米国の圧倒的な教育格差 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

これ、頭の良い中学3年生だったら十分理解できるよね?
と考えながら丁寧に作ったスライドを、ゆっくり解説する。
学生が退屈しないようにスライドは要点が穴埋め式になっており、
教室のスクリーンには答えが赤字で表示されるようにした。
次のスライドへ・・・、とPCのボタンを押すと、
「先生、ちょっと待って」と、ある学生が進行を止める。
どうも彼には話を聞きながら穴埋めをするのは難しいようだ。
一枚戻って少し時間を取っていると、
今度は突然、ノートPCの画面を見ながら笑い出す別の女子学生。
こちら側からは分からないが、授業のスライドではなく
ユーチューブでも見ているのだろう。
私の勤めるWS大学の「数学が苦手な学生向け」の授業の一風景である。

WS大の学生の質はピンキリだが、
大学の入試統計などから考える限り、
恐らくこの授業を履修している学生の典型は
米国の公立高校をごく平均的な成績で卒業した
数学が若干苦手な学生といったところだろう。

こんな体たらくで、この超大国の将来はどうなるのだろうか?
その答えは、
「大丈夫。米国のリーダーになる人間は別のところで教育されているから。」
ということになるのだろう。

米国の名門私立高校 Choate Rosemary Hall に
在学していた現役女子高生、岡崎玲子氏が書いた
レイコ@チョート校」を読んだ。
女子高生の体験談を元に書いた本ということで侮っていたが、
ほぼ全寮制のキャンパス生活や授業の様子が活き活きと
テンポよく描かれており、エクサイティングな本である。
プレップスクールでの勉強の大変さや、著者の頑張りと共に、
教員達の情熱、そして、この国のリーダーがどうやって育てられているのかが
手に取るようによく分かる本である。

詳しい内容に興味がある方には実際にを手に取って頂く事にして、
ここでは、米国の名門私立高校の教育が、
なぜそんなに手の込んだものになっているかという背景を簡単に説明しよう。

米国の私立高校には、日本の私立と大きく違うところが3つある。
1つめは、いわゆる大学入試に備える必要がないこと、
2つめは、その学校数や学生数が少ないこと、
3つめは、授業料が非常に高額なこと、である。


1.大学入試に備える必要がないこと

もちろん米国のプレップスクールも、多くの卒業生を名門大学に入学させる。
その比率は日本の名門高校ほどの比率ではないにしても、
アイビーリーグやそれと同等の私立大学に卒業生の2割程度を
入学させる学校はいくつも存在する。

しかし、名門大学の入学選考に学力考査がないという点が日本とは大きく異なる。
選考はごく易しい共通テスト(SATあるいはACT)と高校の内申書の他は、
数学オリンピックで代表になったとか、
部活のキャプテンを務めた、
スポーツの大会や音楽コンクールで優勝した、
というような「付加価値」の部分で決まる。

その結果、各高校は、
各生徒の付加価値を伸ばすためにはどうすれば良いのか、
各生徒の将来のためにどんな教育をすれば良いのか、
ということを独自に考えなければならない。
これは、経済面でも、熱意の面でも、
膨大なエネルギーを必要とする作業なのだろうと想像される。
例えば、そのためには、各分野の研究者レベルの教員を揃えて
生徒にその分野の研究の仕方を体験させたり、
海外に提携校を探して長期留学プログラムを組んだり
する必要も出てくるだろう。

もし日本で文部科学省が、
「これから大学入試を廃止するので、
各校はその信念に基づいてベストの教育をするように」と言い出したら、
東大合格率の高さが自慢の名門高校の校長も、
その大変さに途方に暮れるのではないか。


2.名門高校の数や学生数が少ないこと

上記のことを踏まえると、
そんなにたくさんの良い私立学校があるわけはないし、
仮に資金力と情熱に溢れた私立学校であっても
そんなにたくさんの学生を受け入れることができないということは
容易に想像できるだろう。

例えば、私が住んでいる富裕層の層が厚いミシガン州南東部においても
都市圏人口が500万人を超えるにもかかわらず、
特筆すべきカリキュラムを持った私立高校は、
Cranbrook, Green Hills, Detroit Country Day (*1)
の3校程度しかなく、
入学定員はそれぞれ百数十名〜二百名ほどに過ぎない。

日本の首都圏に私立の小さな進学校が20校しかない状態、
と表現すれば日本との違いを納得頂けるのではないだろうか。

(*1) Detroit Country Day の "Day"は、
寮制のプレップスクールではなく「通学する学校」
であることを敢えて表す単語である。

3.授業料が非常に高額なこと

カリキュラムを独自に組み立てるということの大変さ、
そして、数少ない資金力と情熱に溢れた学校だけが
そうした教育を提供できるという事情を考えれば、
授業料が極めて高額になることも想像に難くないだろう。

レイコ@チョート校の著者、岡崎玲子氏が通った
Choate Rosemary Hall の寮生の学費は年間5万ドルである。
もちろんこの他に、日用品や旅費、課外活動に関する経費がかかるはずだ。
高校4年間の学費は、米国の中流家庭の家が一軒建つ金額である。
上に挙げたミシガンの私立3校に関しても、
通学の場合の学費で年間2万〜2万5千ドル程度と、
購買力で見て日本の私立高校の軽く2倍以上の額となっている。


こうして見て行くと米国の有名私立学校は、
経済面、能力面の両面で恵まれた限られた子供たちだけが
通う事のできる特別な学校であることが分かる。

米国には、
本当に頭の良い子や自分から勉強してきた子以外は
生き残るのが難しい荒廃した公教育がある一方で、
こうした恵まれた環境で育ったごく一握りの人たちだけが
受けられる別の教育もあるのである。


スポンサーサイト

テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

アメリカの事務手続きの不確実さ -- このエントリーを含むはてなブックマーク

今日、移民局に提出するための書類を医師からもらってきた。
ちなみに数日前に医師の記入ミスがあったため、
昨日訂正されたものを受け取って来たばかりなのだが、
今日は何故か「もう一度準備したから受け取りに来い」という連絡があった。
結局もう一通もらってきたが、どちらを提出しても良いとのこと。
何がなんだか分からない。

書類は厳封されているのだが、
今回は内容を確認できるようにそのコピーが添えてある。
書類はレターサイズで4枚のはずなのだが、
コピーを見たら2枚目が抜けており、
全然関係ない別の人の検査結果が4枚目の後に入っている。

仕方が無いので、厳封されたうちの新しい方を開けたところ、
コピーにはなかった2枚目もちゃんと入っており、
誤ってコピーされた書類は、ホッチキスの痕跡から
新しい方だけに入っていることが推察されたので
昨日のものは問題ないと判断しそのまま出すことにした。

今回の件に限らず、米国の事務手続きの不確実さには枚挙に暇がない。

-- 勤務先の大学には出版社から教科書が届くのだが、
過去、きちんと手元に届いたのは約半分である。

-- 自宅から送受信した手紙等が、過去何度か紛失している。
紛失に気付かないことも多いから、
実際にはもっとなくなっているだろう。

-- 娘が生まれた際、子供と親の名前が地元の新聞に小さく載ったが、
親の名前のスペルが間違っていた。

-- 不動産を買う際、書類1枚の不動産契約書にはほんの数箇所しか
記入するところがないのに、不動産エージェントが頻繁に間違えていた。
しかも、購入する不動産の住所が違うとか購入者の氏名が違うなどの
重大な誤りである。

-- カナダに行って、米国に再入国した際、
入国審査官が記入したビザステータスと有効期限が両方間違っていた。
私の時はその場で気付いて直してもらったが、
知り合いは同様のケースで気付かずに次の入国の際に揉めたらしい。

-- 妻は食料品店で買い物をするとレシートをチェックするが、
しょっちゅう打ち間違いがある。
間違いを見つけるたびにサービスカウンターに訂正を依頼するが、
あまりに頻繁なため、サービスカウンターの対応が
段々おざなりになったそうだ。

一般的に言って、米国人はやることはそんなに遅くないが、
正確性は恐ろしく低い。
米国では、事務が確実に行われたかどうか確認すること、
なるべく依頼を単純化し介在する人数を減らすこと、が大事である。

電子メールやWeb上の手続き、電子商取引などが米国で早く普及したのも、
こうした事務の不確実さが理由の一つになっているのだろう。


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

日本発売前にKindle Paperwhiteで電子書籍を買ってみた -- このエントリーを含むはてなブックマーク

ついに米国のAmazonに注文していたKindle Paperwhiteが家に届いた。
米国でもこの機種はバックオーダーで数週間待ちだが、
キャンセル等も結構出ているようで予定より3週間ほど早い到着だ。

これで日本の本も米国からクリック一つで入手できるようになる。
海外から利用する際の技術的な問題とその解決策は、
こちらのサイトに詳しく解説されている。

価格は119ドル、なぜか日本より2割ほど高い。
おそらく日本ではコボとの対抗上、値段を下げるということなのだろう。
日本で売っているKobo gloは7980円だが、米国では同じ物が129ドルで、
キンドルより更に価格差が大きくなっている。
ただ一消費者の立場から見ると、この戦いは端末の価格差よりも
紙の書籍やその他の商品を合わせたサイトとしての利便性で
決まってしまうのではないかという感じがしている。
紙の本と電子書籍を別のサイトで選びたいと思う消費者は非常に少ないからだ。
米国でDVDの宅配レンタルからストリーミングに移行したNetflixを見れば、
その意味が分かって頂けるのではないかと思う。

さて、到着した段ボールを開けてみると、
パッケージは数学の専門書一冊(A5よりやや大きい)程度の大きさ箱で
中に入っているのは、本体と充電用USBケーブルのみである。
説明書もチラシも一切無い。

早速電源を入れてみと、どうやら充電済みのようで、
右上に電池の残りが6時間程度と表示される。

すぐに言語選択画面が出たので日本語を選択。

少し日本語でメッセージが表示された後、Wifi接続の設定に入る。

自宅で使っているwifiのパスワードを入れてすぐに接続できた。

次にアカウントの登録録画に移る。
どこから紐づけたのか分からないが、
自分の米国のアマゾンのアカウントが自動的に選ばれていたので
登録を解除して日本のアマゾンのアカウントを登録する。
その際、日米のサイトで同一メールアドレスを使っていると
面倒なことになるので、予めメールアドレスを変更しておいた。
問題なく登録が終了。

続いて、FacebookやTwitterとの連携画面になるが取りあえず後回し。

その後、数分のデモが始まったので適当に流す。

デモが終わると、通常画面に戻り、
買い物をしたり、アマゾンのクラウド上にある
書籍をダウンロードしたりできるようになる。

取りあえず、Oxford English Dictionary をダウンロードしてみる。
クリックすると、すぐにダウンロードが始まり10秒程度で完了した。
なお、家のWifiのインターネット接続の速度は実質12Mbps程度である。

次に、無料書籍の「蟹工船」をダウンロードしてみる。
まずは自宅のMACから注文してみると、購入後Kindle端末にも
1〜2秒で反映されて自動的にダウンロードが始まり、
1〜2秒程度で完了した。

画面サイズは日本の文庫本より若干小さいが、
余白が若干小さく設定できるため
文庫本を読んでいる感覚に非常に近い。
6インチで1024x768(推定)と解像度が高いため、
漢字を明朝で表示しても気になる事は全くないレベルだ。
戸惑った点は、画面左下に表示される番号がページ番号になっておらず、
3, 12, 22, 30, ... ととびとびに表示される点である。
どうやらデータ容量をもとにインデックスが振られているようで、
フォントの大きさによって1ページの量が変わることに起因する問題のようだ。
単語を長押しすると、ポップアップでデジタル大辞泉が出てきた。
どうやら米国で購入した Paperwhite でも日本語辞書が使えるようだ。

続けて、有料書籍を購入してみる。
なぜか実物書籍とは異なり、ワンクリックでの購入のみしか選べなくなっている。
読もうと思っていた「マネー・ボール」を購入。
同じく、1〜2秒でダウンロードは完了。2秒で500円(文庫は798円)。
電子書籍の無限の可能性を感じさせる。
紙の本と違って、読み終わったら売ってしまうということができないので、
少々高い様な気もするが、まとめ買いして結局読まない、ということが
なくなるので、案外無駄が少ないのかも知れない。

今度は、洋書も買ってみよう。
ダウンロードできるのは大抵古典なので「The Time Machine」をダウンロードしてみる。
えーっと、"expounding"って何だっけ?と思ってクリックしたら、
プログレッシブ英和中辞典が出て来た。英和辞典も利用可能のようだ。
要するに Kindle Paperwhite を買うと、1万6千冊の(英語の)洋書が
単語解説付きで無料で付いてくると言ってよい。

最後に、コミックもダウンロードしてみよう。
無料のものは今のところないようで、最安値は「せいふく!10 」という、
なんで18禁でないのかがよく分からない84円のマンガである。
84円はお買い得なのかも知れないが、何となく買う気がしなかったので
とりあえず、サンプルだけ配信してもらう。
3ページしか読んでいないが、普通に読む分にはストレスはなさそうだ。
画像を指2本で拡大することもできるが、
処理に多少時間がかかるため実用には堪えない感じである。
とりあえず、好きなマンガの新刊が出たら買って読んでみたい。

なお、米国のアマゾンだとKindle向けのゲームもたくさんあって
暇つぶしにオセロをやったりできるのだが、アマゾンジャパンのサイトには
今のところないようだ。

強引にまとめると、
液晶などに比べて圧倒的に軽くて読みやすいこのキンドル・ペーパーホワイト、
1.海外に住んでいる
2.小説を読むのが好き
3.英語学習に興味がある
4.旅先で本を読むことが多い
5.書店で買いにくい小説やコミックを読みたい
のうち一点でも当てはまる人は、まず買って損することは無いだろう。



テーマ : 新製品情報 家電・AV器機・周辺機器
ジャンル : コンピュータ

白人は米国のリーダーで居続けられるのか -- このエントリーを含むはてなブックマーク

数日前の記事だが、ニューヨークタイムズが
ニューヨーク市におけるアジア系の高校生の割合は16%に過ぎない
にもかかわらず、公立トップ数校におけるアジア系比率が6〜7割
にも達していると報じた(元記事)。

ちなみに記事のタイトルは、
"For Asians, School Tests Are Vital Steppingstones"
(アジア人にとっては、学校のテストが人生の大事な一歩なんだよ)
である。
米国の初等・中等教育が危機的な状況にあり、
学校以外でも一生懸命勉強するアジア系の独壇場になりつつあるのに
未だに危機感を抱けないアメリカ人の姿が浮き彫りになっていて興味深い。

こうした現象は、ニューヨークに限らない。
私の住むデトロイト圏北部においては、アジア人人口が6%程度である
(ただし子供に限るともう少し比率が高いと思われる)にもかかわらず、
公立トップ校への進学者数の7〜8割がアジア系である。

記事では貧しい家庭に育つ中華系の高校生の写真が大きく取り上げられているが、
実際には、経済的にも既に白人はアジア系に負けている。
6年前のセンサス局調べによると、
25歳以上のフルタイム労働者の平均賃金は、
アジア系4万2千ドル、白人4万ドル、黒人3万2千ドル、
ヒスパニック2万7千ドルだ。
米国の賃金は学歴による格差が大きいため、
現在の米国の若者の人種間学力格差を考えるとこの差は広がる一方だろう。
ニューヨークタイムズが貧しいアジア人学生を取り上げたのも、
人種間闘争を煽らないための配慮とさえ思えるほどだ。

どうしてここまで大きな教育格差ができてしまうのだろうか。
これは、日本などにおけるステレオタイプに反して、
米国ができる子供の能力を伸ばす教育をしていないことに原因があるだろう。
その結果、子供の能力よりも教育に対する文化的な違いが、
成果に如実に現れてしまっている。

ニューヨークタイムズの記事に対する関心はかなり高かったようで
白人、アジア人双方の知人が、facebookでコメントを残していたが、
そこに書かれていたことのほとんどは、
「努力は才能よりずっと大事だ」、
「弱音を吐いてないで一生懸命頑張れ」
という内容であった。

米国の初等教育では、"gifted" とか "talented" という言葉が好んで使われる。
これは、一見子供の才能を伸ばす良い教育のように思われるが、
実際のところは、「教えなくても能力が高い子」だけが
生き残れるという教育になっているのだ。

私が米国大学院の博士課程に入ってまず驚いた事は、
第一に、生粋のアメリカ人が非常に少ないということであり、
第二に、そうしたアメリカ人の学生はなかなか頭が切れるということである。
出来の悪い米国人学生も中にはいるが、
そういう学生は最初の1〜2年のうちにドロップアウトして、
本当に頭の良いアメリカ人だけが残る。
一方のアジア系はと言うと、
頭の善し悪しにかかわらずなんとか頑張って試験をクリアし
大半が卒業していく。

こういう現状を見ていると、頭の良い生粋の米国人はたくさんいるのに、
勤勉でないせいで多くの人が良いキャリアのスタートラインに立てていない
ということが、よく理解できる。

それでも、アジア系が米国を牛耳ってる感じがしないのはなぜだろうか。
これは単なる時差の問題である。
米国は米国人が足りない分野だけに優先して移民を受け入れてきた。
具体的には STEM (Science, Technology, Engineering, Mathematics)
と呼ばれるテクニカルな分野であり、
人気のあるビジネスや法律、また医療系の専門職などでは
引き続き、生粋の米国人が優先的に仕事を確保してきた。
実際、多くの頭の良い生粋の米国人は、こうした分野に進み、
苦労が多い割に実入りの少ないと考えられてきた STEM 分野を
避けているのが現状である。

しかし今後は、こうした「生粋の米国人に人気の分野」においても
アジア系が幅を利かせてくる事になるだろう。
なぜなら、今後はアジア系移民の第二世代が活躍することになるからである。
現在、米国には1千4百万人ほどのアジア系がいるが、
このうち1千万人が外国で出生した人であり、
しかもそのうち3百万人は過去10年間に米国に移民した。
近年、米国への移民が難しくなり要求される学歴水準が高くなっている事を考えれば、
これらの移民の第二世代が労働市場に
大きなインパクトを持ってくることは想像に難くない。

30〜50年後、米国の企業経営者、弁護士、医師、研究者
などの社会の指導層の多くがアジア系で占められることになる。
その割合は半数に迫るかも知れない。
しかしそれは米国にとって、
悲観すべきことというよりもむしろ望ましいことだろう。
なぜなら、世界人口の6割を占めるアジアの優秀な頭脳が
米国に引き寄せられた結果に過ぎないからだ。


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程にてPhD取得。現在、米国の某州立大准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
3位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ