スポンサーサイト -- このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


電話インタービュー from 某大学 -- このエントリーを含むはてなブックマーク


今日は、かなり良い大学の電話インタビューがあった。

この電話インタビューをクリアしてshort list と呼ばれるリストに入ると、
現地でのプレゼンテーション&インタビュー(通称、フライアウト)
に招待される。通常、これに呼ばれるのは4人までだが、今日話した
学校では3人しか呼ばれないらしい。もしここを突破すればかなり夢が膨らむ。

インタビューは30分程度で、時間は事前にメールで決めてある。

かかってきた瞬間に分かったのだが、インタビューワーは、こっちが外国人
だと知っているので、かなりゆっくり分かりやすい英語で話してきた。前回、
電話インタビュー(こちらは失敗)を受けたときもそうだったが、聞き取りに
関してはあまり心配する必要がないようだ。(むしろ、ゆっくり話しかけられ
ている方を心配するべきかも知れないが。。。)

内容は、
1.リサーチテーマが学科の求めている方向性と一致するかどうか?
2.PhDは予定通り取れそうか?具体的なスケジュールは?
3.今学期教えたコースの内容や工夫した点は?
4.うちの大学で共同研究は具体的に考えているか?
5.インタビューに来ると仮定して1月下旬の予定は?

3については、あまりうまく答えられなかった節も多少あるが、
以前に受けたインタビューに比べて相手の態度もかなり好意的で
多少は期待が持てそうである。

先方は、リサーチをかなり重視している感じで、共同研究者や
分野の適合度など細かい点にも気を配っているのが分かって、
私の方は結構良い印象を受けた。

今のところ、多少なりとも選考が進んでいるのは2校しかないので、
なんとか次に進めると良いと思っている。

面白かったらクリック↓






スポンサーサイト


テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程にてPhD取得。現在、米国の某州立大准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
4位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。