スポンサーサイト -- このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アメリカの電話料金 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

アメリカの電話料金って分かりにくい。

今まではAT&Tの市内(local)通話だけのサービスに申し込んで
長距離(long distrance)と国際電話は別にしていたのだけど
いろいろ面倒なので、今回AT&Tで全部まとめて申し込んでみた。
そうしたら、思ったよりずっと高い。

内訳を見てみるとまず基本料は、
市内通話______ 14.08ドル
長距離基本料__ 5.00ドル
国際電話基本料 5.00ドル
合計は、24.08ドル。

以下、とても日本語に訳せないような
料金が多いので英語で。

まず市内通話分のサーチャージ
Credit (値下げ分) -0.01ドル
Federal Access Charge 5.38ドル
9-1-1 Emergency System 0.20ドル
Emergency 9-1-1 Operational Assessment 0.18ドル
Michigan State E911 0.19ドル
Federal Universal Fee 0.66ドル
Federal tax 0.59ドル
State tax 1.22ドル

次に長距離・国際電話分のサーチャージ
Carrier Cost Recovery Fee 1.99ドル
Fed Universal Service Fund 3.07ドル
State Tax 1.95ドル

つまり基本料が24.08ドルなのに、
申し込み時に明示されてない料金が
毎月15.42ドルもかかっている。
(他の料金と同時請求されたので
実際には税額は数十セント安いはずだが、
誤差の範囲内だと思う。)

ようするに、
実際の基本料=表に出てる基本料の1.6倍
という感じだろうか。

あとは通話料金が10.08ドルだったので
請求額は49.58ドル。
先月、市内通話を除くと
120分強しか通話してないんだけど。

もうちょっと別の方法を考えないといけないな、これは。
パソコンで電話するのは面倒だからスカイプはやだけど。

面白かったらクリック↓


スポンサーサイト


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

わたしはiPhoneに変えてから、SkypeはもっぱらiPhoneでするようになり、超らくになりました!
または、30ドルくらいで、Bluetoothのヘッドセット(耳にかけるだけ)のが売っているので、それでパソコンで通話するのも手ですよ~

bluetooth

なるほど。いろんな手があるものですね。
携帯メインにするのは家族がいると多分、
割高になっちゃうと思うんですよねー。
ヘッドセットは好きなので、bluetooth は検討の
余地がありそうです。
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程にてPhD取得。現在、米国の某州立大准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
4位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。