アメリカのインフルエンザ予防接種-H1N1 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

いま家族3人で、H1N1型インフルエンザの予防接種を受けてきた。
今回は注射ではなくて、鼻にスプレーをするというものだった。

日本は良く知らないが、アメリカでは
通常のseasonal flu も H1N1 もワクチンが不足しているので
乳児とその母親、若年層、高齢者、病気持ちの人など
優先順位が決まっている。
しかし管理がずさんなせいか
簡単に全員分予約して接種を受けられた。
もっとも、運が良かった面もある。
大学の薬局で受けたのだが、
ワクチンが入荷後して職員全員にメールでお知らせが来る前に
偶然にも絶妙なタイミングで薬局に電話をしたらしい。

理由は詳しく分からないが、
子供は4週間空けて2回受けなければならないらしい。

seasonal flu のワクチンは、私と妻は受けたが子供だけ
受けていない。子供用は分量が少ない別の規格なのだが、
そちらの方が品不足になっているという。
これまた管理がずさんなせいで面倒なことになっているようだ。



スポンサーサイト


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
5位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ