チリ・コンテスト -- このエントリーを含むはてなブックマーク

知り合いの数学科の准教授宅の
チリ・コンテスト (Chili Contest)
に招待されたので家族で行ってきた。

Chili とはどんな食べ物であるかは、
グーグルのイメージ検索結果でもご覧頂きたい。

主に数学科のファカルティーが招かれているのか
と思ったら、親戚の集まりに知り合いも若干呼びました
という感じの会だった。准教授の妻が8人兄弟で
全員がデトロイト周辺に住んでいるため、すごい
人数の親戚がいるようだ。

アメリカでは各自が料理を持ち寄る potluck
というパーティーはよくあるが、この Chili Contest
は参加者全員に投票用紙が配られ、
1位に書かれた料理に3点、2位に1点が与えられて
合計点で優勝を競うという極めてシリアスなもの。
私は公平を期すため(笑)10種類のチリを
2回ずつ味見して投票した。

妻は料理が趣味なので
今までチリを作ったことはなかったものの
「まあ、アメリカ人相手なら優勝狙わないとねー」
とそれなりの自信を持っていた。
素材を贅沢に使った一風変わったシーフード・チリで臨んだが、
年季の入った料理には勝てず優勝できなかった。

私の日本人的な感覚ではおいしいと思うのだが、
続けて食べ比べるとよく煮込んで濃厚な
チリにインパクトで負けてしまうのも確かだ。

保温用の電気鍋も買ってしまったので、また来年だ。



キッチン
(↑キッチンにはチリの鍋がいっぱい)
シーフードチリ
(↑Willy家のシーフード・チリ)
優勝チリ

(↑優勝したJamba チリ、写真映りは悪いがおいしかった。)

スポンサーサイト


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

チリはアメリカ中部地方の定番料理ですね。町全体のコンテストも頻繁に行われている事ですし。っていうかシーフード入れている段階でチリじゃないような(笑)。

>「まあ、アメリカ人相手なら優勝狙わないとねー」
大学院以上レベルでしたら結構おいしいと思います。うちも毎週みんなで集まってスープがかりを交代でやるんですけど半分の院生がベジタリアンで困る。それに加えて一人シーフードアレルギー、もう一人乳製品アレルギー、一体どうすれば...(笑)

アレルギー

こっちはアレルギーとかめんどくさいですよね。お菓子を作る時もナッツはダメとか、ベジタリアンだから天つゆのカツオ出汁がダメとか、、、。今回のコンテストは「材料は何でも可」となっていたので、その点は良かったです。

No title

写真右の方はいかにも数学者って感じですな笑。他意はないですよ笑。

エンジニア

でも、右の方の人は自動車メーカーのエンジニアです。
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
5位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ