もでき、
その費用は、春休みシーズンで一週間1550ドルほどだ。
名目上は年間200ドルの価値があるということになるから、
キャッシュフローベースで考えて、投資利回りを5%とすれば
4000ドル程度の価値がある事になるが、
実際には利用の有無にかかわらず管理費の支払い義務が
あることを考えると、メリットは大きくない。
他のリゾートと1週間単位で交換を希望することもできるが、
手続きの煩雑さや手数料を考えれば、200ドル程度のメリットは吹き飛ぶ。

それに追い打ちをかけるように、
このコンドミニアムの管理組合は、昨年10月に
「敷地内の地下が浸水している症状を解決するため、
一週間分の区分所有につき5900ドルの一時費用(special assessment)を徴収する」
とオーナー達に通知した。

これに驚いた多くのオーナーは会員権を放棄しようと考えたが、
事はそう簡単ではない。
一時費用は通知時点でオーナーの債務となる一方、
会員権の譲渡には管理組合の承認が必要であり、
一方的に返却、放棄、譲渡することは認められていない。
支払いを拒否すれば、それはオーナーの債務不履行となり、
オーナーのクレジットに傷がつく上、
強制的にオーナーの金融資産を差し押さえられる可能性もある。
多くのオーナーは泣く泣く言いなりになって費用を支払うしかないだろう。

Point At Poipu は、一流のリゾート地に立地し、
建物も築17年と比較的新しい部類に入る。
どうして、こんな悲惨な事態になってしまったのだろうか?

行き着くところは、ガバナンスの問題である。
コンドミニアムの管理組合は、
オーナーの代表としてオーナーの利益の最大化に務めるのが本来の姿だ。
しかし、タイムシェア・リゾートでは、所有者は遠隔地に住む一般人であり、
コンドミニアムの経営に携わるような時間的な余裕も十分な知識も無い。
結果として、管理組合が管理会社の言いなりになってしまうことが多いのだ。

例えば、このコンドミニアムの管理費用は、
オーナー1人当たりでは1350ドル程度だが、
一部屋を年間で50人で区分所有しているのであるから、
一部屋あたりだと年間6万5千ドルにも上る。
Point At Poipu の決算書類をインターネット上で見つけることができるが、
収入の22%程度が純粋な手数料として管理会社に「上納」されている。
金額にすると、手数料は年間350万ドルにもなる。
管理会社は物件を所有しているわけでもなく、
実際にかかる人件費や修繕費用などは全て管理組合から支出される。
ほぼリスクの無い経営に、そこまでの手数料を払う仕組みは疑問だ。

浸水解決のための費用がまた凄い。
5900ドルというと大したことがないように思えるが、
1部屋につき50人の所有者がいるので、
費用は一部屋あたりで30万ドルに達する。
このコンドには220部屋程度あるので、修繕の総予算は6500万ドルであるという。
この金額は、同規模の高級リゾートをゼロから建設する費用とほぼ等しい。

こうした経営は、どう考えてもオーナーの総意とは
かけ離れたところにあると言わざるを得ないだろう。

昨年、米国の別のタイムシェア・リゾート
「Raintree Vacation Club and Club Regina」では、
やはり「インターネットなどの設備更新のため」に
各オーナーから約1200ドルの一時金を集めることを通知した。
1部屋あたりだと費用は6万ドルとなり、
各ユニットを全面改装することができるほどの費用だ。
これは、オーナー11人が原告となって集団訴訟になり、昨年11月、
権利を放棄して費用の支払いを拒否した人のクレジットヒストリーを回復する一方、
費用を払ったオーナーには追加の宿泊権を与えるなどの内容で和解した様だ。

しかし、他のタイムシェア・リゾートで同様の問題が再び起こっても、
訴訟に持ち込まない限りオーナーは権利を放棄できない上、
同様の和解や判決に至る保証も無い。

タイムシェアのオーナーは、一時のわずかな利益と満足感のために、
未来永劫、毎年千数百ドルの支払い義務を課せられるリスクを
背負ってしまっているのだ。
しかも、長い目で見るとそうしたリスクの実現可能性はかなり高い。

こうした問題に抜本的な対策をすることは難しい。
一つ考えられるのは、LLC (有限責任会社)を設立して
区分所有権をLLC名義にする事かもしれない。
そうすれば、少なくともLLCを債務不履行にさせて支払い義務から逃れることができる。
米国では、LLCは150ドル程度で設立でき、年間の維持費用も50ドル程度だという。
しかし、管理会社がそのような所有形態を許すかどうかは裁量に委ねられているし、
仮にそれが可能になったとしても、リゾートの所有者と利用者が一致しない事による
利用手数料が課せられる可能性があるという問題も残る。

一部には、不要になった区分所有権を買い取る業者もでてきているが、
そのスキームがどうなっているのかは不明だ。
おそらくは、何らかの手口でLLC名義とするか、
既に債務超過に陥っている第三者や
米国のクレジットヒストリーと無縁な他国の第三者に
名義を付け替えるのだろう。

日本でも、裕福な団塊世代などを中心にリゾート会員権が人気だが、
法的な枠組み自体は米国とさして変わらない。
同様の問題が、将来起こることも十分に想定される。
譲渡に制限がある所有権は、価値がマイナスになりうる、
ということには十分に注意が必要だろう。


おまけ:

Point at Poipu は中々良いコンドミニアムだ。
車で数分の場所に、2010年1月頃に Kukuiula Village が開業され、
質の高いレストランなども豊富になった。
今回の混乱で、当面はお買い得価格で予約がとり易くなるだろうから、
時間とお金に余裕がある人は行ってみるのも悪くないかも知れない。

 


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

アメリカ国内線の航空券のお得な予約方法 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

僕が日本に住んでいた時は、旅行なんて全く興味がなかったのだけど、
米国中西部は田舎の上に冬は寒いので気分転換のために
よく旅行をするようになった。
僕の少ない可処分所得のかなりの部分は旅費に使われている。

旅費の中で一番高いのは、航空券だ。
特に近年は原油高とドル安のせいで航空券は信じられないくらい高い。
そこで、アメリカの国内線を予約する時の基本をまとめておこう。

1. 比較サイトを利用する

基本中の基本だが、Priceline, Expedia, Orbitz などの比較サイトを
利用してどこの会社のチケットが安いかどうかを調べる。

基本的に価格はロボットを使って収集されているから、
どこのサイトを使っても値段はあまり変わらない。
取りあえず、2~3のサイトを見て比較すれば十分だろう。

全ての便が同一キャリアの場合には、その航空会社のサイトに行って
値段を再度確認しても良いが、大抵値段はほぼ同じである。

場合によっては、出発地や目的地を少し代えると安くなる事がある。
一般に料金は、乗り継ぎ回数が少ないほど高く、目的地までの距離が遠いほど高い。
目的地の空港の大きさと値段との関係はあまり明らかでない。
また、一般に土曜日発の航空券は高く、週半ば発の航空券は安い。


2. 格安キャリアのサイトをチェックする

私の知る限り、多くの比較サイトは JetBlue や Southwest の
ような格安キャリアの価格をカバーしていないので、
個別に調べる必要がある。

ただし発着場所は限られているので、利用できない目的地も多い。
例えば、北米-ハワイ間にはLCCが存在していない。


3. 予約する曜日を考える

一般的に、航空会社は火曜日になった時点で、
格安価格の航空券をオファーすることが多い。
これが各比較サイトに反映される火曜日の朝から水曜日頃までに
予約するのが、安いことが多い。
週に何度か価格をチェックして、安い曜日に買おう。

なお旅行日程が決まっている場合、
航空券は出発のおよそ2ヶ月前までに予約するのが賢いと言われている。
ただし需要が少ない場合はその後に値下がりすることもあり、
最適な予約時期を特定することは難しい。


4.マイレージを有効活用

航空券の値上がりに伴って、1マイルの価値は上がっている。

航空会社系のクレジットカードを作ると、50000マイルくらい
もらえることもあるので、旅行の数ヶ月前に作っておく、
というのも1回は使える手ではある。
なお、クレジットカードを解約してもマイルが無効となることはないようだ。

マイルの有効期限は最後にマイレージが変動してから18-24ヶ月程度である。
したがって、マイレージに何らかの増減があれば有効期限は延長される。
例えば、マイレージを使った雑誌の定期購読の申し込みなどをして
一部のマイル(500-1000マイル程度)を使用すれば失効しない。
期限ギリギリの時は、赤十字などにマイルを寄付すれば
即座に有効期限が延長される。

ちなみに、小さな子供の航空券を単独で購入することはできないので、
マイルで子供一人分、現金で大人一人分、という買い方は出来ない。
(航空会社に電話すればできるのかもしれないが未確認)。


5. 2歳未満は無料

一方、2歳以上は大人と同額というケースがほとんどだ。
子供がいる場合は、2歳までの旅行が(大変ではあるが)お得である。


旅費のうち、2番目に高いのは宿だろう。
コンドミニアムを割安で予約するノウハウなどを
Web上で公開するのは掟破りだから、気になる方は橘玲氏の書いた
得する生活―お金持ちになる人の考え方
あたりを参考にして頂きたい。


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

幼稚園バスの中で -- このエントリーを含むはてなブックマーク

住んでいるT市の公立の小中高校は1月3日から授業が始まった。
最高気温は氷点下だし、何もこんなに寒い1月に3日から
授業を始めることはないと思うのだが、
夏休みを楽しみたい人や、
夏休みに短期の仕事をしたい教員や高校生が多いということなのだろう。
授業は、途中に1週間の春休みと何回かの定休日を挟んで6月15日頃まで続く。
年度が終わる日は地域や学区により、結構大きく異なるようだ。
地域によっては5月中に終わるところもあるし、遅いところは6月下旬まである。
こうした差は公立校の間でも学力の差となって現れるのかも知れない。

6歳になる娘は現在、キンダー(幼稚園年長に相当)に通っており、
先学期は朝は車で送ってもらい、帰りは迎えに来てもらって歩いて帰っていたのだが、
1月からは通学用のバスに乗りたいと言い出した。
アメリカの子供は友達と遊ぶ機会が少ないので、
確かにバスで通学した方が友達と話せて娘のためにもよいだろう。

もっとも、僕が幼稚園の年長組の頃はバスの中は退屈なことが多く、
友達と話をしていない時は、ずっと数を数えていた。
ある時に1から数え始め、次の日はその続き、とどんどん続けていき、
卒園までに54000くらいまで数えた。
もちろん、こんな壮大なプロジェクトが進行中であったことは
誰にも秘密にしていた。
ある日、一つ年下の友達と隣に座ったので僕は、
「知っている中で一番大きい数はなに?」と尋ねた。
その子が「120」と答えるので、
「120の次の数は121なんだ。それは120より1大きい数だよ。
その121よりもさらに一つ大きい数は122だ。2は1より一つ大きいからね。
122よりもさらに一つ大きい数は何だと思う?それは123だよ。
どうしてかというと、123の3は2よりも1大きいからね。・・・」
となるべく詳しく、時間をかけてその友達に説明し続けた。
その友達は、130くらいまで大人しく聞いたあとで、
「もういいや」と言って他の子と話し始めた。
僕は、その年下の友達が新たに10個の数を覚えた事にとても満足しながらも、
まだまだ続きがあるのに途中でやめてしまった友達が少し不満でもあった。

130までまじめに聞いていたその友達は
きっと立派な大人になったのではないかと思う。
リア充とコミュ障の人生は、幼稚園の頃から分かれてしまっているのだ。

娘はバスの中で何を考えるのだろう。



小さいお友達用




大きいお友達用(高校生以上)


テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
5位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ