圧倒的に安い米国のプリペイド式携帯電話 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

昨年、日本に帰った時に携帯電話を持ちたいと思い
プリペイド式の携帯電話を調べたのだが、
あまりの高さにびっくりして携帯無しで過ごした。
日本のプリペイド式携帯電話はソフトバンクなどが手がけているが
端末は少なくとも3~5千円くらいであったし、
通話料も6秒9円とかなり高い。

一方、アメリカのプリペイド式携帯電話
(pay as you go などと呼ばれる)は、
ここ数年で通話料がかなり下がった上、
エリアのカバレッジも上がり使い勝手が良くなった。



AT&Tが提供するPay As You Goは、
1分10セント(ただし着信にも料金がかかる)で、
25ドル払えば3ヶ月間、100ドル払えば1年間有効だ。
使い残した額は500ドルまで将来に繰越できる。
一ヶ月の通話平均時間が83分以下なら、
月8ドル33セントで済む計算になる。
端末は中古再生品を購入すれば10ドル前後からある。
大手らしくエリアのカバレッジが広いのが特徴だ。
例えば、デトロイト―シカゴ間の高速沿いのような
ひとけの無いところでも全域をカバーしている。
ただし、契約式の携帯よりはカバレッジが低い。
メキシコでローミングが可能。

T-Mobile も同様の Pay As You Go サービスを提供している。
やはり100ドル払えば1年間有効で通話料は1分10セントだ。
更に累積で100ドル払った顧客は、
2年目以降はチャージした金額に関わらず、
有効期限が1年間延長される。
通話時間が極端に短い人なら、
15ドルだけチャージする事で有効期限が1年間延ばせばよい。
(ただし、通話料は1分33セントと割高になる)。
端末の価格はAT&Tとほぼ同様だ。
メキシコとカナダでローミングが可能。

NET10 はプリペイド式携帯の通話料金を下げる起爆剤になったサービスだ。
TracFone Wireless 社が手がける。
その名の通り、1分10セントが基本だ。
30ドルのチャージで2ヶ月間有効と一ヶ月当たりにすると
AT&T, T-mobile よりも高くなるが、
国際電話の発信が1分15セントだったり、
テキストメッセージが一回5セント
(AT&T, T-mobile は 10-20セント)
だったりするメリットがある。


最近の動きとしては、
プリペイドの一日プランや月額プランを提供する会社が増えている
ことが上げられる。
上記の3社はいずれも、月額50ドルで
通話とテキスト、スマートフォンのWeb閲覧が無制限となるプランを提供している。
それでは毎月払いの post-paid のプランと大差がないようにも思えるが、
手続き、特に加入と脱退の手間がない点、
分かりにくい手数料などが発生しない点が大きなメリットだと言える。

米国のいわゆる後払いの契約式の携帯電話では、
2年程度の長期契約を結ばされる事が多い上、
以下のように(引用元)摩訶不思議な手数料や税金が毎月10ドル以上かかるのが普通だ。

cell-phone-bill-taxes.jpg


だから、アメリカ人の携帯電話の請求書に対するイメージは、
こんな感じなのである(引用元)↓


cell-cartoon.jpg


iPhone や Android が欲しいと思う機会も増えてきたが
普段通話しか使わない人(車社会のアメリカでは結構いると思われる)にとっては
ちょっと我慢すればプリペイド式携帯はかなりお得だし、
またアメリカに出張や長期旅行をする人にも便利かもしれない。
スポンサーサイト


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アメリカに修士留学しているものです(現在は夏休みで日本に滞在中)。僕もアメリカではAT&Tのプリペイドで十分事足りていますね。iPhoneなどスマフォ人口も多いので時々うらやましくなりますが、$25のカードを買って2ヶ月くらいは持ちますのでやはりプリペイドで十分なんだろうと思います。

日本に滞在中も端末だけで5000円程度払ってソフトバンクのプリペイドを契約しています。必要なので買いましたがやはりアメリカと比べると高いですよね~。端末の購入についてもソフトバンクショップの他はドンキホーテなどでしか買えず、歌舞伎町のドンキで田舎から上京してきた風のホストと一緒に店員に若干怪しまれながら買わざるをえませんでした(長期契約の携帯購入時と同じ様に身分証明は要求されましたが)。プリペイドカードはコンビニだとセブンイレブンでしか買えない上に店員の認知度が低くどこの店舗に行ってもバイトの子を戸惑わせてしまいます。ほぼ日本で唯一のプリペイド式携帯がこんな状況ですので日本ではプリペイドは広まらないのかなと感じました。

pay as you go

詐欺などの犯罪使用への懸念からか、日本でプリペイド携帯は全然ダメですね…。最近可能になった、他社へのSMS送信も、プリモバイルは例外として適用除外されていますし。日本は電話の通話料が高い印象があります。

某所でのpay as you goです。端末使用時の快適さはある程度「安かろう悪かろう」ですが、色々選べます。
http://www.carphonewarehouse.com/pay-as-you-go/shopybyprice

pay as you goは契約期間等の縛りがない、料金設定が明快なのが魅力ですね。日本で大半の人が手にする、プリペイド以外の携帯電話は、最終的に支払うべき料金が分かりにくすぎると思います。日英では消費者のリテラシーの違いもあるのでしょうけど、Carphonewarehouseなんかは圧倒的に分かり易いです。なお、英国ではpay as you goでも番号維持費なし、残高があればずっとそのまま番号を保持可能なものもありました。

No title

日本と米国で利用できそうなサービスだと、プリペイド式ではないですが月額$9.99の
http://www.hanacell.com/jp/tariff/
というものがあるようです。この携帯料金になぜ税金がかからないかは把握していないので、もしかしたら何らかのトリックがあって実際に支払う料金は異なるのかもしれませんが。

Verizon

Willy さん
私も事情があって、最近携帯を購入しましたが、取り敢えず電話だけ必要という事で、検討した結果、Verizon にしました。


第一の要因は、通話が長い予想があったので、一日$1.99でアンリミテッドが決め手。(テキストは一回当たり、送受信とも別料金)使わない日はチャージされません。$100分購入すると一年間有効

第二の要因はカバレージ。家内が Virign Moble を緊急用として持っているのですが(分$0.25で、切れそうになると$15づつ自動でクレジットカードにチャージ、$15は90日間有効、今はこのプランはないようです)、昨年、アウターバンクスに行ったときに通じない事が判明。改めて調べてみると、他のキャリアに比べても、都市周辺に絞った極端に狭いカバレージでした。Verizon は、プリペイドでもあまり差別せず、幅広くカバーしてます。

国際電話はかけないつもりだったので、検討しなかったのですが、安いような気がしてます。(日本へは分$0.01の追加?)

ついでに、電話自体も一番安いのも買ったのですが(店頭で$20)、受信状態が今一。この辺はもう少し検討すればよかった思いました。アクティベーションも確か$20くらいだったので、計$140で50日間しゃべり放題です。

No title

YiSさん:

確かに携帯でネット接続できない事を不便に感じることも増えました。
買い物するときの価格調べ、ナビ代わり、出先でのメールチェックなど。
安く契約できる方法を探したいです。メールだけならキンドルを買えば
接続料なしで使えそうですね。

こ@さん:

日本でプリペイドの通話料が高い理由は良く分かりません。
日本ってそんなに犯罪が多いってことなんですかね。
手軽に利用できるWifi も少ないですね。
なんか、携帯会社の陰謀なんじゃないかと思ってしまいます。

匿名さん:

Hanacellは、どっかのキャリアに乗っかってやってるのかと
思っているんですがどうなっているんでしょうね。

YSJournalさん:

2ドルではなし放題は、やってるキャリアが多いと思います。
AT&Tのカバレッジは最近、悪くないですよ。
つい2~3年前はかなり狭かったですが。
T-mobile はいまひとつです。デトロイト周辺なら問題なしですが。

オレオレ詐欺…?

Willyさん:

オレオレ詐欺でプリペイド携帯が頻繁に使用されたため、サービスが縮小された経緯があるようなのですが、本当は陰謀論支持者です(笑)。駅にはまだまだ公衆電話はありますが、一時帰国された時などは不便ですよね。

No title

こ@さん:

>オレオレ詐欺でプリペイド携帯が頻繁に使用された

こういうのって根拠となるデータが曖昧なんですよね。
携帯は普段からあまり使わないのですが、
確かに待ち合わせ等では不便ですね。

No title

よく知らなかったので参考になりました。私も携帯電話2年の長期契約させられるのが気にいらないんです。丁度契約切れたので検討してみてもいいかも。

No title

NSさん:

音声だけならプリペイドで十分だと私は思います。
一方で、ますますスマートフォンが欲しくなっている今日この頃ですが…。

No title

iPhoneをカナダで使えるようにすべく、RogersやTelusの現地会社のSIMカードを手に入れしむロック解除を試みた物の・・・。
中々、大変です。携帯電話1つ手に入れるにも中々外国人というかツーリストなので難しいです汗
ただ英語を使って色々契約しなくちゃいけないっていうのも中々いい経験です。
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
4位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ