Latex: Beamer のインストール (自分用メモ) -- このエントリーを含むはてなブックマーク



秋からの授業の準備のため、Windowsに
LaTeXを使ったプレゼンテーション用パッケージ
Beamer をインストール。

以前、インストールしたら、一応動くものの
どうしてもテーマ(レイアウトの書式)が使えなくて、
意味が無いので諦めたのだけど、
今回、ナカマさんのホームページのガイド
を参考にしてやったら、何故か一発で成功した。

まあ、そんなこともあるでしょう。
パソコン、苦手だし。。。


ちなみに、Beamer には近くにあるミシガン大の作ったテーマがあるらしい。
日本人が作ったものがないのは、ちょっと寂しい。
スポンサーサイト


テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Beamerはそんな難しいものではありませんよ。ただ微調整や画像プレースメントに血圧上がるだけです(笑)。ちなみに僕はusetheme{Singapore}とusetheme{progressbar}が好きです。

突然ですが日本では選挙でしたね。ちょっと聞きたいんですけどfivethirtyeight.com、pollster.comやelection.princeton.eduみたいに世論調査のメタ分析を行ってる日本のサイトとか無いでしょうか。アメリカの選挙の時こういうサイトがあったからこそおもしろかった上に正気を保つ事ができたといおうか。無かったら統計学できる人が作るまでですけどね(笑)。

メタ分析

うーん、選挙予測のメタ分析ですか。あまり聞かないですね、って米国在住者同士で言っててもしょうがないか(笑)。

マクロ経済予測については東洋経済の統計月報か何かに毎年予測の一覧が載るので、ヒストリカルデータの分析をかけることは可能です。金融市場の予測の集約は日経QUICKかどこかがやってたような。

マスコミにいる友達に聞いてみようかな。人脈はなんでも使うべしw

Beamer

コンピューターはプログラミングみたいな原始的な部分はいいんですけど、基本的にコンピューターの仕組みが分かってないのでインストールとかセットアップとかにいつも苦戦しまくりです(汗)。
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
5位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ