日本で資格は取るな -- このエントリーを含むはてなブックマーク

松本孝行さんがブログ
「60日で取れるとっておきのお得な資格 (洋泉社BIZ)」
の書評を出しておられる。
本を読んでいないので詳しくは知らないが、要約すると

「資格を取ることで直ちに職を得られるものと言うのは
少ないですが、その資格を取得するためにがんばったと
言うプロセスは後々の人生においても、非常に役立つ」

ということが主張されているらしい。

別にこの意見を否定するつもりはない。
しかし、日本人には
「資格取得は効率の悪い差別化である」
という視点が余りにも欠落しているように思う。
資格は誰でも公平に受験することが出来るため、
情報で優位を築けない人が差別化のために
仕方なく用いる手段だ。


人が頑張るのはあくまで、
良い仕事に就くとか、お金を稼ぐとか、良い業績をあげるとか、
何らかの目的のためであって
頑張ることが目標の人は単なるマゾだ。

同様にして「頑張って目標を達成するプロセス」
を習得することには一定の価値があるが、
「最小限の努力で目標を達成するプロセス」
を習得する方が良いに決まっている。

更に言えば、
日本で資格の勉強をしている人の多くは
単に思考停止していて、むしろ目標達成のプロセスを
きちんと考えることを拒否しているように思える。



効率の良いスキルの身につけ方の例を挙げてみよう。

私が金融機関で働いていた当時、
金融機関にはブルームバーグが作った
鬼のように使いにくい情報端末があった。
しかし情報量が圧倒的だったので使わざるを得ない。
ただ単に使いにくいだけなので、
慣れれば特段頭の良くない人でも使いこなせるようになるが、
特殊な部署に長くいる人でないとそうはならないから
ノウハウを持った人が非常に限られている。
結果、大したスキルでもないのに、
ブルームバーグ端末を使いこなせると
簡単に良い仕事が見つけられるそうだ。

そして、そうした技能を使う仕事は
資格が必須の「フィナンシャルなんちゃら」
よりもずっと生産性も高いだろう。

大事なのは、資格ではなく情報だ。

中学、高校、大学受験なども資格と同じだ。
若い時に色々なことを一生懸命学ぶのは極めて大切なことだが
別にわざわざ他の人と競争して
勝とうとする必要は全く無い。
競争率が2倍の入学試験に背水の陣で臨む人は
最初から半分負けているようなものだ。


何故、人々はこうした愚かな選択をするのか?

ラッセルは、人々が戦争を起こす理由の一つは
現在の人類が過去に生き残ってきた個体の
集まりであるという「生存者バイアス」ではないか
と主張した。

同じ事は一人の人生の中でも起こっている。

地元の中学校で一番だったからと言って
東大でも一番になる可能性は極めて低い。

高校野球で県代表になっても
プロ野球で成功できる可能性は極めて低い。

しかし過去の成功体験によって、
こうした可能性を過大評価して、
行動判断を誤ってしまうのだろう。


いかにすれば競争を回避して無駄な労力や
リスクを減らして本質的なことに集中できるのか?

そのためには、
・自分の情報のアドバンテージを認識すること
・自分の情報のアドバンテージを活用すること
・他人の努力していないところでこそ努力をすること

が大切だ。

大学入試なら、おそらく一般入試を避ける事が、
多くの人にとってメリットが大きい方法だろう。
逆に言えば、どうしても競争を避けられないなら
努力をし過ぎないことだ。

大学に入ったら、
一部の人間にしか手に入らない情報を探すべきだ。
それは、人気がないけれど独自の研究をしている
研究室に入り浸ることかも知れないし、
友達が考えた面白いビジネスに乗っかって
起業を手伝うことかも知れない。
少なくとも、TOEICの勉強をすることや、
資格の学校に通うことではない。

私が、認識と活用を別個に書いたのは、
単に認識することが想像以上に難しいからだ。
例えば、あなたが特殊な分野に強い
某大学の計算機学科に入ったとする。
学生数は学年で100人としよう。
その中には群を抜いたコンピュータオタクが10人いる。
一生懸命勉強しても11番が関の山だ。
そんななかで勉強するのはつらい。
資格の勉強でもしたら回りの仲間と違って
なんとなくかっこいい。
でも実は、その資格を勉強している人は
日本に10万人もいるのだ。

資格に走ったあなたは、同年齢の中で
「世界で11番目の男(女)」
になるチャンスを逃してしまう。

もしかすると、10人のオタクはコミュニケーション能力に
欠けていて、あなたは「世界の10人」と研究の会話をできる
唯一の存在になれたかもしれない。

そんなあなたが見返りに手に入れるものは、
「簿記2級」と「TOEIC850点」だ。



スポンサーサイト


テーマ : 資格取得
ジャンル : 学校・教育

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お得な資格

いつもコメント頂いているWillyさんのブログから: 統計学+ε: 米国留学・研究生活  日本で資格は取るな もともとはこちらのエントリーへのコメントだ。主な主張は次の一節だ: しかし、日本人には 「資格取得は効率の悪い差別化である」 という視点が余りにも欠落して

資格ニュース20091106

ここ最近思うことがなんかいろいろあって、ちょっと脳が疲れ気味かも… 【資格(公式サイト)】 ◆平成21年度前期ビジネス・キャリア検...

資格とスキルの違いに関する一考察

資格とスキルって難しい関係にありますよね。業務を重ねるうちに固有のスキルは身につくけど、目に見えるもの・自分の能力を保証するものとしては、やはり資格がてっとりばやいものです。どちらが大事かといえば、どちらも大事なように思えます。 そんな時、この両者の関

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なんだかよくわかんないんだけど、資格のコレクションを目標にしてる人がいますね。

日本では就職に有利な資格、情報技術者などは取っておいてもいいと思うのですが。

私は昔のプログラマーで、情報1種というのがあって、2回受けて(システム部長が皆受けろというので)落ちて、こりゃぁテスト勉強をしないと通らないな、ということが分かってそれ以後受けるのをやめました。プログラマーとしての仕事が忙しくてそれどころじゃなかったです。

前にも書いたのですが、博士号を取りたくて仕方のない人。ああいうものは取れる実力があって、それなりの仕事をすれば取れるのですが、取ってもどってことはなく、一種のアクセサリーなんですがね、少なくとも日本では。研究を論文博士号を取ることにおくと、なんだか変なことになります。本末転倒なんでしょうね。

資格コレクター

リクルーターをやったことがありますが資格コレクターの応募者はむしろ人事の印象が悪いです。

おっしゃるとおり、アメリカは日本と違います。近いうちにそれを書こうと思います。

はじめまして

突然のコメント失礼します。
資格ライターをしております鈴木と申します。はじめまして。
貴ブログにて資格について非常に興味深いお話をされていましたので、誠に勝手ながら私の個人ブログにてご紹介させていただいてます。
(もしご迷惑でしたらお申し付けいただければ削除します)
今後ともぜひ定期的に貴ブログをチェックさせていただきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

RE: はじめまして

>鈴木さん

トラックバックありがとうございます。ブログタイトルにもあるように専門は統計学ですが、社会問題についても思うことがあるときは時々書いていこうと思います。

スタンスをはっきりさせるために極論を書くこともありますが、その辺りはご理解頂けると幸いです。

今後ともよろしくお願いします

いえいえ。極論、いいじゃないですか。
社会問題の本質をえぐるような議論、今後も楽しみにしております。

「アメリカでは資格を取れ」読みました。勉強になりました。
日本以外の諸外国の資格事情も研究してみたいなと常々思ってはいるのですが、言語能力の面の問題もあり(笑)なかなか本格的には手を出せないでいます。
ぜひ現状の問題点など、いろいろとご紹介していただけると幸いです。

No title

うーん、殆どの人間は「情報」にアクセスする能力・出自がないので、資格位しかないって言うと次元で生活をせざるを得ないので、そうした人々に「資格を取るな」とは酷かと・・。
さて、とすると、日本が資格ブームなのは、もしかしたら、「情報」にアクセスできる人が他国に比べて極めて限られているから?と言う可能性もありそう。そんな面での人的流動性も低いと。

資格ブーム

>「情報」にアクセスできる人が他国に比べて極めて限られているから?

そう思います。日本ではノウハウを持っている企業が正社員に対して行うオン・ザ・ジョブ・トレーニングが、もっとも貴重な「情報」でしょう。しかも、そういう企業の多くが新卒を中心に採っており、中途採用はある程度の実務経験を要求することが多い。その結果、25歳以上だと資格に走らざるを得ない人が多いのでしょう。

No title

こんにちは。
これは言い得て妙ですね。
大変参考になりました。
こういう特殊化した情報にアンテナの鋭い人が、起業して成功するんでしょうね。

起業

>apさん

どうもありがとうございます。起業は、独自の視点に加えて、営業能力とかマネージメント力とかいろいろなことが必要なので大変そうですね。

No title

なんかあなたはそんなにすごいひとなんですか?といいたいですね。
資格は非効率だとか、アメリカでは効率的だとか
そんな次元を気にしているあなたが非効率としかいいようがありません。

No title

こんにちは。

「資格取得は効率の悪い差別化である」は受験者にとってですよね。
雇う側からすれば効率悪くはなさそうですが。

No title

>「資格取得は効率の悪い差別化である」は受験者にとってですよね。

基本的にはそうですが、裏を返せば日本の企業は基本的に社内で正社員を教育するつもりでいるので、一流企業ほど資格などはそんなに見ていないと思います。専門職の採用はまた別でしょうが。

一システムエンジニアの視点から

改めて資格取得の是非を考えるきっかけとなったので、ブログに引用させていただきました。
「資格取得の是非」
http://trwtnb.blogspot.com/2010/03/blog-post_15.html

対極の結論を書いていますが、職業や個人的な事情に大きく左右される問題なので、一般論で語るのは難しい、というのが本音です。

No title

>そんなあなたが見返りに手に入れるものは、
>「簿記2級」と「TOEIC850点」だ。

僕は最近思い立って日商簿記の勉強を始めたんですが、3級までは楽しく学べました
しかし2級の勉強を始めた時点でもう飽きていた、原計なんて意味わかんないしつまんないし
でも一応しっかり勉強はしていた

で、結局第124回の2級試験は落ちました
なんか知らないけど、前回の試験が簡単すぎたようで急に難しくなってて ←言い訳
これも日本の資格試験のいい加減なところですね
役に立つかよく分からない勉強を一ヶ月もした挙句、結局落ちる、もう散々だった
でもここまでやったんだからどうにか2級はとろうと思います

めちゃくちゃ頑張って税理士にまでなったとしても、あれはほとんど伝統芸能だし…
なんかいい「資格」ないですかねぇ?

資格

>なんかいい「資格」ないですかねぇ?

ないです。
仕事を先に探した方がいいんじゃないでしょうか。
どうしても試験が好きであれば公務員試験なんてのもありますが、
年齢制限がありますね。

No title

私も watanabe8760 と同意見で、Willyさんのおっしゃることは
「大事なのは、コネ。コネがあれば市役所に就職できる」
と言っているのと本質的に同じ。

市役所に就職できるコネを作る労力 と 資格を取る労力 と それ以外の○○の労力・・・
の効率性を秤にかけて、「資格」の選択肢を選んでいるだけです。
(たしかに運よくコネを入手した人にすれば"低効率"でしょうが、コネが高効率なのは誰にでも入手できないことの裏返しです。)

「情報で優位を築けない人が差別化のために」であっても、情報で優位を築けない(言い換えればコネのない)かつ資格より高効率の手段がない人にとっては、選択範囲内で最良の選択肢で愚かでもなんでもない。

(もちろん、市場調査をしないで(需要がないのに)設備でも人的資本でも投資するのは、愚か。それは資格に限ったことではない。)

No title

>「大事なのは、コネ。コネがあれば市役所に就職できる」

違います。市役所にコネがあることと、
コネを生かして有機的に仕事を進める能力があることは
全く違うからです。努力はいいことで、コネを使うのは
ずるいこと、というような精神論的な考え方で思考停止
していませんか?

>情報で優位を築けない人が~愚かでもなんでもない。

は一般論としては同意ですが、現実問題、資格取得が
最良の選択肢であるケースは限られています。例えば、
非常に競争率の高い資格試験を考えてみてください。
その試験を受けるのが最善の選択肢である人が一体、
何パーセントいると思いますか?

No title

資格をとってそれを教える商売をしている身分からすると反駁したい面もありますが
言えることは目的関数が人それぞれ違うってことくらいですかねぇ
例えばエントリの内容は資格に限らず、研究室に入り浸って研究を引き継ぎ大学教授になることは
非効率的で人格形成にマイナス影響を与える可能性のほうが大きいですし
ある分野では、そのような人物が地位が高いがために社会厚生を著しく低下させている例もある
(資格に対して冷めてしまてそれが尾を引いてしまったことへの仕返し。すいまてん)

No title

SSSさん:

目的関数が違うというのとはちょっと違う気もします。
「仕事のやりがいや労働時間、経済面などで充実した生活を送る」
ということは多くの人に共通した目的でありながら、
そのために最適な手段は人によって異なるということだと思います。

試験に限らず社会の本来の需要とずれたものに固執した時に
効用や社会の厚生を低下させるのはおっしゃるとおりだと思います。

No title

まず、全体論としての批判に入る。
筆者の主張を要約するとすればこうなる。

目標を達成するための、一部の人間にしか手に入らない情報を活用し、
他人の努力していないところで努力することで、
資格や受験といった競争を回避し、
無駄な労力やリスクを減らして目標に集中するべきである。

筆者は、「他人の努力していないところで努力する」事で成果を上げた事があるのか?
そしてそれによって「競争を回避」出来たのか?
あるなら具体的に示してほしい。そんなことは凡人には無理ではないのか?
「他人の努力していないところで努力する」ことで成功する事は言うほど簡単なことではない。
如何に「情報を活用」したとしても、それはリスクを伴うし、無駄な労力に終わる可能性もある。
競争もリスクもないやり方があるならみんなやっているはずだ。
筆者の主張をもっとざっくり言うと、
「競争も、リスクもなく、労力も出来るだけ少なくていい手段を見つけだして、
そこで努力せよ」、ってこと。
だがそんな手段はこの世にはほぼ無いと言っていい。そんな世の中甘くない。
だから筆者や私やその他多くの凡人たちは競争の中で生きるしかない。
それを愚かというのは何事か?
競争で勝とうとする必要は一切ない?競争が愚かだって?
じゃあお前、一切競争するなよ。勝とうとするなよ。
社内でも、同僚より上の成績を上げようなんて思うなよ。
ま、会社自体が競争している以上、そんな人間は、
すぐにでもゴミ箱行きだろうが。

そもそも、なぜ、「目標」ために、「資格や受験といった競争を回避し」
なければならないのか?行おうとしている「資格や受験といった競争」は「目標」と、
密接につながっているのが普通。目標を達成するための勉強が資格勉強かもしれないし、
学歴を築くことが目標につながる分野もある。


これを踏まえて、個別論を批判する。

最初に、
>慣れれば特段頭の良くない人でも使いこなせるようになるが、
(中略)
>ブルームバーグ端末を使いこなせると
>簡単に良い仕事が見つけられるそうだ。

と書いているが、とはどういう事か?
馬鹿でも使える端末を操作できる程度で見つかる仕事が、
生産性が高いわけない。システムの改良がおこなわれただけで、
消し飛ぶ程度のものにすぎない。

次に、
>別にわざわざ他の人と競争して
>勝とうとする必要は全く無い。
>競争率が2倍の入学試験に背水の陣で臨む人は
>最初から半分負けているようなものだ。
(中略)
>大学入試なら、おそらく一般入試を避ける事が、
>多くの人にとってメリットが大きい方法だろう。

そんな方法で楽に受かるならだれでもやってる。
誰でもどこでも推薦してもらえると思ってんのかね?
それに、推薦で入ったけど、学力不足で、
勉強で付いていけないという話も聞く。
一般入試が不利とはまったく言えない。

さらに、
>日本で資格の勉強をしている人の多くは
>単に思考停止していて、むしろ目標達成のプロセスを
>きちんと考えることを拒否しているように思える。

多くの人にとって資格勉強は、業務で必要となる知識を、
体系的に身につけて、業務に生かすために行うし、
あるいは会社側が要求している事もある。
それがなぜ、
>目標達成のプロセスを
>きちんと考えることを拒否しているように思える
のか謎。論拠も事例もない。

次は本文最大の詭弁である。

>例えば、あなたが特殊な分野に強い
>某大学の計算機学科に入ったとする。
>学生数は学年で100人としよう。
>その中には群を抜いたコンピュータオタクが10人いる。
>一生懸命勉強しても11番が関の山だ。
>そんななかで勉強するのはつらい。
>資格の勉強でもしたら回りの仲間と違って
>なんとなくかっこいい。
>でも実は、その資格を勉強している人は
>日本に10万人もいるのだ。

>資格に走ったあなたは、同年齢の中で
>「世界で11番目の男(女)」
>になるチャンスを逃してしまう。
>もしかすると、10人のオタクはコミュニケーション能力に
>欠けていて、あなたは「世界の10人」と研究の会話をできる
>唯一の存在になれたかもしれない。

要するに、学生時代のエネルギーを自分の計算機学上の能力の向上に使うか、
資格に使うかという事だろう。どちらにエネルギーを注げば目標に近づけるかが問題である。
したがってこの両者は資格の内容と目的によっては、てんびんにかけるべきものだ。
どちらが上とは一概には言えない。
10人に匹敵するような研究者になりたいのなら前者が上だろうし、
ネットワーク技術者になりたいならベンダー系資格を取りに行く方がよいだろう。

そもそも、世界トップレベルの話を一般化しすぎている。

No title

退学さん:

長いコメントありがとうございます。

>筆者は、「他人の努力していないところで努力する」事で成果を上げた事があるのか?
>そしてそれによって「競争を回避」出来たのか?

実は、人生のほぼ全てがそうです。
高校受験だけは他の受験生とほぼ同じ条件でやりましたが、
その他は、自分の適性を勘案しながら、ニッチを埋めてきたと思っています。

>あるなら具体的に示してほしい。

機会があるごとに書いていきます。
過去のエントリーにも面白いものもあると思いますのでご覧下さい。

>そんなことは凡人には無理ではないのか?

「凡人」をどう定義するのかの問題ですね。
凡人を「大学入試で高得点を取れる人」と定義するのであれば凡人にも可能ですが、
凡人を「他の人と同じ事しかしない人」と定義するのであれば無理でしょう。
しかし後者は、意識の持ち方や他の人からのアドバイス次第で
ある程度変えられると思います。

いつも楽しくブログ拝見させて頂いております。

20代前半です。
商学部卒業後、家庭の事情で働けなかったのですが、
経理補助として働き足りない会計単位を取得しUSCPAを取得しようと思っています。

語学力が無いのでオーストラリアにワーホリにてアイエルツを上げようとしていますが
これも無駄な努力でしょうか?

NYかノースカロライナかワシントンD.Cを目指していますが(いつか慈善事業団体の経理として働きたい、自閉症・オキシトシンの研究補助をしたい)、ばっさりぶった切って頂けるとありがたいです。


宜しくお願い致します。


言語能力の無さの件読んでいてドキッとしました(笑)

お風邪などひかれませんように

No title

らむこさん:

まず「NY、ノースカロライナ、ワシントンD.Cの慈善事業団体の経理」の求人を調べて、要件を調べてみましょう。そしてできれば応募してみましょう。不採用になったとしたら、その理由が何であるか考えてみると良いと思います。目標があるなら、直接、それを達成するための最短、最良の方法を考えるのが一番です。

仮に「慈善事業団体の経理」の求人が見つからないなら、それは、あなたにコネが足りないか、あるいは、存在しないものを夢にしてしまっているということです。そういえば、以前に「早稲田大学医学部」を目指している高校生がいました。

No title


>> 一部の人間にしか手に入らない情報を探すべき

たかが日本の大学にそんなものありはしない!!!

海千山千の馬鹿な情報に振り回されるより、
全力で「簿記2級」と「TOEIC850点」を取れ!!!と言いたいね。

禿同

こんにちは。
バリマックス太郎と申します。
自分もとにかく資格を取らなきゃと少し焦っていましたが、このブログを見て考え方がバリマックス回転いたしました。
自分もいつかまだ誰も見たことのない世界一のバリマックス職人になろうと思いました。
本当に閲覧できてよかったなと思っています。
ありがとうございました。
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
3位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ