米国の大学のポストにつく経路を考える -- このエントリーを含むはてなブックマーク

失われた20年が終わり2010年になった。
次の10年に日本がどうなるかはっきりは分からないが、
高等教育機関に関しては、財政の逼迫や少子化、定年延長など
常勤ポストを見つける前の若手研究者にとって暗い話題ばかりが目立つ。
いろいろと改革を進めなければいけないことは間違いないが
昨年の事業仕分けで行われた文部科学省の役人と大学教官の議論を見ても
文科省に日本の高等教育を立ち直らせることは難しいだろう。
人生を文科省に委ねるリスクはますます大きくなり、
優秀な人はどんどん民間企業に進むと同時に、
アカデミックに残る人の海外流出も進むのは間違いない。


そこでアカデミックに残りたい人のために、
純粋な日本人がアメリカで常勤ポストにつくための経路を考えてみる。
学歴で分けると主に以下の3通りが考えられる。

A. 学部(米国)→ 博士(米国) → [PD(米国) →] 常勤ポスト(米国)
B. 学部(日本) → 博士(米国)→ [PD(米国) →] 常勤ポスト(米国)
C. 学部(日本) → 博士(日本)→ [PD(米国) →] 常勤ポスト(米国)


もちろん、常勤ポスト(日本)→ 常勤ポスト(米国)という道もあるだろうが、
そこまでいくと個人の資質による面が大きいので省かせていただく。
また、[]内のPD経験が何年必要かというのは、分野に大きく依存する。
経済学のように直接常勤ポストにつくことが比較的多い分野もあれば、
純粋数学のようにPDを2-4年程度やるのが通例となっている分野もある。

まず、米国で就職するためにどの経路が最も望ましいか、
というとそれはもちろん、望ましい順に、A>B>C だろう。

個人レベルでの差も大きいものの、
AとBにはかなりの語学力(コミュ力)の差が存在するのが普通だし、
BはCに比べて語学力の他、学歴のスクリーニングで損をする可能性が高い。
人数的にはA、Bは非常にたくさんいるが、
Cはかなり少ないことにも留意しておきたい。


A. 学部(米国)→ 博士(米国) → [PD(米国) →] 常勤ポスト(米国)

まず、Aを選択するためにはかなりいろいろなハードルがある。
18歳の段階で文科省に見切りを付ける高校生がいるとしたら相当な切れ者だろう。
周りから助言をもらうにしても、身近に事情に詳しい大学関係者がいる必要がある。
実際には、私の知る限り、優秀なのに日本の教育システムに馴染めなかったとか、
元々家族で海外に住んでいて米国の大学へ、というケースが多い。
日本では、この進路選択がいわゆる高学歴層の間で
まだ一般的になっていない点も見逃せない。

多くの親は、子供が優秀だと医者や弁護士にしたがるものだ(*1)。
子供が技術者や研究者を目指すのにポジティブだとしても、
有名な日本の国立大に進んで欲しいと思っているのではなかろうか。
しかし、キャリア上での成功への近道は他人との競争ではなく差別化だ。
この進路は、今後、理工系を目指す人には有力な選択肢になりうる。

(*1) この場合、日本国内を選択した方が得だろう。
参考:虎の尾を踏む覚悟


Aの選択肢には、金銭的な制約条件も少なくない。
かなり裕福な家庭でなければ子供にこの選択肢を与える余裕はないだろう。
米国では近年、私立のみならず有名州立大でも学費は暴騰しており、
奨学金が受けられない場合、授業料で年間3万ドル前後、
生活費を含めると5万ドル前後の費用が必要だ。
例えば、私立のMITでは学費が年37,782ドル、生活費を含めると
モデルケースで52,000ドル程度は必要である。

しかし、私が見た例から考えると、
もし十分に裕福な家庭で、子供が精神的に自立しており、
明確な目的意識があって、十分な知力と学力が備わっているならば、
学部4年間に20万ドル以上を投資する価値は十分にあると思う。

もちろん、どれか欠けた要素があるなら無理してAを選択すべきではない。


B. 学部(日本) → 博士(米国)→ [PD(米国) →] 常勤ポスト(米国)

人数的に比較的多いのがこのパターンだ。発展途上国、例えば、
インドなどからアメリカにくるケースの多くはこれだ。

日本から博士課程への留学は、主に分野に依存して二つの動機ある。
(1) 米国の大学の研究レベルが日本より圧倒的に高い
(2) 日本に留まった場合のキャリア上の選択肢が狭い

(1)は社会科学などで一般的であり、(2)は理論物理や生命系などが該当するだろう。
(1)の留学にメリットがあることは明らかだが、
米国では最終学歴が極めて重要なシグナリングとなるので
(2)だけを理由とした留学も十分に価値がある。
しかし日本では、この考え方はまだほとんど浸透していないと思う。
私は、この動機による留学がもっと増えて欲しいと願っている。


一つの理由は、アメリカではマイノリティーを優遇される一方で、
極端に小さなグループは十分なメリットを受けられないことがある点だ。
例えば米国内に、T京大学から過去に3人の留学生を受け入れている大学院Xと、
日本人を一人も受け入れたことがない大学院Yがあったとしよう。
Xに留学した3人の成績は取りあえず、平均して標準以上だったとする。
この時、仮にXがYよりもcompetitiveな大学院であっても、
T京大学からの新たな出願者にとって入りやすいのは恐らくXの方だ。
しかし現状では、日本人出願者にとってXのような大学院が少ない。
在学中や就職活動の情報収集にあたっても、
同じ国の出身者のネットワークを全く活用できないことはマイナスだ。

もう一つの理由は、
日本が高等教育に割けるリソースがどのみち限られているなら
せめて日本人が海外で居場所を見つけた方が、
結局は日本のためにも良いのではないかと思うからだ。
世界がボーダーレス化する中では、
文化圏を人間ベースで考えることは必要であると思う。

Bは経済的には、Aに比べて大きなアドバンテージがある。
博士課程の学生も、必ずしも全員が金銭的に安泰ではないということは、
特に米国の大学の財政が悪化している最近では留意すべきだが、
ほとんどの学生が直接的な費用を負担せずに留学している
ということもまた事実である。
年齢が上がってしまうことや、コミュニケーションのための英語を
使う機会が制約されることはデメリットであるが、
留学までに時間的な余裕があるので準備には時間をかけられるし、
大人になっていることによる精神的な余裕というメリットもある。


C. 学部(日本) → 博士(日本)→ [PD(米国) →] 常勤ポスト(米国)

このパターンは、データを元に見ると応募者ベースでも採用ベースでも非常に少ない。
海外からの出願という括りで見ても、カナダやイギリスからの応募が若干ある他は
あまりいないのが現状だ。

出願者の地理的な嗜好などに依存する面もあるが、
恐らく学歴による差別、語学の壁、人脈の壁などが主な原因であろう。
しかし、「米国外PhD → 米国の大学へ就職」を数少ないサンプルを
元に考察するといくつかの共通点があるように思われる。それは、
(1) PhDを取得した大学院の研究レベルが米国の一流大に匹敵する
(2a) 海外でPDやVisiting ポジションを経験している(*2)

という点だ。

(*2) (2a)の代わりに、(2b) 既に母国で研究実績が豊富、
というパターンもあるがこれは冒頭で述べた通り省略する。

つまり、日本の理工系の多くの分野の研究者にとっては
アメリカで一旦、PDやVisiting のポジションを取って1~2年研究し
その後にアメリカへの就職を考えるというキャリアパスは
それほど非現実的ではないと思われる。
ただし、研究者に発給されるJビザには色々な制限が
あるので引っかからないように注意されたい。

まとめ

日本の若い人やその親世代に情報が十分に広まり、
国境など大した壁ではないという意識が行き渡れば
A、B、Cのいずれの渡米人口も大幅に増加すると私は考えている。


また、上ではアメリカの大学について書いたが、
シンガポールや香港をはじめとしたアジアの大学への海外流出の
メリットは更に大きく、壁は低いというケースも多いだろう。

日本の高等教育が停滞する中で、
いろいろな選択肢を考える機会は広がっている。


当ブログ内の関連記事:
海外で勉強して働こう(アカデミック版)
海外流出ってえらいの?


スポンサーサイト


テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「18歳の段階で文科省に見切りを付けた相当な切れ者」だった人間です(笑)。現在は上記の経路において、ステップ3「PD」でフン詰まり状態のう◯ちくんに成り果てましたが(爆)。(失礼でしたら消してください。)

「まとめ」に同意ですが、これも日本の労働市場において日本の大学での学歴によるシグナリング効果が薄れた時にそういった流れが起こるのではないかな、と個人的には思います。日本企業次第というか・・・。日本の社会問題において「労働」の占める割合は本当に大きいと感じています。

ブランド力

若者の海外流出と日本の出身大学の神通力が弱まるのは多分、同時進行するでしょうね。金融機関の例でいけば、優秀な学生がゴールドマン・サックス等に就職するようになってから、M菱UFJに入ってもみんな喜ばなくなったのと似た状況になるかも知れません。まあ、そこまでひどくはならないと思いますが。

18歳で文科省に見切りを付けるってすごいですよ。僕が18歳の時は、頑張りさえすれば同じ大学で、学部→修士→博士→助手→助教授→教授ってなれると思っていましたから(笑)。

No title

13歳でアメリカに行くと言い出したわが娘はただの無鉄砲か世間知らずですね。(笑)そもそも、その8年前に、費用が10分の一以下の日本人学校を選ばなかったバカ親がおりましたが。
この辺りまでの年齢なら親の覚悟が最大の要因かも知れませんね。別途コメントいたします。

留学

>isaacさん

私が話題にしているのはアカデミックのキャリアパスを追求するという前提ですので、13歳で留学したいというのはまた別の話だと思います。もちろん、キャリアの方向が明確になっていなくても、留学しておいた方が将来的に得になる可能性が高い状況で、親の意見と子の希望が一致すれば留学させることは考えられるでしょうね。

やったぜ、Ph.D.!

Willyさん、はじめまして。教育についてブログをいろいろと検索しておりまして、Willyさんのブログにたどり着きました。遅くなりましたが、博士論文合格おめでとうございます!いよいよPh.D. ですね。本当に勉強と研究が厳しく、大変だったと思います。奥さまや娘さんも喜ばれていることでしょう。

実は、私も某アメリカの大学院で、Ph.D. in Educationを二日前に取得したものです。私の場合、AとBの中間のルートを歩いてきました。高校まで日本で、その後渡米、大学の単位を半分アメリカで取り、あとの半分は日本でした(日本の学士号を取得)。数年、日本で働いた後、M.S. とPh.D.をアメリカで取ったことになります。今後も教育研究を続けますが、教育ジャーナリストとして世界の教育の実情を伝えたいと思います。今、日本にいますが、おそらく近い将来、オーストラリアか、アジアに家族で移住しようと思います。独身ですが、将来の子供は外国語として日本語を学べはいいと思っています(本人がやりたければ)。

それにしても、もう日本はダメですね。相変わらず、文部省のボケ官僚と白痴教授らが教育界でのさばっているので将来はないです。学校でのイジメ・自殺も相変わらずですし、大学生も超・就職難にあえいでいます。日本の大学院で博士号を取っても「高学歴ワーキングプア」になって人生おしまいです。日本の大学生、院生のほとんどが英語が全くできないので、海外に出て研究者になることもできないし、何よりも英語で論文を書き、プレゼンをし、教えることもできないでしょう。

だいたい、日本の博士号に全く学問的価値はないです。なぜなら、文系・理系を問わず、教授が博士号を持っていないことが多いからです (留学した教授も、金とコネでPh.D.を取って帰国している)、超一流大学を含めて。先進国で、博士号を尊重しない国って、日本くらいじゃないですか?高卒、学部卒、修士卒、ニュースキャスター、スポーツ選手、タレント、コメディアンがある日、大学や大学院の教授に招聘されるのって、日本だけでしょう。つまり、日本には学問がありません。

だから、政治・経済、産業、教育にしても、全く国家戦略が立たないのです。日本のリーダーらが考えていることは、自分たちの利権と社会的地位の保持だけ。その結果、日本は近い将来、国家破産するでしょう。小にこだわっていたら、大を失うのです。

Willyさん、日本人って、みんな正直で勤勉な人が多いじゃないですか?でも、なんで日本はこうなってしまったのでしょうか?



No title

> Dr. Perpetual Traveler様
「日本に学問はない」というのはギャグですか?
真実そうだとしても,事実誤認と過度な一般化で極端な結論を導き出すような人にPh.Dを出すなんてアメリカも落ちたものです(こっちは冗談ですが・・・).
まあ,Ph.Dを取得された勢いで指が滑ったのかもしれませんが,もう少し思慮のあるコメントをお書きになるべきかとおもいます.

教育問題

Dr. Perpetual Travelerさん:

PhD取得おめでとうございます。世界の教育の実情を踏まえて政策提言できるレベルの人材は日本には皆無ですね。去年、日経Ducareという雑誌の創刊号を取り寄せてみましたが「あー、このレベルの認識で止まってるのね」という感じでした。例えば、教育費のGDP比が他の先進諸国に比べて少ないから増やせとか、学部生レベルの作文です。日本社会が博士に価値を置かないのは、実業界の人材育成と研究開発が企業内で行われているからですね。この部分をどうやって大学に持っていくかという議論をしないと、日本の高等教育を改革することは不可能だと思います。労働市場の人材流動化が進めば企業は人材育成をアウトソースせざるを得ないので、これから日本の大学にもそうしたチャンスはあると思います。

ただし大学は子供の人数で市場規模がある程度決まってしまいますから、日本の大学が衰退産業なのは仕方ないしです。ポストも不足しているので、これから基礎研究で日本の優秀な研究者は減っていくでしょう。これはある程度は避けられません。日本人の研究者の規模を維持する唯一の道は、日本人が海外に出ることですね。

日本の博士号に価値がないというのは言い過ぎでしょう。理工系では海外学位より価値の高い分野が多いと思います。博士号を持っていない教授が多いのは大学教員が足りなかった時代の名残で、50歳以下の世代で持っていない人はまともな大学では皆無ではないでしょうか。

客観的な資料を

>The desparate researcher & Willy様

日本の教育制度の歴史を振り返ると、結局、大学は、学生を「日本株式会社」という巨大生産マシーンのどのランクの職種に人材を配給するための、選別マシーンにすぎません。たとえば、日本の教育学の大家といわれる天野郁夫・元東大教育学部教授の最近の著書、「大学の誕生(中央公論新社)」によれば、

「(東京帝国大学による)独占的な体制のもとで、ヨーロッパの大学における中世以来の学位制度も、アメリカのPh.D.に代表される業績主義的学位制度も、日本では一向に根付かなかった (P.197)」。

もっとも、この天野とかいう教授も博士号を保持してませんが...。また、自称エコノミスト・浜矩子は、同志社大学大学院の教授ですが、彼女は一橋大学の学部卒ですよ。欧米で、一流大学経済学部卒が、エコノミストを名乗り、まして大学院の教授になることは、その人がどんなに優秀でもありえないことです。浜のような学者クズれがウヨウヨ日本にいます。まあ、理工系は博士号取得者が教授になっているでしょう。医学博士は、医者たちの間で、「陰毛」とさえ言われています。ないと恥ずかしいけど、あっても自慢できるわけでもない、と。

そのほかの文献として、古いですが、「サイエンティストを目指す大学院留学(生田哲・アルク)」、そしてズバリ、「高学歴ワーキングプア(水月昭道・光文社)」などがあります。よほど、学生自身が優秀で、世界のアカデミズムを知っている教授につくのであれば話は別ですが、どうでしょうか。

日本の学問水準を客観的に示す指標も、もちろんあります。たとえば、science gatewayというサイトで、主要国のインパクトの程度を表しています (http://www.sciencegateway.org/rank/index.html)。これによると、日本が強い分野は、immunology (+15%) とspace science(+14%) くらいでしょう。あとは、マイナスです。Economics&Business は-54%、Psychology/Psychiatryは-43%、social sciencesは-25%、mathematicsは-15%、Clinical medicineは-16%など。

同じサイトで、論文の本数とそのインパクト度数(Impact Factor)を示しているものもあります。日本の学術論文の生産量は、アメリカに次いで世界二位(http://sciencewatch.com/dr/sci/09/feb15-09_1D/)。ところが、Citation Per Paperということになると、日本はベスト20にも入っていません(http://sciencewatch.com/dr/cou/2009/09decALL/)。

つまり、論文の量は世界二位でも、あまり世界の学問に貢献しない内容の論文を量産していることになる。欧米の有名大学および研究所は、論文の数ではなく、質でその研究者の能力を評価して人選します。もちろん、もっと多くの資料を収集して、分析して判断を下すべきでしょうが。

私は、べつにギャグのつもりで投稿したり、指が滑ったわけでも、まして喜びの絶頂のあまり過激になったわけでもないですよ。落ち着いています。一応、定量・定質的な見方の訓練は大学院で受けてきました。あと、日本の学者や学生の多くは、議論や、書いた論文の批評や批判が苦手ですね。やられると人格否定されたと思ってしまう。

私は、日本人がダメだとか、学問的素質がない、と言っているのではないです。むしろ逆で、もし日本人が世界の実情を知り、思い切って教育改革をすれば、一時的なバブルの繁栄ではなく、自信を持った日本人になれると思います。やれば、できるのです。

たとえば、いま韓国、中国、東南アジアの経済・産業が栄えている一つの理由は、過去20~30年間、多くの留学生たちが理工系のPh.D.をアメリカで取得させ帰国させたからです。要するに大前研一さんみたいなアジア人がいっぱいいるからです。日本人は、せいぜい、MBA、政治・経済学の修士号を取得して役所や大企業に戻って働くだけでしょう。人材の層の厚さという点で日本は、アジアにも負けているのです。

私は、Willyさんと同じく、海外から日本と日本人を応援しますよ。

日本の大学

Dr. Perpetual Traveler さん:

私は、画一的な価値基準を当てはめて日本がだめだとかアメリカがダメだとかいう風に考えるのは、考察が不十分だと思います。例えば、日本では学部卒や修士卒の官僚が天下って経済や政治系の大学の教官になるということはよくありますが、それは彼らが日本で一番重要な情報と意思決定に関わってきたからであって、必ずしも彼らの能力が米国の博士より劣っているというわけではないでしょう。民間企業の理系研究者に関してもそうです。逆に、日本の博士を取得した人が全く役に立っていないかというと、そんなことはなくて、理論分野ではそういう人が多数活躍しているわけです。

したがって日本の現状に対する問題提起としては、「実業界・官界と学界の交流をもっと若年層のレベルで進める枠組みを作ろう」とか、「それによってapplicableでインパクトのある論文を世界に発信出来るようにしよう」といった方向に持っていかないと建設的でないと思うのです。「日本ももっと博士号を尊重しないとダメ」というような主張は、何も知らないアメリカ人が初めて日本を見たときのつぶやきとしてはOKですが、両国の事情を知る教育関係者の発言としてはあまりに寂しい気がします。

また、アメリカではダメな博士なんて掃いて捨てるほどいるわけで、浜さんのような例を取り上げて「学位がないからダメなんだ」というのは無理があるでしょう。

日本のcitationが少ないのは以前から言われていますが、引用件数自体は世界でも4位であり欧州言語圏でないというハンディを踏まえれば、まあ健闘していると言えるでしょう。割り算した値が20位に入ってないことに関しては改善すべき点もあると思いますが、それは主要な問題とは言えないでしょう。(ノーベル賞学者がクズ論文を10本書いたとしても平均的にみて悪い研究者ではないですよね?)

アジアの学生がアメリカでたくさんPhDを取得して帰国して戦力になっていることは事実ですが、日本との研究水準や経済水準の違いを踏まえれば、同様にならないのは自明です。日本が置かれた独自の立場を下にどういった方法で研究水準を維持・工場させていくのかというビジョンを議論しなければいけないと思います。

No title

天野郁夫でWikipediaを見たら、「1990年9月 教育学博士(東京大学)」とありますよ。
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
5位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ