スポンサーサイト -- このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ペンで伝える感謝の気持ち -- このエントリーを含むはてなブックマーク

先日2月10日で奴と結婚してから7年になった。
結婚記念日が2月10日なのは、
右翼が2月11日の祭日を動かす事は許さないだろうという前提の下で
結婚記念日が常にレストランの混まない休前日になるようにしよう、
という私からの思慮深い提案によるものだ。
しかし、結婚してから7回の記念日は全てアメリカで過ごしているため
今のところあまり意味がない。

過去7年間を振り返って平凡な家庭生活だったと思うが、
一つ言えるのは、アメリカでPhDを取るという経験は
奴なしには成り立たなかったということだろう。

なにしろ、家族3人で無職で先の見えない貧乏生活を送りながら
勉強や研究を何年間もすることになる。しかし奴はどんな時も、
「Willy がやりたいことやればそれでいいよ。」と言った。

だからといって、奴に感謝して何か言ったことはあまりないのだが、
博士論文の謝辞は当然だと思って以下の一文で締めくくった。

Finally I would like to show my gratitude to my wife Yatsu who has
been supporting me with incredible patience in more than five years
of doctoral study in Madison.


別にそのままの文章なので奴に伝えることすら思いつかなかったのだが、
指導教官がディフェンス後の打ち上げでそれを伝えた時、
奴は嬉しそうにしていた。

若い頃、学術書でよく見かける「○○に捧げる」といった
著者の一言はファッションなのだろうと思っていたが、
それはやはり本当にそのままの意味なのかも知れない

と気づいたのだった。

ちなみに奴に
「結婚10周年になったら○○(非常に高いもの)を買ってあげる」
という約束を結ばされているので、チャンスはあと3年しかない。
スポンサーサイト


テーマ : 結婚
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おめでとうございます。こういうことは、英語だと割と書き易く、日本語だと意味が分かりすぎていてやや書きにくいように思いますがいかがでしょうか。

>チャンスはあと3年しかない。

これは一体何のチャンスですか(笑)?大人の事情というやつでしょうか…。

No title

糟糠の妻、ですね。無職(学生)の夫を支える妻、なかなかできることじゃありません。
結婚記念日おめでとうございます。

No title

こ@元ロンドンさん:

両方ともその通りでございます(笑)。
でも就職祝いをしたときに、日本語でも一度書いたことがあります。

NSさん:

結婚と最も大きなトレードオフになっているのは自由な生活だと思うので、
それを失わないような結婚生活を送れるということが一番大事だと考えています。

No title

>著者の一言はファッションなのだろうと思っていたが

私も読者相手にプライベートを持ち込むなよと思ったりも
しましたが、今回の記事で見方が変わりました。

それにしても、奥さんに感謝の気持ちを伝えることは素晴らしいですね。

No title

この記事、うまく言葉に出来ないのですが、とても感動しました。
私も「この本は~に捧げる」的な記述を読むたび、こいつサムイなと思っていた口ですが、
自分の博士論文には家族への感謝の気持ちが何行も書かれていました(笑)
やはり思っているだけではなくて、感謝の気持ちは伝えないといけませんね。

No title

元SEさん:

ご理解ありがとうございます(笑)。
読者相手にプライベートを持ち込むなよ、
というのも一理あり、難しいところです。

りょうさん:

やはり一度書いてみると分かるものですね。
本は書いたことありませんが、大変そうですし
まわりに負担もかかりそうです。

No title

一般的な本に対する感想を述べただけですので、
Willyさんはこのままのスタンスでブログを書いていただければと思います。
大変失礼致しました。

No title

元SEさん:

いえいえ、実際難しいと思うのですよ。
ちなみに、この記事を書いたきっかけは Chikirin が
「本のあとがきに母のことを書いた」とブログに書いていたのがきっかけです。
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
5位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。