スポンサーサイト -- このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


教育の機会平等と選抜 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

松本徹三氏がアゴラで日本の教育問題、特に中学受験の問題に関して発言して、
それに対して金融日記の藤澤氏が噛みついている。

ごく簡潔に構図を説明すると、松本徹三氏が教育方針に悩む知人の例を挙げて
「良い中学に入るために塾に通い詰めて受験勉強をしなきゃいけないのはおかしい」と主張し、
それに対して藤沢氏が「中学受験こそ日本の教育システムの肝」と反論している。
それぞれの主張に、もっともなところがあり、疑問なところもある。

教育を国全体として考えたとき、重要なことは、
1) 全ての子供に平等に機会を与える一方で、
2) 前途有為な子供を選抜して教育リソースを重点配分する
ことであると思われる。
もちろん、全ての子供に最高の教育を受けさせることができれば一番いいが
地方自治体の決算や私立学校に掛かっているコストを見れば、
それが経済的に非現実的だということはすぐに分かるだろう。

私は日本とアメリカ以外のことはあまり知らないが、
結論から言うと、1) と 2) のいずれの点でも、
日本のシステムは比較的優れていると思っている。

まず、機会平等の観点から見ると、
全ての科目を教える通常の学校を運営するには相当なコストが
かかっていることには注意が必要だろう。
アメリカではこの部分で、公立学校にしか通えない中流以下の層と
充実した教育を受けられる一握りの上流階級が分かれてしまっている。
公教育にしても、所得によって居住地域が異なり、
それによって教育環境は異なってくる。
上流階級の子供は日本より良い初等・中等教育を受けられるかも知れないが、
その結果、選抜においても生まれ持った環境の占める比重が高くなり、
必ずしも能力に優れた子供が選抜されないので
リソースの配分も非効率的になる。

日本では、小学校までは全ての子供に比較的公平に初等教育が施されている。
中学受験という選抜で有利な立場に立つには
確かに進学塾に通うなどして相当な準備をしなければならないが、
そうした教育を受けるために必要な経費は恐らく2~3百万円ほどで
中流階層までのかなりの割合の子供がこのチャンスに恵まれる。
完全な平等からは程遠いものの、
学校教育に全てを託すのに比べれば
機会は広く公平に与えられているのではないだろうか。

少なくとも、経済力で良い学校に通えるどうかが決まる社会よりは
教育リソースは有効に配分されているだろう。

日本の教育の問題は、教育リソースが重点配分されたあとも
更なる選抜のためにリソースが費やされていることだと思う。

超一流の私立中高に入った生徒は、
再び超一流の大学に入るためにエネルギーを費やし、
大学に入ってからは希望の学科に進めるようにエネルギーを費やし、
更に超一流の企業や官庁に入ったり、難関の資格を取るためにエネルギーを費やす。
今や会社に入ってまで、各種検定試験を受けさせられる
ところも珍しくない。

確かに中学受験の入試問題を見れば12歳の子供の思考力を
試すのに十分な、趣向を凝らした問題に感心させられる。
一方で、例えば国家公務員I種試験の問題を見ると、
子供の思考力を試すような幼稚な問題に呆れさせられる。
確かに、頭の回転の早さや記憶力のようなプリミティブな能力を
試すには適した問題かも知れないが、
あの試験を作っている人達は日本の将来の一端を担う人たちに
12歳から22歳までの10年間に何を学んで来てほしいのか、
私には全く見えてこない。

学校に入るための選抜はあくまで教育リソースを最適に配分するための手段だ。
配分されたリソースは将来を支える人材を育てるために
有効に使われるべきである。

そもそも日本は米国や中国などと比べれば元々規模が小さい上に
少子化も進んでいる。選抜にかけるコストをある程度小さくしても
教育資源をうまく配分できてしかるべきだ。

個人的には日本の中学受験のシステムは結構よくできていると思っている。
経験的には、日本の難関中高(例えば上位10校程度)の出身者は、
頭の回転の早さや理解力という点において
平均すると一流大卒の平均的な人たちよりも優れていると感じる。
もし中学受験のシステムを今のまま維持するのであれば、
彼らの一定の潜在能力を認め
トップ数校の入学者に対しては大学入試を免除して、
その代わりに全人的なエリート教育を施すのも一案だろう。

いや、それは少々極端かもしれないが、
教育リソースをひたすら次の競争のためだけに使うのは
そろそろ辞める時期なのではないだろうか。
スポンサーサイト


テーマ : 教育問題について考える
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

需要側の問題

>教育リソースをひたすら次の競争のためだけに使うのは
>そろそろ辞める時期なのではないだろうか

私もそう思いますが、超一流の企業や官庁が、理不尽な仕事でも文句を言わず、
素早く処理するホワイトカラーを必要としている限り、教育システムは変わらないと
思います。

金融日記は書く人が変わってしまった気がします。昔だったら、東大に入ったら
イケメンが捨てた女性と付き合えるといったことを書いていましたので。

No title

>超一流の企業や官庁が、理不尽な仕事でも文句を言わず、素早く処理するホワイトカラーを必要としている限り、教育システムは変わらないと思います。

全体的に見れば、そうかも知れませんね。ただ、私は人口の0.5%でいいからリーダーになれる人材を育てられれば社会を変えられると思っています。中部財界が力を合わせて変な全寮制の学校一つしか作れない国と、大富豪が百億ドル単位のお金を寄付して「今後100年間で医療と教育の機会平等のためにお金を使う」と高らかに宣言する国とでは社会のリーダーの質に差がありすぎです。

金融日記は藤沢さんがずっと書いているわけではないと思います。そもそも外資金融に勤めていてあのペースでは書けないでしょうし。ブログを売ったのかも知れません。何人かで交代で書いているようにも見えます。あくまで憶測にすぎませんが(笑)。

No title

事実上首都圏あるいは近畿圏にしか難関中高とよばれる学校がほとんど存在しないことを考えると,スクリーニングのシステムとしてはかなり問題があると思いますが.おそらくカバーされているのは人口の半分強程度ではないかと.

>難関中高(例えば上位10校程度)の出身者は、頭の回転の早さや理解力という点において平均すると一流大卒の平均的な人たちよりも優れていると感じる。

”平均”的にはおそらくそうでしょう.しかしどれだけ誤差があるか,というのも問題になるかと.たとえば上位10位クラスの難易度の中学校でも,入学者のうちトップ大学へと進学するのは半分程度だと思いますが.中学受験のような社会階層の影響が後からの選抜に比して強く出がちな早期の選抜と教育資源の集中をを政策的に正当化するには,説得根拠として強いのか弱いのかはわかりませんが.

まあ卒業生の大半がT大に行くT駒クラスのようなところだったら,なかなか教育資源の投入もそのリターンが楽しそうではありますが.地方の県立高校からT大にいった人間的には,そういった連中と過ごす高校生活というのがどのようなものか関心があったりはします.

No title

事実上首都圏あるいは近畿圏にしか難関中高とよばれる学校がほとんど存在しないことを考えると,スクリーニングのシステムとしてはかなり問題があると思いますが.おそらくカバーされているのは人口の半分強程度ではないかと.

また
>難関中高(例えば上位10校程度)の出身者は、頭の回転の早さや理解力という点において平均すると一流大卒の平均的な人たちよりも優れていると感じる。

”平均”的にはおそらくそうでしょう.しかしどれだけ誤差があるか,というのも問題になるかと.たとえば上位10位クラスの難易度の中学校でも,入学者のうちトップ大学へと進学するのは半分程度だと思いますが.中学受験のような社会階層の影響が後からの選抜に比して強く出がちな早期の選抜と教育資源の集中をを政策的に正当化するには,説得根拠として強いのか弱いのかはわかりませんが.

まあ卒業生の大半がT大に行くT駒クラスのようなところだったら,なかなか教育資源の投入もそのリターンが楽しそうではありますが.

No title

申し訳ありません.二重投稿になってしまいました.どちらかを削除していただければと思います.お手数おかけして申し訳ありません.

No title

ななしさん:

はじめまして。なんだかFC2のコメント欄が最近不調のようです。お手数おかけしてすみません。ななしさんのコメントも管理画面上では少し前に私のところに届いていたのですが、何故か掲示板に反映されないという状態でした。

ご指摘の通り中高段階では選抜に参加出来る人は少ないので、複線的にチャンスを用意する必要があると思います。ただ、選抜を通った人というのは人数が少ないので、もっときちんとしたエリート教育を目指したら良いのではないでしょうか。

社会科なら、縄文土器の分類に時間をかけるよりも、初めから政策立案なり企業経営の視点から学んだ方がいいでしょうし、国語も、源氏物語について延々と現代語訳するより、人々を納得させる議論や文章の構成力を磨くことに主眼に置いた方が良いと思います。数学だって、変な関数の不定積分ばっかりやるより、きちんと構成力を付けさせた方がいいわけですし。英語は、海外の一流校と交流してコミュニケーション能力と人脈を同時に培ったら良いでしょう。ただ、そういうことをやるにはかなりの手間とコストがかかるでしょうし、国もお金をかけなければならないでしょうね。

落ちこぼれは出るでしょうが、母体数が少ないので入試のようなものを課さなくても振り落とせる気もします。また、もしまともなリーダーを育成できるのなら、一方で制度上の不備でそういった人が200~300人くらい東大に無試験で入ってしまってもコストとしては大したことはないと思います。(でも、日本の国民性からしてその200~300人を目の敵にして叩いて制度を潰そうとするのは目に見えてますねー。)
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
5位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。