スポンサーサイト -- このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


100年変わらない街~デトロイト -- このエントリーを含むはてなブックマーク

両親はこちらに来たことがないので
デトロイトの本を贈ろうと思って Borders で本を見ていたら
Detroit Then And Now という写真集を見つけた。

Detroit_Then_and_Now.jpg

140ページからなるこの写真集は
見開きの右側のページが全て約100年前のデトロイトの写真、
左側のページが現在のデトロイトの写真になっている。

この手の企画は普通、
「100年間でこんなに変わりましたぁ~♪」
というネタだと思うのだが、この写真集はむしろ
「100年前と驚くほど変わっていません…」
という事実がひしひしと伝わってくる。

Ford Model T
の時代のデトロイトがいかに豊かな街だったか
そして、その遺産をいかに現在まで使ってきたのか、
ということがよく分かる本だ。
一部の有名な歴史的建造物がテナントを見つけることができずに
廃墟になったり、中を壊して駐車場として使われていたり
といった写真も載っている(*1)。

私の頭の中には自然と「大きな古時計」の歌が浮かんできた。
90年前の時計は止まってしまった。
時計は壊れたら止まれるが
街は壊れても時間は止まってくれない。
デトロイター達は人口が流出し荒廃した街の復興に
これから何十年も苦悩し続けることになるだろう。

(*1)
作者としてはポジティブな面を見せるのが目的らしく、
再開発が進んでいる中心部の写真
(GM破綻の時に散々マスコミに出たあのGM本社の周辺)
が紹介される反面、かつてミドルクラスが住んでいた
現在のスラム街の写真はない。



スポンサーサイト


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
5位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。