日本とアメリカ、どちらが凄いか -- このエントリーを含むはてなブックマーク

もし、「日本とアメリカ、どちらが凄いか」と聞かれたとしたら、
はっきり言って答えようがない。

日本とアメリカを比べるということは、
両方とも「国」だから比較可能だろう
というのが前提になっていると思うのだが、
日本とアメリカでは
「国」に込められる意味が全然違うと思う。


日本が誇るものというのは、
日本庭園であったり、浮世絵であったり、
自動車であったり、ニンテンドーであったりする。
要するに、日本人が誇りに思っているのは、
民族と、それが生み出す文化、そして
その文化が生み出した製品やサービス
なのだろうと思う。

一方で、アメリカというのは、
基本的に出来たばっかりの国で
そんなたいそうな文化はないし、
国民の大半は怠惰で不健康で冴えない上に
まとまりがない人たちだ。
しかし、頭の良い人が思いついたことを
どんどん事業化できるような仕組みとか
優秀な移民を受け入れる仕組みとか、
どんどん借金しても国が回る仕組みとか、
ともかくシステムとしてうまくできている。
どんだけ頭が良い人たちを集めたら
こんな仕組みを作れるんだ…、
と茫然とするくらい上手くできている。
(もちろん問題が全くないわけではないが。)

つまり、
日本という「国」は「文化」であり「民族」である。
アメリカという「国」は「システム」である。

ちょっと調子が良いけれど、
私は日本の「文化」と「民族」と
アメリカの「システム」が好きである。

ブログ内の関連記事:
ペットボトルに見る日米の差
アメリカの医療制度の良い点
社会人の大学院留学の機会費用とリスク6(複線的なキャリアパス)

スポンサーサイト


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

質問が漠然となればなるだけ、難しくなります。
もし、この質問をする人が実際にいたら、その人はどちらが好きか決まっていて、大賛成するか、徹底的に反論するかという事態が起きる様な気がします。

ちょっと、毛色の全く違うポストで驚いております。

熱でもあります?

No title

>YSJournal さん

もちろん、日米どっちが凄いかを本当に議論したいわけではなく、日本とアメリカって国の仕組みが違うよねー、ということが言いたいだけです。例えば先日の移民受け入れの件に関しても、国を民族として捉えるか、システムとして捉えるかで最適解は違ってくる可能性があると思うんですよ。日本人や日本企業の海外進出もまた然りです。

確かに唐突と言えば唐突なんですが、唐突である事自体が「このブログで良くあること」なので(笑)。

No title

こういう「議論」は最終的に好みの問題になってしまいますが、民主主義も最終的には愚民の自由意志(=好み)を問う仕組みという点において本質的には同じです。

個人的には、日本の文化とか土着的なものを土台にしながらアメリカ的なダイナミズムを必要に応じて取り入れた社会ができあがれば、それが僕の理想に近いかなと思っています。

No title

>毒之助さん

確かに、そう考えれば仕組みとしては究極的には同じですね。移民の国としてスタートし移民がどんんどん民主主義に参加する国と、島国としてスタートしそのアイデンティティをそのまま受け継いでいる国では、いろいろなものの均衡状態が異なるというだけのことかも知れません。
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程にてPhD取得。現在、米国の某州立大准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
3位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ