スポンサーサイト -- このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日本で英語学習の密度を上げる方法 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

社会に出てから英語が必要になり、英語を勉強しようと思う人は結構多い。
必要になった時に勉強するというのは最も効率良い勉強方法だと思うが、
いかんせん社会人には時間がない

しかし、焦って語学学校の先生に「効率の良い勉強方法はないですか」などと聞こうものなら
「地道に努力する事!」などとお叱りを受けるのが相場となっている。
大体、語学の先生というのはそういう精神論が好きだ。
すぐに出来ると思われては「出来るようにならなかった!」と
後から文句を言われるリスクがあるし、
そもそも本当にすぐに出来る方法があったとしても
そんなものを教えたら語学の先生は失業してしまう。
「地道に努力する事!」はセールストークのようなものと言って良いだろう。

そこで、私が自分の経験から得たいくつかのヒントを紹介したい。

1. 英語番組は英語部分をたくさん聞く

テレビやラジオの英会話番組は良質だが、ほとんどの時間を日本語の解説に取られている。
入門講座だと20分の番組でも下手をしたら英語を聞いている時間は3分もないだろう。
有料のCDを買えば説明が省かれたものを月単位で買えるので、毎日、2週間分くらいを
繰り返し聞けば、少なくとも漫然と一日20分聞くよりも効果的だ。


2.英会話は1対1で

かつての私にとって外国人とは宇宙人のような存在だった。
「英会話教室はスイーツ」などとバカにされがちだが、そんな英会話教室でも
外国人との会話に慣れるというメリットはそれなりにあると思う。
しかしある程度会話が成立するようになったら、英会話は1対1でやった方が良い。
インターネットで調べれば大都市圏では個人レッスンを頼めるネイティブスピーカーは
割と簡単に見つかるし、それを紹介してくれる業者もある。
英会話教室のグループレッスンでは共通の話題を見つけるのが難しく、
会話のパターンが限られて表現力が向上しない。
発言の機会も少なくなるし、同じ質問に生徒が順番に答えたりする展開は「即興性」に欠ける。
大雑把に言って習得速度は生徒の人数に反比例すると思って良い。
また最近は、オンラインで格安のものもあるので検討すると良いだろう。


3.複数の能力を同時に鍛える

語学の主な要素は、Listening, Speaking, Reading, Writing の4つだが、
複数の要素を同時に鍛えることが出来れば当然ながら効率が良い。初学者にとって
効率が良いのは「例文付きの単語集を聞きながら自分でも発音する」ことだ。
例えば私が最初にやったのは、
DUO 3.0 という本だがこれは中々良く出来ている。
続いてやったのは、速読速聴・英単語 Core 1900Advanced 1000 だ。




4.単語を覚える

一般的に日本人は単語を覚えずに英文の構造だけを理解しようとし過ぎだ。
例えば、300単語くらいの文章であれば、分からない単語はせいぜい10個以下
でないとストレスなく読めない。そもそも自然な語学習得パターンは、まず
基本的な単語をある程度身に付け、それを元に文法を理解することだ。
特にある程度の長期計画でやっている人は、どこかの時点で
例文付きの単語集を使ってかなりガリガリと単語をやる必要がある。

アルクは12000の単語リストを 4分冊
で出しているので、ガリガリやるのが得意な人には良いだろう。
自然でない例文も時々あるが、これは無理に複数の単語を短い例文に
組み込んだ結果と思って諦めるしかない。



5.英作文はネイティブに見てもらう。

伝統的な日本の英語教育を受けた人は、speaking や writing と言ったアウトプットが苦手だ。
大きな原因は、ほとんどの日本人の英語教師には、生徒がランダムにアウトプットした英語を適切に評価
できないことだろう。ライティングはネイティブに直してもらうに限る。

また、英語の作文は段落や論理構成に制約が多いので、TOEFLのWriting 対策用の本などは
意外と実社会でもそれなりに役に立つ(特にこれと言うものはないが、例えば こんなもの など)。

6.一度決めたら本は変えない。

英語の参考書は慣れるまでに何日かかかるが、慣れてしまったら本は変えない方が良い。
英語学習は繰り返し作業であり、経験的にはフォーマットに慣れてからの方が学習効率が高くなる。
もちろん良い本を選ぶことは大切だが、頻繁に本を替えると慣れるために労力の大半を使ってしまう。


英語学習は根気強くにやることが大事だが、少なくとも、
「辞書を1ページ目から順に丸暗記して"abandon" のところで諦める」
という昔のやり方よりは効率の良い方法がある。
電子辞書で読解の効率は劇的に上がったし、インターネットにより英会話も価格破壊が起きた。
今後もどんどんそういったイノベーションが生まれるだろう。
常に少しでも効率の良い学習方法を探求したいものだ。
スポンサーサイト


テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

社会人になってからの日本での学習法

日本で英語学習の密度を上げる方法 http://wofwof.blog60.fc2.com/blog-entry-536.html このようなエントリがあったので自分も社会人から本格的に勉強したのもあり、自分なりに考えて見ます。 こちらのBL...

英語参考書「ケンブリッジ グラマー イン ユース」を買いました

「ケンブリッジ グラマー イン ユース」という英語参考書を勧められたのでネットで探してみたのですが、種類がいくつかあって結構迷いました。 どうやらイギリス英語版と北米英語版があるようです。 それぞれ初級編(Basic)と中級編が用意されているうえに、CD付とCD無に...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

社会人の自分は今、英語の特訓中なので励みになりました。

Willyさんは日本でどのくらい英語の訓練をされましたか?
(社会人になってからで、期間・費用など)

諦めるには良いところ

abandon(笑)

No title

匿名さん:

期間は4年くらいですね。費用は、初期の英会話教室と留学前の予備校が数十万円と結構大きかったですが、それ以外はそんなにかかってないですね。時間と情報さえ十分に持っていれば、いくらでもやりようはあります。

Ryoさん:

このネタ、僕と同じか上の世代はみんな知ってると思っていました。

No title

若い頃はこういう勉強法を馬鹿にする方だったんですけど、コツコツやってると結構身につくんですよね。効率のいいことをコツコツやる工夫が大切です。

No title

毒の助さん:

年齢によっても違うでしょうね。娘は4歳半からの一年間、フルタイムのPre-K に行ったことで劇的に英語力が上がりましたが、僕がPre-Kに通っても多分だめです(ロリだからだめとかそういうのではなく)。上に書いたのは大人用の勉強法で、きっと小中学生(あるいは10代まで)ならもっと別の方法もあるでしょう。

No title

がりがり単語を暗記するというと最近面白いサイトを見つけました。
無料って言う点で中々面白くてはまってます。(とはいえ根気強くやるしかなさそうなんですが。。。
http://worddream.com/
決してこのサイトの回し者ではないんですが中々いいです。

確かに英会話学校はある程度身についたら個人レッスンで徹底的に練習した方がいいっていうのには賛成です。実際通っていてどこか単調って言うか何か違うんですよね。
1対1で会話練習を検討しようと思います。

No title

Dehmelさん:

リンクありがとうございます。近いうちにやってみます。

No title

記事の本筋とあまり関係ない質問で恐縮ですが


私は英語学習の一環として洋書での勉強をしているのですが、
和書でいうと「21世紀の統計科学」や「統計科学のフロンティア」シリーズのような、統計科学の最近の展開・展望などがわかる英語の文献って何かないでしょうか?

教科書などと違って自分で探すのが難しくて…

No title

英語でも中国語でもそうですけど、まず聞けないと話が出来ないので、
発音練習が超絶に重要だと思うんです。

とにかく自分で発声練習するしか言語って上達しないような気がします。
いまどきの勉強方法だとiPadかiPhoneでYoutube見ながら、真似して発音なんていいかもって思ったりしてます。

No title

>発音練習が超絶に重要だと思うんです。

会話に関しては、第一にアクセント位置、
第二にイントネーション、第三に発音だと私は思っています。

アクセント位置を間違っている単語はほぼ100%通じませんね。
イントネーションが違うのは、相手が外国人に慣れている
かどうかによります。発音ですが、
恥ずかしながら私は区別できない音もあります。
新しい名前を聞き取る時が一番困りますね。

知り合いを見ると25歳を超えてから英語圏に来た男性で
英語のイントネーションと発音がきちんと出来る日本人は
ほぼいないので、大事なんだけど、
できなくてもしょうがないでしょ、と思っています。

No title

>語学の主な要素は、Listening, Speaking, Reading, Writing の4つだが、複数の要素を同時に鍛えることが出来れば当然ながら効率が良い。


なるほど。これはもっともだと思いました。私は留学準備の一環として学校に通いながらしたTOEFLの勉強が上記の4つの要素を同時に鍛えることができて、効率的だったと思います。英字新聞を読んで、休み時間に講師が米国人と話したりしたのも結果的に良かったような。学校に通ってクラスメートと勉強するのは意外に効果的でした。

あと、日本で学生の頃から英語の教科書のテープを聴きながら音読していたことはListeningと発音の能力向上に役立ったと思います。すべて今思えばですが。

私は単語集の類よりも、英字新聞を読みながら分からない単語を覚えていったほうが効果的でした。

No title

ブルースさん:

英語が出来る人ほど、「中学・高校時代の英語の授業が役に立った」と言う割合が
高いらしいですし、語学は後になってから「あれはとても役に立った」ということがありますね。

正直、単語の効率的な覚え方はよく分かりません。電子辞書でいちいち調べるのは時間の無駄という感じがしますし、単語集はやっぱり例文の質が落ちます。ネット上の文章やKindleを使った学習法を確立できればと良さそうですが…。Kindle 買おうかな。

No title

>英語が出来る人ほど、「中学・高校時代の英語の授業が役に立った」と言う割合が
高いらしいですし、語学は後になってから「あれはとても役に立った」ということがありますね。

高校生向けの英文解釈の本なんて懐かしいです。
未だに伊藤和夫っていう人の本が出版されてるなんていうのも不思議な時代ですよねぇ。
(思考訓練としての英文解釈とか変にマニアックな本がありましたねぇ。。。笑

高校生の頃に読んだ文章ほど難しいものがない気が・・・しますw

No title

匿名さん:

英語で統計の啓蒙的な本…。分野別にはありますが、シリーズ化されてるものって
あまり思いつかないですね(あるかも知れないけど)。
日本にあるものは、膨大な英語文献から要点をきれいに日本語でまとめました!
というところに価値があり、英語だとその必要がないのかもしれないですね。
各分野の教授のところにいって、「○○理論の良い入門書ないですか?」
って直接聞くのが早いと思います。

Dehmelさん:
>高校生の頃に読んだ文章ほど難しいものがない気が・・・しますw

同じ高校ではないと思うのですが、
うちの高校は哲学書を教科書にしており、極めて難解でした。
これは流石に難しすぎて語学の勉強としてはあまり意味がなかったですが、
単純な文法や構文の反復練習とか、高校入試の読解なんかは
若いうちにやっといて損はないと思います。
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
5位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。