スポンサーサイト -- このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


応用数学セミナー)ベイズ的方法を用いたacceptance sampling -- このエントリーを含むはてなブックマーク

今日の応用数学セミナーは、Tachen Liang教授の
"Baysian Sampling plan for exponential distribution"。
製品の寿命の検査に高いコストがかかる場合に
どのように検査するのが最適かというのを
ベイズ的なモデルを作ってシミュレーションしたもの。

製品寿命が指数分布に従うと仮定してそのパラメータに対する仮説検定を行う。
寿命がある程度以上なら製品の質に問題がないのその個体の検査は途中で止めるし、
一定個数以上の製品が検査にパスすれば、そこで検査自体を終わりにする。
仮説検定に関するリスクと検査コストの兼ね合いをどうするかというのを
Bayes型のモデルを使ってやるとパフォーマンスが良いそうだ。

・・・・・と言っても、ベイジアンのシミュレーションは
事前分布の置き方や結果の見せ方でモデルの精度評価はかなり変わるので
きちんと細部まで結果を見ないとなんとも言えない。
背景の理論があったわけでもなかったし、なんだかなぁ、
とあまり感動しない自分がいた。

もっとも、WS大の数学科は大きいとはいえ、
統計のファカルティーは常勤が4人、客員が来ている人が1人(
といっても客員の人のやってることはほとんど確率解析)
の5人しかいない。
それなりに共通のテーマを探せれば研究にとってはプラスなのだが。。。

なかなか難しいものだ。



スポンサーサイト


テーマ : 数学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

統計学は学者さんが少ないんですね。

おまけ

まあ、数学科ですからね。
寿司屋に焼き物のメニューが少ないようなイメージです。
(余計分かりにくいか、、。)
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
5位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。