スポンサーサイト -- このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


時系列の定常性の判定は難しい -- このエントリーを含むはてなブックマーク

私は時系列解析の中で、
ボラティリティが変動するモデルというのをやっているのだが
このモデルでは「変動の大きさ」自体が変動していくので、
どんどん変動が大きくなって時系列の分散が無限大に発散して
しまうということが起こりうる。
実際、一分毎、一時間毎、といった高頻度の金融時系列データで
当てはまりが良いとされる fractional モデル(ショックの影響が長く続く
モデル)では、特にこの問題が難しく、定常解の存在が示されて
いないだけでなく、一部の研究者は定常でないということを
信じているほどだ。

このモデルに限らず、
現実の時系列定常性を持っているか
どうかというのは重要な点だ。


池田氏のブログに少し気になる主張があった。それは、

「金融政策によって自然産出水準は変わらない」

というものだ。経済の自然算出水準は deterministic な部分
(予め推定された労働者数、技術進歩、資本蓄積の増加率)
を除いて、定常なのだろうか?確かに、もし定常であれば金融政策は
短期的な算出水準にしか影響を与えないことになる。
だが、個人的には、金本位制下で極めてデフレ的な政策を長期間
採った国は、自然算出水準を下げた可能性が高いと思っている。

無論、彼の言うように自然生産水準を引き上げるために、
労働生産性を引き上げるとか、生産要素の効率的な再配分をする
といった努力が必要なのは確かだろう。

しかし上記のように「金融政策によって自然産出水準は変わらない」
とまで仮定してしまうのは、現在の日本の経済政策を考える上では
リスクが大きいと思う。確かに多くのマクロ経済学者がそう仮定して
しまっているが、少なくとも data-oritented に考えるべき問題だろう。
大きな供給過剰の経済で、労働者の生産性や生産要素の
効率的な再配分が果たしてどれほど進むだろうか?
私は、自然算出水準の構成要素自体が需給ギャップに大きく
影響されている可能性の方が高いと思う。

もちろん、デフレさえ解決すれば全部解決、という訳ではないけれど、
デフレが経済にとってかなり大きな問題であることは強調しておきたい。

じゃあ、現実問題、経済政策運営はどうすれば良いの?と思った方はこちら。
「インフレで財政赤字を解消する過程」



スポンサーサイト


テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

volatility

日本にいたころ、GARCHとかfractionally integrated系のペーパーを読んでSASでプログラムを書くというお仕事をやってたことが。。。まあ一番印象に残っているのはSASがプログラミング言語として終わっていることですが。

SAS

SASは僕も嫌いですねえ。でもいまだに、産業界ではデファクト・スタンダードです。製薬業界ではSAS以外のソフトでコードを書くと、役所の審査に余計な時間がかかるそうです。あとは、確かに大規模データの扱いはSASに一日の長があるようですね。

私は主にRですが。

R

私も電卓代わりから数値最適化までほとんどRです。困ったらPythonぐらい。どうも統計・数値計算系はプロプライエタリなソフトウェアが多くて面倒です。

Rで家計簿

以前、「家計簿をRで付けたら便利かなぁ」と思ったのですが、そういうのはさすがに表計算ソフトの方が便利だろ、
と思ってエクセルのままです。そういう用途を取り込むと、爆発的に普及すると思うんですけどねー。
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程にてPhD取得。現在、米国の某州立大准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
40位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
5位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。