副学科長とブランチ -- このエントリーを含むはてなブックマーク

今日は、隣町のRoyal Oak のカフェに
副学科長のB夫妻とブランチに行った。

ヨーロッパもそうだが、
アメリカの日曜日の朝は町が空いていて便利だ。
路上駐車も悠々できたし、日曜は駐車料金も無料のことが多い。

適当に4人で2時間くらい雑談して散歩をして昼過ぎに帰った。

私自身は統計をやるのに数学を使っているだけで
数学を研究している人間だとは思っていないが、
同僚が数学者だと外国語でも話が通じやすいし(論理的だから?)
率直で付き合いやすい人が多いので助かる。

そういえば、自分はこの手の食事は就職活動の
時にこれでもかというくらい経験したけど、
妻にとっては初めての経験だったので、少し疲れたようだ。

学生の時は、集まりといったら気楽なポットラック・
パーティーくらいだったので、仕事につくと
人付き合いも微妙に変わるなあ、と感じる今日この頃である。
スポンサーサイト


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
9位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
3位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ