米国に住む日本人小学生の生活 -- このエントリーを含むはてなブックマーク


日本の小学校でも外国語活動が必修科されるなど英語学習熱が高まっている。日本人にとって言葉の構造や音が大きく違う英語の学習はなかなか難しい一方で、英語圏からの帰国子女は、英会話がうまかったり、海外の一流の大学や大学院に合格しやすかったりと、羨望の眼差しで見られることも多い。しかしながら、日本語と英語の両方を習得するためにはそれなりの労力がかかっていることもまた事実だ。そこで、米国在住の日本人小学生として、おそらくごく標準的な生活を送っている、小学2年生の娘の普段のスケジュールを紹介したいと思う。

現地の小学校は月曜日から金曜日までで、午前9時から午後4時までの授業だ。娘の場合は、月曜から木曜までは、その後5時半頃までいわゆる学童保育で友達と遊ぶ。日によっては、学校で催されるお絵書き教室やサイエンス教室などの課外授業などがある日もある。宿題は、今はまだ年度初めのため、ごく簡単な計算プリントを1日1枚、それに加えて、週1回二十くらいの単語を使った英作文と書き取りが出ている程度だ。今後は、1日20分の読書とか、「冷蔵庫にあるものを書き出そう」といった簡単な課題が加わることになるだろう。宿題は、主に月曜から木曜日に出るため、週末にやるものはほとんどない。ちなみに、娘の小学校は少なくとも4割がバイリンガルだが、少なくとも読み書きの能力において、バイリンガルの生徒の学力は、英語のみの子よりも平均すると少し高いように思う。

平日の夜は、夏なら私と散歩に出かけたり、それ以外の季節であれば、家でボードゲームをしたり、日本語や英語の本を読んだりして過ごす。英語の本を読む時間を除けば、生活は全て日本語だ。娘が英語で話しかけた時は日本語に直させる。先日、娘が「でも、ここはアメリカでしょ。」と言うので、「家の中は日本だ。よく覚えておけ。」と言っておいた。妻の実家にSlingboxを設置してもらい、録画した日本のテレビも見れるようにしてあるが、操作性の問題や、回りに日本のテレビを見る人がいないせいで、なかなか気が向かないようだ。

そのほか、金曜日はピアノを習いに日本人のピアノの先生のところへ行っている。米国の小学校では音楽の授業で楽譜を読ませないことも理由の一つだ。毎日少しずつ練習するという習慣も大事だろう。また、学童保育に行く日数が少ない学期は、水泳教室に週1回行っていたこともあった。

土曜日は、車で40分ほどの距離にある日本語補習校に通う。授業は午前8時55分から午後3時15分までだ。国語が3時間に算数が2時間、それに音楽や課外活動が1時間という構成のようだ。あいにく家から離れているので、私は娘を車で送ると、近くの喫茶店や図書館で仕事をして時間をつぶし、そのまま娘を迎えに行く。放課後に、図書室で日本の本とマンガを借りる。海外で日本の本を入手するのはコストが嵩むので、これはありがたい。娘にとって家族以外の日本人の子と触れ合えるのは補習校だけなので、その後は、なるべく友達と遊ばせるようにしている。ついつい私も子供と一緒に遊びたくなるが、子供に社会性をつけさせるためと思い、最近は他の子のご両親などと話すようにしている。娘も友達もなかなか楽しいようで、午後5時近くまで遊んでいることも多い。それでも中々帰りたがらないのが常だ。家に着くと午後5半頃になる。

日曜日は、補習校の宿題をやる日だ。国語と算数だけとはいえ、1週間分を1日で学習する上に、普段も日本語に触れる機会は少ないので時間がかかる。休憩時間を除いて3〜4時間くらいはかかっているだろう。算数はすぐに終わるが、熟語や作文などは、やはり時間がかかる。作文は親の助けもそれなりに必要である。日曜に予定がある週は、土曜の夜や月曜にも宿題を割り振る。

なお、日本語補習校は、他言語の補習校に比べ時間が長いことが多いようだ。中国語、韓国語などの補習校は土曜日に半日で終わるというケースが多い。というのも他言語の補習校が、米国への永住者を対象にしたヘリテージ教育の側面が強いのに対し、日本語補習校では、将来日本へ帰国することを前提としたカリキュラムが組まれていることが多いためだ。

以上のことをまとめると、米国に住む日本人の小学生は、英語で週5日、日本語で週2日勉強し、足りない分は本を読んでなんとか補うという感じだろうか。大雑把に言って、2つの言語を完全に習得するには2倍の学習時間が必要だ。ただし数学や科学的な知識をはじめいわばメタレベルで理解する内容については、一つの言語で学習すれば内容を他言語にも転移させることができるので、それぞれ本来の7割くらいの時間で、なんとか両方身につけるというイメージだろう。それでも、小学4年生にもなれば、完全に両方とも学年相応のレベルでついていくのは相当大変になるようだ。

英語圏の大都市に住む日本人の子どもは、他言語教育の環境に恵まれている。言語ごとに完全に別の環境を作って学ぶことができるからだ。しかし、だからといって、二言語を学ぶ労力が小さいというわけではないという事は、米国で育った日本人や帰国子女と接する全ての日本人に理解して欲しいと思う。

あとがき

実は、この記事を書こうかどうかしばらく迷った。というのは、在米日本人の方や英語圏で子育て経験がある日本人の方にとって当たり前のことしか書けないからだ。それでも、やはり、そうではない全ての方に事情を知って頂きたいと思い、書かせて頂いた次第である。


スポンサーサイト

テーマ : 海外の子育て
ジャンル : 海外情報

共働きをゆるく考えよう -- このエントリーを含むはてなブックマーク


ここ数年、イクメンがどうだとか、育休を延長するとか、
共働き夫婦がキャリアと子育てをどうやって
両立して行けばいいのかの議論が盛んだ。

社会的、制度的な面に目を向ければ、
保育所の待機児童問題、産休の問題、
長時間労働の問題、子供が病気になった時の問題、
時短や残業不可などによる職場への影響の問題、
と一朝一夕には解決できない問題がたくさんあることはすぐに分かる。

こうした問題の中には、日本独特の問題もあるけれども、
それでは、共働きの多いアメリカなどと比べて
日本の育児環境の方が障害が多いかと言えば、
必ずしもそういうわけではない。

例えば、保育所の待機児童問題は日本独自だけれども、
一方で米国のプリスクールや託児所の保育料は桁違いに高いし、
私の住んでいるような典型的なアメリカの地方都市では、
午後6時半以降も子供を預かってくれる託児所は皆無だ。
また、子供との移動は車社会の米国の方が楽だが、
学校や習い事も全て送り迎えが必要な車社会は
親にとってはとても大きな負担だ。

それでは、日本で制度面や社会的な問題に対する不満が
こうもたくさん上がる理由は何なのだろうか?
私は、結局のところ、制度的な問題そのものよりも、
日本が「融通の効かない社会」「余裕のない社会」
になってしまっていることが問題を大きくしているように思う。

共働き世帯のスケジュールがタイトであるにしても、
生活がうまく回るかどうかは、普段の予定よりも
イレギュラーな事が起こった時に本人と周囲がどれだけ
柔軟に対応できるかが肝だろう。

アメリカは、制度的には子育てについて不便なところも多いが、
「子供や家族の事は大目に見よう」という社会の雰囲気が
問題を軽減しているように思う。

例えば、米国のいくつかの州には3月にグッドフライデーという
小中高校は休みになるのに大学は休みにならないという祭日が一日あるのだが、
その日は多くの大学教員が子供を連れて大学に来て、
授業にまで連れて行ってしまう人も珍しくない。
子供のいない教員も、たくさんの子供を見て、
「今日は子供がたくさん!こんな日は、大学も休みにすべきだよ。」
などと雑談しているくらいだ。
私も娘を連れて大学に行き、授業の間は知り合いの院生に頼んで
私のオフィスで子守りをしてもらった。
子供にとっても、たまには親の職場に来てみたり、
知らない大人と二人で1〜2時間過ごすという経験は
プラスにはなってもマイナスにはならないだろう。
授業に限らず、昨年夏にセミナーに訪れたゲストスピーカーは、
10歳位の娘を連れて来て、自分の講演の間同じセミナー室に座らせていた。

もちろん、そうした特殊な日に限らず日常的にも、
困った人がいたら助けようという人が多い。
先日、数日の間、どうしても夜間の授業のある日に
娘の面倒を見なければならなくなった事があった。
学科のメーリングリストで手伝える人を探したところ、
すぐに子守りをしてくれる学生や事務員が見つかったのだが、
心配した知り合いの教授(full professor!)が
「僕が見ててもいいよ!」と言ってくれたほどであった。

大学以外の多くのホワイトカラーの職場にしても、
繁忙期の残業や子供の病気の時だけでも
子供を職場に連れてきて置いておくことができれば
助かる人はたくさんいるのではないか。

ベビーシッターを頼むにしても、
ベビシッターにも予定外の事がいろいろ起こるわけで、
都合が付かなくなった際に別のプランがあるかというのは重要だ。
その時に、いざとなれば職場に連れて行けばいいから、
という手段があるのとないのとでは全然安心感が違ってくる。
オフィススペースが限られている日本ではあるが、
例えば広めのキュービクルを1つ作っておいて、いざと
いう時にはそのために使うとか、そういうユルいプランBを
作っておくというのは悪くない案ではないか。
また、普段は在宅勤務不可の職場でも、
やむを得ない事情の時は融通を利かせて自宅での仕事を認めれば良い。

そもそも今日では、
簡単な業務を除くほぼ全てのホワイトカラーの仕事はイレギュラーなものだ。
どうしても、不規則な時間帯に仕事が入ったり、
特定の時期に業務が偏ったりする。
一方で、人と会わない時間に職場にいなかったからといって、
業務に支障が出るわけではないことが多い。
朝8時に子供を預けて、9時から5時まで仕事、6時に子供を迎えに行く、
などという典型例を元に各種の制度を決めたところで、
頭脳労働者の共働き世帯にはあまり便利にはならない可能性が大だ。
硬直的な物事の考え方では、費用ばかりが嵩んでいく。

工場や単純業務が海外に移り、日本の人口は減り始め、
物理的にも日本の街にはゆとりが出てくる時代だ。
当の共働き世帯もそれを支える社会も、
共働きの子育てをもっとゆるくとらえることが、
これから多くの問題をスムーズに解決する鍵になっていくのではないか。



テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程にてPhD取得。現在、米国の某州立大准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
4位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ