日本の大学・研究機関には研究者向け英語支援が必要 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

先日、理研の小保方晴子ユニットリーダーが採用される際、特例として英語での公開セミナーが実施されず日本語の質疑応答だけで済まされた、と報じられた。この報道には「やはりか」と頷かされた。

1.小保方氏の不正疑惑は2つの問題に分けるべき

小保方氏の論文に様々な不正が疑われていると報じられているが、少なくとも2種類の不正があるように思う。第一に、画像を初めとする実験結果の捏造が疑われている問題、第二に、博士論文・学術論文における剽窃の問題である。これらを一緒くたにして、研究者としての資質や経験、姿勢の問題として考えてしまうと、問題の本質を見失う。

ここでは、小保方氏の英語面接問題を機会に、第二の問題に焦点を当ててみたい。確かに、少なくとも自然科学分野において第一の問題が主要であることには間違いないが、不正の有無に関して厳密に評価することはたった一本の論文でさえ極めて困難であるし、今後の予防策にしても、最終的には研究者個人の academic integrity に期待せざるを得ない側面が大きい。一方で、第二の問題については、英文執筆という技術的で日本特有の問題を含む、不正の有無をはっきりと判定できる、システマティックな対策が取れる、という点でより建設的な議論が可能である。また、この問題は、日本特有の問題を含むため一国のアカデミアの評判に結びつきやすいという点でも、注目に値する。

2.コピペの根本的な原因は何か?

小保方氏の博士論文の導入部には、米研究機関NIHのホームページにある一般的な説明を引用せずにそのままコピーした文章が見つかった。その後、私は「こうした問題は、米国のアカデミアでも一般的なものなのか?」という質問を日本人の知人から何度も受けた。

その時の私の答えは「おそらく、米国では同様の問題はかなり少ない」というものだ。もちろん、問題はどの国にもあるだろう。米国にはディプロマミルと呼ばれる偽の博士号を出す大学まで存在しているのだから、コピペ程度の問題が存在しないはずがない。しかし、私はこのコピペ問題は、基本的には科学者としての資質というよりも英語力の問題であると思っている。

例えば、英語を母語とする博士課程の院生が博論の導入部をNIHからコピペしようと考えたとしよう。全文そのままコピーしたのでは、不正検知ソフトに見つかるかも知れないし、論文の審査委員に剽窃を指摘されるかも知れず、とてもリスクが高い。一方で、複数の出所から良い部分を取ってきたり、文章を自分の言葉で置き換えたりすることなど、英語を母語とする人には大した手間ではない。つまり、そのまま全部コピペすることは、かなりいい加減な人にとっても、割の合わないリスクを取ることなる。そんな人が多いとは、とても思えないのだ。

3.日本のアカデミアはどう対処すべきか?

それでは、日本人の研究者ももっとみっちり英語を勉強すべきかというと、私はあまりそうは思わない。人が持ってる時間は有限であり、ネイティブスピーカーなら誰でも話せる英語に時間をかけるよりも、その人にしかできない研究に集中した方が生産性が高いからだ。問題となっている小保方氏の英語面接省略にしても、結果としては凶と出たが、本当に価値の高い研究者がいたなら、英語が苦手というだけで採用しないのはあまりに勿体ないだろう。

望ましいのは、日本にいる研究者が英文執筆を指導してもらえる仕組みを、大学内なり複数大学の連携で作ることだ。米国の大学ですら、大学図書館などが主体となって、研究者により良い論文の作成をアドバイスするライティングセンターが設置されているのが普通だが、日本では研究者向けのサービスは少ないようだ。英文執筆に不安をかかえる人が多い日本の大学では、こうしたサービスの効果は非常に大きいはずだ。特に、社会科学や人文科学の分野において、日本の大学の評価が全般的に高くない大きな理由の一つは、英文執筆の技術が雑誌掲載の可否を左右する、という事であろう。

「大学の研究者が "英語の先生" に英語を添削してもらうなんて情けない」などと世間には思われるだろうが、在米の日本人研究者でさえ、論文にネイティブチェックをかけてもらうのは全く珍しいことではないし、私も、例えば経済系など文章力が重要な雑誌に投稿する際にはネイティブチェックをしてもらうことが多い。しかも、実は米国にいる場合ですら、意外に "英語の先生" を探すことは難しかったりするのだ。一線級の研究者には頼みづらいし、分野外の人ではネイティブと言えども正しく直す事ができない。以前ある知人が、英文学の専門家に統計学の論文を直してしてもらったところ、とても洒落た文章になったが、レフリーから「統計学の論文は小説ではない」とリジェクトされてしまった、などという笑い話もある。結局、同じ分野の旧来の知人とか、分野が近くて比較的優秀なネイティブの大学院生を見つけて頼む、という結構面倒なことになるのである。

翻訳業者に頼む手もあるが、料金は非常に高いし、満足な結果が得られないことも多い。そもそも、書かれた文章を100%理解することは書いた人以外にはできないわけで、論文を丸投げして直してもらうのではその精度には自ずから限界があるのだ。機密保持契約はあるとはいえ、機密保持の観点からも不安がある。

それでは具体的に、どうすれば英文執筆支援の仕組みを整えられるだろうか。例えば、英語圏から博士課程の学生やポスドクを数年契約で受け入れて、勤務条件の中に、専門分野の英文指導を入れれば良い。海外の一流の研究者を日本の大学にパーマネントに招くことは非常に難しいが、博士課程やポスドクの若手であれば、金銭的な条件と十分な研究環境さえあれば、数年間来てもらうことは現実的なのではないか。

そもそも、多くの政治家や文科省の役人、そして多くの一般人が頭の中に描く大学の国際化というのは、何も、日本人研究者より一本でも論文の多い中国人や韓国人研究者に日本の大学を席巻させることではないだろう。それは、今ある日本の大学が、学問の中心である英語圏のコミュニティーと十分に連携を保てるようになることなのではないか、と私は思っている。そうした観点からは、上で述べたような仕組みを作ることは、むしろグローバル化の本来の目的に沿っているし、論文の増加を通じて日本の大学のランキングを上げることにも、もっとも直接的に貢献するだろう。


4.事態の改善を阻む、政府と大学のメンツ

なぜ、こんなに良いことずくめの改革が進められていないのだろうか。むろん、直接的には、どこから予算を持ってくるかかという問題がある。政治的には、大学の最大の顧客である学部生にあまり恩恵がないので、有権者の賛同が得にくいという面もあるだろう。しかし最大の問題は「大学の研究者が "英語の先生" に英語を添削してもらうなんて情けない」という世間体の問題ではないだろうか。「海外から一流の研究者を招聘し、世界で通用する大学へ」といったスローガンの方が「英語苦手だから米国人のポスドクでも雇ってなんとかして(泣)」というよりも、圧倒的にカッコいいし、プライドも維持できる。

しかし、地盤沈下の危機にある日本の大学にとって、いま必要なことは、より地に足が着いた政策を実施することではないだろうか。


スポンサーサイト
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程にてPhD取得。現在、米国の某州立大准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
3位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ