スポンサーサイト -- このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アメリカの寄付金集め -- このエントリーを含むはてなブックマーク

前回の記事で、アメリカ人は寄付が好きと書いたが
恥ずかしながら私自身もほとんど寄付をしていない。
米国に何年住んでも日本人としての思考は抜けないせいだろう。
先日の毒之助さんの記事は、そうした感覚について触れていて面白い。

実は東日本大震災でも頑に寄付をしなかった(*1)私が、
今年唯一したのは、娘の公立小学校への40ドルの寄付だ。
ケチな自分が寄付をしたのには、それなりの理由がある。

一つめの理由は、寄付の意義が明確であるという点だ。
この寄付は主に、小学校の課外活動や芸術科目など付加的な教材費に当てられるのだが、
こうした資金を通常の市からの教育費で賄うことは難しい。
これは、地方自治体が財政難であるということだけでなく、
市からの教育費というのは、人件費や建設費といった強力な
交渉担当者がいる項目に割かれてしまう傾向が強いからだ。

二つめの理由は、対象が適度に小さいという点だ。
正直、私は「世界の貧困撲滅」とかのために寄付をする用意はないが、
頭が良いのに貧しくて数学を学べない子供が近所にいたら100ドルくらい上げても良い(*2)。
対象が狭すぎれば「寄付」と「対価の支払い」の違いははっきりしなくなるが、
費用の総額が固定されおらず、寄付者のインセンティブが十分に高ければ、
支払う額が任意であった方が価格差別の観点から望ましいだろう。

そんな理由で小規模の学校の寄付は集めやすい部類だと思うが、
それでも集めるためにPTAはかなりエグイ工夫をしていた。

まずは古典的な「XXドル以上の寄付をお願いします」というものだ。
昨年は「50, 75, 100ドル、それ以上、のいずれかでお願いします」
という触れ込みだったのだが、50ドルを選ぶ人が多かったせいか、
今年は「75ドル(あるいはそれ以上)をお願いします」という作戦に変わっていた。
アメリカ人は見栄っ張りだから、そう書けば75ドル未満にする人は少ないだろうし、
切りが良い100ドルまで上げる人も結構多いだろう。

次にやっていたのは「額は公表しないけど寄付した家族名を公表します」というもの。
そして更に「寄付をした人の比率が上位のクラスを途中で公表し」
「最後に最も率が高かったクラスには図書費として50ドル支給します」というものだ。
いわゆる同調圧力をシステマティックにかけてたくさんの人から集めようという作戦らしい。
あまりのエグさにAKBの総選挙を思い出してしまったが、
もともと同調圧力が弱い米国社会なのでその程度では大した問題にはならない。
ちなみに今年は総額で10,500ドル超の寄付が集まり好調だったようだ。


寄付が低調な日本でも、
「寄付の意義を明確に」そして「対象を適度に小さく」
という作戦はもっと練られて良い
と思う。
大学であれば、全学で募集するよりも学科レベルで行う方が集まるだろうし、
目的も極力具体的にした方が良い。
一般的な非営利団体であれば、
受益者のメリットを分かりやすくするためにもっとコストをかけても良いし、
地域別に分けるなどの工夫をしても良いだろう。

「寄付は気持ちよりも総額が大事」ということは動かしがたい事実なのだから
寄付金事業にはビジネスセンスが求められる。


(*1) チャリティーイベントを少し手伝ったにもかかわらず。
ただし親戚が被災したため家族で250ドルほど贈った。

(*2) ブログ上での依頼は受け付けません。
スポンサーサイト


テーマ : チャリティー
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Xさん:

アメリカでは機会の平等は、富裕層のさじ加減次第というのはその通りだと思います。

一方、投資銀行やコンサルティングを虚業と言ってしまう人は、少しお金に対する
感覚が不足しているのではないかと思います。本当に虚業だったらあそこまで
儲かりません。投資銀行やコンサルティングも社会の厚生水準をかなり上げています。

Xさんにとって、エステサロンのダイエットコースは虚業ですか?大学生の頃、
友達の太めの女の子がエステサロンに大枚はたいてましたが、結局痩せませんでした。


No title

>頭が良いのに貧しくて数学を学べない子供

これは「頭が良い=数学ができる」という偏見が前提になっていますね。

No title

>これは「頭が良い=数学ができる」という偏見が前提になっていますね。

頭の良い読者の方には、「頭が良いのに貧しくて数学を学べない子供 」という原文が、
「数学を学ぶ能力があるのに貧しくて数学を学べない子供」を意味していること、
また、そのように書くと重複感が出るため、原文のように書いていること、
が分かるだろう、という偏見に基づいてこのエントリーを書いております。
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
5位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。