自動応答メッセージ -- このエントリーを含むはてなブックマーク



引越しに伴って
州役所とか、電話会社、ISP等等、家具屋など
色々な所に電話を掛ける機会があったのだが、
自動音声が流れることが多くなっていて戸惑っている。
最近の特徴は、質問の数がやたら多いことと、
自動音声認識を多用していることだ。

自由に質問させてキーワードから担当部署を探索したり
質問内容を選ばせたりするものだが、昔と違って
場合によっては5つ以上の質問に答えさせられ、
往々にして、元の質問に戻ってしまったり、
その質問はサービス時間外だと言われたり、
言われた選択肢を番号で選んでるだけなのに
「そんな選択肢はない(!)」と言われたり、
断片的な情報の自動音声が流れて電話を切られて
しまったり、、、とともかくいらいらする。

先日は携帯電話に
「ケーブル会社だけど、まだ機器のインストールが
終わっていないよね?」
という「自動間違いメッセージ」がかかってきた
(実際は、とっくに来て終わっている)。

ちなみに、家具屋のIKEA のホームページ上では、
文章で質問をすると、人口知能が答えを返してくる。
結局は、この番号に電話しろというメッセージ
だったけど(笑)。

アメリカの接客業のレベルは過去数十年で
劇的に悪化したらしい(昔を懐かしむ友人談)のだけど、
新たな忍耐が必要な要素が一つ増えたようだ。

P.S.
冗談抜きに、そのうちAIを使って英会話の練習を
する時代が来そうだ。英会話学校は、外国人とのH目的の
受講生を集めるしか生き残る道がなくなるかも知れない(笑)。
スポンサーサイト


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

企業が大きくなる程telephone operatorでインド人が湧いてきますね(笑)。自動音声認識は二回間違えると電話のボタンでオプションを選べるようになったりするのは腹立ちます。最初からそうしろとういうのに(笑)。

最近満足した買い物ではリンゴのノートパソコンですね。大学の本屋で売っていて学生だからと言ってipodとプリンター、ソフトに割引など特典三昧。何か問題あればアパートから本屋まで歩いて5分。

自動機械といえば日本もやばい。
http://news.cnet.com/japans-latest-supermodel-a-robot/

オフショアリング

オペレータ は南米っぽい人もいますね。航空会社のオペレータが特にひどい気がします。「英語が苦手で、電話でクレームをつけるのは大変だ。。。」と思ってたら、実はオペレーターの方が英語が苦手だったりします(笑)。

No title

私は日本のケースしか知りませんが、クレジットの支払金額を聞く際と、PC、周辺機器関係の質問ですが、前者は全て自動音声、後者は最終的には人間が出てくるので特に問題はないのですが、あえて言えば、待ちが非常に長いときがあることですね。

待ち時間

やはり日本も似たような感じになってきてるのですね。

待ち時間も予め見込みを言ってくれると多少は助かりますよね。この前は、時間課金の携帯電話からかけていて「15分」と言われたので切りましたが。
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程にてPhD取得。現在、米国の某州立大准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
3位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ