日本からの留学生の減少 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

最近日本からの留学生が減っている印象がある。
それは実際統計にも表れていて、1999年には日本の留学生は
約46,400人で一番大きな勢力だったのだが、昨年のランキングは、

順位 国名 人数 前年比
1.インド 94,563 (+13%)
2.中国  81,127 (+20%)
3.韓国 69,124 (+11%)
4.日本 33,974 ( -4%)
5.カナダ 29,051 ( +3%)
6.台湾 29,001 ( -1%)
7.メキシコ 14,837 ( +7%)

(出所: Institution of International Education)

となっていて、ここ9年間で約27%も減少している。
一番の原因と考えられるのは日本の少子化で、
例えば各時点での20歳の人口を比べてみると
1979年生まれが164.3万人で、1988年が131.4万人なので
約20%の減少している。

しかし少子化要因を除いても、8~9% 程度減少して
いることになる。グローバル化が進んでいる現在、むしろ
留学する人の割合は増えてもいいはずで、やはり日本の
留学生は、減少傾向にあると言ってよさそうだ。

昨年の東洋経済の記事では、「日本の成熟化」や「アメリカ
での娯楽の少なさ」が原因とされているが、私にはかなり
疑問である。そもそも、1999年と2008年を比べると、日本の
経済的地位は相対的に下がっているし、日本国内での娯楽は
むしろ内向きになっている。
やはり、日本の経済的地位低下や世界への関心低下
留学生数を押し下げていると考えるほうが自然だ。

例えば、2000年に円高だった時点(1ドル102円)と比べると、
日米のインフレ率には差があるので、現在の為替レートが
1ドル=80円程度になっていなければ同じ購買力にならない。
為替は常に変動するが、今、日本経済が1ドル=80円で正常に
機能するかと言えば恐らく無理だろう。これが経済地位低下
の現実であると思う。94~95年頃と比べれば更に違いは
明白となる。


博士課程の留学事情
はどうだろうか。
説得力のある統計はないが、実感としては日本人のプレゼンスは
上の統計に表れるよりはるかに小さいように思う。
経済的視点から考えても、
日本はインド・中国に比べて経済的に圧倒的に豊かなので
親からの資金援助を元にした語学留学や学部留学の割合が
高いと考えられる。

しかし、博士課程に関して言うと、減少率はともかく、
日本の留学生が少ない原因はそれだけではないと思う。

日本社会は博士号に対する評価が非常に低い。
理学系や社会科学系の博士など取ってこようものなら、
まともな就職すらままならない。
新卒一括採用主義(しかも原則25歳まで)という
日本の特殊な雇用慣行が原因であろう。

上位3カ国の学生が、アメリカで就職しても良いし、
母国に帰ればかなり良い待遇の職を選べるのに対し、
日本人留学生は(一部の社会科学系を除き)コネがないと
日本での就職が厳しい、というなんとも不利な立場に追い込まれる。
この点に関しては、他国の留学生にはなかなか理解してもらえない。
また、米国での就職にしても、小学校から英語で勉強している
インド人等に比べた場合の語学力でのハンディはいかんともし難い。
こんな理不尽な状況では、留学生が増えないのは仕方ないだろう。

博士課程における日本人の少なさは、
日本より資金が豊富な生命科学系のポスドクや、
先端の医療を学ぶための医師の研究留学などが多いこと
と比べると対照的である。

UCLA出身のK東大教授は、
「別にアメリカがなんでもすぐれているとか,
みんなでこぞってアメリカに行くべきだとかはちっとも思いませんが,
一般的に言って日本の数学の学生でアメリカに留学する人はあまりに少な過ぎで,
もう少したくさん行った方が本人のためにも日本の数学のためにもいいと思います.」
と書いている。正にその通りで、これは他分野にも大抵当てはまると思う。

応用分野や日本が出遅れている分野であれば、
なおさら現地に行って他国の研究者と交流することは必要なはずだろう。
日本がはやく社会構造的な障害を取り除いて、
活発な人材交流を促進することを願ってやまない。
スポンサーサイト


テーマ : アメリカ留学
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

隣国のカナダ以外は自国の大学のレベルが低いんですか?
少なくともヨーロッパは多くないようですね。
日本のどら息子、娘の数が不況の関係で減ったとも考えられるのではないでしょうか
私の分野の場合、アメリカなんぞに行ってもしょうがないように思います。

No title

ちょっと今読む時間は無いですが他の国の事も書いてます(2006年)。

http://www.eua.be/fileadmin/user_upload/files/newsletter/International_Student_Mobility_-_Patterns_and_Trends.pdf

apeescape

>apeescapeさん:
手違いでコメント消してしまいました(FC2のバグだと思うのですが、、)。再upします。
---
僕の元ルームメートが中国人のPhD Candidateだったんですが、アメリカの(pre-高校はともかく)大学は母国のよりも良いと言ってました。

母国に帰っても就職しやすいとういうメリットの上にアメリカの大学は入りやすいんでしょうかね。他の国(ヨーロッパ、日本など)への留学データはどうなのでしょうか。

No title

>足立さん
自国の大学のレベルは留学するかを決める重要なファクターの一つですね。日本の理工系に関しては、この点で留学の必要がある分野は少ないと思います。ただ、卒業後の進路というのがもう一つの重要なファクターだと思っています。そのうちまた触れたいです。
また、需要サイド(留学生が欲しい国)の事情を考えると、また面白い点が見えます。この点もそのうち書きたいです。

No title

>apeescapeさん:

面白いレポートを教えていただきありがとうございます。

まだ詳しく読んでませんが、各国で発展途上国からの留学がかなり増えているようですね。受け入れ側から見ると、留学生には、観光客としての側面と、卒業後の労働力としての側面があると思います。もし後者の側面で構造変化が起こっているとしたら、非常に興味深いです。

No title

 しかし、このデータ、全くのお門違いなのだ。
 文部科学省の発表データによれば、日本の総留学生数は、図表②に示すとおり、2004年にピークとなり、その後微減傾向だが、直近でも7万6,000人超。図表②ではピークだった1997年よりも20%以上も増えている。

http://www.r-agent.co.jp/kyujin/knowhow/tatsujin/20101118.html

No title

討伐隊 さん:

興味深いページですね。確かに、米国/英国一辺倒から他国に分散したことは良いことだと思います。
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
5位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ