スポンサーサイト -- このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


語学の壁(口語編) -- このエントリーを含むはてなブックマーク

外国語の才能がない自分にとって
語学力を表現するのに最も不可解なフレーズ
「日常会話程度ならできる」
日常会話がちゃんとできるくらいだったら、
ネイティブ並みなんじゃないかと思う。

バスの中で、アメリカ人同士でしている
他愛のない、大して内容もない日常会話。
いつかは、あれを完全に理解して、
自然に話に加わったりできるようになりたい
と思うけど、半ば諦めているほどだ。
日常会話ができるようになるのは、そのくらい
自分にとって語学学習の最終目標と言っても良い。

ずっと日本で生まれ育った普通の人は、
最初に簡単な英語のフレーズを習い、
それから文法、読解を習う。
ちょっとレベルが上がってくると、
少し複雑なリスニングや英作文、
プレゼンテーションの仕方なんかを習う。
日常会話が上達するような環境にはない。

確かに、英語圏に住んでいれば、
「必要最低限のことを英語で表現して伝える」
「必要最低限のことを英語で聞き取って理解する」
ということは可能になってくるが
これは日常会話とは違うと思う。
少なくとも、私が日本語で日常会話をしている時、
「必要なことを日本語で表現して伝えよう」
と思っているのは、ごく限られた時間だ。

いつか、「日常会話程度ならできる」
と言えるようになりたい。

語学が得意な人には意味不明なんだろうな、
きっと、このエントリーは。

面白かったらクリック↓


スポンサーサイト


テーマ : 英語
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

No title

東大の野口さんが、若い頃にアメリカに留学したとき、食事の後の数学者のおしゃべりが全く理解できなかったそうです。

あとで分かったのですが、それは前日のプロ野球談義だったそうです。

題なし

確かに事情を知らなければ、当然話は分かりませんね。ただ、私が言いたいのは、一番語学力が試されるのは、「内容のない会話」だということです。

No title

その会話の前提になっていることで、当事者が暗黙的に了解していて会話に出てこない来ない場合、数学の話でも何でも分からないです。質問してたださないかぎり。

映画を見ながらだと大体察しがつくのの逆です。

私は短歌を詠みますが、無内容のものも多いです。折口信夫は無内容な歌を評価していたようです。無内容なものから何かを感じるのは一番難しいことです。

大阪のおばちゃん同士の無内容な会話を理解できる外国人がいれば、もうその人は大阪に溶け込んでいるのであって、外国人ではないと言えるでしょうね。

密度

デトロイトの女子大生の無内容な会話を理解できるように頑張ろうと思いますw 内容が分からないと聞き取りにも問題が出るので、そのあたりも鍛えなければなりません。

短歌のことは全然知らないのですが、無内容な短歌というのもあるのですね。31文字にあらゆる内容を凝縮するのが短歌なのかと思っていました。

small talk

というやつですね。日本の学校の英語教育を出た人だと、確かに日常会話の方が、専門的な話をするのよりはるかに高度な技術かと思います。

ネイティブでも、数学、物理など理論性の強い分野の人達は内容のない話が比較的苦手だと思いますし、留学生向けのカウンセリングで、"How to make small talk"がテーマのものを最近見かけました。

Re: small talk

なかなか難しいものですねー。
ネイティブでも数学など論理的なことをやっている人と日常会話をするのは、比較的楽なのですが(笑)。

皮肉

アメリカの日常会話や社交辞令は皮肉的コメントが多いですよね。Stephen Colbertとか観て勉強するのも一案かも(笑)。

共有するもの少ないし・・

基本的にはみな同僚とは仲がいいのですが、ランチタイムで話がわからず苦痛な日もあります。

彼らが子どものころ見たTVのはなしとか、全くついていけませんので。そういったものをベースに名台詞とかギャグとかでみんな笑っていて、私は訳がわからないわけですよ。

仕事の時の口調とブレイクの口調もぜんぜん違うし、最近は英語がわからないだけじゃなくて私の興味のない話題だから、よけいわからないんだ、と気づきました。

たしかに、専門の話のほうが簡単ですよね~

あとは、相性とかもあると思います。最近、やっとエレベーターで、同じビルに働いている知らない人と会話できるようになりました。でも、特定の人としか楽しく会話できない。職業柄こんなんじゃ駄目なんですが、なぜかある種のタイプの人とは会話が続かないんですよね。

外国人に慣れている人と話すのが一番楽です。

雑談モード

>仕事の時の口調とブレイクの口調もぜんぜん違うし

これなんですよねー。1対1とか、仕事の話をしているときは分かる。でもブレイクの口調だと分からなくなることが多いです。

No title

匿名さん:

「730点以上は「通常会話は完全に理解できる」水準とされ」
というのはいわゆる冗談の類でしょう。
真に受けている人がいたらかわいそうです。
帰国子女であったりや家族に英語話者がいる人でもない限り、
「通常会話は完全に理解できる」というのは極めて高いハードルです。
下のようなエントリーも以前に書きました。

語学の壁(口語編)
http://wofwof.blog60.fc2.com/blog-entry-138.html
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
5位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。