友達が失業したわけだが。 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

友達が、職場の人間関係が気に入らなかったらしく仕事を辞めてしまった。
こんな雇用環境が最悪の時に辞めなくてもいいと思うのだが、まあ、それは
いろいろ事情があるだろうから、まあいい。

ちょっと調べたところ、アメリカでは失業手当は解雇された場合にしか出ない
ようである(たぶん)。フードスタンプという低所得者向けの食券はもらえる
はずなのだが、彼には変なプライドがあるらしく、もらいたくないらしい。
そんなわけで、どうもお金に相当困っている風で、家具を売りたいからポスター
を作ってくれと頼んで来たりして、ちょっとメンドクサイ。。。
しかも、いくらなんでも売れないんじゃないかという価格である。

まあ、一歩譲ってそれも許すとしても、
暇だからって、メールでなぞなぞとか送って来ないで欲しい。
はっきり言って迷惑である。

7 = 5
5 = 4
12 = 55
6 = ?

という奴で、ローマ数字に直す、というのがヒントらしいが、知らん!
でも、分かった人は答え教えて下さい(笑)。
スポンサーサイト


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

クイズの答え

はじめまして。

7 = SEVEN = 5
5 = FIVE = 4
12 = TWELVE = 55
6 = SIX ということで、答えは「9」ですかね?

クイズ

スイッチさん、天才です!

ちなみに彼は今は、1年任期の公務員をやってます。

羨ましい

こんな事を一年近くも考え抜く人は、素晴らしい。

7 = SEVEN = 5
5 = FIVE = 4
(12 = TWELVE = 55 をとばして、ヒントも無視して)

6 = SIX=3 と考える私は、やっぱりバカです。

クイズ

YSJournalさん:

>6 = SIX=3

私もこのあたりで考えるのを止めた記憶がありますw
ちなみに、スイッチさんの名誉のために付け加えておくと、
きっと昨日初めて私のブログを見たのではないでしょうか。
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程にてPhD取得。現在、米国の某州立大准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
4位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ