スポンサーサイト -- このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


冷房の設定温度を28度にしている人の時給は120円以下 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

3年ほど前から省エネと称して、
冷房の設定温度を28度にするという
精神訓練が日本で流行っているらしい。
竹槍でB29を落とそうとした国民にとっては
このくらいは屁の河童といったところだろう。

尊敬の意を禁じえない。

幸いにも、私はこれが始まる前にこちらに来たので
こうした修行を受けずに済んでいるが、
今日のニュースによると、
25度から室温が一度上昇するごとに
作業能率は2%ほど低下するそうだ。

実際には、これは影響を過小評価しているだろう。
オフィスで行われる作業のうち大半は単純作業なので
頭脳労働ではもっと効率が落ちるだろうし、
室温が上昇する毎に作業能率の低下は加速するだろうからだ
(そうでなければ、室温50度でも通常の半分の作業をこなせることになる)。

まあ、ひとまずそうした細かい点は脇において、
これを機に冷房の設定温度を28度にすることが
いかに馬鹿げているか計算してみたい。

まず、本来であれば、オフィスの冷房の設定温度を
1度上げたときに節約できる費用を計算できれば良いのだが、
残念ながら良い資料がない。
そこで、家庭用の8畳~12畳用の標準的なエアコンを一人に
かかる冷房費用とみなして試算しよう。
資料によると、夏の112日間に一日8時間ずつかけたとして
冷房費用は合計で14,150円かかり、
設定温度を一度上げることで15%程度節約できるという。
従って、設定温度を一度上げても一時間あたりに直す
とわずかに2.4円の節約である事が分かる。

これで作業効率が2%落ちるとすれば、
時給120円以下の人でないと設定温度を上げる
経済合理性はないことになる。

私は、室温を28度に設定している会社では働きたくないし、
そんな企業の株にも投資したくない。

最近は、同じ室温でも快適に過ごせるように、
ということでクールビズなどというものも流行っているが、
そんなことは言われなくても私はずっと前からやっていた。
そもそもオフィスの24-25度という室温は、
男性にとって涼しい服装をしていてちょうど良い温度である。

エコというのは、例えば、
効率の良い冷房機の購入に補助金を出したり、
燃費の悪い車に多額の税金をかけたり、
原子力発電を増やしたりすることによって達成すべきだし、
そうすることによって企業もメリットを受けられる。
国は、そういう方向に対策を持っていくべきである。



ちなみに、私の部屋には残念ながら冷房がない。
スポンサーサイト


テーマ : 環境・資源・エネルギー
ジャンル : 政治・経済

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

冷房の設定温度を28度にしている人の時給は120円以下 - 統計学+ε: 米国留学・研究生活

冷房の設定温度を28度にしている人の時給は120円以下 - 統計学+ε: 米国留学・研究生活  この数字がどこまで現実に近いのかはわからないけど、暑いと作業効率落ちますよねぇ、確実に。と、ここ最...

コメントの投稿

非公開コメント

おっしゃるとおり

ツイッター @takayamamanabu で引用させていただきました。 私も数学科卒です。

No title

>高山様

引用ありがとうございます。
環境問題が大事だとしても、日本でやってることは効率が悪すぎると思っています。

No title

冷房の設定温度を28度にしている会社も酷いけど、
それに対して時給は120円以下とか言ってしまう人を見ると
「争いは同じレベルの間でしか起きない」なんてのがしっくりくるなぁと思う。

No title

原子力はエコですもんね。
もっと普及させましょう!!

No title

茶さん:

すみません。意味がよく分かりません。

匿名さん:

これは3年前のエントリーなのですが、
一件の事故で、人々の判断は大きく変わってしまいますね。
原子力発電の安全性を評価するのはなかなか難しそうです。

No title

前職のオフィスは室温28度以上が徹底されておりまして、実際に部屋にセンサーが付いていて一定時間以上28度を下回ると「環境対策課」のような部署から怒られ、始末書のようなものを書かされました。当然、センサーから離れた窓際(管理職の場所ですが)などは30度以上が当たり前で、最高35度になりました。こんな環境の中で、毎日我慢大会が行われていました。これは3年前の話なので、今年はさらにレベルアップした大会が行われているのでしょう。今の職場は、設定24度で室温26度と快適で、これだけでも転職してよかったと思います。

No title

匿名さん:

全く、しょうもない職場ですね。
僕が日本にいた2004年頃まではそんな問題はありませんでした。
企業としてはセンサーが28度以上になることが問題なのですね。
センサーを温める機器が発売されれば売れそうです。
そうすれば企業としては、
「我々は、温度センサーをつけ室温を28度以上に保っています(キリッ」
って言えますしね。

No title

某大学(自分が通ってる大学ではありません)でもセンサーがあって28度を上回ると冷房が弱くなる仕組みになってるらしいです。
そこである賢い生徒がそのセンサーにホッカイロを貼り付けて、センサーを誤作動させて寒いくらいに冷房が効くようにしたようです。
案外、教授や講師も全然気付かなかったそうです。

ホッカイロを使って、誤作動させれば誰にも気付かれずに温かくなるんじゃないんですかねぇ。(温度センサーのログを取ってるなんてしてそうもないですし。

No title

Dehmelさん:

実際のところ、そういう「工夫」が必要ですね。

No title

設定温度、28度は快適です。
私は2つの職場でパートをしています。
一方の会社はボス一人を除き全員女性スタッフで冷房の設定温度は28℃くらい。とても快適です。ボスも特に暑がってはいません。
もう一方の職場は、男性ばかりで、設定温度が23度で、何枚上着を着ても寒くて寒くて耐えられません。 3日連続で、午前中に早引けしてきました。夏の冷房で寒いのは、冬に寒いのとは全然違います。他のスタッフには私のつらさを全く理解してもらえないのですが、このままでは体を壊してしまうと思い、一般的な女性にとって、23度がいかに寒いかという根拠を探していてこれを読みました。
28度がばかげているなんてとんでもないです!28度は快適です!

なんというか

ここでの問題は働いている人たちが希望しているにも関わらず、節電とかでの
理由で、働いている人達には快適でない温度設定がなされるのは効率が悪い
という事なので、人によって快適な温度が違う場合に、2人以上で働く職場で
どのように温度を設定するかという問題とは、それはそれで一つの問題ですが、
別の問題ですね。

ちなみに、私は暑がりで汗っかきなので28度だとポロシャツにジーパンでも
額から汗がしたたり落ちるわ、頭がぼうっとするわでかなり作業効率が落ちます。
もちろん上の方のように逆に28度が快適な方もいるでしょう。

複数いる場合は最適な温度を一人ずつ聞いておいて、その平均にするとかすると
多少いいのかもしれません。

しかし働いている人たちが望んでいるのに、節電とかで快適な温度を設定できない
ようにするのはものすごく非効率なことだと思います。

No title

職場では28度の温度設定でおばちゃんたちはアップアップ言ってますよ。

『今日一段と暑いですね』と話しかけたら、『自己防衛しないとどうにかなっちゃう』

という回答が来ました。こんな環境で働けと会社はいうのです。

25度超えたら夏日で暑いっていうのに、

室内は30度超えもあり、エアコンがあるのにつかわないで

猛暑日温度のなかで仕事をがんばれと。

狂ってますねー。

もうこんな職場に行きたくありません。日本はほんとにおかしい。頭悪い。

No title

猛暑じゃなくて、真夏日でした。

No title

匿名さん、私には28度は…さん、まっすさん

28度が良いという人がいても否定しませんが、
平均的に頭脳労働者が最も快適な室温はかなり低い温度だったはずです。
例えば、為替のディーリングルームなら
確か24度くらいだったのではないですかね。

それにしてもこんな昔の記事にコメントが付くとは、
今年も相変わらず日本は我慢大会をやっているということなんでしょうね。
幸い、こちらは冷夏でして、家のエアコンもあまり使っていません。

No title

私は数年前まではオフィスで働いてましたが寒くて仕方なく、そちらの方が「精神訓練」でした。今は自営で自宅で仕事してますが、設定温度は29度で十分快適です。

しかし暑がりな人が多数派のようですね。私など、たまに電車やバスに乗ると気でも狂ってるんじゃないかと思うくらい冷えてると感じます。

No title

匿名さん:

正直言って、寒い人は長袖シャツとかカーディガンとか着て下さいって思うんですが。
寒い方が頭働きますし。アメリカの喫茶店は私には寒過ぎ(22℃くらい?)ですが、
Tシャツの上に長袖シャツ着て凌ぐので、まあ許容範囲内かなと思ってます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程にてPhD取得。現在、米国の某州立大准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
4位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。