スポンサーサイト -- このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


北朝鮮に食料支援を -- このエントリーを含むはてなブックマーク

金正日が死去したらしい。

反日教育や拉致問題、核開発疑惑などで日本での北朝鮮の評判はすこぶる悪いが、
私は、日本政府は北朝鮮政府が少しでも長く存続するように
食料支援などを行うべきであると思う。
なぜなら、北朝鮮の現体制が崩壊した場合の国際情勢の変化が
日本にとって好ましくないものになる可能性が高いからである。

北朝鮮の独裁体制が崩壊した場合、
1) 中国に併合される、2) 中国寄りの政府が樹立される、
3)米韓寄りの政府が樹立される、4) 韓国に併合される、
といったパターンが考えられるが、
1) と 2) のパターンになれば、
中国の東アジアでの影響力が強まる事で日米韓などの旧西側諸国のいずれにも好ましくない。
一方、4)の場合には統一朝鮮の東アジア地域での軍事的プレゼンスが相当高まり、
やはり日本にとって好ましくないだろう。相対的に良いのは 3)のケースだろうが、
そのケースでも長期的な韓国のプレゼンス増大は避けられない。

個人交流レベルの問題としても、超のつく反日国の国民が一気に
西側諸国に流入してくるのを考えるだけでもうんざりしてしまう。

また、日本の近年の対北朝鮮政策は強硬一辺倒であるが、
こうした政策が交渉において成果を上げているとは言いがたい。
交渉の行き詰まりは日本の北朝鮮に対する影響力を低下させている。

日本政府は、あからさまに対北朝鮮政策を変更しなくても、
拉致問題とのバーターで食料支援を用意したり、
核開発問題の前進と引き換えに経済制裁の一部解除を提案したりすることもできるだろう。
福島の原発事故の影響で、安全基準値を満たしながら日本国内でさばくことの
できない農産物を支援に回すことも可能かもしれない。

日本から見て北朝鮮が敵国であるのは間違いないが、
国際関係は複雑で、強硬路線が日本の国益にかなうとは限らない。
混乱に乗じて、日本政府は対北朝鮮のプレゼンス強化を狙うべきだ。


  

過去の関連エントリー
【本】日米同盟 vs. 中国・北朝鮮 ~ アーミテージ・ナイ緊急提言

スポンサーサイト


テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

今日の

今日の日経新聞の一面に同じ内容をやわらかく書いてありましたね。
このブログの読者だったら笑えるなーとか思って読みました。

500年ぶりの変化

>>中国の東アジアでの影響力が強まる事で日米韓などの旧西側諸国のいずれにも好ましくない。

こういう発想をする人は日本にも多いけど、頭固すぎでしょう。
中国経済は後10年で今の2,3倍になることはほぼ確実。
とすれば、軍事力もそれに伴って当然、倍増、4倍増になることも確実。

中国と正面から対抗しようとするのはその力があるアメリカさんに任せておいて、
日本はなるだけ米中均等外交に近づけるべき。
でないと、日本はアメリカの対中弾よけ国になってボロボロにされていまいますぜ。

圧倒的に対中貿易のウエイトが高い韓国はもちろん、日本も既に対中貿易額が
対米貿易額を超え、年々、その差が開いて来てる。
対日輸出を増やそうとTPPを仕掛けてくる今のアメリカに日本の対中輸出分を引き受ける覚悟が
あるはずもない。逆に中国は増大する内需の一部を日韓企業に分けるだけで十分。

500年ぶりに中国が東アジアの巨人として復活した現実を素直に認めよう。
そして、日本は再び、中国とつかず離れずの関係で共存共栄の関係を築くべき!

No title

Yugさん:

今回のニュースを受けて、食料援助の問題は米朝間などでも話題になっているのに
このエントリーはインパクトが小さくてちょっと残念でした。

Badjoeさん:

中国が北朝鮮を併合したら、日韓への安全保障には重大な変化だと思いますけどね。
あとは、米国側が北朝鮮問題のコストをどう考えるかの問題ですね。
コメントのそれ以外の部分は、すみませんがちょっとついていけませんでした。

No title

北朝鮮は日本人を拉致した極悪国家であり、食糧支援ではなく、制裁を行なうべきです。

No title

>北朝鮮は日本人を拉致した極悪国家であり、食糧支援ではなく、制裁を行なうべきです。

極悪国家には、制裁を行うべきなんですね。分かりやすくて良いですね。
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
5位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。