日本社会が語学の壁を取り払うこと -- このエントリーを含むはてなブックマーク

Tech Mom from Silicon Valley を書いている海部さんの
「国家生き残り戦略としての日本語リストラ」
は大きく頷ける提案だ。
日本国民の大半が日本語しか話せない以上、
外国人のホワイトカラーの受け入れの壁を取り払うためには
外国語としての日本語を習得しやすい環境は今後重要になる。

日本企業の語学の壁を取り払う取り組みは
従業員の英語の習得に偏りすぎており、
その内容も非常に形式的で
効率の悪いものに留まっている。
典型的なものを挙げれば、
従業員にTOEICのスコアを要求とか、
会議を全部英語で行う
とかいうものだ。

TOEICの問題を見た事はあるが、あんなものが英語の
コミュニケーション能力を測れるのかは相当に疑わしい。
人材採用関係の話を聞いても、
800点未満だとネガティブ・シグナルになる、
という程度のもののようだ。
ちなみに私はTOEICを受けたことが無い。
いまさら受けてスコアが悪かったら立ち直れないからだ(笑)。

まあ、確かにスコア500点と900点では英語の基礎力に
差があるだろうから、受けさせること自体は構わないと思う。
(もっとも、私の親しい知人は、
海外部門に飛ばされたくないので
TOEICを受ける時は手を抜いて得点を調整しているそうだ。)
しかし受験させる以上、
多くの従業員は受験勉強をするだろうから
その時間が非生産的で無駄になる。
企業が従業員にこうしたことを強いるのは
「国際人になるために努力すべき」
という観念的・精神論的な側面が強いように思う。

同様に、大多数が日本人なのに英語で会議というのも意味不明だ。
そもそも外国語というのは、
外国人にどうしても母国語が通じない時に限って
仕方なく使うものだ。

私は英語はほとんど話せないが、何かのトラブルで
外国人に文句を言わなければいけない状況になると
自分でも驚くほど英語が出てくる。

日本人同士で英語で話しても所詮お遊びでしかない。
そんなことをしても語学力がボトルネックになって議論が停滞し
生産性が落ちるデメリットの方が断然大きいだろう。

日本企業に必要なのは、
今後たくさん日本に入ってくるであろう
日本語が母国語でない従業員と
スムーズにコミュニケーションをとる段取りを整えること

である。

そのためにまずすべきことは、むしろ日本語環境を
ネイティブでない人にも負担が少ないように変えることだ。

例えば、
社内文書は簡潔な日本語で書く、
(「1文80文字以内にする」「括弧書きは原則禁止する」等)
代名詞の指す言葉をはっきりさせる、
発言を明快で簡潔な文章にする、
プレゼンテーションのスライドだけは日英併記あるいは英文にする、
といったことである。
文章の理解を容易にするために、
ビジネス文書などでは、英語の段落構成を
日本語に取り入れるのも良いだろう。

そもそも日本語というのは、ヨーロッパ言語に比べると
音も単純だし、語順や文法が厳密でなくても通じる。
基本的には敷居の低い言語である。
それが、敬語とか漢字とか一部の特殊な作法のせいで
難しい言語になっているという面が大きい。
そうした垣根を取り払って外国人が日本語を
学びやすくすることは、
多くの日本人が考えているよりも
日本社会の国際化に貢献すると思う。


(補遺)
ちなみに、海部さんは漢字の使用について迷っておられるが
これは単純に、ルビを振ることを義務化すればよい。
今や、活字になるものは全てコンピュータで処理されるので
大してコストはかからない。
義務教育が現代ほど充実していなかった時代には
ほとんどの本にルビが振られていたと聞く。



スポンサーサイト


テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

仰る通り

だと思います。私の考えは海部さんのところに書きましたが、ご趣旨と同じです。なお、個人的には氏名の漢字使用もやめるべきではないかと考えています。行政データとしてはひらがなとベースに登録し、漢字は個々人の趣味の範囲とする、ということで。ここは「言語学が・・・」の受け売りなんですが(笑

漢字ひらがな

コメントありがとうございます。名前の漢字使用ですが、統計をやっていると中華系の人が多いので、アメリカでも、名前を漢字で書いてくれ、と言われることが結構多いです。でも確かに、事務上はひらがなの方が良いかも。

No title

本を読んでいないのでコメントしづらいのですが、外国人ホワイトカラーの受け入れって、どこまで現実的な提案なのでしょうか?

ちょと論点から外れるかもしれませんが、日本語の流暢なアメリカ人の友人たちの経験からは、日本で日本語のできる外国人の働く場が少ないことが問題ではないかと感じました。英語の先生以外にまともな仕事が無い。もちろんわざわざ日本語が出来る外国人を雇う必要が無い職種が多いこともありますけどね。給与体系もあまり魅力的ではない。特にアメリカ側から見ると。転職先としては劣るんですよね。

日本語は、会話の習得はたぶん他の言語よりも簡単かもしれません。読めない・書けないけど話せる外国人はかなりいます。読み書きがかなり非日本人には大変なようです。それでも漢字マスターした友人は、時々私に恥ずかしい思いをさせます。私のほうが漢字書けないんですよ。彼らは毎日練習しているから。間違い指摘されたり・・・


TOEICは900点以上でも、話す能力とは無関係だと感じます。聞き取りと読解だけですよね?私は満点近い点を取りましたが、そのときの英語能力は、留学生としては普通、でも仕事では最低限野英語っていう認識でした。語彙もそんなに知らなくとも高得点が狙える。TOEICは日本でしか通用しない資格試験の一つですね。

あまり現実的ではない

>外国人ホワイトカラーの受け入れって、
>どこまで現実的な提案なのでしょうか?

確かに今のところあんまり現実的ではありません。
従って喫緊の課題とは言えないと思います。
諸条件が整った上で…という議論ですね。

>日本で日本語のできる外国人の働く場が少ない

城繫幸さんなんかがブログに書いてますが、新卒一括採用と終身雇用制の問題が大きいのでしょう。

ただ言葉に関しては「ネイティブじゃないとダメ」という意識が強すぎることもあると思います。

漢字

中国とのやりとりでは便利ですが、行政コストに限って言えば、人名は常用漢字外のものが多数あり、書き間違いがそのまま正式な名前(名字)になったりしているため、ほぼ無限に存在しうるわけで、その結果として管理コストが上がっているわけです。個人の趣味はともかく、公的にはいらんのではないかという説です。

ところで先ほどブログにお邪魔したばかりなのですが、統計のどのような分野がご専門なのでしょうか(読まずに聞いて申し訳ありません)。日本人の友人がこちら(米国)の統計の博士課程に在籍しているため、分野が近ければと思ったのですが。

時系列解析

>公的にはいらんのではないかという説です

全くその通りだと思います。

>ご専門

時系列解析です。そのご友人は多分、私の知り合いかなとも思いますが確信は持てません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私信

ご連絡ありがとうございます。
その方は私の知り合いです。

No title

昔は新聞も漢字にルビをふっていたそうです。

基本漢字で普通の読み方のもの以外はルビをふって、妙な漢字制限は止めるべきと思います。

ルビ

>足立さん

同意です。その方が読みやすいと思います。
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
8位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
2位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ