スポンサーサイト -- このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


米国企業は何故、博士を採用できるのか? -- このエントリーを含むはてなブックマーク

日本企業は米国企業等に比べて博士の採用に非常に消極的である。
Rionさんがやっている「経済学101」にその話題が出ていたので、
日米の違いを考えてみる。

よく挙げられるのは、以下の2点だ。

- シグナリング効果の違い
- 終身雇用制と企業内教育

シグナリング効果の違いとは、簡単に言えば、アメリカでは学部に
入学するのは優しいが、大学院を卒業する事は相対的に難しいので、
博士号がポジティブ・シグナルになるということだ。

終身雇用と企業内教育とは、日本の大企業は終身雇用制に基づいて
企業内で人材を育成して研究・開発を行っているため、博士をあまり
積極的に採用する必要がないということである。逆に言えば、
大学は企業に人材を供給するという責務がなかったので、理論偏重の
人材育成に偏りがちであるという面もあるだろう。

しかし、日米の違いはこうした制度的な違いだけではない。
米国企業には圧倒的な人材の厚みがあり、
博士の応募者の能力を測るだけの体制が整っているのだ。

私が、アメリカの商業銀行の面接を受けた時には、責任者と思われる
面接官のほかに統計のPhDを持った職員が2人いて、私が書いたペーパー
の理論的なバックグラウンドとか、今までに推定したことのあるモデル
の種類とかいった、非常に細かいこと部分まで質問してきて、
責任者もその会話を観察していた。

別のIT企業の面接に言ったときには、博論の極めて理論的な
研究内容のプレゼンテーションをしたが、統計のPhD持ちが何人もいて
きちんとその話についてきて、ちゃんとした質問までしてくる。
アカデミックな内容に関する彼らの理解力は、
ランク下位の研究大学の研究者よりも上を行っていると感じた。


日本でも、大手電機や自動車メーカーでの電気・機械系の採用や
大手製薬メーカーでの化学系の採用などでは
これに近いことが可能なのかも知れないが、
社会全体としてはアメリカ企業の
人材の厚みには到底適わないだろう。

私は元々日本大好き人間だし、
日本にいた頃はアメリカなんて大したことないと思っていた。
日本で生活している限り、凄いアメリカ人に出会う事はとても少ないからだ。
しかし、実際に米国に来てみると
知識階層の厚みというのはもの凄い。
私の大雑把な感覚では、日本の10倍程度の厚みがある。

これは、世界の研究大学トップ100に
日本の大学が5校程度しか入らないのに対し
米国の大学が約50校も入っていることとも整合的だし、
アメリカがアジアと南米全域から優秀な人材を集めている
ことから考えても不思議ではない。




スポンサーサイト


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

フィードバック

補足ありがとうございます。

この問題はフィードバックが強いのでちょっとした違いが大きな結果の差をもたらしますね。最終的には大学院がよいシグナルになる場合と悪いシグナルになる場合の、ある意味極端な、二つの均衡が存在しているようです。

どちらの均衡が社会的に望ましいかは時代(技術)によっていて、これからは前者の場合が望ましい時代になっていくように思います。

雇用流動化

新規産業の育成のために流動性の高い雇用市場を目指すなら、企業は大学教育に頼らざるを得なくなります。従って、今後は一国経済にとって前者の方が望ましい社会であることは間違いないでしょう。もちろん、大学も変わらなければいけないところはありますが。

No title

その知識層の厚みのなかでも、ユダヤ系の方々の凄さというのを感じたことはありますか?

こちらは日本ではもっと分かりずらいので、ご存知でしたら、おしえていただきたいです。

No title

たおさん:

多いと思いますしユダヤ系の知り合いもいますが、全体としてどのくらいのインパクトがあるのかはよく分からないですね。隣町のBirmingham市はユダヤ系が多く確かに教育水準も高いのですが、現在は、アジア系の多いNovi、Troyの方が公立学校のレベルは高いようです。
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
6位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。