スポンサーサイト -- このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アメリカでも若者はいじめられてます -- このエントリーを含むはてなブックマーク

先日、ミシガンの公立学校の財政状況が大変厳しいと書いたが、
その原因のひとつは、年功序列の日本企業と同じ賃金構造の問題がある。

T市の教員の年俸は5万5千ドル程度からスタートするが、
年功序列色が非常に強く、修士卒の教員は25年間勤めれば
約10万ドルもの年俸をもらうことができる(解説記事)。
アイビーレベルのPhDが大半の50代の大学教授(full professor)でも
教育メインの学科(数学科など)ではそのくらいの年俸なので
高校教員の給料がいかに高いかが分かるだろう。

一方で、財政難に伴って、新たに教員になった人の昇給は、
規定によって2倍の時間がかかることになっているようだ。
これは、昔は景気の良かった日本企業の賃金構造に酷似している。
しかも、仮にレイオフがある時は就労期間が長い人が優先して残れるし、
レイオフを行わなかったある学区では給与は一律5%カットに
なったという。

しかしさらに大きな問題は、正社員でない人の待遇かも知れない。
公立高校で全米トップ10に入るというミシガンのIA高は、
昨年、数学科学部卒レベルの補助教員(パートタイム)を
なんと時給10ドルで募集した。
アメリカの学部のレベルが低いとはいえ、
これは専門能力に対する冒涜とも言える待遇である。
実際、人が集まらなかったようで
半年後にも同じ求人が回ってきた。

州知事は、公務員が能力と働きに応じた賃金を
受け取れる制度を目指さなければならない。
既得権益が絡んで困難を極めるだろうが、
それは殺されそうになってでもやる価値があることだ。

スポンサーサイト


テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ま、どこの国でもということですね・・・。

大体、起こっていることは程度の差はあれ同じなんですよね。

No title

wasting timeさん:

先進国はどこも似たようなものだと思います。
アメリカは、日本やフランスに比べれば若干マシかもしれませんが。
発展途上国は違うところもありそうです。

No title

日本でも私立の進学校だと50代で年収1000万超えますよ。
東大や京大の修士は教員にならないので、地方旧帝大の修士でも引く手数多ってな具合です。そりゃ高校教員に負けてるつもりはありませんが、需要と供給を考えると仕方ないような気がしますね。

No title

axeさん:

日本の教員の給料は生涯賃金で見ると結構高いですね。
私の出身校も1000万超えてると言われてました。
良い人材が取れるなら1000万くらい払うのは妥当だと思います。
(母校でそういう教員は一握りだったけどw)

ただ、アメリカの公立高校教員の平均賃金は5万5千ドルくらいで
T市は異常に高いのです。市によって大きな差があるのは
裕福な市に組合が強気に交渉して不当に高い賃金を得ているという面が強く
それによって必ずしも良い教員が採れているのかは疑問なんですよね…。
ミシガン州知事は、賃金の高い自治体を狙い撃ちして団体交渉権で
剥奪できるように画策中だと伝ってきました(大学の組合経由ですがw)。

No title

時給10ドルに半ば憤慨されてるようですが、マーケットが決めた適正価格なのでは。
供給過多とは聞かないので専門分野としての数学に需要がないってことでしょうね。

日本だって国立の理学部卒は理系の中で就職先が少ないことで有名です。
(よく知りませんが)私大はもっとないと思われます。

No title

lionさん:
>時給10ドルに半ば憤慨されてるようですが、マーケットが決めた適正価格なのでは。

いや10ドルでやるって言う人は流石におらず、人は集まっていません。
つまり労働需給の観点から価格が低すぎです。

>日本だって国立の理学部卒は理系の中で就職先が少ないことで有名です。

理学部の就職は景気に大きく左右されます。
景気がいい時の就職は工学系よりも良いと思います。
MITは学科別卒業生の賃金のデータを出していますが、
理学系が他のサイエンスやエンジニアリングより低いという事実はありません。
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
4位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。