スポンサーサイト -- このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日本の年金問題を100人の村に例えてみた -- このエントリーを含むはてなブックマーク

年金被保険者を100人の村に例えると…

55人はサラリーマンや公務員です。強制的に年金を支払わされています。
13人は自営業者などで、自ら年金を納めています。

8人は自営業者などですが、年金を納めていません。
別の8人は、貧乏や学生のため、年金を全額免除されています。
1人は、微妙な経済状態のため、一部だけ年金を免除されています。
15人はサラリーマンの奥さんやヒモなどです。政府が選挙対策で年金を免除しています。

まとめると、現役世代100人のうち68人しか年金を納めていません

いま、日本には大人2人につき1.3人しか子供がいません。
標準的な人が40年働いて年金を納め、20年年金を受け取ると、
将来は、働いている1.3人につき老人1人を支えることになります。
100人のうち68人しか年金を納めないままなら
0.9人で1人を支えることになります。

ちなみに国民年金の保険料は将来、月に1万7千円くらいになるそうです。
0.9人で1人を支えるとすると、受け取る額は月1万5千円になります。
月1万5千円では、みんなホームレスになるしかなくなるので、
政府は6万6千円くらいはあげようと思っています。
毎月5万1千円は、政府が税金で埋めようと思っています。

全額税方式にしなくても、既にほとんど税金でやっているのと同じです。
違いは正直者が損をしなくて済むかどうかだけです。

資料:社会保険庁から筆者作成
スポンサーサイト


テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

通りすがり 様

>本質を捉えたとてもわかりやすい記事だとおもいました。
>厚かましいのですが、厚生年金がどうなっているのかも
>教えていただけないでしょうか?お時間があればよろしく
>お願いします。

コメントありがとうございます。手違いでコメントを削除してしまいました。すみません。厚生年金も気になりますね。私は社会保障金の専門家ではないので、すぐにはできませんが、今後の課題とさせていただきます。
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程にてPhD取得。現在、米国の某州立大准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
4位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。