インフレで財政赤字を解消する過程 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

金融日記のKAZUさんが
また財政・マクロ関係の記事
サルでも分かる日銀の苦悩」をアップした。
昔、「金融工学」をもじった「恋愛工学」をネタに
記事を書いていた頃の彼のブログは面白かったのだが
最近はつまらないし、言っていることも整合的でない。
バイトを複数雇って書いているのかも知れない。

先日私がエントリーした「おかしな財政再建論者たち」
財政収支の短中期的な均衡を目指す日本の政府や経済学者の方向性が
日本の外で議論されているマクロ経済政策と
あまりにもずれていると感じたので
素人がいわば極論を書いたものだ。
経済学をまともにやった人から見れば
突っ込みどころはたくさんあるだろうと思う。

しかし経済学はほぼ素人だけれども金融機関にいた私から見ると、
今回の金融日記を含め、
経済学的な視点でものを見る人が金融の実務に疎いために
不十分な議論をしているのは非常に残念だ。

そんな中、ケネス・ロゴフは経済学者であると同時に
金融実務の専門家でもあるので
マクロ経済運営に関しての発言は非常に鋭い。
彼がダイヤモンド社のインタビューに応じていた
のでそれについてコメントしたい。

彼の主張は、
・政府の資金調達のデュレーションを長期化すること
・年2%程度のマイルドなインフレを目指すこと
の2点である。

後者の手段を、非伝統的な金融政策だけに頼るのか、
財政政策にも頼るのかは明示されていない。
この辺りは政治的な配慮だろう。
文脈を深読みすれば、短中期では積極財政と読めなくもない。

現在の日本のハイパーインフレ論は
財務省が作った宗教だから今回は無視するとして、
維持できなくなった財政赤字を大幅に縮小するには
現実的にはインフレ率が政府の資金調達金利を上回る状態を
ある程度長い期間維持する必要がある。
しかし、政府債務残高が増えると資金調達金利は上がるので
これを実現するのはなかなか難しい。

そのためのシナリオはおそらく二つしかない(*1)。
・金利の低い時に超長期で多額の調達をしておき
 インフレ率が金利を上回るのを待つ。
・インフレ率と金利が上がってきたら中銀を政府の機関
 銀行化して低利でファイナンスする。

(*1) 戦後の混乱期の日本では預金を封鎖して
 強制的に政府の資金調達コストを下げた。
 しかし預金封鎖は需要を強烈に減退させるので
 供給が極端に不足している経済状況でないと
 インフレ率がすぐに下がってしまい効果が無いだろう。

この2つを比べると、
後者は途上国で起こるような
急激な資本流出を招くリスクが高いし、
民間の資金調達を圧迫して
経済活動にもマイナスになる。
また、現行法では中銀は国債の引き受けを無制限にできないので、
短期政府証券のような形で引き受けさせざるを得ず、
デュレーションが短期化して政府の調達自体も不安定になる。

そこで、
前者の方が断然お得だから今のうちからそうやっといてね
というのがロゴフの提言。

こんな頭脳明晰なリーダーが日本にもいたら、
もう少しまともな経済政策が期待できそうだ。


スポンサーサイト


テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

素人意見だったらすいません。
>・金利の低い時に超長期で多額の調達をしておき
 インフレ率が金利を上回るのを待つ。

ホームバイアス等の条件を所与としなければインフレ率の上昇に伴い長期金利も上昇する可能性があるのでは?現在でも利払いが9兆円に達するといわれているので、長期金利の上昇が財政の悪化を加速するのではないでしょうか。ハイパーとは言いませんが、その財政赤字が更なる金利上昇を引き起こせば強く景気の足を引っ張るのでは。
なんだかんだ言って、小泉さんの時の景気回復の時は国際発行額を抑えていたので金利上昇に繋がらなかった、、ともいえそうです。
現在の財政赤字は不景気(デフレ)にファイナンスされている奇妙な均衡かもしれませんね。

金利上昇

>インフレ率の上昇に伴い長期金利も上昇する可能性があるのでは?

政府にとって長期金利上昇による金利負担増大は新規発行国債の分だけです。
従って、国債の平均残存期間を長くしておけば財政は安定します。
積極的にインフレ的な政策と合わせて財政赤字解消に使えるのか
どうかというのは不透明ではありますが、少なくとも政府の
デフォルトリスクを軽減するというマイルドな意味においては
効果があると思います。
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
8位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
2位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ