アメリカに大学教員は多すぎるか? -- このエントリーを含むはてなブックマーク

Rionさんの経済学101のブログにアカデミアの労働市場に関する記事
が載っているので、私も現場からの意見として一言書いておきたい。

記事によると、アメリカの大学では非常勤講師の数が増え続けており
今や教員の73%にも達しているとのことである。

私は数学科の外の話は詳しく知らないが、
数学科あるいはそれに類する理論的学問分野に関して言うと、確かに
アメリカの大学のいわゆる教授、准教授、助教といったアカデミック・
ポジションの数は経営的な観点からはまだ多すぎると思う。

なぜなら、そうしたポジションの人を必要とする
大学院生向けの授業の数があまり多くないからである。
例えば、私の大学では通常、常勤の教員は
年間に4コース(2コース×2セメスター)の授業を持つ義務があるが
そのうち大学院向けのコースは多くても2コース、少なければ1コースである。
それ以外の授業は、学部生向けのもので、修士卒や博士課程学生でも
全く問題なく教えることができる。
教官の側からすれば、学部生の授業を教えるのは準備も少なくて簡単だし
教育は仕事の半分以下でしかないのだから、大した不満はないが、
高い給料を取る研究者にこれらの授業をたくさん持たせるのは
経営的には大いなる無駄だろう。

ただし、冒頭の非常勤講師が増え続けているという状態は
現状では必ずしもうまく機能していない。

問題の一つは非常勤講師の大半が大学院生であるということだ。
多くの大学院生にとっての死活問題は学位を取れるかということであり
良い授業をするインセンティブはほとんどない。
確かにクビになったら彼らも困るが、実際は
セクハラや不公正な成績評価など極端な問題を起こさない限り
クビになることはほとんどない。
必然的に授業の質は個人の労働観に依存してしまうため、
一部の人たちの仕事ぶりは本当にひどい状態だ。
2~3分で終わる数値入力を断ったり、
忙しいからと言って宿題の採点を拒否したり、
演習の授業準備をするのが面倒だからと
宿題の答えを(期限前に!)黒板に丸写しするTAもいる。

一方で、大学院生の雇用コストは安くない。
これは通常、雇用と引き換えに院生の授業料や保険料を
学科あるいは大学が負担する慣例になっているからだ。
例えばYale 大では院生の雇用コストがポスドクのそれよりも
高くなってしまうので最近はポスドクを増やしているという。

経営上合理的な方法は、
専門的でない学部教育と専門的な教育(主に大学院)を切り離し、
前者は修士修了程度の教員を(おそらく専任で)採用することだ。
研究職の教官には大学院の授業を持たせれば住み分けができるので、
授業時間数が大きく違っても問題は起こらない。
同一科目を同一教員が多く担当するようにすれば、
現在の高校教員に近いイメージになるので、
週に20時間程度の授業を持たせることは十分可能だろう。
これは研究大学の常勤ポストの教官が教える時間数の3倍程度だ。
それでも民間企業対比では休みや自由時間は十分にある。
研究義務がなく修士卒が条件であれば、賃金は現在の常勤ポスト
平均の8割くらいでも集まると思われる
大雑把に言って年俸6~8万ドルくらいのイメージだろう。
結果、学部向け講義のコストは現在の3割以下に出来る。

学部生は話の端々に豊富な知識が滲み出るような授業は
聞けなくなるだろうが、ルーチンという意味での
プレゼンテーションの質はむしろ上がる可能性すらあるし、
何より現在よりも安い授業料で大学に通うことができるようになる。

(もちろん、大学のコストは講義料だけではないのでそれだけで
授業料が3割になるわけではない。)

確かに、一部の学生(とその親)は高い授業料を払っても
専門家から生の話を聞ける授業を望むかもしれない。
しかし、それはほんの一部の私立大学がやればいいことだ。
多くの大学が求めるべきものは、
より合理的な経営と学生の懐を痛めない授業料であるように思う。

ほんとにそんなことやられたら自分は解雇されるかも知れないけどw
スポンサーサイト


テーマ : 大学
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

No title

数学的に証明されているかと思ったら、文学的哲学で語られている。そんな大雑把なら、大学の数を減らせばいいだけですよ。数が少なくなれば、競争が激しくなって質が向上するし、数が多ければコストばかり嵩むってだけな話で、ここの根本を変える方法なんてありません。

No title

何を目標にするの問題ですね。文面から推察すると、田原さんが設定してる目標は入学者の質を高めるということでしょうか。そうであれば単に大学の数を減らせばいいでしょうね。

私は、最終的に経済の生産性を高めるためにどうすべきかが問題だと思っています。そのためには、なるべく小さなコストで教育成果を最大化することが望ましいと思います。

No title

自分が大学院に実際入るときにはこういう枠が狭まってくるのかな・・・。
出来る限り親のすねをかじらず、こういうポストを手に入れて留学したいと切望してます。
だからそのために・・・今は結構数学と英語を必死にやってます。(GPA下げないように、極力大学の成績も悪くならないようにしてますが・・・。

No title

おっしゃるとおりですね。たとえば、学部向けのマクロ経済学ならもしかしたら僕のほうが偉い先生より、わかりやすく話せるかもしれません。きれいなスライドを作れますし、時間配分もきっちりとできるでしょう。先生より笑いも取れるかもしれませんし、場合によっては、大手投資銀行などのエコノミストの話のほうが、大学の先生より学生は熱心に聴くかもしれません。

問題は、民間の人間にそういう自由が与えられていないことでしょうね。兼業は認められていないことが多いですし(なぜ兼業がだめなのかさっぱりわかりませんが)、十分なお金をもらっている場合、それをやるインセンティブがないかもしれません。寄附講座をやるにしても、やはり学校向けの営業のためで、必然的に内容も偏ってくるわけですね。

僕としては、半年2コマくらい受け持って、副収入を得ながら、もっとぬるい会社に転職できれば、なんて思ってしまうこともあります。

No title

Dehmelさん:
>自分が大学院に実際入るときにはこういう枠が狭まってくるのかな・・・。

現状はむしろ州立なら州政府の予算カット、私立なら寄付減少や運用基金の利回り低下
の方が影響がありそうです。大学院のアドミッションは、景気次第ですね。景気が良い時の方が志願者は減るので入りやすいです。

>僕としては、半年2コマくらい受け持って、副収入を得ながら

こういう人はアメリカには実際にいるようですね。
シリコンバレーで面接を受けた時の企業のマネージャーは
趣味でUCBで教えていると言っていました。
そもそも学問的な話をしても下手な研究大学の先生より詳しかったりします。
アメリカのトップ層の人材の厚さはものすごいのでしょう。

ごもっともです

W大M校でTAをしています。

確かに全体的な大学の経営の観点からすればTAをきるのはいいことかも知れません。
ですが 大学は教育の場でもあると思います。
TAがなければそれこそ大学院にいけない学生がたくさん出てきますよ。
その点では 学生(大学院生)の懐はかなり痛みます。

ちなみにTAを雇うお給料は1学期あたり$4000が授業料免除のための納入金で$6000がハーフタイムのTAのお給料になります。なので学部はTAを二学期 $20000ほど雇っているわけで修士卒の人をやとうよりも安くついているかもしれません。

さらにいえば TAも首になります。
サービス残業なんて当たり前ですし 教授の信頼を得るために実際のお給料の倍以上の働きをする人もいるので一概になくしてしまえとは 言えないのではないでしょうか・・・

No title

W大M校の場合、学科が大学院に払う一学期あたり4000ドルというのは
大学院生の学費の総コストではないと思います。
給料年間13,000ドル+授業料 24,000ドル+保険料3,000ドル=40,000ドル
というのが大雑把なコストと考えるべきかと思います。
私の場合は家族がいたので、保険料の大学負担は8,000ドルくらいありました。

TAはハーフタイムと言ってもdiscussionを週4時間くらいですよね。
専任にして同一科目を多く持たせれば16時間くらいは
持たせることができると思いますよ。もちろん科目によりますが。

もちろん院生には今まで通りの補助をすべきだと思いますが、
私は現状では院生が多すぎるような気がします。
TAのポジションを用意できるから、TAが必要だから、という理由で
院生をたくさん取るのは本末転倒のような気もするんですよね。
実際、コスト意識の高い一流私立なんかはむしろ院生を絞っていますし。

>サービス残業なんて当たり前

これ本当ですか?まずは監督者に、次に学科に、解決しなかったら
しかるべき部署に相談した方がいいです。私も週20時間契約で
週40時間働いた週もありましたが、平均で契約時間より多く働いたことはないです。

No title

Willy様、

大変参考になりました。

$4000なのですが 確か5年ぐらい前まではこれを払わずに学科はTAに授業料免除を与えられました。
この$4000が導入されてからすでにTAとPAの数はかなり減っているらしいです。
この場合 どのレベルでの大学の経営を話しているのか といのが問題になってくるかと・・・
学部レベルでのTAのコストと 大学レベルでのTAのコスト(TAをもらっている学生が払わない学費を差し引いたコスト)では話が違ってきますよね。

ただ TAの時間的拘束時間の話ですが
ハーフタイムのお給料で4時間拘束というはかなり恵まれているTAだと思います。
ラボTAだと 3時間の授業を4つで 最低でも週12時間拘束になります。
これに 準備 丸付け オフィスアワー 補習授業もあります・・・・(涙)
サービス残業はTAの自発的な行動ですよ。
学期単位の契約しかもらえない外部TAが 
契約を更新してもらうためにやることで 強制的にやるものではありません。
ばれて逆にボスに怒られることもあります。

大学院生の数は不況で増えています。
学部によってはすでに大学院に行くお金は自分で見つけてくださいという方針の学部もあります。
逆にTAの数を大学と争ってでも確保している学部は良心的ともいえるのではないでしょうか?
修士レベルの学生でRAをもらえるのは
実学系の学部だと10%を切っていると思います。
公衆衛生学部や都市計画学部だとPA TA入れても5%ほど。
ほとんどの学生は借金まみれで卒業します。
じゃあ 初めから大学院なんて行くなという話ですが
新卒の就職先がこれだけ絞られてる状況で大学院に行くしかない学生たちが存在し
弱者として生きる大学院という物があるというのもまた確かかと。


すみません TA哀歌のようなエントリになってしまって。




No title

TAが自ら進んでたくさん働く分にはそれほど問題にならないでしょうが、
きちんと学位が取れるようお気をつけ下さい。
私がinstructorをやった時のTAのうちの一人はひどい人でした。
TAなしで自分で全部やった方が楽だったと思います。

M校のRA/TAは、授業料負担の問題で私が在学中から減りはじめていました。
特に実学系の修士でTA/RAがもらえないのはある程度仕方ないと思いますし、
ある程度借金ができても問題ないと思います。
10万ドルくらいの借金が出来たとしても、
学位とってから生涯で300万ドルくらい稼げばいいわけですから。
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
9位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
3位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ