案外寂しがりな米国人大学生のアパート選び -- このエントリーを含むはてなブックマーク

多くの学生が下宿生活をする米国の大学街では、夏は引っ越しのシーズンである。私が住んでいるのはアメリカの典型的な大学街だが、アパートの相場はよくある2LDKでおおよそ700~1000ドルくらいである。しかし、今日、ネットサーフィンをしていたところ4LDKで4200ドルという破格に高い新築アパートを見つけてしまった。しかも、場所はキャンパスのすぐ近くでリッチなビジネスマンが住むのに便利な場所ではない。一階には学生向けの飲食店が入居する予定で、夜は周辺で酔っ払った学生で賑うことが必定であり、お世辞にも住環境は良くない。

誰が借りるのだろうか?とホームページを良く見たら、どうやら学部生のルームシェアを呼び込もうとしているようだ。しかも、驚くべきことに「物件によっては一つのベッドルームを2人でシェアすれば一人当たり480ドル」と書いてある。ベットルームの広さはせいぜい7畳程度である。それを二人でシェア、バス兼トイレを最大4人でシェア、キッチンとリビングを最大8人でシェアすることになる。しかも、480ドルといえば古めの1Kの物件がそこそこ便利な場所に借りられてしまう値段だ。

日本人でそんな条件でルームシェアをする人はよほど変わっているだろう。しかし、米国人の学部生は、見た目が豪華で、夜中まで飲み歩いてもすぐに帰れるアパートに、たくさんの友達と一緒に生活するのを好むらしい。友人から、「米国人は過保護に育てられるので、大学に入って親元を離れるのがうれしい反面、一人で生きて行くのは不安なのだ」とも聞いた。よく考えると、彼らは料理もほとんどしないので、キッチンではピザをチンできれば十分だし、冷蔵庫にはビールとコーラが入れば問題ない。

私が子供の頃、米国は子供を個人主義に育てると教えられた。しかし、現在の日米の若者気質を比べるとそれはむしろ逆のように思えるし、もしかすると元から作られた幻想だったのかも知れない。
スポンサーサイト


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程にてPhD取得。現在、米国の某州立大准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
4位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ