スポンサーサイト -- このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


商売としての学校ランキング -- このエントリーを含むはてなブックマーク

日本人は中学、高校、大学などを偏差値や有名大学合格者数、
有名企業就職率などでランク付けするのが好きだが、
アメリカ人も、どの学校が優れているのかというのは
非常に気になるようで、様々なランキングが存在する。
アメリカ人は誰もが自分の学校が優れていると信じたいようので、
ランキングは種類がたくさんあればあるほど良い。

大学院のランキングは、
政府系のNational Research Council (NRC)が発表しているものや
週刊誌の US News が出しているものなどがある。
NRCのものが一番権威があるようだが、
10年おきの調査と頻度が低い。
しかも最新の調査はたしか2004年の予定だったのが
2年間遅れた上、いまだに調査結果が出てこない。
権威があるだけに、いろいろな軋轢が生まれて
公表できなくなっているのだろう。

また、世界中の大学をランキングしているものには、
Times が作成しているもの
Web上の影響度を調査したWebometrics
上海交通大学のランキング

がある。イギリス人の労作を除くと、
大抵上位100校の半分をアメリカの大学が占めるので
アメリカの大学のランキングとしても使える。

こうしたランキングは、雑誌の読者なり、
研究の充実度を知りたい院生や大学関係者が
主なターゲットという点では日本もののと似ている。

しかし、高校以下については日本とアメリカでは事情がかなり異なる。
(個別のサイトについては以前にまとめて紹介した。)

アメリカでは、公立学校も学区によって生徒の平均的な学力はかなり異なる上、
私立学校に行く費用は非常に高いので、子供のいる親はそれに合わせて居住地域を選ぶ。
その判断の元となる個別校の学力水準の情報も
通常は州が公表しているので簡単に手に入る。
その結果、営利団体が情報を加工してウェブ上に載せることで
かなりのトラフィックと広告収入を得ていると思われる(*1)。
ただし、情報は膨大なものとなり、各利用者は自分の居住地域の情報
だけに興味を持っているので、紙媒体で採算に載せるのは難しいことが、
ほぼ完全にウェブ上での商売になっている理由だろう。

一方、日本では個別の公立学校の平均的な学力水準は公表されていない。
日教組のような団体のある日本では難しいだろうが
もしもこうしたデータが公表されたなら、
いち早くウェブを開設し、不動産や地域関係の広告をうまく集めて
広告料をとれば一儲け出来るかも知れない。

(*1) "Great School"など。
ただしS&Pが運営していた"School Matters"は広告を出していない。
現在は政府系のNPOであるCCSSOが運営しているとの記述もあり、
詳しい経緯はよく分からない。

スポンサーサイト


テーマ : 教育
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ほんとNRCのランキングは遅れてますね。楽しみにしてるのに(笑)。

大学院に限って言えば学部ごとのランキングより教授ごとのランキングを作ってくれた方がよっぽど役に立つような気がします。取ったグラントの総額、サイテイションインパクト、教え子の就職率だとかを加重平均したようなものだと面白そうです。そこまで調べるとは当然考えられませんが。

教授ランキング

グラントの総額、サイテイションインパクトは、ある程度は公開情報から作れそうですね。

教え子の就職は、数学に関しては師弟関係をまとめているサイトがありますが、
「率」まで調べるのはなかなか難しそうです。

No title

日本で数学を専攻しているM1のものです。
今は微分幾何をしています。
アメリカの大学院の統計学に移るにはマスターから入らなくてはならないのでしょうか。
それともいきなりドクターから入れるのでしょうか。
ご回答宜しくお願いします。

No title

みかんさん:

直接PhDプログラムに入れると思います。ただし入学するまでに、学部生向けの測度論、数理統計、確率論の基本的な本は(今までやったことがなければ)読んでおいた方が良いと思います。なんらかの統計ソフトを用いた実際のデータの解析経験もあるにこした事はありません。

No title

ご回答ありがとうございました。
これからもWillyさんのブログ楽しみにしてます!
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
5位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。