スポンサーサイト -- このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


秋元康氏、介護ビジネスに参入[ニュース401] -- このエントリーを含むはてなブックマーク

AKB総選挙の興奮冷めやらぬなか、プロデューサーの秋元康氏は
東京、大阪、名古屋、福岡の4都市圏で介護ビジネスに参入すると発表した。
グループ名はYKG80(要介護エイティー)。
当面は、25~60歳の男女を公募し
東京では80人、他都市では40人ずつを配置する予定。
コンセプトは、「会いに来てくれるアイドル」グループだ。
秋元氏は、AKB48の二番煎じでは?との報道陣の問いを、
「AKB48は布石を打つために展開しただけ。あくまで本命はYKG80だ。
キモオタと老人の人数の差、それにどっちがお金を持ってるか考えれば
そんなことは自明でしょう。」

と一笑に付す。

YKG80では介護保険が9割の費用を負担する既存の枠組みを活かしながら、
オプション・サービスをカタログ形式で提供することで
付加価値の向上を目指す。
例えば、自力歩行できない高齢者に対しては、
専用ワゴン車を用いて車椅子のままお気に入りの「アイドル」と
丸一日、水入らずで観光名所を楽しめる「YKG神ツアー」などを売り込む。
ちなみに、料金は東京ツアーが79,800円、京都ツアーは69,800円。


カタログ商品の購入5000円毎に、
漏れなく「オムツ替え券」1枚と「まごころポイント投票券」1枚が付いてくる仕組みで、
まごころポイント投票券はお気に入りのアイドルに投票することができる。
年に3回行われる総選挙で、得票数に応じてアイドル達に
「プレゼント」が贈られる仕組み(プレゼントの詳細は非公表)。
開票は、4月、8月、12月の各29日と
年金支給日の2週間後に合わせて行われ、
訪問介護の際に届けられる「YKGニュース」紙上で結果が発表される。


ファンにCDを大量に買わせるのがAKB商法のお家芸だったが、
こうした手法が影を潜めることについて、秋元康氏は
「よりお年寄りに気持ちが伝わりやすい方法を考えた」という。
しかし、消費者保護に詳しい弁護士は、
「特定商取引法によれば、今回のような営業方法は訪問販売に当たるため、
``その日常生活において通常必要とされる分量を著しく超える商品、
指定権利の売買契約''は契約の撤回・解除が可能になってしまう。
秋元氏は、そうしたリスクを回避したかったのでは。」
と指摘する。
いずれにしても、秋元氏は、高齢者に多くの品物を買ってもらうためには
子供だましの方法では上手くいかない、と感じ取ったようだ。


秋元氏は、既に介護大手の支援を受けて、昨年秋から
武蔵野市で試験的にアイドル15人を展開した。
要介護者一人当たりの売り上げは、
介護部門が2万9千円、カタログ販売部門が月9万7千円と上々だという。
カタログ販売部門の売り上げが本業の3倍以上のに達していることに関し
財務担当の冬田氏は、
「あくまで一部の高齢者の方に多額の商品を購入して頂いた結果。
利用者の方に、多額の購入を強制するということはないので安心して頂きたい。」
と説明する。


一方で、まごころポイントを集めるためにアイドルが
行き過ぎた「まごころ」を提供するのでは、との懸念も一部に広がっている。
今年4月に行われた総選挙「天国に誓ってガチです」の開票直前に際し、
地元紙の武蔵野ふるさと新聞は、
「前回選挙2位の佐藤のぶ代さん(43)が、男性顧客(79)の自宅から朝帰りした」
と写真入りで報じた。4月選挙で1位になった佐藤さんは、その後、
「顧客を寝かしつけている時に、自分もつい眠ってしまった。
みなさんに誤解を与え、心配をおかけしたことをお詫びしたい。」
と謝罪し、「チーム要支援」の大将を辞任した。
また広報担当の春山氏は、
「YKG80では恋愛は自由だが、既婚者アイドルの
顧客との個人的な関係は不適切」との見解を示した。


もっともこうした現象は例外で、ほとんどの「アイドル」は
やりがいをもって真面目に仕事に取り組んでいるようだ。


田中由美子さん(45、「チーム要介護」所属)の話:
「昔は生保レディーをやっていましたが、子供が大きくなって何かもう
一度働きたいと思って応募してみたのがこの仕事でした。新しいフィールド
ですが、お客様の意向を汲み取って仕事するという究極的な目標は同じ。
とてもやりがいのあるお仕事です。」

鈴木大輔さん(36、「チーム天国」所属)の話:
「この仕事に就くまでは、新聞販売員をやっていました。でも、最近は若者は
新聞を読まないし、お年よりも字が小さい新聞は敬遠されます。しかも無理して
売っても、月4000円程度にしかならない。この仕事に就いて、世の中のニーズに
合ったことをするすがすがしさを知りました。これからは、過去の経験を活かして、
飛び込み営業もしてみたい。」


もちろん、介護ビジネス独特の苦労も絶えないと秋元氏は明かす。
その一つが人材の確保だ。

秋元康氏の話:
「基本的にアイドルである以上、異性を派遣するのが我々の仕事。
このうち、女性の求人にはあまり苦労していない。
東京都最低賃金の時給821円でやっているが、
主婦層からの根強い応募があって倍率は100倍前後だ。
一方で、男性は介護職の希望者自体が少なく、時給を1300円に
しているが、応募倍率は1.5倍程度。
今後はここをどうするのかが課題になってくる。」


就職難にあえぐ男性諸氏、この際YKGに応募してみては?


注:ニュース401は、全てフィクションであり
登場人物、団体、事件などは実存するものとは一切関係ありません。
スポンサーサイト


テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

401に気づかず 真剣に読んでしまい最後に赤もじで気づいた
参りました

No title

参ったさん:

どうもです。貧乏な若者相手にお金集めるのも実際そろそろ限界でしょうからね。

No title

ついに介護にも手をだしたかwww
どんだけ稼ぐつもりだ笑

No title

ちょっと最近調子に乗りすぎてるような。
寒いです。

No title

>ちょっと最近調子に乗りすぎてるような。寒いです。

なるほどw 一応、真面目に考えたんですけどね。
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程にてPhD取得。現在、米国の某州立大准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
40位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
5位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。