奴のオセロが強すぎる件 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

教育パパを根拠もなく自称している私の当面の目標は、
「娘がオセロで奴に勝つこと」である。

オセロや将棋、囲碁のようなテーブルゲームは、
ルールを守ること、考える力を養うこと、定石を覚えること、
といった学問に通ずる要素をたくさん兼ね備えている

と思うからだ。
アメリカではお受験がない分、こうしたテーブルゲーム
の教育効果への関心は日本より高いように思う。
チェスは娯楽としては完全に廃れているが
子供向けの講座は今でも多い。

私は子供の頃、考えることが好きだったので将棋が好きだったが、
あまり強くならなかったのは、定石を覚えたり本を読んだりする
といったことが嫌いだったからだろう。

こうした傾向は私が数学をやる姿勢にも表れていてしまっていて、
自分で問題に取り組むのは好きなのだが
こつこつと基礎知識をつけたり、
網羅的に既存研究を調べたりするのは少々苦手だ。

娘には子供のときからなるべく経験を積ませて
物事へのアプローチとか自分の得意・不得意を認識してもらいたい。

ルールをほぼ理解してから、娘も割とオセロが好きになって
先は読まないものの、たくさん挟める所に置いたり、
私が置いた石に文句をつけたりするようになってきた。
四隅をはじめから与えるハンディ戦では、
私の分が悪くなってきた。

そんなわけで、長い道のりを少しずつ進んでいるのだが、
もう一つの問題は奴が強すぎることである。
今日、久々に私が奴とオセロをやったら58対6で負けてしまった。
うーん、おかしいな。前は接戦で勝ったのに。
奴はコンピューターソフトのようなタイプで
序盤は結構適当なのだが中盤以降ミスをしない。

というわけで、取りあえず自分が定石の研究をしないと…。
スポンサーサイト


テーマ : 女の子育児
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お嬢様、優秀ですね。 やはり遺伝子?
我が家でもチェスと将棋をやらせたり、ブロックを使って空間認識能力の向上に役立つか試してみたり、試行錯誤中です。

No title

NSさん:

うちの娘は特に言葉がゆっくりした感じです。友達と遊ぶ機会が少ないからかも知れません。空間認識は確かに訓練次第で変わる気はします。うちの娘にはまだ早いですが、ラジコンヘリなんてどうでしょうか。

No title

オセロとは関係なくて申し訳ないんですが、
以前、娘さんとの神経衰弱のお話を書いていらっしゃるのを読んだ
うちのヒトが、「Willyさんの娘さんと神経衰弱やったら負けるかもしれん」
と言っていたので、試しに9枚くらいトランプを並べて、表の状態で数秒間
記憶をし、その後裏返し、どこに何があるか当てる記憶力ゲームみたいのを
してみました。結果ですがうちのヒト、間違いなく娘さんに負けると思います(笑)
記憶力が未就学児以下なPh.D候補生も世界には存在しているようで・・・(汗)

No title

Hiroさん:

記憶力って年齢とともに衰えますからね。私は、子供のときから良かった記憶がないですが(笑)。
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
5位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ