数学をやめてみて分かったこと -- このエントリーを含むはてなブックマーク

高専を中退した後、働きながらもう一度数学や理科を勉強しようと
大学進学を志している方からメッセージを頂いた。
僕自身も、一度数学を辞めて、別の分野で働いた後、
もう一度数学に比較的近い統計学をやっているので、
境遇は少し似ていると思う。
僕のブログの目的の一つは、そうした
非定形なキャリア選択を描くことでもあるので
匿名コメントではあったものの匿名性を保ちつつ紹介したいと思う。
頂いた質問は次のようなものだった:

willyさんは数学や統計学を学ぶに連れて世の中への見方は変りましたか?


これを読んでまず思ったのは、
僕が答えられるのはこれとは逆の質問だけだと言うことだ。
元々、僕は子供のときから数字や論理を通じて物事を考えるのが好きだった。
数字や論理を通じて一段一段積み上げて議論を組み立てることは
僕にとっては自然な方法で、それ以外の方法が特殊であった。
そこで質問を勝手に変えて、

willyさんは数学や統計学を学ぶのを一旦やめて世の中への見方は変りましたか?


という質問に答えたいと思う。
世の中への見方というと話が拡散してしまうので、
数学に対する見方が変わったかどうかについて書く。

一般的に言って、数学のように極めて理論的な学問の場合、
一旦、勉強を辞めてからもう一度やるのはハンディになる。
デメリットは多く、メリットは少ない。

しかし、私の場合に限って言えば
一般的なスキルという意味で役に立ったものがあった。
それは、全体感を掴むノウハウと表現できる。
数学は細部に注意しながら積み上げていく作業という性質が強いので
全体感を掴むのが非常に難しい。
例えば、未解決問題をどこかの数学者が解くと、
特番が組まれたり新書が出たりしてそのアイデアを
一般人に紹介しようとするが
大抵どれもトンチンカンな説明に終始する。
専門家の協力を得ても、
細部を理解せずに全体だけを理解する事は困難なのだ。

しかし、実際に論文を書く上では、細部が分からなくても、
ある程度全体感を掴みながらトピックを探していく必要がある。
頭の良い人はこれを自然にやってしまうが、
多くの(数学科の)人にはこれが難しいと思う。

僕が金融機関でやっていたのは経済や金融関係の調査だったのだが
分からないなりに論文を読んだり分類したりしていくうちに、
全体感を掴むための感覚がある程度身に付いた。
こうした感覚は、数学の教科書をこつこつ読むだけでは
なかなか身に付かないものだ。
そうした感覚は、少なくとも統計学をやる上では確実に役に立っている。

そんなわけで、数学のような純粋理論的な分野でも
他の仕事でやったことが役に立つような機会は十分にある。

キャリアチェンジを目指す人は、
今まで得たものを捨てるのではなく何らかの形で活かしながら
次につなげることができればベストだ。

スポンサーサイト


テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

Mr. Rion Aokiがなんも言ってくれなさそうなのでこちらに。

> 邦訳の題名、僕はイイ!と思います。
Thanx. ありがとうございます。

No title

望月衛さん:

おお!翻訳されたご本人の登場ですね。Freakonomics は原書で読みましたが、
ほかに読みたい本もあるので時間節約のため今度は邦訳にお世話になるかもしれません(笑)。
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
3位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ