スポンサーサイト -- このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アメリカで博士号が重要な理由 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

自分の名刺には入れ忘れてしまったのだが、
アメリカ人はよく `John Smith, PhD' などと
自分の学位を名刺に入れることが多い。
理由は簡単、端的に言ってアメリカ人が知らない人と
会った時の態度は以下のようになっているからだ。

Q1) その人は金持ちか?
 YES → 成功した人。→ 尊敬の眼差し。
 No → Q2 へ

Q2) その人はドクター持ちか?
 YES → 取りあえず頭はいい人。→ 一目置いておこう。
 No → 何もできない人。→ なんだ、ルーザーか。

個人的にはそういう表面的な価値観は好きではないが、
実際にそうなってしまっているのだから仕方がない。
日本だって、名刺の一行目が「三菱商事(株)」と「(有)山田商会」
では受けが全然違うだろう。

もちろん、博士持ちもお金があった方がいいのは言うまでもない。
スポンサーサイト


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

昔、飛行機に乗るときに学位を書く欄がありまして正直に書いたんですが、名前を呼ばれるときにドクターとつけられて気恥ずかしかった覚えがありますね。

No title

axeさん:

学位というか敬称欄ですね。その場合は、Mr.が無難なのかも知れません。

No title

日本で言うT大学やK大学卒業って書くようなものなんですかね。。。
明らかにPh.Dの方が賢いと思いますがw

No title

将来外国で暮らしたいというアメリカ帰りの友人が、博士号を取る(日本で)ことに固執する意味が分かりました。

日本では足の裏の米粒くらいの意味しかないので、不思議だなぁ~と思っていたのですが。

業務連絡

Willyさん
帰米されるのがいつか忘れたのですが、念の為連絡だけ。

イマージョン教育のチャータースクールが、今年の9月から始まるそうです。12月1日までに5歳以上(といっても、先ずは幼稚園年長組のみのスタートなので、上は限度があると思います)で、だけでも入学出来るそうです。但し50名なので、超えた場合は抽選だそうです。

7月1日午後6時30分より、ひまわり幼稚園体育館で説明会があるそうです。(先日、お講演会のあった奥の方のキンダーの校舎があり、その中にあります。)

9101 Hillcrest Ave.
Livonia, MI48150

問い合わせは、info@jassem.org との事です。

うちの娘は、丁度キンダーが終わった所なのでダブる事になりますが、11月生まれなので応募だけはしてみようと思ってます。

業務連絡でした。

No title

Dehmelさん:

まあそんな感じですね。名刺にT大卒とは書けないですがw

足立さん:

確かにそういう感覚の違いはあると思います。日本に帰ってから
取ってもあんまり関係ないわけですが。

YSJournalさん:

情報ありがとうございます。うちは12月生まれなのでもう一年
あるのですが、もしかしたら説明会だけ参加するかも知れません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

匿名さん:

どうもです。そのブログは以前に見たことがあります。
あんまり面白いこと書いてないなあ、と思って流していましたが、
確かに高校生がいきなり見たら妥当性が判断できないかも知れないですね。
しかし、アメリカ大学への留学を勧める商売している人が
日本の大学を貶めるのは営業上の必然なので、
ネットに慣れた高校生が騙されることはあんまりないかも知れません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

匿名さん:

同意です。私にも、多くの記事は歪曲か誤解に見えます。
「なんか怪しい」ということは感じ取れるブログなので良いかな、と。

No title

北米だと、博士持ち&アカデミックにいる=「あ、可哀想、、、」 じゃないですか?
学歴があるのに、薄給料で、何で?と言われますよ。よっぽどじゃないと稼げませんからね。アカデミック内の給料格差にビックリしました。

No title

>北米だと、博士持ち&アカデミックにいる=「あ、可哀想、、、」 じゃないですか?

まあ、遠からずという感じですね。
お金も博士号もないと可哀想だとさえ思われないと思います。
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
5位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。