スポンサーサイト -- このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


職場では冷房をガンガンつけましょう -- このエントリーを含むはてなブックマーク

いよいよ夏本番が近づいてきた。
独立記念日のホームパーティーに呼ばれて行ってみたら、
「夫が日本に出張に行ったらエアコンがついていなくて大変だと言ってるわ」
なんて話をされた。
彼は日系の会社に勤めているから従うしかないだろうが、
きっと「日本は変な国だ」と思っているだろう。

東京電力などいくつかの電力会社は15%の節電を呼びかけているそうだが、
15%の節電を所与とするなら、経済への影響を小さくするためには
とにかく電力を生産性の高い用途に集中して使うことが大事だ。
対外的なポーズのために冷房の設定温度を上げるような企業があると聞くと、
日本って沈む時はみんな一緒に沈むんだろうなー、と心配になる。

電力供給が限られれば工業製品の生産は減少するし、
オフィスで節電をすればやはり効率の低下を通じて生産性は低下するが、
人間の労働環境を維持するための電力の優先度が高い事は火を見るより明らかだ。
以前に紹介したとおり、大雑把な試算によれば
オフィスの冷房の設定温度を上げて意味があるのは時給120円以下の人だけである。
従業員のオフィスの設定温度を上げるような企業は間接的に
高い代償を払うことになるだろう。

停電を避けるために節電は必要かもしれないが、
優先順位を正しくつけないと日本全体が停滞することは避けられない。
「がんばれ、日本」などと国民の一体感を煽ってる場合ではないだろう。

スポンサーサイト


テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

大学は何処でもだいたい7月からでないと公共のスペースに冷房が入らない(節電関係無しに)のであれ何とかして欲しいですね本当に。研究室や教室はOKでフロアや図書館はNGとか意味がわかんないです。

No title

axeさん:
>図書館はNGとか意味がわかんないです。

私のいた高校は、図書室のみ冷房がありました。理由は、本の保存のため。
その結果、暑くなると、図書室の通路に転がって昼寝する輩が出没するという
変わった風景が見られました。

No title

効率が落ちるうだるような暑さの部屋でなんか過ごしたくないです、僕も。

暑さによって不毛な長い会議や残業がなくなるメリットは意外と大きいような気はします。

それはそうと、うちの大学は6月いっぱいのエアコン禁止令を誰も守っていませんでした、教員も含めて。



No title

無乃 さん:

本当に効率悪いですよね。日本のような評判社会は、治安面ではプラスに働いて
いますが、こういう横並び意識を見ると何かおかしいと感じます。

No title

確かに、本当に日本は評判社会ですよね。一度そういう空気ができてしまうと、そこから外れないようにという努力をしてしまう。努力の方向が本当の目的からずれている気がします。ヨーロッパ在住ですが、傍から見ていて日本の未来が不安になります。

No title

YYさん:

まったくです。労働環境が悪いなどとも言われますが、その結構大きな部分が行き過ぎた評判社会によるコストなのではないかと思います。

ウンコ記事

倫理観だとか価値観とかの前に、この記事は論旨のすり替えがありますね。
ペテンな意見で世論に噛み付いて、アクセス稼ぎですか。せこいね。

驚いたのは、彼の意見に賛同する人がいること。
みんな国語できないんだね。中学の教科書から読みなおそうよ。

No title

確かに、日本は横並び意識が高いのは本当だと思います。それがうまく機能するときはよいのですが、隣と同じであることに固執しすぎて本来の目的が失われてしまうことが多々あるように見受けられるのは残念です。同時に、横並び意識が強いから、強力なリーダータイプの人がうまれづらいのかも思ったり。日本にいるときは無意識に私も横並び意識で行動していたのかと思いますが。。。

初コメです。

記事では、
「会社での15%節電をする際には、できるだけ(社内で)生産性の高い用途に電力を集中させることが必要だ。何も考えずに(世間のイメージを気にして)エアコンの設定温度を引き上げるのは、生産性の観点から見れば経済効率が悪いのは明らか。(世間との)横並び意識は捨てて、節電の優先順位を再考すべき。」
と言っているのだと思いますが、これを「節電なんかするな」という意図の記事だと誤解している方がいるようで、残念です。

私も 節電=エアコンの設定温度を上げる となっている今の風潮には違和感を感じます。更にあちこちで「エアコンの設定温度は28℃に」という言葉がスローガンの様に叫ばれていますが、これもよく意味が分かりません。(設定温度を28℃にしたところで、社内環境によって体感温度は違うと思いますので)

ただもし社内で電力が削減できる要素がエアコンしかないのであれば、社内サマータイムの導入であるとか、思い切って夜間にオフィスを開けるといった対策も必要な気がします。

長文失礼しました。

No title

シロツグさん:

過去の記事を引用しているので論理に飛躍がある点は認めますが、
経済的なインパクトを最小化したいのであれば
電気料金を引き上げて需要をコントロールするべきであり、
その結果としてオフィスの冷房の設定温度を下げるというような
判断は合理的にはなされないであろう、という点が趣旨です。

例えば、ホワイトカラーの人件費を一時間2500円程度とすれば、
電力料金が20倍にならないと設定温度を上げることには経済合理性がないという事です。
電力の価格弾力性が小さいとはいえ、需要を15%削減するために
価格を20倍にする必要があるとは思えないので記事のように書きました。

いずれにせよ、シロツグさんのような行間が読めない方に配慮して
もっと丁寧な説明を心がけるべきでした。
ところで、うんこ記事にリンク貼って、アクセス伸びましたか?

ブルースさん:

横並び意識を自分ひとりで変えるのは難しいですね。
空気読めないふりをするとか、
変わった人だと思われるようにするとか、
結構な細工が必要だと思います。

miさん:

金融庁の指導で金融機関は30度にしないといけないという話も出てるようですね。
でも、30度くらいなら我慢しないといけないのかも知れません。
66年前は「一億玉砕、火の玉」なんて言ってたんですから、
体感的には300度くらいはあったに違いありません。

No title

電力会社は電力を生産して販売する企業なのだから、
その企業が節電を呼びかけること自体がすでに不自然に感じられます。
そしてその一企業の呼びかけに対して、
自社の収益を無視して協力しようという企業の姿勢にも違和感があります。
株主に対してどう説明するのか、と。
日本に住んでいたらそんなふうに思わないんですかね。

No title

akiraさん:

結局、時間や時期によって電気料金に差がついていないことが問題なのでしょう。
実際、電気料金が時間によらず一定だとすると、電力会社としてはピーク時の節電を
呼びかけた方が設備投資費用を抑えられて利益を出しやすいですから。

百歩譲って冷房の設定温度のガイドラインを作るにしても、
12時~16時は30度、16-18時は28度、それ以外は制限なし、
などとしておけば需要の分散にも役立って効果的なのに、
わざわざ一律の基準を作るあたり、部屋を暑くするのが目的だとしか思えません。

No title

私の会社でも節電を始めましたが、冷房の最適化や照明の間引きなどによって電力消費が大幅に低減されてむしろ収益は上がっていますよ。
電気料金を上げようが下げようが節電が必要な事には変わりないし、国の施策で何かやるにはどうしてもタイムラグが発生してしまうので、
当面の電力危機を乗り切る上での即効的な方策として、節電を個々の負担に帰すやり方はあながち間違っていないと思います。

No title

willyさん

サービス残業の温度弾力性が低く企業からしたら合理的なのかもしれませんよ

No title

日本は変な国なんです。なぜならアメリカも変な国だから。

大丈夫日本はそんなに簡単には沈まないみたいです。
日本人、おもてるほどやわじゃないみたいだから。

Willy先生も一緒でしょ。

今はとってもアメリカ的な感じですけど。。。

No title

引き続きコメントありがとうございます。
過去記事を読んでもらいたくて書いた記事なのですが、
アクセスとコメントが多くて驚いております。
やはり関心が高い問題なのでしょうか。

>匿名さん:

>電力消費が大幅に低減されてむしろ収益は上がっていますよ

従業員一人当たり一時間あたりにするといくら収益上がりました?
すごくわずかな額でびっくりされると思います。
それに、効率の低下の方は企業レベルでは簡単には計測できないでしょうし。

>ぺこぽんさん:

(サービス業の温度弾力性が高いために)
効率が低下してもサービス残業でカバーというわけですね。

>decoさん:

日本もアメリカも落ち目ですね。

アメリカの危ういところは、やわな国民が多すぎることで、
日本人の危ういところは、国民がやわじゃなければ大丈夫だ、
と思っていることだと思います。

感覚的には頭を使う作業をやるのは、
Tシャツと短パンでやってても26~7度を超えると効率落ちます。
データ処理や事務作業みたいな作業ならもう少し大丈夫でしょうが。

No title

停電で電気が使えない大変さを知らない人の言葉です。

多少、暑くても普通に生活できるのと、電気が完全に止まってしまい
エアコンが使えない、電車も走らない、コンビニも開かない、
ガソリンも詰められない、冷たい物も飲めない、なまものは
全て腐ってしまう。

仕事の効率が悪くなる?
電気が止まったら仕事どころか通勤すら出来ませんよ。

優先順位は、まず生活する事が1番。
仕事の効率なんか、それ以下!

皆がエアコンをガンガン使ったら間違いなくブラックアウトします。

冷房ガンガン使って、冷蔵庫の電源切って腐った物でも
食べていたら良いですよ。

数字に強くても・・・どこか弱いのでは?

No title

匿名さん:

確かに節電しなきゃいけないのは分かります。
でも、需要をスムーズに減らすには価格メカニズムを
使うのが一番良い、というのが趣旨です。

停電なら、私のいるあたりでも年に1回くらいしますけど…。

無責任にもほどがある

節電しないと大規模停電が発生するんですよ?
大規模停電が発生すると
・エアコンが使えなくて炎天下熱中症続出。
・信号、電車が止まり大混乱。
・仕事も何も出来ない。
・病院も警察もまともに活動出来ない。
・生命維持装置も使えない。
・水道も使えない。(ポンプが止まるから)
死者も大勢発生するでしょう。

それを回避する為企業も個人も必死に節電してるんですよ?
判ってんの?
大学教員があなたのようなアホばかりだと日本の将来が心配だ。
(アメリカ在住でしたね。よかった)

No title

停電で電気が使えない大変さを知らない人の言葉です。 を書いた者です。

今更ながら、前の記事を読んでみました。
言わんとすることは分かります。

しかし、絶対量が決まっている中で仕事の効率が云々なんて
言ってられない状況である事が理解出来ませんか?

確かに電気代と効率だけを考えたら省電力する事の意味がありません。
但し、それは供給量が十分にある場合の話しです。

最重要なのはブラックアウトを引き起こさないこと。
全ての会社が数%の効率が下がることを懸念して
省エネしないで、その結果、生産が0になったら
貴方に責任が取れるのですか?


停電と言っても一時的なものでしょ?
何日も連続で停電になりましたか?

自然災害等で停電になれば仕方ないと諦め付きますが、
故意に電気をガンガン使ってブラックアウトを起こし、復旧したと
思った数秒後にまた使い過ぎによるブラックアウトを起こして・・・
その繰り返しが涼しくなるころまで続き、全く復旧できなくなったら
貴方はどう思うでしょうね?
効率の為に諦めがつきますか?

例えばエアコン、電子レンジ、炊飯器を同時に使っているときに
ドライヤーを使ったら家庭のブレーカが落ちました。
素人ですら電気の使い過ぎである事が理解できるので
ブレーカをリセットして、また全てと同時にドライヤーを使おうとする人は
居ないと思います。
例えば一時的にエアコンを止めてドライヤーを使うとか、電子レンジが
止まってからドライヤーを使うとか工夫をするはずです。

貴方の言っていることはブレーカーが落ちても、時間が勿体ないから
我慢しないで使いなさいって事と同じですよね。

理想ばかり唱えず、もう少し現状を理解して欲しいと思います。

No title

匿名希望さんお二方:

お二方の意見を読んでこれは一般的な日本人の意見なのだろうなあ
と思う一方で、日本人のリスク感覚というのは特殊なのだなあと感じました。

お二方とも、節電をせずに停電が引き起こされると、信号や電車が止まって
大混乱したり、生産がゼロになったりすると思っていらっしゃる。

そもそも、電車は別系統で電力を安定供給することができますし、一部地域で
停電したからって生産が0になんてなりませんよ。むしろ生産は、節電を計画的
に行うことで事前により大幅に削られています。信号が止まったら確かに
多少の混乱は避けられませんが、基本的には一部で渋滞が引き起こされると
いうだけの話です。オフィスが集積する都心部の営業時間中の電力供給を安定
させることだって難しくないので、その方が仮に何度か昼間にベッドタウンが
停電するより効率の低下を抑えることができると思います。
病院のことは詳しく知りませんが、バックアップの電源を確保するなり、
入院患者のいる大規模な病院が停電しないように計画するほうが大事でしょう。

リスクを評価する上で大事なことは、比較的悪い事態の起こる確率やその際の
被害の大きさを冷静に評価し対策をすることであって、妄想を膨らまして
何がなんでも"象徴的な"失敗を避けるということではないと思います。

実は、今まさに自宅が数時間停電してまして、外の気温は36度くらいありますが、
極地的な停電なので、大学のオフィスは涼しいままです。
(理由はおそらく設備の老朽化というしょーもないものですが)。
そういう状況下で考えても、突発的な一部地域の停電を避けるために、
オフィスを30度にすることが合理的だとはやはり思わないです。
停電に備えて地下水排水装置にバックアップがあった方が良いな、とか、
窓を断熱にしておいて良かった、というような事は考えますけども。

まずは、夏のピーク時の電力価格を引き上げて需要を安定させ、
無理なく節電できるところはやり、停電した場合の最低限の対策を取った後は
各自が普通に生活するのが結局のところ、影響が小さいのではないかと思います。

No title

うちは、TVの視聴を一切やめて、その代わりガンガン冷房してますよ。

No title

匿名さん:

私はケーブルテレビを先日解約してしまいました。ローカルは見られますが。
女子サッカーの決勝が見れなかったのは残念でしたが、
そういう特殊な時を除けば、もうテレビとか見る時代じゃないですしね。

No title

時給120円以下のところだけ温度を上げることしか意味がないということは、経済企業体以外ではエアコンをつけなくていいということになりませんか?

たとえば家庭にいるお年寄りや子供はエアコンをつけないと熱中症になりますよ。

電力とは、経済活動だけでなく、生活全般に関わる基盤です(電気をとめられたら、なにも出来ないことがよくわかりますよ)。

経済ばっかりに着目して、こういう議論をするのは不毛です。

「日本人は横並び体質だからダメだ」「それが機能するときはいいが、こういうときはダメだ」とかいう議論も不毛です。
だって、日本民族はそういう民族なんですよ、昔からずっとね。

それをどうこう言うならば、日本人をやめたらいいんです(笑)

No title

きりぞうさん:

個人消費部門にはその需要曲線があって、価格を調整する事で均衡点を
変えればいいわけで、なんでその部分を時給換算しないといけないのか
むしろ私の方が教えて欲しいです。

同調圧力に従えない人が非国民と呼ばれるのは今も昔も同じ、
というのは理解できます。

No title

匿名の者です。

貴方様は自分に都合の良い部分しか引用していません。
私の所は車社会なので、電車が止まった事で困るのは
学生さんぐらいです。
信号機が止まった時は、結構事故が多発していました。
街灯や街の灯りが全くないために真っ暗闇でヘッドライトの
明るさだけだと停止線や人も見えにくいし、どちらが優先道路
なのか判断付きにくい交差点も有るからです。
互いに気を付けていれば良いのでしょうが、それでも事故って
起きます。


ちなみに電気代の価格を上げれば使用量が減りますかね?
月に2万円の電気代だったとして、3万円になったところで
最初は騒ぐでしょうが慣れてくるとそれが当たり前に
なってきてしまいます。

企業に関しては、電気代が高くなればその分消費者に
負担が掛かってきます。
電気代が高いから生産するの辞めた!なんて言う会社は
有りませんから。

たばこ税も同じです。
何年か前は1箱200円前後だったのが、禁煙を目的に
今では440円です。
私の身の回りで、喫煙した人は誰も居ません。
私は2000円になっても量を減らさずに吸っていると思います。

落雷などによる停電は1時間もしないうちに復旧していたので
貴方様のように軽く考えていました。
しかし数日も続くと、全く別物です。
いつ復旧するのか分からないという考えが生まれ買いだめが
始まります。

一人の客がコンビニの弁当を全て買っていき、もう一人の客は
インスタント食品を全て買っていき・・・10人も来れば1軒の
コンビニから飲料や食料が全て無くなるのです。

ガソリンを詰めるにしても店員が朝から晩まで手回しで給油し
10リッター詰めるのに6時間待ちなんて当たり前でした。
厳寒の朝4時頃からスタンドに並んで、その日にタンクローリーが
入らなかったら並び損なのです。
みんな賭けで並んでいましたよ。

貴方様は暑くて大学に逃げられたでしょうが、雪降る寒いなか、
暖をとれる場所がないのですよ。


その様な現実を体験したこともない人から理論的なことを言われても
現実に体験した人で納得する人なんか誰も居ませんから。

机上の空論とでも言うのかな?

大学生も何人か使ってきましたが、言うことだけは一丁前で
実力が伴わない上、変なプライドのせいで覚えも悪いから
高校生に1から教えた方がずっと楽だと思いました。
周りの会社でもその様な事を聞きます。

その方達は日本の有名大学を出ていましたが、成績は
どうだったのか分かりませんがね。
当然、どこかに一握りの素晴らしい人達も居るのでしょうが。

話が逸れてしまいました。
これ以上の話は互いの生活環境などの差もあり、ずっと平行線の
ままでしょうから辞めることにします。


No title

匿名さん:

>ちなみに電気代の価格を上げれば使用量が減りますかね?
>月に2万円の電気代だったとして、3万円になったところで

冷房の設定温度を上げるには
電気代が20倍にならないと採算が合わないという試算なのですが。
一般家庭では毎月40万円の電気代を払っても節電しないのでしょうか。

>電気代が高いから生産するの辞めた!
>なんて言う会社は有りませんから。

大企業は既に生産を海外に移していますよ。
これからも電力供給が不足する限りその流れは続きます。
復興後押しムードを台無しにしないように、
企業がそっとやっているのに気付かないのでしょうか。

>私の身の回りで、喫煙した人は誰も居ません。

一般的にタバコ税は税率によって需要は減ります。
需要が減らないなら、年金問題も政府債務問題も
タバコ税だけ上げれば解決ですね!

>しかし数日も続くと、全く別物です。

昼間のピーク電力が足りないのが原因なのですが、
停電が数日続くという根拠はなんでしょうか。
買いだめは徐々に行われれば問題ないです。
むしろそうやって備えることによって災害時に対する
耐性が生まれるのなら好ましいのでは。

>10人も来れば1軒のコンビニから飲料や食料が全て無くなるのです。

おそらく震災直後の混乱を思い直して
リスクに過敏になりすぎていると思います。
震災直後ですら、たったの10人が買い占めて飲料や食料が
全てなくなったコンビニなど存在したのかは分かりませんが。

>暖をとれる場所がないのですよ。

今度は冬の話ですか。
いまのように無策のまま節電だけ呼びかければ、
電力不足による混乱は続くかも知れませんね。
(こちらの真冬は氷点下10度以下になることが多いですが、
昨冬も暖房が半日止まりました。)

「現実を体験したこともない人」は一体どちらなのか、
極端な例を出してきて一般化することの方が
「机上の空論」なのではないか、
という印象を持たざるを得ません。

私も節電反対です

おもしろい記事ですね!私も節電反対です。

今まで原子力発電使って発電していたのに急に原発止めたら電力不足になって当たり前ですな(笑)
電力不足を解消する為にも早期に原発を稼動させる事を望みます。
原発を稼動させながら安全対策や代替エネルギーについて考えていけばよいのではないでしょうか?

No title

BUSHさん:

その通りなんですが、現場にいるといろんな感情が渦巻いてうまく行かないんでしょうね。
暑さを体験する事で、自分も協力したという一体感を得て、安心したいというか。

ところで、夏が終わって東電の電力使用状況を今振り返っても、
節電派は設定温度30度でよかった、と思っているんでしょうかね?

No title

全国停電が起きちゃたねぇ>韓国

低所得者がエアコンを使いすぎたためにエレベータに閉じこめられる人が出るわ、機械は止まるわ、交通渋滞が起こるわで大騒ぎみたいだな。

何時間も全国の業務が停止したのでは効率が云々の話じゃないよな。
この中で仕事していた奴が居たとして、何十度の環境で仕事していたんだろう?
さぞかし効率が良かっただろうな。

あんたの無責任な言葉を読んで鵜呑みにして日本でも同じ事が起きていたら、あんたは責任取れるのか?

日本の事情もよく知らない奴が優先順位とか言わないで欲しいな。
日本全体が停滞する前に、停電して全く機能しなくなった方が怖いんだよ。

1つの目的を果たすために周りが見えてないってのは大学の性質なんだろうな。

No title

AZUKIさん:

韓国で大規模に停電したようですね。
で、数時間の停電のために、夏を通して室温30度が正当化されたというわけですか。
発電所を動かすという選択肢があったにもかかわらず。
ほんと、暑いのが好きな人は年中グリーンハウスにでも入っていて欲しいものです。
電気つかいませんし。

朝鮮日報「節電できない韓国人」

ん、こんにちは。
「節電できない韓国人」と題する朝鮮日報の記事です。ご参考まで:

QUOTE [15日に起きた大規模停電は、電力需要の予測がいい加減だった上、マニュアルを無視した当局にも問題があったが
、電気の無駄遣いも大きな原因だった。このままなら今年の冬は再び「ブラックアウト」(全ての電気設備が停電する状況)の危機を避けられないという指摘もある。日本は今年、原子力発電所が地震の被害に遭い過去最悪の電力不足を経験した。そのため38年ぶりに電力使用制限令も出されたが、無事に今夏を乗り切ることができた。消費電力を15%も減らしたからだ。韓国でも日本と同じくらい電力使用量を減らすことができれば、1年間に5兆ウォン(約3450億円)を節約できる。使っていない電気製品のプラグを抜くだけでも、85万キロワット級の発電所を稼働させずに済む。韓国の電気料金は世界で最も安い方に属する。韓国の電気代を100とした場合、米国は138、日本は242だ。格安な電気料金が過剰消費をあおり、それが強制停電を招く一因になったということを韓国人は身をもって認識しなければならない。UNQUOTE

http://www.chosunonline.com/news/20110917000033

No title

snowbee さん:

情報ありがとうございます。今回の韓国の問題は2つあって、
一つは需給予測の精度が低いにもかかわらずギリギリのところを突きすぎたということ、
もう一つは、韓国が企業誘致のために国策として電気料金を抑えているので無駄が
発生しやすいということですね。

韓国人の本質「ケンチャナヨ」

Willy さん、こんにちは。
この事件の背景を考えると、韓国人の本質「ケンチャナヨ」精神がある様に思います。
ところで、下記は、朝鮮日報の報道記事、「李大統領、激怒。「停電大乱」:

http://ameblo.jp/jk-nextfilm/entry-11020020613.html
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
5位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。