スポンサーサイト -- このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【五月病になる前に】大学なんて辞めちゃったっていいんだよ -- このエントリーを含むはてなブックマーク

数日前に書いた「【大学新入生に告ぐ】大学は4年で卒業して就職しなさい。絶対にだ。」
には思いのほか反響をたくさん頂いた。
頂いた批判のほとんどはもっともであるし、
逆に思ったより賛同の意見が多かったということもあるのだが、
いま一度強調しておきたいのは私が言っているのは決して極論なんかじゃなく
大学に入る人やその親の誰もが考えておかなきゃいけない事なんだよということである。

もう20年近くも前のことだが、私は某大学の理工学部数学科に進学した。
当時の理工学部は、大学入学時に完全に学科を分ける方式を採用しており、
大学に入学した瞬間から4年間の生活が決まるという仕組みになっていた。
数ある学科の中で数学科は「極楽」と言われ、
単位の取得が最も楽な学科であるという評判であった。
実際、時間のかかる実験もなく単位の認定も厳しくないので
卒業が楽という意味ではこれは確かに正しかったのであるが、
実のところ、半数近い学生は地獄の4年間を過ごす事になる。

学問としての数学は、
高校での数学とは異なり高度に論理と様式で固められた学問である。
高校生の時に、教科書や板書に論理的な誤りがないかを丹念に
確認していたような学生なら全く問題がないが、
入試問題をパターンと認識してゲーム感覚で答えだけ出してきたような
学生には敷居が高い。

数学科に入学した学生はそのことに一年生の5月頃には気付き、
半数以上の学生は自分に数学は向いていないのだと悟って途方に暮れる。
中退して、才色兼備の美女の多い文学部にでも入り直すか?
そんな事が頭をよぎったとしても、実行する学生は一人もいない。
厳しい入試をくぐり抜けてせっかく入った有名大学を
2ヶ月で中退するなどというエネルギッシュな学生はそうそういないものだ。
辞めてしまっては親に見せる顔がない、と考える学生だって多かっただろう。
比較的ハードルの低い転科を考える学生ですら極めて例外的であった。
まだ18〜9歳の子供である。

難しい入試をくぐり抜けた人たちだけあって、
3年生くらいになるとようやく数学に独特な作法に慣れてきて
実力を発揮し始める人も結構いるのだが、
それでも半数弱の人は4年間、耐え難きを耐え、凌ぎ難きを凌ぎ、
数学の事はほとんど分からないまま
なんとか卒業して潰れることは無さそうな会社に就職する。
数学を十分に活かせるような仕事に就かない人も多い。

私はそういった数学科の友人のことを考えるたびに、
彼らにとっての幸せとは何なのだろうか、と考えさせられた。
彼らが知的能力の面で、数学が出来る学生に比べて
そんなに劣っているわけではない。
ただ進路の選び方を間違えてしまったということなのだ。

彼らがその後うまくやっているのか、と言えば幸い答えはほぼイエスだろう。
途方もない苦難に耐えて、4年で卒業して就職した人たちが
そんなに簡単にへこたれるはずはない。
しかし一方で、もし数学が向いてなかったのなら、
1年間を棒に振ってでももう一度別のことに挑戦した方が
ずっとエクサイティングな大学生活を送れたのでは
という気がしてならないのである。


スポンサーサイト

テーマ : 大学生活
ジャンル : 学校・教育

いい加減、教員を聖職者扱いするのはやめよう -- このエントリーを含むはてなブックマーク

自民党が、公立学校の教員希望者に対して、
3〜5年程度の試用期間を経てから本免許を与える案をまとめたようだ。

結論から書けば、この案が実行されれば公立学校の新任教員の質は一気に低下するだろう。

1.雇用が不安定となり就職先としての魅力が低下

公立学校といえども教員には、教科の指導能力、マネジメント能力、対人交渉力、
とかなり幅広い能力が要求される。
もちろん公立学校に問題のある教員が多々いることも承知しているが、
それでも例えば米国などと比べて、熱意と指導力のある教員が多いのは
十分な待遇を用意しているからだ。
年収も平均で700万円台半ばとごく平均的なホワイトカラーが
就く仕事としては高いし(米国の多くの州では5万ドル台前半)
何よりも教員の雇用は多くの民間企業に比べて安定している。
業務内容の変化は緩やかであるし、一年単位で区切りのつく仕事なので、
女性には産休後に復帰しやすいというメリットもあるだろう。

そこに「当初3〜5年間は試用期間」などという案が通れば、
まともな学生の多くは公立学校教員というキャリア自体を断念するだろう。
仮に9割以上の「仮採用」者が本採用に至るにしても、
わざわざ3〜5年後に「不合格」の烙印を押されて20代半ばで
放り出されるリスクを取ってまで教員になるのは特殊な人に限られる。
「民間企業の正社員はだめだったけど、派遣社員よりは安定しているから」
という学生が、新任教員の平均像となる可能性が大きい。

2.パワーハラスメントが問題化

仮採用期間の勤務成績で本採用を決めるとなると、
学校側は新任教員に対して生殺与奪の権利を持つ事になる。

例えば米国の大学教員はテニュア制度という似た制度を持つが、
これは業績が査読付き論文や、政府系グラント、学生による教育評価など
客観的な指標で測れるということが大前提となっている。

学校現場のような業績評価を主観に頼らなければならない場で同じ制度を採用すれば、
学校や他の教員はこの権利を盾に、経験と称して様々な雑務を押し付けるという
ことになりかねない。仮に大半の教員が善意で新任教員に接したとしても、
インセンティブがある以上、必ず一部の学校ではこの問題が起るだろう。

米国では、公立学校の給与水準が低い事から小中学校の教員は事実上
ピンクカラーと呼ばれる女性が主に就く職業となっているが、
今回提案された制度の下では、試用期間中に産休を取ることに対する
ハードルが高くため、女性からの人気も落ちるだろう。

3.現職の問題教員対策にならない

教員に関する改革に関しては、他の労働問題と同様、必ずと言っていいほど、
既得権者への不利益を避けて新参者が負担を被るかたちで意見がまとまる。
免許の更新制にしても、教育系大学院にしても同様だ。

今回の案はその最たるもので、現存する問題教員の問題を全く解決しない。
平均的な教員が、35年間勤務するとすれば、排除できる問題教員の数は、
全体の35分の1しかいない新任教員の数パーセント程度ということになる
だろう。ある市に1000人の教員がいるとすれば、せいぜい年に
1〜3人程度の「教員に向かない人」を排除できるにすぎないと思われる。
しかも、わずかな問題教員は排除できても上で述べたように
人材の平均レベルは下がる可能性が極めて高い。

効果は非常に限定的であるし、明らかな問題教員を排除する目的であれば、
教育実習の評価を厳しくすることで十分に対応可能なはずだ。
民間企業の採用と異なり4週間も実地での研修が義務づけられた特殊な職種に、
わざわざ試用期間を設ける意義は正当化できない。


-----

結局のところ、どこの国のおとぎ話か分からないようなこんな不思議な案が
えらい議員先生たちから出てくるのは、
教員は特別な存在であるという誤った固定観念によるものだ。

今回の案を、一般企業、例えば業績不振に陥っているパナソニックかどこかに
置き換えれば、いかに異様な提案であるかがお分かり頂けるだろう。

「業績回復のために社員改革を実施する。問題社員の排除が目的だ。
現在の正社員に特に変更はないが、今後の新卒社員の採用に当たっては
当初3〜5年間を試用期間とし、勤務成績が良好な者のみ正社員として登用する。」

優秀な学生は誰もパナソニックに来なくなるのは、火を見るより明らかである。
月曜日のパナソニックの株価も暴落だ。

今回の提案がパナソニックの例と違うのは、教員の人材価値は株式市場で
取引されていないので暴落が観測できないという点だ。


公立小中学校の教員はじかに子供の成長を助けるという意味でやりがいのある仕事だが、
ストレスレベルも高く、自由度が高い仕事ではない。
勤務条件を大幅に悪化させれば、
志望者が大幅に減少するか、人材のレベルが下がるかのいずれかだ。

現状の雇用制度まで無視して、ステレオタイプで不自然に厳しい制度を
作ったところで、教育は静かに崩壊に向かうだけである。


(私の教育実習を担当した先生が書いた本。)


テーマ : 教育
ジャンル : 学校・教育

【大学新入生に告ぐ】大学は4年で卒業して就職しなさい。絶対にだ。 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

日本の四月は、桜が咲き、
たくさんの新入生や新入社員が新しい環境で勉強や仕事を始める特別な月だ。
私は、多くの人が将来に希望を膨らませて何かを始めるそんな日本の四月が好きだ。
自分が小学校、中学、高校、大学、大学院に入学した日のこと、
初めての職場に入社した日の事を昨日のように思い出す。

私はいわゆる日本でサラリーマンをやってから
いまは米国で博士号を取って大学教員をしているのだけど、
何でそんなに変則的なキャリアになっているのか、
少し書いてみたい。

書いてみようと思ったきっかけは、「発言小町」の次の投稿だ。

大学新入生に「お金が要らないのはあと4年」と告げること(By 高校生の父)

長男がこの春大学に入ります。
そろそろ自立させる準備にかかろうかな、ということで、妻と話し、
以下のような条件を息子に提示しようかなと思っています。

妻との間では、「妥当な条件になっているのではないか」
という結論になっていますが、一般的に見てどうかな?
と不安もあるのでご意見を頂きたいです。

(1)今から4年間は学費・生活費ともに親が完全に負担する。

(2)正当な理由なく留年して学生生活が5年目に入る場合、
その後の学費の半分は自分で働くなどして負担すること。

(3)留学や院進学などで学生生活を延長することは可能だが、
その学びが必要なものだということを親にプレゼンして納得させることが条件。

(4)学生生活が終わっているか否かを問わず、我が家に無料で住めるのはあと4年間。
5年目からは月3万円の家賃兼食費を徴収する。なお家賃兼食費はその後1年ごとに
月1万円ずつ上昇していき、上限はない。
(5年もすれば、自分でアパートを借りたほうが安くなるという設定です)

大学に入学する時点で息子に提示する条件として、いかがでしょうか?


皆さんは、この投稿を読んでどう思われただろうか。

私は「こんな親ばかりだから若者が萎縮するんだな」と思った。
投稿した人は4年で大学を出た典型的な大卒サラリーマンにまず間違いない。
1930代半ば〜60年代に生まれた日本人の多くは、
極めて安定した社会の中で真面目に勉強して進学、就職をし、
身を粉にして働くのと引き換えに会社の手厚い保護を受けて良い生活を送ってきた。
自営業や大学研究職のようなイレギュラーな職業に就いていた人を除けば、
今もなおそうした人生を当たり前のものと受け止め、
無意識のうちに子どもにもそうなって欲しいと願っているのだろう。

私も、モーレツサラリーマンと専業主婦に子供二人という
典型的な昭和のサラリーマン家庭で育った。
大学に入学する前から数学者になりたいと思ってはいたけれども
同時にそれはイレギュラーなキャリアなのだという意識はあったし、
大人になるにつれ、とびきり優秀でもない自分にとって
それが非常にリスクの高いキャリアなのだということも
認識するようになっていった。

先輩の院生から、
「現在の数学系研究職のジョブマーケットは求人倍率0.05倍
(つまり20人に1人しか就職できない)らしい。」
などと言う話を聞いたり、
博士課程の院生が仕事を見つけられずに苦しんでいるのを見て、
「もちろんキャリアは自分の努力次第だけれども
仮に頑張ったところで上手く行かなければ大変なことになる」
と思うようになった。

私は大学院で落ちこぼれて専門分野に対する興味自体を失っていったが、
分野を変えたり環境を変えたりして何とか踏みとどまろうというエネルギーが
湧きおこらずに、ともかく新卒カードを切れるうちに就職してしまおうと思ったのは、
自分が育った家庭のように経済的に何の不安もない豊かな生活を送りたいという、
まわりから無意識のうちに刷り込まれた価値観とプレッシャーが大きかった。

そして実際にめでたく良い職場に就職し、親元を離れ、
忙しくて楽しい充実した社会人生活を送ってみたものの、
結局、経済的安定や社会的地位なんてものは自分をそれほど幸せにはしないようだし、
キャリアに関する悩みはいつまでも消えないのだということに気付いて
もう一度分野を変えてやってみようと思い直したというわけだ。
博士を取った時には、大学入学から実に16年が経っていた。

もちろん、私は大学を4年で卒業したからこそ、
修士を取り、良い職場で経験を積み、留学して大学院に行き直すことができたと
言えない事もないし、別に好き好んで1年間遊んでいたこともない。
しかし大学を卒業して15年経ったいま、
少なくとも大学を4年で卒業すること、修士を2年で取ること、
に大して意味はなかったのだなと感じる。

若さ溢れる大学新入生には、
「大学は4年で卒業して就職しなさい。絶対にだ。」
という両親に対して、
「俺は大学でこれからの事をじっくり考えるんだ。
何年かかるかなんてわかんねーし、辞めるかも知んねえ。
大学は実家から1時間だけど自由に考えたいから一人暮らしさせろ。」
と言い返せるくらいのエネルギーが欲しいところである(※)。

※ ただし裕福な家庭に限る。



テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

アメリカ就職活動〜主婦編・・・(9完) -- このエントリーを含むはてなブックマーク

ついに採用通知が来た!
この日記は過去に遡って書かれているので勤務は3月の初めからである。
仕事を探し始めてから、ほんの2〜3週間ほどだろうか。
驚くほど早く決まったというのが正直な感想である。
むろん本人の実力もあるだろうし、運や巡り合わせもあるだろう。

また、後から知ったのだがよく拝見しているブログの記事によれば、
中西部は日本から多数の製造業が進出している一方で日本人人口が少なく、
労働市場における日本人の需給がタイトなのだという。

確かに、ニューヨークやロスが好き!という日本人ギャル()はたくさんいるが、
「デトロイトが好き!」というギャルは私の知る限り一人も存在しない。
確かに中西部の冬の天気は極めて冴えないし
シカゴを除けば町自体も冴えないところが多い。
しかし思わぬところに日本人にとってメリットもある中西部なのである。



ふと「もし自分たちが日本に住んでいたら」ということを考えた。
就労経験4年、ブランク9年、7歳の娘の子育て中の妻が、
今回のような仕事につけたのだろうかと。
もちろん日本の正社員のように雇用が保証されているわけではない。
しかし、そのあたりに他の人と違う環境に身を置くメリット、
そしてアメリカ社会の懐の深さを感じた。

妻はまだ働き始めたばかりでこの先どうなるかは分からないが、
せっかくのチャンスをなるべく活かして欲しいと思う。

娘「パパ、仕事って変えることもできるの?」

私「いつでもできるよ。」

娘「じゃあ、次に働く時はパン屋さんがいいね!」


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

アメリカ就職活動〜主婦編・・・(8) -- このエントリーを含むはてなブックマーク

採用の可能性が出てきてから、日常生活のフローを考えた。
妻も私も、今までのように気楽にやるという訳には行かないだろう。

米国は共働きが多く、一見共働きに暮らしやすい仕組みのようだが、
12歳以下の子供は一人で留守番させることができないし、
子供が運転免許を取るまでは移動には必ず親の車が必要だ。
保育所の料金も概して日本よりも高い。
決して共働きをしやすい環境ではないのだ。

ミシガンは田舎なので、地元出身の人は大抵親戚が近くにいて、
祖父母に子供を預けて働いたりしている人が多い。
信頼できるベビーシッターを探すにもコネの厚さが違う。
地方から東京に出て来た家族同様、
外国人には特に共働きのハードルは高いように思える。

しかし、とりあえずは私の大学の授業は4月で終わるので、
4月を乗り切ればなんとかなる。

妻が応募したポジションの勤務時間は8時半から午後5時。
通勤は片道10分強、残業は私が休みの時期を除けばあまりないようだ。

娘の学校は9時〜午後4時、
その他に、木曜はピアノに、金曜は水泳に行っている。
土曜日は朝から夕方まで補習校だが、
これは、私が娘を送って近所の図書館や喫茶店で
補習校が終わるまで仕事をするということでこれまで通りだ。

私は今学期、月・水が朝から夜まで大学、金曜日は午後1時半まで大学、
火・木は石油資源保護のため、遠い職場には行かずに
近所の喫茶店などで仕事をしている。

ということで、朝は私が娘をバス停まで送っていき、
その足で月水金はそのまま大学へ行くことに。
夕方は、月・水は学校の学童保育所で預かってもらい、
妻が午後6時までに向かいにいく。
これは有料で一日2時間で9ドルくらいである。
火・木・金は、私が近所のバス停まで迎えに行き、
ピアノや水泳に送る事に。

学校の春休み期間中なども共働き世帯のために、
大抵は小学校のチャイルドケアがある。
これはT市の場合、一日33ドル。

やっかいなのは、学校が休みになった時などだ。
こちらの公立学校は完全に腐敗していて、
雪がちょっと多く降るとすぐに休校になる。
先生が「私、スノーデー(雪で休校)が好き」などと言わば
「公式ずる休み」を宣言しているようなありさまだ。
私の勤める大学も遠距離通学者が多いので休校は多い方だが、
それでも閉まるのは娘の公立学校の半分から3分の1くらいである。

そうした時のために、
働く事になったら民間の託児所に登録しようと言うことになった。
あくまで、非常時のためのプランなので使うのは年に2〜3回だろう。
値段は公立学校のチャイルドケアの2倍近いが、
過去10年で1回だけしか閉まっていないそうだ。
ちなみに閉まったのは、エリアが停電した時である。

子供が病気の時は、曜日や状態に応じて、
いくつかの対策を考えておいた。

家事分担は、妻がこれまで娘の面倒を見るのに時間をかけてきたので、
それを全面的に私に見て欲しい、と言うことになった。
まあ、私の方が妻より感覚が子供に近いし(笑)良い案かも知れない。
幸い、娘は日英とも本を自分で読めるようになったし、
宿題の内容も写真を貼ったりするようなものは減って
アカデミックなものになってきたのでそれほど大変なことはない。

う〜ん、とりあえず生活は回りそうだ。


『さあ海外で働こう』


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

アメリカ就職活動〜主婦編・・・(7) -- このエントリーを含むはてなブックマーク

電話は日本人役員との面接だったようだ。
日本時間と米国東時間を勘違いしていて、
半日ほど早く不意打ちにあった模様だが取りあえず無事終了。

ほどなく、本社にて面接を行う旨の連絡が入る。
これでショートリストに入ったということなので、
選考に残っている応募者はおそらく3〜4人だろう。

妻「本社で試験だって!どうしよう。」

私「特に英語で話す時のために、挨拶と短い会話を考えておいた方がいいね。
  なるべく自分の得意なトピックに引き込むんだ。
  だめでもいい経験になるだろうし、まあ取りあえず頑張りなよ。
  それにしても近いよねえ。
  僕がシンガポール行ったときなんてほとんど1週間がかりだったけど
  今度の面接は、車で10分だもんなぁ。
  一日中、採用担当と話さなくていいのは楽だね!」

ーーー

実際には試験は日本の入社試験のような国語と数学の試験だった模様。
奴は、どちらかというと、国語より数学の方ができるような気がしていたのだが、
オペレーション・リサーチっぽい問題をどうやら間違えたらしい。

あ〜あ、ああいう問題って問題設定を誤解すると間違えちゃうんだよね、。

あとはどうなるか結果を待つしかない。


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程にてPhD取得。現在、米国の某州立大准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
4位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。