スポンサーサイト -- このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


修士課程と博士課程、どちらに行くべきか? -- このエントリーを含むはてなブックマーク

日本の大学院では、修士課程と博士課程というのは同じ建物の1階と2階
みたいな感じで、レベルには違いがあるけど趣にはあまり違いがない。

一方、アメリカは実務家養成のための修士課程と専門家養成のための
博士課程という風に分かれているし、入り口自体も別になっている。
家具屋に入ること(修士)と日曜大工の店に入ること(博士)
くらいの違いがある。

アカデミックに残りたい人は、博士課程に行く以外に道はないので
置いておくとして、産業界に行きたい場合はどちらに行ったら良いだろうか?

もちろん、それぞれにメリット・デメリットはあるし、分野によっても
大きく違うだろうが一番のポイントは、
「その分野の勉強を楽しむことができるか」
ということであると思う。

修士課程のプログラムは、将来つきたい職業なりがあって、そのために必要
なことを効率良く学ぶ、ということに主眼が置かれている。従って、
目標さえあれば、学問的な興味が無かったとしても頑張って終えることが
できると思う。1~2年という期間は精神的にも経済的にも現実的な選択肢だ。

翻って博士課程のほうは、元々研究者養成のために作られたプログラムということ
もあるし、企業が採用する際も、特定の問題を深く掘り下げられるという
能力を求めている。そのため、ともかくその分野が趣味と言えるくらい
好きでないと、終えるのは難しいのではないかと思う。

まとめると、
「将来のキャリアのためなら修士課程へ、
研究の過程を楽しめるなら博士課程へ」
ということになる。

ブログ内の関連記事:
社会人の大学院留学の機会費用とリスク1(機会費用)
大学院統計学科の選考基準について
大学院の推薦状について
学際的な分野の大学院の選び方
日本国内の海外留学用奨学金





追記:

アメリカの修士課程の学費は高いことが多い一方、博士課程の学生は給料を貰えることが多いのは事実である。しかし、巷にあまりにも楽観的な経験談が多いので、以前に否定的な記事を一つ書いた。博士課程を目指す「超優秀ではない人」には是非お読み頂きたい。

大学院と Financial Aid
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ留学
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

でも修士課程より、博士課程の費用のほうが負担は少なくてすみますよね。
大学側が負担してくれるところも多いそうですし。

僕はキャリアの為に留学しようと思っていますけど、経済的な理由と、アメリカでの修士の評価が低いと聞いたことで、博士課程を考えています。

No title

シモジさん:

表向きは博士課程の方が安くすみますが、3~4年間の時間やその間に得られるであろうキャリアを考えると博士の方が得だとは必ずしも言えないでしょう(若干得だとは思いますが)。アメリカは基本的にそういうものの収支がトントンになるようにできています。むしろ、日本では博士が迫害されていると言うべきだと思います。

追記に一つリンクを足しました。

No title

日本の「修士課程が終わってから博士課程」というシステムは、戦後、日本の高等教育が、アメリカにしたがう形で改革された時、文部官僚が輸入を間違えたからこうなった、という説がありますよね。本来、「修士or博士」であるべきはずなのに、「修士+博士」となったおかげで5年もかかることが、採用において博士課程修了者を企業が敬遠することの背景の一つになっていると思います。もっとも、アメリカでもEconomicsを含む文系は最初から博士に入っても5年かかることが多いですけれど。

日米の大学院比較

>Ad Hoc さん

その説は知りませんでした。しかし、アメリカの博士課程はカリキュラム的にも日本の「修士+博士」とほぼ同じですし、仰る通り通常4~7年程度かかります。Economics は別に修業年限が長い方ではないと思います。従って、日本の修業年限が長いということもないです。

そういえば、アメリカの修士課程に相当するものは日本にはあまり見当たりませんね。日本の大学院拡充化も、せめてそういうプログラムを中心に実施すれば今のような混乱は起こらなかったのかも知れません。

プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
6位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。