米国のクレジットカードの作り方 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

日本人は現金が好きな方が多くて、私の知り合いの買い物大好きな女の子なんかは、洋服から宝石まであらゆるものを現金で買っているそうですが、アメリカは逆にクレジットカードの天下で、コーヒー一杯でもクレカで払える国です。

まあ、なんでそんなに違いがあるかは話すと長くなるのでひとまず置いておくとして、日本人が米国で初めてクレジットカードを作るのは案外面倒です。なぜかと言いますと、クレジットカードを作るのには当然、信用が必要ですよね?日本の場合それは、例えば年収であるとか勤続年数であるとか、そういうものが主に使われるわけです。だからちゃんとした会社にいさえすれば問題ない。しかーし!アメリカの場合は、過去に借りた借金をどのくらいちゃんと返しているか、でカードの発行の可否が決まってしまうのです。つまり端的に言うと、クレジットカードを作るにはクレジットカードの使用暦が無ければならない(笑)。頭悪いですねえ~、アメリカ人w

で、どうやって一番最初のカードを作るかというと主に以下のような
方法があります。

1. 勤務先と親密な地元金融機関など審査の緩いところを利用して、
ひとまず限度額の低いカードを作る。

2. 銀行に予めお金を積み立てて、その範囲内で使えるカード(secured
card) を作る。

3. 日本の会社が米国で発行しているカードを作る。(例:プレミオ・
カード)

4. 日本でアメックスカードを作り、米国カードに変更してもらう。

私は、米国に来た時に1の方法で作りましたが、友人によると現在では社会保障番号(SSN)がないと作れないとのこと。留学生の場合、学内でアルバイトをしない方は、作れないということになってしまいますねえ。現在では、日本で社会人経験のある方は、3.または4.の方法が最もオススメかもしれません。

で、めでたくカードが発行されたとしても問題は限度額。私が最初に発行してもらったカードは限度額が400ドル(笑)。そして、一枚目を真面目に使わなかったせいで、二枚目に取ったカードも400ドル。これじゃあ、生活費だけでも全額決済できません。

ただこれにはある程度裏技があって、米国のクレカは、オンライン決済にすると、一ヶ月に二回以上、頻繁に決済することができるんです。私は、400ドルのカードを週に二回決済することに(汗;)。一応、これで少額の買い物は何とかクレジットカードでできるようになり、ポイントが貯められるようになりました。メデタシメデタシ。

次回以降、もう少し詳しく、米国のクレジットカードについて紹介していこうと思います。




スポンサーサイト


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
5位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ