スポンサーサイト -- このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大学提供のウェブのシステムは外注すべき -- このエントリーを含むはてなブックマーク

ここ数年、
大学が提供するメールシステムやウェブのシステムなどに
ちょっといらいらしている。

例えば、WS大では各授業のシラバスや配布資料を載せるために
Blackboard という汎用のソフトウェアを導入して、
ウェブ自体は大学が管理しているのだけど、
学期のはじめなど混んでいる時期だと正常に機能しない。
また、通常時も無線LANを経由だと一部の機能だけが正しく動作しない。
メールシステムも時折、停止する。
数時間とかではなく、ひどい時は4~5日間にわたって
断続的に調子が悪かったりする。
これはW大M校にいたときもそうだった。

経費をきちんと見た事はないが、
こういうシステムの管理にはかなりの設備投資や人件費が
かかっているはずだ。
大学は財政難だし、巷ではクラウドとか言われてる
時代なのに何故、外注にできないのだろうか。

日本の大学ではどうなっているのか知らないけど、
これでも大学職員のブログなどを見ると
結構な大学でGmailやYahoo Mail などが
導入されているらしい。

反対の人達は、自腹で自前のメールシステムを維持して
欲しいものだ。



スポンサーサイト


テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

国公立大学で入試システムでミスが時々あるんです。とくに第一志望がだめで、第2志望にまわすなど、複雑なことをやっているばあい。プロミスはつきものやけど、デバッグのやり方までちゃんとしらない先生が組んでると思うのやけどね。

それと教えに行っている大学で、履修から成績まで学生・教員が使用しているシステムで、履修届の変更にプロミスがあるように思ってるんです。

基本的に外注すべきでしょうね。高く付きますけど。

読む前に

タイトルだけみて同意してしまいましたw。

いやほんとお願いだから外注してください。授業管理システムが予告なく落ちてるとかほんとありえないから。あと履修関係システムが夜動いてないとか、負荷分散のため人によってアクセスできる時期が違うとか、あげればキリがない。。。

大学関連のシステムってどこでも大差ないし、負荷が大学毎に一定の日に集中しがちなのでクラウド化するってのはとてもりにかなってます。

計算用のコンピュータ(変な言い方だなぁ)はどうでしょうかね。うちはSunですが、別にこれも専門の管理人がいることを考えればクラウドで十分な気がします。別にSSHが通れば実際に端末触ることなんてないわけで(大体経済にCDEを使うひとなんていません)。

>履修届の変更にプロミス

これはひどいですね。

外注も、最近はクラウドコンピューティングなどを使えば自前でやるよりかなり安いと思います。教授が片手間でボランティアでやるなら、確かにその方が安いですが(笑)。

その際、データが外部に漏れるかも知れないから嫌だ、みたいなことを言う人がいるけど、そのあたりは契約で解決すべき問題だと思います。

要するに雇用かと

>Rionさん

僕はあんまり計算機使わない人なんで分からないんですが、いい加減、クラウドになってもいい頃だろうとは思います。

結局外注にできないのって、今大学にいる技術者を解雇できないってことなんじゃないかなぁ、と思います。W大M校の統計学科なんて、教授20人、院生90人くらいの所帯なのにコンピューター管理専門に雇ってる常勤職員が2人もいるんですよ。その一方で、「財政難だからホワイトボード・マーカーを大切に使え」とか言われても(笑)。

No title

>W大M校の統計学科なんて、教授20人、院生90人くらいの所帯なのにコンピューター管理専門に雇ってる常勤職員が2人もいるんですよ。

うちは数学科と統計学科と同じ建物なこともあり、ある程度コンピュータ管理は共同で行っているようです。しかしメールシステムを学科毎に用意してどうするのやら。。。

UCB

W大M校は、CSとSTATがシステムを共用してるんですが、なんで統計学科側に2人も担当者が必要なのでしょうね、、、。

UCBの数学科はMSRIという世界最大規模の研究所を持っていますね。うちの数学科では、MSRIのセミナーの予定表が毎週メールで流れてるんですが、なんのために流れているのか良く分からない(笑)。あと東大の数理研の建物はUCBに習って設計したという噂がありましたが、似てるんですかね。
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
5位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。