スポンサーサイト -- このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【書評】3年で辞めた若者はどこへ行ったのか?(城繁幸) -- このエントリーを含むはてなブックマーク


―― 3年で辞めた若者はどこへ行ったのか?

国民生活白書によれば、95年以降、
大卒新入社員の3年以内の離職率は35%前後に達する。
この割合はバブル期前後に比べ、約10%も高い。
本書は、そうして会社を辞めていった若者たちの人生を追う。
彼・彼女らの人生は、多様性に富んだドラマでちりばめられており、
読み応えがある。

もちろん、新卒社員の離職率の上昇という社会全体での大きな変化は
単なる若者気質といった理由だけでは片付けられず、
日本経済の基礎的な状況が「昭和」の時代とは異なることが
原因と考えるべきだろう。
もはや日本は、これまでのような年功序列を基本とした雇用制度を
国全体で支える事はできなくなったのだ。
大きな理由は二つある。

一つは、人口構造の変化である。
年功序列制度は、従業員の年齢構成がピラミッド型に
なっていることを前提に維持可能なものであった。
つまり、この仕組みはねずみ講の規模が大きいものと考えることができる。
労働市場における人口構造の変化は、移民の流出入がない限り
かなり安定的に予測することができるため、
もはやこのねずみ講を本気で信じる人はいなくなったということだ。

二つ目は、経済構造の硬直化である。
冷戦で極めて安定した政治・経済体制下にあった日本は
官僚主導で非常に安定した流動性の低い年功序列・終身雇用の労働市場を作り上げ、
従業員のインセンティブを高めることによって、
製造業の生産性上昇という面では極めて優れた経済体制を作り上げた。
しかしポスト冷戦の失われた20年を通して分かったことは、
国民がそうした安定した環境の下で企業の歯車として頑張る
ということが、最早、たいした富を産まなくなったということだ。
変化と不確実性を受け入れ、新しいことに取り組むことこそが、
長期的に大きな富を産む。
そんな社会では、むしろ年功序列は積極的に破壊しなければならない。

著者は、弊害の多い年功序列という歪んだ利益配分システムを一刻も早く捨て、
労働法を改正して流動化を進めよと主張する。そして、新しい社会では、出世のような
共通の価値観ではなく、各人が多様化することによる豊かさを求めるべきだと説く。
一見奇異に見える会社を辞めた若者達のいくつものストーリーは、
そうした多様性の具体例である。


――― 「こちら側」と「あちら側」の温度差

城氏の主張は説得力があるし強く共感できる。
私も、低成長下で多くの人が豊かになるための唯一の道は価値観の多様化である
と思うし、それが究極的には社会のためにもなるのだと信じている。

一方で、本書を手にとった人の多くが私と同程度の共感を感じることができるか、
といえば、私は少し悲観的にならざるを得ない。

有名な大学を出た圧倒的に多くの人は、依然として厚く保護された伝統的企業の
正社員として勤務している。例え社内では「割を食う世代」であったとしても、
非正規の労働者として安定しない身分で働く人との既得権益の格差は極めて大きい。
そういう人たちも「究極的には」年功序列の崩壊や人材流動化が進むと考えている
だろうが、それはあくまでも「段階的に」進むもので、自分達の既得権益について
「多少の妥協」を強いられることはあっても、生活を脅かすほどではない、
と捉えているだろう。これは、中高年に限らず20代の若者でもそうだ。
そして実際、その認識はある程度正しい。

本書のような読み物やネット上で行われる言論では、
既得権益を壊して新しいものを創造しよう、という勢力のプレゼンスが非常に大きい。
しかし、リアルな社会で経済的影響力を持つ既得権益層との認識の乖離は
感覚レベルでは依然としてかなり大きいだろう。

本書に共感できる人には、なぜ社会の変化がこんなにも緩慢なのかを考えて欲しいし、
本書に共感できない人には、既得権益層とアウトサイダーの温度差を知って欲しい。

そんなわけで、本書はあらゆる年代と階層の人に読んで欲しい一冊である。

スポンサーサイト


テーマ : キャリアを考える
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

同じ著者の「若者は何故3年で辞めるのか?」をもっていましたがまだ読んでいません。

講義中に3年ではキャリアアップにならないのでは?と言っているのですが。

ご紹介のものは今注文しました。まとめてHPに内容を紹介しようと思っています。

有り難うございました。

No title

僕もこの本読みました。Willyさんの書評は簡潔なのに秀逸で元の本を読む気がなくなりますよ(笑)。

城さんの仰っていることはアメリカにいればごく普通の観察だと思うのですが、既得権益を持っている人は守るものが出来てしまうんですよね、どうしても。ネットでさえ城さんのことアメリカの手先だとか言っている人もいるようですし、日本社会の膿を出し切るには荒療治が必要なのかもしれないです。

No title

足立さん:

私の感覚では、3年あればぎりぎりキャリアアップは可能だと思います。ただし、35%の人は、3年「以内」に辞めているわけで、これらの人たちはどちらかというと方向転換した感じの人が多いのかもしれないですね。

毒之助さん:

多くの日本人にとって、雇用が流動的な世の中を想像することは非常に難しいことのようですね。現在の条件の下で職を失うことと、社会全体の雇用が流動化することを無意識のうちに混同してしまうのかもしれません。

No title

今まではROM専でしたが、初コメント失礼します。
一瞬、Willyさんにしてはなんで今更こんな古い本の紹介をしたのかと不思議に
思いましたが、ナルホド、タイトルが似すぎです。
「若者はなぜ3年で辞めるのか? 」と。

でも、普通に考えたら3年ぐらいがキャリアチェンジの目安だと思えるんですが。
だって、日本の教育システムって3~4年毎に変わりますので。
(中学3年間、高校3年間、大学4年間という風に)
やっぱり、日本の労働観で言えば3~4年って短いんでしょうか。

一応、タイトルの本も今度読んどきますね。簡潔な書評ありがとうございます。

No title

Lockさん:

この本自体も出版から2年経っていますが、労働問題というのは非常にゆっくりしか動かないテーマですので今も読む価値は十分あると思います。

どのくらいのスパンでキャリアを考えていくかは、その人の適性や性格、仕事の種類や転職前後の業務内容の差異など、様々なファクターに依存しますので一概にどうとは言えません。個人的には2年以内の転職というのはキャリアの蓄積を図る観点からは避けたいですね。もちろん、どうしようも無い職場というのもあるでしょうから、それなら3ヶ月で辞めても構わないと思いますが。

リスク回避

>本書に共感できる人には、なぜ社会の変化がこんなにも緩慢なのかを考えて欲しい

非正規労働者でも生きていけたからだと思います。
非正規の団塊ジュニアが40代になり、本当に変化を望んだ時に、
雇用の流動化が始まると思っています。
非正規の団塊ジュニアがその恩恵を受けられないのが悲しいことですが。

本書にでてくる人のキャリアを見ていると、
リスクを回避することだけに生きることが、
最大のリスクなるではないかという気持ちになってきます。

No title

元SEさん:

>非正規の団塊ジュニアが40代になり、本当に変化を望んだ時に、
>雇用の流動化が始まると思っています。

うーん、こんなに小さな勢力で日本を変えられるんでしょうか。私は悲観的です。35歳以上の男性世帯主とかに限定した中途半端な補助制度でも作って終わりのような。私は氷河期の中でも特に就職が厳しかった学年でしたが、同期で集まっても非正規雇用の話なんて出たことがないです。安定した身分を持っている人からは、忘れ去られた存在という感じがします。雇用の流動化は少しずつ進んでいますが、非常に時間がかかりそうですね。
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
4位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。